PR

新潟での「住まいの大栄」の評判/口コミと気をつけること

新潟で家づくりをした経験から、家づくりの知識のない素人が「どこで家を建てるのがベストか」を考えることは負担が大きく、知らないことで損することがあまりにも多い、永遠の課題だと気づきました。

私自身は家づくりを終えてしまいましたが、少しでも知識を還元したいと思いブログを開設して、はや6年が経過しました。

家づくりの後悔などは避けては通れませんが、一度は家を建ててブログ運営などで知識を蓄えた経験から、新潟の工務店やハウスメーカーの情報を「私ならこう読み解く」というシリーズで情報発信しています。

素人なりに「ここが気になる!」というポイントを上げておき、気になる工務店やハウスメーカーに質問してみることで、余計なモヤモヤを抱えずに家づくりに専念できるような情報発信を心がけていきたいと思います。

スポンサーリンク
家づくりの大事なお知らせ

資料請求できるのは「施主になる前」だけ

これから家づくりの話をする前に、少しだけお話ししておきます。

かめ
かめ

家づくりは情報戦。知っていると知らないとで、数百万円も損するなんてことがあるのが住宅購入の怖いところ。

詳細はページの最後にまとめましたが、読むのが面倒な方に「資料請求」のサイトだけお伝えしておきます。面倒なら、今しかできない「資料集め」だけでもやっておきましょう。

ぶちくま
ぶちくま

一括で資料請求できる上に、無料で「間取り」「土地」「資金」のプラン作成までしてくれるタウンライフがおすすめです!

【PR】

【TOWN-LIFE】で資料請求してみる

もし、家作りがなかなか進まない、と感じたら、家族が乗り気じゃない、と思ったら、まずは自分が行動すること。今日の宿題は、一歩だけでも前に進んでみること。

では、本編に戻ります。

お邪魔しました。

2024年の「住まいの大栄」新着情報まとめ

住まいの大栄について調べているついでに見つけた「新モデル情報」や「お得キャンペーン」などの情報をざっくりまとめて置いておきます。

住まいの大栄に関する新着ニュース

住まいの大栄に関する関連ニュースをキャッチした際に更新していきます。

モデル住宅内覧商談会[新潟市南区能登モデル住宅]の開催

モデル住宅内覧商談会[新潟市南区能登モデル住宅]の開催

2024年2月10日(土)~12日(月)に、「モデル住宅内覧商談会」に関する情報をお届けします。

  • 会場は新潟市南区の能登モデル住宅及び新潟市西区坂井モデルハウスで開催されます。
  • 開催時間は10:00~17:00です。
  • 予約者にはプレゼントが用意されており、新規予約で来場された方にはQUOカード2,000円分をプレゼント。
  • 先着5組にはチョコレートの詰め合わせがプレゼントされます。
  • 住宅は長期優良住宅認定を受け、BELS取得、断熱等級5、熱交換式第一種換気方式、オール電化、ハイスペック型エアコン、樹脂サッシ、外部収納、パナソニックテクノストラクチャー構造による耐震等級3+制震ブレース金物使用といった特徴を有しています。
ニュースについてのポジティブな影響や意見

このイベントは、新潟市における住宅購入を検討している方々にとって、直接モデル住宅を見学し、質の高い住宅の特徴や魅力を体感できる絶好の機会を提供します。また、特典として提供されるQUOカードやチョコレートの詰め合わせは、来場者に対する感謝の意を示すとともに、イベントへの参加意欲を高める効果が期待されます。

ニュースについてのネガティブな影響や意見

特にネガティブな影響は見受けられませんが、先着プレゼントは限定された数であるため、後から参加される方々が特典を受けられない可能性がある点は注意が必要です。

追加情報/補足

イベントのご予約はフリーダイヤル0120-021-573またはお問い合わせフォームから可能です。ご予約時には、ご希望の会場と日時を指定してください。

ZEH普及目標と実績の更新

ZEH普及目標と実績の更新

ZEH普及目標と実績に関する情報をお届けします。

  • 住まいの大栄はZEH(ゼッチ)普及に力を入れており、ZEHビルダーに登録されました。
  • 2020年度のZEH普及実績は30%、2021年度は37%でした。
  • 2025年度のZEH普及目標は50%に設定されています。
  • ZEH(Net Zero Energy House)は消費するエネルギーよりも創るエネルギーが上回り、年間のエネルギー収支をゼロ以下にする住宅です。
  • ZEH認定を受けるためには、高断熱・高気密な建材の使用、HEMSによるエネルギー管理、省エネ設備の導入、および自然エネルギーの利用が必要です。
  • ZEHビルダーとは、経済産業省に登録し、ZEHの建設を行う工務店やハウスメーカーのことです。
ニュースについてのポジティブな影響や意見

ZEHの普及は、エネルギー消費の削減と自然エネルギーの利用増加を促進し、環境に優しい住宅市場の発展に寄与します。住まいの大栄がZEHビルダーに登録されたことは、同社の技術力と環境に対する責任感を示すものであり、消費者にとっても、より持続可能な住宅選択肢が増えることを意味します。

ニュースについてのネガティブな影響や意見

特にネガティブな影響は見受けられませんが、ZEHの普及には初期投資が高額になる可能性があり、すべての家庭がZEH住宅を選択できるわけではない点は課題と言えるでしょう。

追加情報/補足

以下はZEH普及のための具体的な特徴と要件です。

  • 断熱:高断熱・高気密な材料の使用
  • 省エネ:HEMSの導入と省エネ設備の利用
  • 創エネ:太陽光発電などの自然エネルギーの活用

住まいの大栄の新サービス/モデル情報

住まいの大栄の新サービス、住宅商品のモデル情報などがあれば更新していきます。

住まいの大栄:性能とデザイン性をあわせ持つ長く愛し続けられる住宅

2024年2月10日時点での「住まいの大栄」の「性能とデザイン性をあわせ持つ長く愛し続けられる住宅」について紹介します。

性能とデザイン性をあわせ持つ長く愛し続けられる住宅の特徴
  • 本体価格は2,000万円~2,499万円(64.6万円~80.7万円/坪)
  • 延床面積は102.40m^2(30.9坪)
  • 竣工年月は2021年7月、工法は木造軸組
  • 特徴には耐震・免震・制震、高気密・高断熱、シンプルモダン、通風・採光、ナチュラル、カフェ風、ホテルライクなどが含まれる
  • LDの中心には様々なシーンで主役になれる小さなステージが設置されている
  • 内外観はクールでスタイリッシュなモノトーンで、上品で落ち着いたデザインのインテリアが特徴
価格

2,000万円~2,499万円(税込)

性能とデザイン性をあわせ持つ長く愛し続けられる住宅のおすすめポイント
  • 耐震・免震・制震機能による安全性
  • 高気密・高断熱による省エネと快適な居住空間
  • モダンでスタイリッシュなデザインと落ち着いたインテリアが魅力
  • 機能的な間取りによる生活の利便性と快適性
  • 小さなステージがあるLDKは、家族の様々な活動に対応可能
性能とデザイン性をあわせ持つ長く愛し続けられる住宅の注意点
  • 価格帯が2,000万円以上となっており、予算によっては購入を検討する際のハードルになる可能性がある
  • 特定のデザインや機能に特化しているため、個々のニーズに合わせたカスタマイズが必要な場合がある

