PR

カメラ付冷蔵庫、パナソニックのCVシリーズはおすすめ?

スマート冷蔵庫の「パナソニックCVタイプ」に関する情報をまとめています。

このページでは以下のポイントを押さえて情報をまとめています。

  • 新着ニュース
  • スマート冷蔵庫の類似サービス・製品
  • SNSなどでの口コミ・評判

少しでも情報収集に役立てば嬉しいです!

家づくりの大事なお知らせ

資料請求できるのは「施主になる前」だけ

これから家づくりの話をする前に、少しだけお話ししておきます。

かめ
かめ

家づくりは情報戦。知っていると知らないとで、数百万円も損するなんてことがあるのが住宅購入の怖いところ。

詳細はページの最後にまとめましたが、読むのが面倒な方に「資料請求」のサイトだけお伝えしておきます。面倒なら、今しかできない「資料集め」だけでもやっておきましょう。

ぶちくま
ぶちくま

一括で資料請求できる上に、無料で「間取り」「土地」「資金」のプラン作成までしてくれるタウンライフがおすすめです!

【PR】

【TOWN-LIFE】で資料請求してみる

もし、家作りがなかなか進まない、と感じたら、家族が乗り気じゃない、と思ったら、まずは自分が行動すること。今日の宿題は、一歩だけでも前に進んでみること。

では、本編に戻ります。

お邪魔しました。

2024年の「パナソニックCVタイプ」新着情報まとめ

スマート冷蔵庫や「パナソニックCVタイプ」について調べている際に見つけた新着情報についてはここの項目で随時更新しています。

スマート冷蔵庫/パナソニックCVタイプに関する新着ニュース

パナソニックCVタイプに関する新着ニュースをまとめています。

「AIカメラ搭載冷凍冷蔵庫CVタイプを発売」

「AIカメラ搭載冷凍冷蔵庫CVタイプを発売」

2024年3月29日の、パナソニックの新製品リリースに関する情報をお届けします。

  • パナソニックは、カメラ画像から野菜をAIで認識し、日持ち目安に応じてレシピを提案する機能を搭載した冷凍冷蔵庫CVタイプを2024年5月下旬より発売します。
  • 冷蔵庫AIカメラを新搭載し、外出先から庫内画像を確認でき、買い忘れやダブリ買いを減らします。
  • 業界で初めて、カメラ画像からAIが野菜を自動認識し、先に消費した方が良い野菜とそのレシピを提案する機能を搭載しました。
  • 新しく入庫された野菜を確認すると、野菜の種類と登録日から利用期限目安を算出しリストに反映するため、早く使った方が良い食材に応じたレシピが提案できます。
  • 野菜室のケース内を適切な湿度に保ち、冷却も最適化した「Wシャキシャキ野菜室プラス」により、野菜を約10日間シャキシャキに保存することができます。
ニュースについてのポジティブな影響や意見

この新製品は、食材の使い切りをサポートし、フードロス削減に貢献することが期待されます。また、毎日の献立の悩みを解決し、豊かな食生活を提案することもできます。

ニュースについてのネガティブな影響や意見

AIが誤認識をした結果、正常でない判定結果が表示される場合があります。また、本サービスは食品の安全性を保証するものではありませんので、利用者は自身でも食品の管理に注意が必要です。

製品仕様と価格
品名品番メーカー希望小売価格発売日月産台数
冷凍冷蔵庫 CVタイプNR-F53CV1/NR-E46CV1オープン価格5月下旬*500台
製品特長
  1. 冷蔵庫AIカメラ機能:庫内を撮影し、野菜を自動認識。外出先から庫内画像を確認できる。
  2. Wシャキシャキ野菜室プラス:適切な湿度を保ち、約10日間野菜を新鮮に保存。
  3. 大容量の野菜室:100%引き出せる大容量設計で、奥まで使いやすい。
その他情報
  • 本体幅をスリム化した野菜室が真ん中のHVタイプも5月上旬に発売予定です。
  • 新型コロナウイルス感染症の影響により、発売の延期や供給が遅れる可能性があります。発売時期は確定次第、パナソニックホームページに掲載されます。