住まいの大栄のキャンペーン情報

ハウスメーカーはよくキャンペーンを開催します。キャンペーンを開催するところは、逆に言えばキャンペーンを利用しないと他の顧客よりも損をする可能性もあり、同時にベース部分で過剰に利益をとっている可能性があるので交渉ポイントとなります。

「住まいの大栄」:パナソニック第2回新築・リフォームわくわくフェア

2024年2月10日時点での「住まいの大栄」の「パナソニック第2回新築・リフォームわくわくフェア」情報について紹介します。

パナソニック第2回新築・リフォームわくわくフェアの概要
  • 新商品の展示
  • 腸活セミナーと胃陽に良い水、還元水素水の紹介
  • 光熱費節約セミナー&電気料金プラン見直し相談会(東北電力)
  • ご来場特典:先着30組様に駄菓子つかみ取り(一世帯様1回取り、なくなり次第終了)
  • 事前予約特典:事前予約者にサフランのパンプレゼント
  • お見積り特典:対象商品の新規お見積り・見積り変更で雪室コーヒー&バームクーヘン詰め合わせギフトプレゼント
  • ご成約特典:対象商品をご成約で10万円分のオプション無償グレードアップ(対象商品:Lクラスキッチン・Lクラスバス・ビバス)
お得度
  • 事前予約、お見積り、ご成約で豊富な特典が受けられ、特にご成約特典では10万円分のオプション無償グレードアップが非常にお得。
パナソニック第2回新築・リフォームわくわくフェア期間

2024年2月10日(土)〜2024年2月11日(日)

パナソニック第2回新築・リフォームわくわくフェアの注意したいポイント
  • ご来場特典は先着30組様限定で、なくなり次第終了となるため早めの来場が推奨される。
  • 事前予約をすることでサフランのパンをプレゼントされるため、興味のある方は事前に予約することがおすすめ。
  • お見積り・ご成約特典は期間中に対象商品に関するアクションを取ることが条件であるため、興味がある商品がある場合はこの機会に検討すると良い。

スポンサーリンク

住まいの大栄のまずは知っておきたい基本的なところ

住まいの大栄について、とりあえず知っておきたい情報について簡単にまとめておきます。

新潟で住まいの大栄はどうなの?

「住まいの大栄」は、新潟県内にモデルハウス、支店などがあります。 対応地域は以下のとおりです。

  • 新潟市(中央区・東区・西区・南区・北区・秋葉区・江南区・西蒲区)、新発田市、三条市、燕市、加茂市、五泉市、阿賀野市、見附市、長岡市

住まいの大栄の新潟県情報

  • 新潟市を中心に下越・県央エリアで注文住宅建築を行っている。
  • 性能・デザイン・快適空間をテーマにした注文住宅を提供。
  • 耐震性、安全性、省エネ経済性に重点を置いた住宅提案。
  • 自社大工による施工と万全のアフターメンテナンス&フォロー。

住まいの大栄で知りたいデータ

住宅会社を調べる際には、必ずその店舗の規模や経営状況を調べるようにしましょう。

  • 従業員数:45人
  • 年間着工棟数:25棟(2022年度)
  • 施工可能工法:木造軸組
  • アフター・保証:10年保証+定期点検5回(6ヶ月、1年、2年、5年、10年)

住まいの大栄の概要

  • 会社名:株式会社大栄
  • 設立:1950年4月
  • 資本金:2,000万円
  • 施工エリア:新潟市、長岡市、三条市、新発田市、加茂市、見附市、燕市、五泉市、阿賀野市、聖籠町、弥彦村、田上町、出雲崎町
  • 特長:耐震・免震・制震、省エネ・創エネ・エコ(eco)、ZEH・Nearly ZEH、通風・採光、家事がラク、収納充実、共働き世帯に配慮、20代30代で建てる、二世帯で暮らす

住まいの大栄の経営状況

住まいの大栄の経営状況は、公表されている範囲では以下のようになっています。

ただ、実際に安定した経営となっているかどうかは外から見てわかるものではないので、客観的な情報を紐解きながら住まいの大栄についてわかることを把握しておこうと思います。

年間着工棟数

年間着工棟数は、単純な多さよりも「安定」と「成長」のバランスが大事だと思います。

住まいの大栄において、年間着工数は25棟(2022年度)という実績があります。

小・中規模の住宅会社であれば、必ずしも「家を多く建てること」が良いわけではなく、品質を維持したまま顧客単価を上げていくことで利益幅を増やすことも重要です。

かめ
かめ

簡単に言えば、丁寧な仕事をして評判が良くなって、お金持ちの家を建てた方がクレームは減るし一件当たりの単価は上がるのでメリットは大きいですよね。

ぶちくま
ぶちくま

ただ、新築の絶対数は決まっているので、ある程度は顧客層を選ばずに、どの顧客相手でも納得した提案ができるかどうかという運営力量もあるので、まずは安定して仕事があることは評価したいところですよね。

スタッフ人数

住まいの大栄のスタッフ人数は「45人」となっています。

これは人数が多ければいいというわけではなく、運営規模に見合っているかどうかが重要。また、住宅業界はヒトの移動が多いと言われており、仕事のできるスタッフは高待遇の職場へ積極的に移動します。

スタッフの人数だけではなく、スタッフが働いている層(ベテランや新人の割合)や、職場の雰囲気を確かめてみることで、後半に書く「スタッフへの信頼感」に影響してくるものと思います。

商品展開数

商品についての詳細は次の項目で解説しますが、新築商品の更新頻度・テコ入れは経営状況を把握する上で重要な指標となり得ます。

もちろん、商品名だけを変えても仕方がないので、時代に見合った変化ができているかをしっかりと判断し、日々進化し続ける建築技術に対応しうる会社かどうか判断していくことが重要です。

住まいの大栄のスタッフは信頼できる?

住宅会社のスタッフ評価は難しいところで、看護師の経験を持つ私の観点から見ると「人間関係は相性」につきます。

かめ
かめ

どんなに仕事ができる看護師でも、患者さんによっては「冷たい」と感じることもあるし、仕事が遅い看護師でも、患者さんからは「丁寧だ」と評価されることもあるからね。

住まいの大栄のスタッフに関しても、自分との相性を第一に考えることをお勧めします。

ちなみに、スタッフの雰囲気を知るためには、スタッフブログなどをチェックするのがお勧め。家づくりはまずはスタッフを知ることから始めるのが一番です。

人生において最も大きな出費となる家づくり、自分達家族の内面を曝け出す必要があるので、それを受け入れてくれるスタッフかどうかってのは本当に大事なことです。

住まいの大栄の口コミ・評判が知りたい

個人的な意見を言えば、住宅会社の口コミ・評判を調べることはナンセンスです。

ぶちくま
ぶちくま

悪い評判の書き込みは、依頼する側としては不安要素になるけど、悪い評価を書き込んでいるヒトの評価は難しいですからね。書き手も独特のパーソナリティがあるが故のクレームという場合もあるし。

かめ
かめ

TwitterなどのSNSでの発信なら、発信者の顔・人となりがわかるので、少しは信用できる情報にはなりますが、実際のやり取りまでは見えてこない「主観的な情報発信」であることは忘れちゃいけないですよね。

とはいえ、住まいの大栄の口コミや評判、いざ家を建てることになれば気になって仕方がなくなるのも事実。余計なことまで色々調べなくてもいいように、ネットに落ちている情報くらいは私が簡単にまとめておきます。

X(Twitter)の情報

X(Twitter)検索用リンクはこちらです。「住まいの大栄」と検索できます。

instagramの情報

instagram検索用リンクはこちらです。「住まいの大栄」とタグ検索できます。

住まいの大栄はおすすめできる?

どんなメーカー・工務店であっても完璧ということはなく、施主のニーズと、住宅会社の良いところが「マッチしているか」が重要です。

「家を建てる」ことが、他の買物と異なるのは2点。

  • 商品の評価が難しい
  • 商品の価値が変動する

購入するものが「住んでみるまで(住んでみてもしばらくは)良いか悪いかわからない」ところ。注文住宅では買った後に家が建つので、契約時には家が存在しません。

建売住宅であっても、家の内部構造まで素人がチェックすることは難しいので、やはり「住んでみないと良い商品かどうかがわからない」というのは買い物をする上で困るところ。

次に、「価値が変動する」というのは、簡単に言えば、施主や社会全体のニーズが変化するということでもあります。

注文住宅は想像しやすいですが、家の打ち合わせ中に、家の仕様が変更されて価格が釣り上がっていくことはザラにあります。

この「購入価格が変動する」のも買い物の上では困ったところで、施主の想定を超えることもしばしば。

加えて、購入した後に「やっぱり必要だった」「本当はいらなかった」ということもたくさん起きます。家電なら使用期間がある程度想像できて、故障後の買い替えも想定しますが、家の場合はそうはいきません。

また、家の価格で考えなければいけないことは、家は「顧客のニーズに対して高いレバレッジ(掛け値)を利かせる」性質があります。

かめ
かめ

簡単に言えば、家づくりは「その人らしい家」を建てることだけど、「その人らしい」家にすればするほど家は高額化するということ。

ぶちくま
ぶちくま

だけど、「その人らしい家」ほど、一般的な需要から離れていることがあるので、実際に売る時には「買った時の価値はない」ことがほとんど。一気に半額くらいになることもあります。

この辺りのことはおいおいどこかでお話しさせてもらいますが、とりあえず家を選ぶのは面倒で、面倒なことをやればやるほど「家の価値は下がる」ジレンマがあります。個人の満足度は上がりますけど。

だから、住宅会社の「良い」「悪い」を考える時には以下のポイントについて考えてもらいたい。

  • 施主の希望をプロ目線で整理してくれると住宅の専門家としての価値は高い
  • 素人の考えをプロの意見として昇華(より良いもの)に変えてくれる
  • 一般的な需要から離れた時には、施主に「普通の良さ」を伝えてくれる
  • 施主の本当の希望を言語化・視覚化してくれる
  • 価格はしっかり守る
かめ
かめ

家づくり中の施主はビルダーズハイなので正常な判断ができません。これを利用して価格を吊り上げるところもありますが、本当にいい会社は暴れ馬となった施主の手綱をきちんと引いてくれるところ。

ぶちくま
ぶちくま

看護師でも、患者がうまく言葉にできないことを普段の関わりから汲み取れることが大事だったりするよね。素人だからこそ「こうしたい」という気持ちは察しつつ、どうするべきかは毅然として対応すべきだよね。

住まいの大栄のメリット・おすすめできるところ

  • 地域密着型の運営:新潟市を中心に下越・県央エリアで幅広い施工エリアを持ち、地域に根ざしたサービスを提供しています。
  • 高い技術力と安心のアフターサービス:自社大工による施工とパナソニックビルダーズグループの一員としての安心感、万全のアフターメンテナンス&フォローを提供しています。
  • 耐震・免震・制震技術の採用:家族の安全を守るための先進の耐震技術を用いた住宅建築を行っています。
  • 省エネ・創エネ・エコ(eco)に配慮した住宅設計:ZEH(Net Zero Energy House)やNearly ZEHの基準を満たす住宅を提案し、省エネルギーかつ環境に優しい住まいを実現しています。
  • 豊富な建築実例とカスタマイズの自由度:さまざまなライフスタイルやニーズに合わせた建築実例を豊富に持ち、お客様一人ひとりの理想の住まいを形にするための高いカスタマイズ性を提供しています。

住まいの大栄のデメリット・気になるところ

  • 情報提供の限定性:公式資料やウェブサイト上での情報が限られているため、詳細なサービス内容や価格帯、坪単価などを知るためには直接問い合わせる必要があります。
  • 施工エリアの制限:新潟市および周辺の特定エリアにサービスを限定しているため、施工エリア外の方はサービスを利用できない可能性があります。
  • 価格帯の不透明さ:具体的な価格帯や坪単価が明示されていないため、予算計画を立てる際に事前の相談が必須となります。

スポンサーリンク

住まいの大栄が建てる家は、どんな商品になっているの?

住まいの大栄が展開している新築・注文住宅の商品について情報をまとめていきます。

住まいの大栄:「新潟基準の家」

住まいの大栄:「新潟基準の家」

2024年2月10日時点での「住まいの大栄」の「新潟基準の家」について紹介します。

「新潟基準の家」の特徴

  • パナソニックの先進設備を採用し、日々の生活を快適にサポート。
  • 選べる5つの外観スタイルと4つのインテリアスタイルで、好みに合わせたデザインが可能。
  • 超耐久シーリング材を使用した外壁で、優れた防水性と耐久性を実現。
  • 高強度のオリジナル複合梁「テクノビーム」を使用し、長期間の荷重に耐える構造。
  • 建物の揺れを吸収する制震システム「テクノダンパー」を採用。
  • 建物の揺れを最大72%低減し、くり返しの揺れにも効果を発揮。
  • 断熱性能にこだわり、高い省エネ性を実現。
  • 設計自由度の高さで、自在に空間を構成可能。

価格

価格は参考程度。 「価格情報が提供されていないため、直接問い合わせが必要です。」

「新潟基準の家」のおすすめポイント

  • 先進のパナソニック設備を標準装備し、毎日の快適性と省エネ性を高めます。
  • 外観とインテリアのスタイルが選べ、個性的で理想の家を実現できます。
  • 高耐久素材の使用で、自然災害に強く長く住み続けられる家を提供します。
  • 制震技術「テクノダンパー」により、地震に強く家族を守る住宅です。

「新潟基準の家」を選ぶ際に気をつけること

  • 外観やインテリアのカスタマイズにより、価格が変動する可能性がありますので、詳細な見積もりを取得することが重要です。
  • 高度な技術と設備を採用しているため、総費用が予算を上回る可能性があります。予算とのバランスを考えながら計画を立てましょう。

住まいの大栄:「スマイルシリーズ」

住まいの大栄:「スマイルシリーズ」

2024年2月10日時点での「住まいの大栄」の「スマイルシリーズ」について紹介します。

「スマイルシリーズ」の特徴

  • パナソニックの先進設備を導入し、日々の暮らしを快適にサポート。
  • 傷や汚れに強く、お掃除しやすいキッチン「Living Station V-style」や、保温浴槽「オフローラ」、トイレ「アラウーノ」を標準装備。
  • 5種類の外観スタイルと4種類のインテリアスタイルから選べるカスタマイズ性。
  • 「セルフクリーニング機能」を備えた外壁で、建てたばかりの美しさを長くキープ。