パナソニックCVタイプに関連した当サイトの参考ページを紹介

「パナソニックCVタイプ」に関連した私が取り扱うサイトの各ページへのリンクを紹介していきます。

スマートホームに関連した情報

スマートホームは、家庭の快適性やセキュリティを向上させるために、様々なデバイスやテクノロジーを統合することを指します。以下はスマートホームに関連するおすすめ記事です。

トピックに関連した紹介したい記事

冷蔵庫に関連した情報

冷蔵庫は、食品を新鮮に保つために不可欠な家電製品です。以下は冷蔵庫に関連するおすすめ記事です。

トピックに関連した紹介したい記事

スマート冷蔵庫「パナソニックCVタイプ」の基礎知識

スマート冷蔵庫の基礎知識や、スマート冷蔵庫の類似商品/サービスに関する情報をまとめています。

パナソニックCVタイプの特徴が知りたい!

パナソニックのCVタイプ冷蔵庫は、デザインと機能性の両面でこだわり抜かれた製品です。以下はその特徴をまとめた内容です。

AIカメラ搭載で食材管理を革新

AIカメラ搭載で食材管理を革新

パナソニックCVタイプは、外からでも庫内が確認できるAIカメラを搭載しています。AIが野菜の種類を見分け、新鮮なうちに使い切れるレシピを提案します。

  • 庫内の食材を外からチェック可能
  • AIによる野菜の自動認識とレシピ提案

使いやすさと省エネ性能を追求

使いやすさと省エネ性能を追求

使いやすさにもこだわり、100%フルオープンの引き出しや約10日間野菜を新鮮に保存するWシャキシャキ野菜室プラスを搭載。さらに、AIエコナビ機能により、1週間の生活リズムに合わせて自動で節電します。

  • 100%フルオープンの引き出しで使いやすい
  • 約10日間野菜を新鮮に保存
  • AIエコナビによる自動節電

洗練されたデザインと充実の機能

洗練されたデザインと充実の機能

洗練されたデザインのヘアラインディープブラックモデルや、微凍結パーシャル、ナノイーX搭載モデルなど、さまざまなニーズに応える機能を備えています。スマホとの連携も可能で、調理や使い勝手をサポートします。

  • 洗練されたヘアラインディープブラックデザイン
  • 微凍結パーシャルやナノイーX搭載
  • スマホとの連携で使い勝手をサポート

パナソニック冷蔵庫はどうやって選ぶ?

パナソニックの冷蔵庫は、機能性とデザイン性に優れた多彩なラインナップが特徴です。選び方のポイントを解説します。

シリーズごとの特徴を把握する

パナソニックの冷蔵庫には、大容量・多機能モデルの「WPX」、リーズナブルな「HPX」、スリムで大容量の「PX」「EX」、真ん中野菜室の「MEX」、奥行き薄型の「GC」「C」、2ドアタイプの「T」「HW」など、様々なシリーズがあります。それぞれの特徴を理解し、ニーズに合ったものを選びましょう。

  • 「WPX」:大容量で多機能、高性能モデル
  • 「HPX」:リーズナブルで機能性重視
  • 「PX」「EX」:スリムで大容量、キッチンスペースに合う
  • 「MEX」:真ん中野菜室で多機能、デザイン性も優れる
  • 「GC」「C」:奥行き薄型で真ん中野菜室、キッチンが広々
  • 「T」「HW」:2ドアでコンパクト、一人暮らしや2台目に適したサイズ

選び方のポイントを押さえる

冷蔵庫選びには、容量、本体サイズ、ドアの数・開閉タイプ、レイアウト、機能、省エネ基準達成率(消費電力)など、複数のポイントがあります。自分のライフスタイルやキッチンのスペース、使用頻度などを考慮して選びましょう。

  • 容量は家族の人数や自炊の有無によって選ぶ
  • 本体サイズはキッチンのスペースに合わせる
  • ドアの開閉タイプは使いやすさを考慮
  • 真ん中野菜室や真ん中冷凍室のレイアウトで使い勝手をチェック
  • 必要な機能(急速冷凍・冷却、微凍結パーシャル、シャキシャキ野菜室など)を確認
  • 省エネ基準達成率で電気代の節約を考慮

機能性とデザインをバランス良く選ぶ

パナソニックの冷蔵庫は、機能性だけでなくデザインにもこだわっています。キッチンの雰囲気に合うデザインを選ぶことで、インテリアとしても楽しむことができます。

  • デザイン性を重視してキッチンの雰囲気に合わせる
  • ミラー加工やフロスト加工、木目調デザインなどから選ぶ
  • スマホ連携機能や衛生機能など、付加価値のある機能もチェック

CVシリーズは選ぶべき?

CVタイプは、以下のような特徴を持ちます:

  • AIカメラ搭載で、外出先からも庫内の食材を確認可能
  • AIによる野菜の自動認識とレシピ提案機能
  • 100%フルオープンの引き出しで使いやすい設計
  • 約10日間野菜を新鮮に保存するWシャキシャキ野菜室プラス搭載
  • 洗練されたデザインのヘアラインディープブラックモデル

これらの特徴から、CVタイプは以下のような人にニーズがあると考えられます:

  • 食材の管理をしっかりと行いたい人
  • フードロスを減らしたいと考えている人
  • 外出先からでも冷蔵庫の中身を確認したい人
  • 料理のレシピ提案を受けて、食材を有効活用したい人
  • 使い勝手の良い冷蔵庫を求めている人
  • キッチンのデザインにこだわりたい人

「CVシリーズと比較したいカメラ付冷蔵庫」

カメラ付き冷蔵庫は、食品管理をスマートに行いたい方に最適な選択肢です。ここでは、パナソニックのCVシリーズと他のカメラ付き冷蔵庫の比較を行います。

「デリシャス冷凍機能」

パナソニックのCVシリーズには、「デリシャス冷凍」という機能があり、食品を自動でおいしくホームフリージングします。これにより、食材の鮮度とおいしさを長期間保つことができます。

  • 自動でおいしくホームフリージング
  • 食材の鮮度とおいしさを長期間保持

「大容量設計」

CVシリーズは、天井の薄壁化により、本体幅が同じでもより大容量を実現しています。これにより、食品をたくさん保存することが可能になります。

  • 天井の薄壁化による大容量化
  • たくさんの食品を保存可能

「冷蔵庫カメラとスマホ連携」

CVシリーズは、冷蔵庫カメラとスマホアプリを連携させることで、外出中でも冷蔵庫の中身を確認できる機能を備えています。これにより、買い忘れやダブり買いを防ぐことができます。

  • 外出中でも冷蔵庫の中身をスマホで確認
  • 買い忘れやダブり買いを防止

比較対象として、アイリスオーヤマの「ストックアイシリーズ」もカメラ付き冷蔵庫として注目されています。このシリーズは、共働き世帯にも使いやすい設計が特徴で、大容量冷凍室や庫内カメラ機能などを搭載しています。また、アイリスオーヤマの冷蔵庫は、インテリアに調和するデザインも魅力の一つです。

CVシリーズと比較した場合、アイリスオーヤマの冷蔵庫は、よりリーズナブルな価格帯で大容量を提供している点が異なります。一方で、パナソニックのCVシリーズは、デリシャス冷凍機能やスマホ連携機能など、独自のテクノロジーを強みとしています。

「関西電力の冷蔵庫カメラサービス」

関西電力の「冷蔵庫カメラサービス」は、冷蔵庫の扉を開けた際に自動撮影し、クラウドに画像をアップロードする仕組みです。ユーザーはスマホアプリから冷蔵室や野菜室を確認でき、25品目の野菜の消費期限の目安も確認できます(試験サービス)。