価格

価格は参考程度。 「具体的な価格情報が提供されていないため、直接問い合わせが必要です。」

「スマイルシリーズ」のおすすめポイント

  • 先進の設備と機能性を兼ね備えた住宅で、毎日の家事負担を軽減。
  • 外観とインテリアのデザインを自由に選べるため、自分好みの家を実現できる。
  • 美しい外観を長期間維持できるセルフクリーニング機能付き外壁を採用。

「スマイルシリーズ」を選ぶ際に気をつけること

  • 外観やインテリアのカスタマイズにより最終的な価格が変わる可能性があるため、予算とのバランスを事前によく検討すること。
  • 多彩なカスタマイズオプションから選ぶ際は、将来のライフスタイルの変化も考慮して選択することが推奨される。
スポンサーリンク

まとめ:住まいの大栄で家を建てるべきか

最後までお読みいただき、ありがとうございました。長くて読みづらいのは毎度申し訳なく思うのですが、せめて、ページ内の情報を簡単にまとめて終わりにしたいと思います。

住まいの大栄で家を建てるべきポイント

住まいの大栄で家を建てるかどうか悩んだ時にチェックしておきたいことをまとめておきます。

新潟県民への「住まいの大栄」のおすすめ度

  • 地域密着型の運営で新潟県内の様々なエリアに対応し、地元の気候や環境に合わせた住宅提案を行っています。
  • 自社大工による施工とパナソニックビルダーズグループの一員としての安心感。高い技術力と充実したアフターサービスを提供します。
  • 先進の耐震技術や制震システムを用いた住宅を提供し、自然災害の多い新潟県においても家族を守る安全な住まいを実現します。
  • 省エネ・創エネ・エコに対応した住宅設計で、未来にわたって持続可能な生活をサポートします。
  • 豊富なデザインとカスタマイズオプションを提供し、お客様一人ひとりの理想の住まいを形にする高い柔軟性を持っています。

「住まいの大栄」をおすすめしたい人、シチュエーション

  • 新潟県内で自然災害に強く、長期間安心して暮らせる住宅を求める家族。特に耐震性や制震技術に関心がある方におすすめします。
  • 省エネルギーで環境に優しい住宅を望むエコ意識の高い方や、将来の光熱費の節約を考えている方。
  • 自分のライフスタイルや好みに合わせたカスタマイズを重視する方。デザインや機能性にこだわりたい方にぴったりです。
  • 新築やリフォームを考えているが、どの住宅会社に依頼すれば良いか迷っている新潟県民。地元密着型で信頼できるパートナーを求めている方。
  • 長く愛される家を建てたいと考えている新潟県の若い世代や、初めての家づくりに挑戦する方。安心のサポート体制と充実したアフターサービスを重視する方にもおすすめです。

住まいの大栄について気になることQ&A

Q
住まいの大栄で家を建てる際の平均的な価格帯はどのくらいですか?
A

価格帯はプロジェクトの規模やカスタマイズの内容によって大きく異なりますが、一般的な注文住宅の場合、2,000万円~2,499万円程度が目安となります。詳細な見積もりについては、直接お問い合わせください。

Q
施工可能エリアはどこですか?
A

新潟市(中央区・東区・西区・南区・北区・秋葉区・江南区・西蒲区)をはじめ、新発田市、三条市、燕市、加茂市、五泉市、阿賀野市、見附市、長岡市など、新潟県内の多くのエリアで施工が可能です。

Q
住まいの大栄の家づくりで特に力を入れている点は何ですか?
A

耐震性・省エネ性・快適性を重視した住宅の提供に力を入れています。パナソニックビルダーズグループの一員として、高品質な材料と最先端の技術で、長く安心して暮らせる家づくりを心がけています。

Q
カスタマイズは可能ですか?
A

はい、可能です。外観デザインやインテリアスタイル、設備など、お客様のニーズに合わせた幅広いカスタマイズオプションをご提案しています。ご希望のスタイルや機能について、お気軽にご相談ください。

Q
アフターサービスはどのような体制ですか?
A

当社では、10年保証プログラムをはじめ、定期点検(6ヶ月、1年、2年、5年、10年)を実施しています。また、住まいに関する小さなお悩みから大きなトラブルまで、迅速かつ丁寧に対応する充実したアフターサービス体制を整えております。ご安心してお住まいいただけるようサポートします。

Q
住まいの大栄はローコストも対応可能?安くても嫌な顔されない?
A

住まいの大栄は、ローコストに対応しています。

住宅のみの価格で1,000万円台の商品もあるため、顧客側が低単価の見積もりを希望しても嫌な顔をされる可能性は少ないでしょう。

住まいの大栄​​は、ローコストに対応している商品は確認できませんでした。商品価格を表に出さないハウスメーカーはローコストには対応しづらいので、最初からローコストを考えている場合には相応の覚悟が必要です。

Q
住まいの大栄は新潟の中でもおすすめできる?
A

住まいの大栄は新潟の中でもおすすめできる住宅会社だと言えます。

  1. 新潟の豊かな自然と調和するデザイン
    • 新潟県は四季折々の美しい自然景観に恵まれています。「住まいの大栄」では、その自然環境に溶け込み、かつそれを生活の中で感じられるようなデザインを提案しています。例えば、豊富な降雪に対応した屋根構造や、自然光を最大限に取り入れる窓の配置など、地域の特性を活かした家づくりを行っています。
  2. 新潟の気候に適した建材と技術
    • 新潟県は冬に多くの雪が降り、夏は湿度が高いという特徴があります。「住まいの大栄」では、高い断熱性能や防湿性に優れた建材を使用し、四季を通じて快適な室内環境を保つ家づくりを心掛けています。また、雪国ならではの悩みに対応した除雪や排水のための設計も考慮されています。
  3. 新潟県内の幅広いエリアでの実績
    • 新潟市を中心に、長岡市、三条市、新発田市など、新潟県内の多くの市町村で豊富な建築実績を持つ「住まいの大栄」は、地域ごとの独特な条件や規制に精通しており、スムーズな建築プロセスを約束します。
  4. 新潟県民のライフスタイルに合わせた提案
    • 新潟県民は、自然や地域コミュニティとの強い結びつきを大切にする傾向があります。「住まいの大栄」では、そうした地域のライフスタイルを反映した、家族が集まる広いリビングや、趣味の時間を楽しむための空間など、多様なニーズに応えるプランを提案しています。
  5. 地元企業としての信頼と安心
    • 地元新潟で長年にわたって事業を展開してきた「住まいの大栄」は、地域社会に根ざした信頼ある企業です。アフターサービスやメンテナンスも地域に密着した細やかな対応が可能で、長く安心して住み続けられるサポートを受けられます。
Q
住まいの大栄について悪い評価・口コミを見てしまったけど大丈夫?
A

私は住まいの大栄についての悪い評価・口コミを発見できませんでしたが、仮に誰かの評判が良くなくても、あまり気にする必要はありません。

火のないところに煙は立たないと言いますが、煙を立てることで得をする人がいます。また、そもそものボヤ騒ぎが自分の責任なのに、「あそこの対応が悪いからボヤが起きた」と騒ぐ人もいます。

悪い評判があった場合には、情報収集のチャンスだと思って、店舗に確認してみるのが一番です。悪い評価への対応が「そんなのどこにだってあることだ」などはぐらかしたり軽視しているようであれば、あなたに対しても同様の態度を取る可能性があります。