  • 冷蔵庫の中身をアプリで確認可能
  • 野菜の消費期限の目安が確認できる機能
「サービスの特徴と期待される効果」

このサービスにより、スマホを見ながらお買い物ができ、買い忘れやダブり買いを防ぐことができます。また、鮮度管理が難しい野菜室に消費期限の目安を教えてくれる機能があり、フードロス防止にも期待できます。

  • 買い物時の買い忘れやダブり買いを防止
  • フードロス防止に貢献
「クラウドファンディングによる支援募集」

関西電力は、このサービスの提供に向けてクラウドファンディングを通じて支援者を募集しています。目標金額は850万円で、リターンとしてサービスの1年間利用権を提供します。目標金額達成で2024年5月下旬からサービス提供を開始する予定です。

  • クラウドファンディングで支援者募集中
  • 目標金額は850万円、サービスの利用権をリターンとして提供

「冷蔵庫カメラサービス」は、既存の冷蔵庫をスマート化することで、お買い物や食材管理を便利にするサービスです。パナソニックのCVシリーズなど既にカメラ付きの冷蔵庫を持っているユーザーにとっては、機能やコストの面で比較検討する価値があるかもしれません。

パナソニックCVタイプの口コミ・評判

パナソニックCVタイプの情報で、ネット上の口コミやネタバレ情報をまとめておきます。

X(Twitter)の情報

X(Twitter)検索用リンクはこちらです。「パナソニックCVタイプ」と検索できます。

口コミ、レビュー、評判まとめ

口コミやレビュー、評判についての情報です。

40歳、女性、主婦

パナソニックのCVタイプ、デザインがキッチンに馴染んでいい感じです。でも、正直、AIカメラ機能は使いこなせてないかも。子どものお弁当作りには便利だけど、野菜室がもう少し大きいと助かるな。

60歳、男性、定年退職

この冷蔵庫、野菜が長持ちするのがいいね。ただ、スマホで中身を確認する機能は、使い方がいまいち分からない。もう少しシンプルな方が使いやすいと思う。

25歳、男性、エンジニア

CVタイプの冷蔵庫、スマート機能が充実してて最高!ただ、価格がもう少し手頃だと嬉しいな。冷蔵庫の中をリモートで確認できるのは、買い物の時にめちゃくちゃ便利だよ。 ​

まとめ:パナソニックCVタイプは「AIカメラは今後のサービス次第で必須級」

最後までお読みいただきありがとうございました。

スマート冷蔵庫の便利な点や、パナソニックCVタイプの特徴をまとめました。購入の参考になれば幸いです。

パナソニックCVタイプの特徴まとめ

「パナソニックCVタイプ」の活用方法

  • スマートフォンアプリを使用して外出先から冷蔵庫の中身を確認できます。
  • AIが野菜の種類を自動認識し、新鮮なうちに使い切るためのレシピを提案します。
  • 100%フルオープンの引き出しで使いやすく、約10日間野菜を新鮮に保存できる「Wシャキシャキ野菜室プラス」を搭載しています。
  • 大容量でありながら、天井の薄壁化により、より多くの食品を保存できます。

スマート冷蔵庫の「パナソニックCVタイプ」を使うべき人、シチュエーション

  • 買い物の際に冷蔵庫の中身を確認したいと考えている方。
  • 食材の鮮度管理やレシピ提案機能を活用して料理の幅を広げたい方。
  • 高い使い勝手とデザイン性を求める方。
  • 大家族や食材をたくさん保存したい方。

「パナソニックCVタイプ」のプレゼンテーション by ChatGPT

【ここまでのChat内容】をもとに「パナソニックCVタイプ」の特徴を、読んだ人が購入したくなるように全力でプレゼンテーションしてください!具体例を示す方がより親近感が湧くので、あると便利な利用シチュエーションや、特定のターゲット層が読者と共有できるようにわかりやすく提示しましょう。また、見出しはh4以下で書き出してください。

パナソニックCVタイプの知っておきたいよくあるQ&A

Q
パナソニックCVタイプの冷蔵庫にはどのような機能がありますか?
A

パナソニックCVタイプには、外出先から冷蔵庫の中身を確認できるAIカメラ機能、食材の鮮度を保つ「Wシャキシャキ野菜室プラス」、100%フルオープンの引き出し、AIによるレシピ提案機能などがあります。

Q
スマートフォンで冷蔵庫の中身を確認するにはどうすればいいですか?
A

専用のスマートフォンアプリをダウンロードし、冷蔵庫とスマートフォンを連携させることで、外出先からでも冷蔵庫の中身を確認することができます。

Q
AIによるレシピ提案機能はどのように使うのですか?
A

冷蔵庫内のカメラが食材を自動認識し、その食材を使ったレシピをスマートフォンアプリ上で提案します。これにより、食材の消費を促進し、フードロスを減らすことができます。

Q
「Wシャキシャキ野菜室プラス」はどのような機能ですか?
A

「Wシャキシャキ野菜室プラス」は、野菜を約10日間新鮮に保つことができる機能です。適切な湿度を保ちながら冷却することで、野菜の鮮度を長期間維持します。

Q
パナソニックCVタイプの冷蔵庫はどのような人におすすめですか?
A

スマートフォンで冷蔵庫の管理を行いたい方、食材の鮮度を重視する方、料理の幅を広げたい方、そしてデザイン性と使い勝手を求める方に特におすすめです。

「パナソニックCVタイプ」に関して参考になる記事リスト

スマート冷蔵庫や「パナソニックCVタイプ」に関連した当サイトの記事リストを載せておきます。

冷蔵庫に関する話題

スマートホームに関する参考ページ

「パナソニックCVタイプ」過去の情報

すでに古くなった情報を、まとめきれずにとりあえず放置しておく場所になります。ここはきれいになっているのが理想。

家づくり、失敗したくないなら
ぶちくま
ぶちくま

他の住宅会社で見積もりしてもらったら、今のところより300万円くらい安くなった。。。

何も知らずに家を建てると実際に数百万円も損する、なんてことはザラにあります。

家づくりは誰にとっても初めてのことで、何も知らないところからスタートするのが当たり前。だから、「値引きできるか」どうかも知らなければ「適正価格かどうか」もわからない。

家が安くなる、という感覚が、我々には薄いのです。

少しでも損をしないためにできることはいくつかあります。そのひとつは「相見積もり」。他の住宅会社を価格競争に巻き込むこと。これだけで、適正価格で家を建てることに近づけます。

かめ
かめ

でも、相見積もりって住宅会社はタダ働きになるかもしれないので嫌がるし、断るのも大変だし、そもそも家づくりって価格だけで選べるものでもないよね。

このページを最後まで読んでいただいたあなたに、数分で、簡単に、誰にでもできる方法で、相見積もりくらい効果のある情報収集の方法についてお伝えしたいと思います。

3分でできる、今すぐ行動したい家づくりの極意

家づくりで損をするのは、住宅会社は値引きを前提にして家の値段を設定しているから。

しかし、値引きをしなければそのまま住宅会社は利益が増えるので「値引き用に高く設定したままの住宅が売れてしまうケースがある」というのが問題です。

ぶちくま
ぶちくま

全ての住宅会社が悪意のある値上げをしている訳ではないけど、どの会社も「施工不良などのもしも」の時に値下げできるように余裕を持った価格設定はしています。

もちろん、値下げ交渉で値段が下がる場合もあれば、下がらない場合もあります。何も言わずにトラブルがなければオプションをおまけしたりなどで顧客に還元してくれることもあります。