逆に、仮に顧客側に落ち度があったとしても丁寧に対応することで評価を裏返すこともできます。

悪い口コミや評価ほど、顧客対応事例としての情報として優秀です。口コミや評価の存在があることは大事ではなく、その口コミに対してどう受け止めているかを確認することが大事だと言えます。

カテゴリからハウスメーカーを探す

タグからハウスメーカーを探す

「住まいの大栄が気になるなら」他のハウスメーカーの情報一覧

新潟でも検討したい全国対応ハウスメーカー

新潟県でも依頼可能とされる全国規模のハウスメーカーの実際のところの情報をまとめています。

おすすめ・紹介したハウスメーカー

パパまるハウス

ハーバーハウス

イシカワグループ

ステーツ

家づくりに関する最新情報

家づくり「最初にやること」

新潟「柏崎市」の方におすすめしたい工務店・ハウスメーカー
新潟「長岡市」の方におすすめしたい工務店・ハウスメーカー
新潟「三条市」の方におすすめしたい工務店・ハウスメーカー

家の性能・設備情報

リフォームに対応した換気システム「せせらぎ」の口コミ、評判レビュー
パナソニックの照明サブスクは他のサービスと比較してもお得?
水素電池って住宅でも使える?将来に備えてやるべきこと

間取り・部屋に関すること

BougeRVのポータブル冷蔵庫「冷凍もできる車載機器がほしい」
カメラ付冷蔵庫、パナソニックのCVシリーズはおすすめ?
rakuvia(ラクヴィア)のバスルーム、コスパ的にはどうなの?

住まいの大栄のある地域情報

新潟に暮らすために必要な情報

私の情報収集メモのようなモノですが、新潟で生活する際に知っておくと便利なことなどの情報をまとめています。

新潟の知っておきたい情報(総合)
新潟応援カテゴリです。まだ企画立ち上げには至りませんが、将来的には新潟の魅力を発信するページにしていきます。
新潟でのマンションの利便性を考える【一軒家と比較して】
新潟に住むならマンションと戸建て、どっちがいいか
もう引越の見積もりに振り回されない【ドライバーマッチングサービス】

新潟のイベント情報

新潟県内のイベントに関する情報をまとめたカテゴリになります。

新潟の春夏秋冬・季節のイベント情報
「新潟のイベント」カテゴリになります。「イベント」で新潟情報を春夏秋冬、それぞれの季節で、タイムリーにお届けします。
2018年7/21高校野球県予選新潟対新発田を1.0倍楽しむ方法
新潟市の除雪について、苦情をいう前にすべきこと3つ
2021年NSTまつり攻略法|純粋にひとつの祭りとして楽しむために

新潟の食べ歩き情報

新潟県内の食べ歩き記録です。

新潟の「食べ歩き」情報
「食べ歩き」カテゴリになります。「食べ歩き」はぶちくま夫婦の趣味で、新潟の北は村上、南は上越くらいまで行ったり行かなかったりしてます。
久しぶりの「まっくうしゃ」でいっとうやも恋しくなってノスタルジー
ラーメン工房まるしん、麻婆麺がうまいのはわかったけどアレが最高すぎて
「調理麺カンヌー」がアピタにいく楽しみを倍増してくれた話
家づくり、失敗したくないなら
ぶちくま
ぶちくま

他の住宅会社で見積もりしてもらったら、今のところより300万円くらい安くなった。。。

何も知らずに家を建てると実際に数百万円も損する、なんてことはザラにあります。

家づくりは誰にとっても初めてのことで、何も知らないところからスタートするのが当たり前。だから、「値引きできるか」どうかも知らなければ「適正価格かどうか」もわからない。

家が安くなる、という感覚が、我々には薄いのです。

少しでも損をしないためにできることはいくつかあります。そのひとつは「相見積もり」。他の住宅会社を価格競争に巻き込むこと。これだけで、適正価格で家を建てることに近づけます。

かめ
かめ

でも、相見積もりって住宅会社はタダ働きになるかもしれないので嫌がるし、断るのも大変だし、そもそも家づくりって価格だけで選べるものでもないよね。

このページを最後まで読んでいただいたあなたに、数分で、簡単に、誰にでもできる方法で、相見積もりくらい効果のある情報収集の方法についてお伝えしたいと思います。

3分でできる、今すぐ行動したい家づくりの極意

家づくりで損をするのは、住宅会社は値引きを前提にして家の値段を設定しているから。

しかし、値引きをしなければそのまま住宅会社は利益が増えるので「値引き用に高く設定したままの住宅が売れてしまうケースがある」というのが問題です。

ぶちくま
ぶちくま

全ての住宅会社が悪意のある値上げをしている訳ではないけど、どの会社も「施工不良などのもしも」の時に値下げできるように余裕を持った価格設定はしています。

もちろん、値下げ交渉で値段が下がる場合もあれば、下がらない場合もあります。何も言わずにトラブルがなければオプションをおまけしたりなどで顧客に還元してくれることもあります。

かめ
かめ

でも、会社も少しでも利益を上げたいから、「何も言ってこない客」や「何も知らなそうな客」からは、還元せずになるべくお金を使わせようとするところもあったりします。

とはいえ、いざ自分が客になってみると、一生懸命やってくれるスタッフに「値下げして」とは、なかなか言えません。

だからこそ、契約前までに、自分たちが「適正価格で購入するために勉強している」ということを相手に察してもらい、競合会社と値下げ競争をしてもらって、納得した上で契約するのが大事、ということになります。

値下げのために必要な3つのこと

まず、値下げのために必要な3つのことだけ覚えておいてください。

  1. 一括資料請求で「競合がいる」ことを悟らせる
  2. 勉強の成果は「家づくりノート」にまとめる
  3. 住宅ローン」の相談は住宅会社にはしない

これだけで大丈夫です。

資料請求は簡単に競合会社を作れる便利ツール

まず、資料請求について。

モデルハウスをめぐって資料を集めてもいいのですが、1回の訪問で回れる数も時間も限られていて、価格の勉強もしていないとミスマッチで時間ばかり無駄にしてしまいます。

さらに、住宅会社の営業も「どの会社を回ってきたか」が把握しやすく、自分のホームグラウンドで営業トークが設定できます。つまり、水を得た魚。

ぶちくま
ぶちくま

そもそも、家づくりで何も知らずにモデルハウス回っちゃう人は、カモがネギ背負ってやってきたようなもので、営業からしたらボーナスチャンス。

競合他社となる「隣のモデルハウス」の価格もわかっているので、最初から設定した仮初の値下げ設定で、自分たちのペースで営業ができる訳です。

一方の住宅資料請求。侮るなかれ。

住宅資料請求の場合、資料請求を利用している時点で、競合他社が複数いることが住宅会社にはわかります。多数の競合がいる中で、顧客から興味を持って選んでもらうには価格で負けることは避けたい。

ただ、まだ顧客になるかどうかもわからない相手なので、無理に引き込むこと労力を使うことも避けたい。そのため、施主はビルダーにプレッシャーをかけつつも、自分のペースで家づくりをスタートすることができるのです。

勉強の成果は「家づくりノート」で証明する

実際に勉強するのは面倒ですが、家づくりノートを作るくらいだと楽しんでできます。家づくりをすると、「どういう家にしたいのか」の妄想で楽しむのが醍醐味です。

この「どういう家にしたいか」というのは、家づくりの面談でも住宅会社の担当に伝える必要があります。そのため、各社が自社製の「家づくりノート」を用意して顧客にアンケートとして記入してもらったりしますが、この時の「自作の家づくりノート」の効果は絶大です。

  • 家づくりを真剣に考えていることが伝わる
  • 他社の資料ページもノートに編集することで競合していることが伝わる
  • 自分たちの希望がより正確に相手に伝わる

ここで大事なのは「熱意」と「競合」があることを、家づくりノートの存在で明確に相手に伝えることができるということ。

かめ
かめ

自作の家づくりノートを出して、そこに他社のパンフレットも入っていれば、もう施主が冷やかしではなく家づくりを決意していることが伝わります。

ぶちくま
ぶちくま

見積もりプランで探りを入れずに全力プランを最初から出してきてくれますよ!