かめ
かめ

でも、会社も少しでも利益を上げたいから、「何も言ってこない客」や「何も知らなそうな客」からは、還元せずになるべくお金を使わせようとするところもあったりします。

とはいえ、いざ自分が客になってみると、一生懸命やってくれるスタッフに「値下げして」とは、なかなか言えません。

だからこそ、契約前までに、自分たちが「適正価格で購入するために勉強している」ということを相手に察してもらい、競合会社と値下げ競争をしてもらって、納得した上で契約するのが大事、ということになります。

値下げのために必要な3つのこと

まず、値下げのために必要な3つのことだけ覚えておいてください。

  1. 一括資料請求で「競合がいる」ことを悟らせる
  2. 勉強の成果は「家づくりノート」にまとめる
  3. 住宅ローン」の相談は住宅会社にはしない

これだけで大丈夫です。

資料請求は簡単に競合会社を作れる便利ツール

まず、資料請求について。

モデルハウスをめぐって資料を集めてもいいのですが、1回の訪問で回れる数も時間も限られていて、価格の勉強もしていないとミスマッチで時間ばかり無駄にしてしまいます。

さらに、住宅会社の営業も「どの会社を回ってきたか」が把握しやすく、自分のホームグラウンドで営業トークが設定できます。つまり、水を得た魚。

ぶちくま
ぶちくま

そもそも、家づくりで何も知らずにモデルハウス回っちゃう人は、カモがネギ背負ってやってきたようなもので、営業からしたらボーナスチャンス。

競合他社となる「隣のモデルハウス」の価格もわかっているので、最初から設定した仮初の値下げ設定で、自分たちのペースで営業ができる訳です。

一方の住宅資料請求。侮るなかれ。

住宅資料請求の場合、資料請求を利用している時点で、競合他社が複数いることが住宅会社にはわかります。多数の競合がいる中で、顧客から興味を持って選んでもらうには価格で負けることは避けたい。

ただ、まだ顧客になるかどうかもわからない相手なので、無理に引き込むこと労力を使うことも避けたい。そのため、施主はビルダーにプレッシャーをかけつつも、自分のペースで家づくりをスタートすることができるのです。

勉強の成果は「家づくりノート」で証明する

実際に勉強するのは面倒ですが、家づくりノートを作るくらいだと楽しんでできます。家づくりをすると、「どういう家にしたいのか」の妄想で楽しむのが醍醐味です。

この「どういう家にしたいか」というのは、家づくりの面談でも住宅会社の担当に伝える必要があります。そのため、各社が自社製の「家づくりノート」を用意して顧客にアンケートとして記入してもらったりしますが、この時の「自作の家づくりノート」の効果は絶大です。

  • 家づくりを真剣に考えていることが伝わる
  • 他社の資料ページもノートに編集することで競合していることが伝わる
  • 自分たちの希望がより正確に相手に伝わる

ここで大事なのは「熱意」と「競合」があることを、家づくりノートの存在で明確に相手に伝えることができるということ。

かめ
かめ

自作の家づくりノートを出して、そこに他社のパンフレットも入っていれば、もう施主が冷やかしではなく家づくりを決意していることが伝わります。

ぶちくま
ぶちくま

見積もりプランで探りを入れずに全力プランを最初から出してきてくれますよ!

 

家づくりノートの素材としても、他社の住宅資料は役に立つ、というわけです。

住宅予算の相談は、住宅会社にしない

住宅ローンの話は今回は割愛しますが、家づくりのマネープラン、住宅会社にはしないようにしてください。

予算は伝えていいのですが、住宅ローンで悩んでライフプランまで相談するのはコスパで考えるなら悪手です。

ぶちくま
ぶちくま

なんで住宅会社がマネープランの説明会なんかもやっているかといえば、簡単に顧客の予算が把握できるからですよね。

住宅会社としては、なるべく、家づくりにお金をかけてもらいたい。だから、可能な限り35年ローンで変動金利にさせて「みかけのお金」は少なくみせる。もう少し出せると錯覚させる。

住宅ローンを相談する、ということは、予算についてはノープランだと自分で言っているようなもの。もし、家づくりで余計なお金をかけたくないと考えているのなら、住宅ローンは先にファイナンシャルプランナーや、複数の金融機関で相談しておきましょう。

情報収集、どれくらいやったらいい?