 

家づくりノートの素材としても、他社の住宅資料は役に立つ、というわけです。

住宅予算の相談は、住宅会社にしない

住宅ローンの話は今回は割愛しますが、家づくりのマネープラン、住宅会社にはしないようにしてください。

予算は伝えていいのですが、住宅ローンで悩んでライフプランまで相談するのはコスパで考えるなら悪手です。

ぶちくま
ぶちくま

なんで住宅会社がマネープランの説明会なんかもやっているかといえば、簡単に顧客の予算が把握できるからですよね。

住宅会社としては、なるべく、家づくりにお金をかけてもらいたい。だから、可能な限り35年ローンで変動金利にさせて「みかけのお金」は少なくみせる。もう少し出せると錯覚させる。

住宅ローンを相談する、ということは、予算についてはノープランだと自分で言っているようなもの。もし、家づくりで余計なお金をかけたくないと考えているのなら、住宅ローンは先にファイナンシャルプランナーや、複数の金融機関で相談しておきましょう。

情報収集、どれくらいやったらいい?

住宅会社の情報収集は重要で、人によっては100社も回る人がいるくらい力を入れている方もいます。

かめ
かめ

でも、そんな時間、ない。

あくまでも経験談ですが、私は住宅資料に関しては住宅展示場でもらえた数店舗分とBOOK-OFFで購入した住宅資料数冊で家づくりの契約をして「無知だったな」と後悔しています。

ブログを書くと「情報強者」の方達は大学の研究者のようにとことん調べ尽くしていることを知ることになりますが、同時に「そこまでするのは無理だな」とも思うところです。だって、その分だけ休みが減るし、専門的な知識を蓄えるために勉強し直すのはしんどい。

つまりバランスが大事なのですが、無料見積もりを依頼するのは「3社」が限度です。打ち合わせで毎週末無くなることを考えると、事前にどこに依頼するかは厳選する必要があります。

そのため、100社回るのは無理でも、10社程度の住宅資料は集めてしっかりと見比べて「家づくりで重視するところ」と「それがどれくらいお金がかかりそうか」を見極めることが大事です。

このとき、必ずハウスメーカーや工務店のグレードは「高い」「ローコスト」をバランスよく設定して請求することが大事です。「家の機能」や「デザイン」はお金がかかるので、「これが欲しい」ばかり集めてしまうと本来楽しいはずの設計段階で「我慢」ばかり強いられること。

今すぐやりたい、住宅資料請求のポイント

自分の勉強のためにも、住宅会社自ら値引きせざるを得ないように誘導するためにも、「複数社の住宅資料」が重要だということをお伝えしました。

では、住宅資料請求において少しでも簡単に、かつ必要な情報を揃えるための方法を簡単にお伝えしておきます。

ぶちくま
ぶちくま

このサイトの長い情報を読み込めたあなたなら、今の熱量のまま資料請求までできれば、今日は十分に頑張ったと言える一日になるはず。

着実に、マイホームづくりに踏み出せています!

「town-life」なら間取りと資金計画も解決!

私が一番おすすめしている資料請求の方法として、可能な限り「タウンライフ」は利用をおすすめしています。

かめ
かめ

資料請求ができる上に、無料で「間取りプラン」の作成と「住宅費用の計画書」も用意してもらえます!

デフォルトのサービスになるので、先に書いた「予算の無知」を知られるリスクにもなりません。

ぶちくま
ぶちくま

さらに、「土地探し」もやってくれるのが嬉しいところ!

なんで無料でこんなことまでしてくれるのかといえば、それくらい、住宅会社は「広告」に予算をかけているということ。

広告費として、1件あたりに7%程度が家の価格に含まれています。これだと、3,000万円の家だと、200万円以上も広告のために払っていることになります。

それなら、少しでも自分のためにお金を使ってもらうのが理想。躊躇せずに、高待遇を受けられるうちに利用しておきましょう。

【PR】

【TOWN-LIFE】で資料請求してみる

足りない資料はSUUMOで補完!

ただ、タウンライフは待遇が良いため、逆に言えば提携する住宅会社に多少なり負担が大きくなってしまうこともあって、提携会社が多くはありません。

そこで、足りないと感じた場合は、SUUMOでの一括請求がおすすめ。情報収集のための資料はなるべく短期間に集めておき、対応の手間を減らすのが賢い家づくりのポイント。

かめ
かめ

さすが大手リクルートの不動産の総本山。情報量は業界トップクラスで、提携店もほぼ網羅しているのが嬉しいところ。

ぶちくま
ぶちくま

SUUMOで、タウンライフにはない資料を請求しておけば、まずは家づくりの第一歩で失敗するということはないはずです!お疲れ様でした!

【PR】

【SUUMO(スーモ)】で情報収集する

こんな感じで、広告っぽいこともやっていますが、住宅の資料請求に関しては、本当に施主にメリットが大きいので、是非ともトライしてみてください。住宅資料、みているだけでも幸せになれるので。

ハウスメーカー/工務店一覧
忘れないうちに記事を保存!
がたホーム

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「基準 住宅 年度」に関する最新情報です。

    2030年目標のZEH基準に向けて、住宅トップランナー基準の見直しが行われることが報じられている。2027年度に向けた新たな目標が必要であり、建築物エネルギー消費性能基準の合同会議で、強化外皮性能への適合が求められていることが明らかになった。建売戸建住宅、注文戸建住宅、賃貸アパートの外皮性能に関して、一次エネルギー消費量基準BEIが設定され、それぞれの基準値が示されている。

    https://www.s-housing.jp/archives/353549

  2. buchikuma-info より:

    「投資 設備 設備 投資」に関する最新情報です。

    TDBが実施した調査によると、2024年度の設備投資予定を持つ企業は前年比1.8ポイント減の58.7%で、4年ぶりに減少したと報告された。設備投資を予定していない企業の理由としては、先行きが見通せないことが最も多く、物価上昇に伴う機械関係の高騰や支払いのめどが立たないことが懸念されているという声も寄せられた。

    https://www.s-housing.jp/archives/352159

  3. buchikuma-info より:

    「ミネルギー 基準 スイス」に関する最新情報です。

    スイスの認証制度「ミネルギー基準」に基づいて建築された戸建て住宅を、建築家トーマス・メッツラー氏の案内でエシェンツ村で視察した。ミネルギー基準は1998年に制定され、エネルギー消費量に厳しい基準が設けられており、太陽熱やバイオマスなどの自然エネルギーを活用することが重視されている。この基準は、パッシブハウスとは異なり、給湯や暖房にかかるエネルギーに焦点を当てている。

    https://www.s-housing.jp/archives/351004

  4. buchikuma-info より:

    「エアコン サービス 掃除」に関する最新情報です。

    エアコンやカビ汚れに「プロのお掃除サービス」を利用した人の感想や家事を外注した経験についてのデータが紹介されています。20~50代の女性263人にアンケート調査を行った結果、家事を外注した経験がある人は全体の約2割であり、特に人気があるのは「エアコン清掃」でした。エアコンの掃除を依頼する理由として、効きが良くなることや涼しさが違うという声が挙がっています。全体的には家事を外注する人はまだ多くない傾向があり、共働き世帯が増加している中でも「家事は自分たちでやるもの」という考えが根強いようです。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJmh0dHBzOi8va3VmdXJhLmpwL2xpZmUvY2xlYW4tdXAvNTA2NTUx0gEA?oc=5

  5. buchikuma-info より:

    「pack energy energy pack」に関する最新情報です。

    ヴァルメット・オートモーティブが新型バッテリーシステム「Energy Pack」を発表。このバッテリーシステムは高エネルギー密度を実現し、トラックやバスなどの電動化に向けたコンパクトでスケーラブルなソリューションを提供する。最新世代の耐久性と安全性を兼ね備えた「NMC」セルを使用し、モジュールを不要にするアプローチにより、小型で軽量なパックからより多くのエネルギーを引き出すことが可能となる。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiMmh0dHBzOi8vcmVzcG9uc2UuanAvYXJ0aWNsZS8yMDI0LzA1LzI4LzM4MjM0NC5odG1s0gEA?oc=5

  6. buchikuma-info より:

    「建材 見積り ai」に関する最新情報です。

    パナソニックハウジングソリューションズは、室内建材製品の見積りシステムにAIを活用し、作業時間を約6割短縮できる新機能を導入した。これにより、建材流通業者にアピールし、競合他社との差別化を図りたい考えだ。

    https://www.housenews.jp/equipment/26820

  7. buchikuma-info より:

    「オアシス コミュニティ コミュニティ オアシス」に関する最新情報です。

    新潟市では、熱中症対策と節電を目的として、市内約170カ所に冷房の効いた休憩場所「コミュニティオアシス」を設置している。利用可能期間は5月1日から10月31日までで、市の公共施設や民間施設が対象となっている。施設には「コミュニティオアシス」のロゴが入ったポスターやのぼり旗が設置されている。

    https://www.niikei.jp/1044933/

  8. buchikuma-info より:

    「駄菓子 80 80 駄菓子」に関する最新情報です。

    80歳の清水勝已さんは、駄菓子屋店内にキッチンを作るために支援を募集しています。清水さんは障害者支援に携わり、地域への感謝を込めてこの事業を始めたいと考えています。集まった資金は、キッチン建設費やテイクアウトショップ開設費などに使用されます。プロジェクトのリスクやチャレンジについても説明があり、飲食店営業許可証の取得も予定されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiI2h0dHBzOi8vcmVhZHlmb3IuanAvcHJvamVjdHMvMTQxMTIx0gEA?oc=5

  9. buchikuma-info より:

    「予備費 地震 能登」に関する最新情報です。

    政府は、能登半島地震の被災地支援のために2024年度予算の予備費から1389億円を追加支出し、仮設住宅の建設や公共インフラの復旧などに充てることを決定した。これにより、能登地震支援のための予備費支出は累計で4000億円を超えることとなる。支出内容は、応急仮設住宅の建設、公共施設や土木施設の復旧、農林漁業者支援、福祉・介護サービスの整備などに充てられる予定である。政府はこれまでに3回に分けて2767億円を支出し、24年度の予備費を1兆円に倍増させる措置を取っている。

    https://www.s-housing.jp/archives/348095

  10. buchikuma-info より:

    「zeh 新潟県 普及」に関する最新情報です。

    新潟県の花角英世知事が雪国型ZEH(ゼッチ)の普及拡大を図るため、新潟県雪国型ZEH推進協議会の設立を発表。県独自の高断熱で気密性が確保された住宅基準「雪国型ZEH」を普及させるため、関係機関の情報共有や事業者支援、県民への啓発を推進する目的で協議会が設立された。

    https://www.niikei.jp/1025291/

  11. buchikuma-info より:

    「持っ 間取り デザイン」に関する最新情報です。

    家を建てる際に重要なのは、「広さ」「間取り」「デザイン」よりも、建築家とのコミュニケーションやクリエイティビティなどの要素だと指摘されています。ハウスメーカーでは建て主と建築家が直接会う機会が少なく、建て主の要望をそのまま図面に反映することが多いため、建物がバランスを欠いたり、住み心地が悪くなることがあると述べられています。建築家とのコミュニケーションを重視し、建て主の望む暮らしを考慮した家づくりが重要であると強調されています。

    https://gendai.media/articles/-/127139

  12. buchikuma-info より:

    「zeh 普及 zeh 普及」に関する最新情報です。

    熊本県は2050年までに県内のCO2排出量実質ゼロを目指し、「くまもとの住宅へのZEH普及促進アクションプラン」を策定した。具体的なアクションとして、ZEHや太陽光発電、蓄電池の普及加速化に向け、事業者への普及啓発や生活者への広報を行う方針を示している。また、工務店やハウスメーカーに対するアンケートを実施し、現状と課題を把握した上で勉強会を実施する予定となっている。

    https://www.s-housing.jp/archives/345077

  13. buchikuma-info より:

    「リフォーム 耐震 耐震 リフォーム」に関する最新情報です。

    耐震リフォームは、家の耐震性を向上させるためのリフォームであり、耐震等級でその強さが示される。費用は家の状態によって異なり、業者の選定も重要である。新潟県では耐震リフォームに使える補助金もあり、業者選びでは実績が重要なポイントとされている。

    https://sumica.niigata-nippo.co.jp/magazine/497

  14. buchikuma-info より:

    「優秀賞 zeh アルティザン」に関する最新情報です。

    アルティザン建築工房が築52年の中古戸建て住宅をリノベーションした「北の大地でリフォームZEHに住む」が最優秀賞を受賞。改修により断熱性能や耐震性能が向上し、太陽光発電も搭載。応募総数125作品の中で選ばれた作品で、他にも2作品が優秀賞を受賞した。

    https://www.s-housing.jp/archives/343559

  15. buchikuma-info より:

    「令和 令和 能登 半島」に関する最新情報です。

    株式会社クレディセゾンは、令和6年能登半島地震の被災者支援のために、セゾンカード・UCカード会員からの募金を受け付け、そのうち6,000万円をニトリを通じて石川県の仮設住宅に生活家電の支援として寄付し、500万円を日本獣医師会を通じて被災動物保護の支援として寄付したことを報告している。また、日本獣医師会の被災地支援活動に賛同し、500万円の寄付を行ったことが明記されている。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000264.000004442.html

  16. buchikuma-info より:

    「避難 能登 被災地」に関する最新情報です。

    石川県珠洲市の能登半島地震の被災地では、厳しい食事が続いており、自衛隊の炊き出しやボランティアによる支援が行われている。食事の内容は限られており、被災者たちは感謝の気持ちを示している。避難所では自主的な炊き出しも行われており、食事の提供には課題もあるが、支援が続けられている。また、飲食店による弁当づくりや栄養士による支援も行われており、被災地の状況は日々変化している。高齢者や嚥下状態にある人への食事提供にも課題があり、人手不足も指摘されている。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_65efc268e4b05cfcf680bff6

  17. buchikuma-info より:

    「復興 能登 キッチンカー」に関する最新情報です。

    石川県穴水町で発生した震災により、地元の生産者や住民が被災し、食生活に困難が生じている状況が説明されています。支援プロジェクトでは、地元産の食材を活用したキッチンカーを運営し、被災地支援や地産地消を促進する取り組みが行われています。キッチンカーでは、穴水町の伝統野菜や海産物を使用した独自の料理が提供され、地域の復興に向けた一歩として期待されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiLmh0dHBzOi8vcmVhZHlmb3IuanAvcHJvamVjdHMvbm90by1raXRpY2hpbl9jYXLSAQA?oc=5

  18. buchikuma-info より:

    「パン 秋葉区 2024」に関する最新情報です。

    新潟市秋葉区で2024年春に開催される「秋葉区パンまつり」が3月1日から31日まで開催されます。地域の人気ベーカリー6店舗で秋葉区産小麦の「ゆきちから」を使用したパンが販売され、特徴的な味わいが楽しめます。参加店で500円以上のレシートを応募用紙に貼ると、豪華景品が当たる抽選に参加できます。景品は季節のお花やジャムセットなど多彩で、パンまつりを楽しむ魅力的なイベントです。

    https://gatachira.com/local/95993/

  19. buchikuma-info より:

    「住まい シリーズ ノダ」に関する最新情報です。

    東京都台東区の企業が、「Canaeru(カナエル)」シリーズとしてドア、引き戸、クローゼット扉、収納などの内装建材を展開している。このシリーズは、住まいに対するさまざまな思いや願望が多様化する中で、快適でオリジナリティのある住まいを求める要望に応えることをコンセプトとしている。

    https://www.s-housing.jp/archives/341405

  20. buchikuma-info より:

    「マンション zeh フュディアルクリエーション」に関する最新情報です。

    フュディアルクリエーションは、ZEH-M Oriented認証を取得した新築投資用マンション「RELUXIA CITY 北新宿」の販売を開始。建物の断熱性能を向上し、高効率な設備を導入することで、年間の一次エネルギー消費量を35%削減し、5つ星評価を取得したと発表。竣工予定は3月中旬。

    https://japan.cnet.com/article/35215752/

  21. buchikuma-info より:

    「長岡 イベント 満喫」に関する最新情報です。

    長岡の冬を楽しむイベント「長岡雪しか祭り」が17日と18日に開催される。少雪の影響で一部の遊びが変更されたが、ステージイベントなどが中心で楽しめる内容になっている。イベントでは家族向けの「わんぱく広場」や様々なゲームが楽しめる。また、雪だるま作りやダンスコンテストなどのイベントも予定されている。

    https://www.niikei.jp/962945/

  22. buchikuma-info より:

    「長岡 イベント 満喫」に関する最新情報です。

    長岡の冬を満喫するイベント「長岡雪しか祭り」が17日と18日に開催される。少雪の影響で一部の雪遊びが変更されたものの、ステージイベントなどを中心に来場者が楽しめる内容となっている。このイベントは長岡の冬の風物詩であり、雪を使った遊びを中心に冬を楽しむことができる。コロナ禍前は5〜6万人の来場があり、家族連れで賑わっていた。イベントでは「わんぱく広場」やステージなどが設けられ、雪しかを模したジャンボスノーすべり台の代わりに「雪しかゲーム王国」が用意される。また、「ながおか100だるま大会」や「みんなで♯100だるま」なども開催される予定だ。ハイブ長岡の「雪しかステージ」ではダンスコンテストやスノーアンバサダーのコンテストなどが上演される。

    https://www.niikei.jp/962945/

  23. buchikuma-info より:

    「イベント 周防 建築」に関する最新情報です。

    建築家の周防貴之さんによるトークイベント「地形としての建築」が東京都港区で開催されます。このイベントは、ウェブメディア「ヒトツチ」が運営するもので、瓦という建材についての発信を行います。周防さんは、瓦を使用した建築プロジェクトを進行中であり、物質性と抽象性のバランスを成立させています。イベントは3月6日に開催され、トーク後に参加者の交流の時間も設けられます。興味のある人は気軽に参加できます。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiI2h0dHBzOi8vZ2V0bmV3cy5qcC9hcmNoaXZlcy8zNTAzMzk30gEA?oc=5

  24. buchikuma-info より:

    「イベント アート クリエイター」に関する最新情報です。

    新潟県長岡市で開催された「アートなHENTAI万博」は、クリエイターたちによる新しい形のイベントであり、約30団体が参加し、1万人以上の来場者が訪れた。会場では、子供たちに人気の雪板体験や光のアート展示、コスプレランウェイなどが楽しめた。このイベントは、様々なジャンルのアート・文化を一堂に会し、相互の発展や認知拡大を目的として開催された。地元企業も参加し、来年も開催される予定である。このイベントを通じて、長岡市の経済効果も期待されている。

    https://www.niikei.jp/960652/

  25. buchikuma-info より:

    「複合 対応 木造」に関する最新情報です。

    YKKAPは、非木造建築物用の中高層階(5階~25階)対応のアルミ・樹脂複合窓「EXIMA(エクシマ)55」を9月に発売する。これにより、従来の低層対応の複合窓「エピソード NEO―LB」に加え、中高層の非木造集合住宅にも対応できるようになる。YKKAPは、特にZEH―Mの認証を取得する物件の施工・販売を行う事業者に訴求していく予定であり、複合窓製品全体の拡販を図る狙いがある。

    https://www.housenews.jp/equipment/26121

  26. buchikuma-info より:

    「パナソニック リフォーム グループ」に関する最新情報です。

    パナソニックグループの社員寮である松草寮のリフォーム工事が完了しました。この寮は築54年で老朽化が進んでおり、空室も増えていました。パナソニックリフォームは、寮室の断熱性や防音性を向上させるために内窓を設置し、共用部には様々な居場所を作り、プライベートタイムを充実させるプランを提案しました。これにより、社員の居住環境が改善され、福利厚生の向上に貢献しました。今後もパナソニックリフォームは、豊富な実績を生かして特建事業分野でのリフォーム受注を図っていく予定です。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOmh0dHBzOi8vcHJ0aW1lcy5qcC9tYWluL2h0bWwvcmQvcC8wMDAwMDAxNjMuMDAwMDIyOTI3Lmh0bWzSAQA?oc=5

  27. buchikuma-info より:

    「能登 地震 届け」に関する最新情報です。

    能登半島地震で被害を受けた能登の塩産業を再興するため、製塩所の修繕と日本全国に塩を届けるプロジェクトが始まっています。現在、支援総額目標金額は10,000,000円で、129人の支援者がいます。被害の大きかった製塩所や事務所、店舗の改修費用にはまず使われ、余剰資金はOA機器の修理や購入、販促物やパッケージの備品購入に充てられます。プロジェクトは2024年10月31日までに完了予定で、支援者には製品券がリターンとして提供されます。目標金額に届かない場合でも、自己資金などで補填されることがあります。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiL2h0dHBzOi8vcmVhZHlmb3IuanAvcHJvamVjdHMvc2hpbmthaXNpb3Nhbm5neW910gEA?oc=5

タイトルとURLをコピーしました