住宅会社の情報収集は重要で、人によっては100社も回る人がいるくらい力を入れている方もいます。

かめ
かめ

でも、そんな時間、ない。

あくまでも経験談ですが、私は住宅資料に関しては住宅展示場でもらえた数店舗分とBOOK-OFFで購入した住宅資料数冊で家づくりの契約をして「無知だったな」と後悔しています。

ブログを書くと「情報強者」の方達は大学の研究者のようにとことん調べ尽くしていることを知ることになりますが、同時に「そこまでするのは無理だな」とも思うところです。だって、その分だけ休みが減るし、専門的な知識を蓄えるために勉強し直すのはしんどい。

つまりバランスが大事なのですが、無料見積もりを依頼するのは「3社」が限度です。打ち合わせで毎週末無くなることを考えると、事前にどこに依頼するかは厳選する必要があります。

そのため、100社回るのは無理でも、10社程度の住宅資料は集めてしっかりと見比べて「家づくりで重視するところ」と「それがどれくらいお金がかかりそうか」を見極めることが大事です。

このとき、必ずハウスメーカーや工務店のグレードは「高い」「ローコスト」をバランスよく設定して請求することが大事です。「家の機能」や「デザイン」はお金がかかるので、「これが欲しい」ばかり集めてしまうと本来楽しいはずの設計段階で「我慢」ばかり強いられること。

今すぐやりたい、住宅資料請求のポイント

自分の勉強のためにも、住宅会社自ら値引きせざるを得ないように誘導するためにも、「複数社の住宅資料」が重要だということをお伝えしました。

では、住宅資料請求において少しでも簡単に、かつ必要な情報を揃えるための方法を簡単にお伝えしておきます。

ぶちくま
ぶちくま

このサイトの長い情報を読み込めたあなたなら、今の熱量のまま資料請求までできれば、今日は十分に頑張ったと言える一日になるはず。

着実に、マイホームづくりに踏み出せています!

「town-life」なら間取りと資金計画も解決!

私が一番おすすめしている資料請求の方法として、可能な限り「タウンライフ」は利用をおすすめしています。

かめ
かめ

資料請求ができる上に、無料で「間取りプラン」の作成と「住宅費用の計画書」も用意してもらえます!

デフォルトのサービスになるので、先に書いた「予算の無知」を知られるリスクにもなりません。

ぶちくま
ぶちくま

さらに、「土地探し」もやってくれるのが嬉しいところ!

なんで無料でこんなことまでしてくれるのかといえば、それくらい、住宅会社は「広告」に予算をかけているということ。

広告費として、1件あたりに7%程度が家の価格に含まれています。これだと、3,000万円の家だと、200万円以上も広告のために払っていることになります。

それなら、少しでも自分のためにお金を使ってもらうのが理想。躊躇せずに、高待遇を受けられるうちに利用しておきましょう。

【PR】

【TOWN-LIFE】で資料請求してみる

足りない資料はSUUMOで補完!

ただ、タウンライフは待遇が良いため、逆に言えば提携する住宅会社に多少なり負担が大きくなってしまうこともあって、提携会社が多くはありません。

そこで、足りないと感じた場合は、SUUMOでの一括請求がおすすめ。情報収集のための資料はなるべく短期間に集めておき、対応の手間を減らすのが賢い家づくりのポイント。

かめ
かめ

さすが大手リクルートの不動産の総本山。情報量は業界トップクラスで、提携店もほぼ網羅しているのが嬉しいところ。

ぶちくま
ぶちくま

SUUMOで、タウンライフにはない資料を請求しておけば、まずは家づくりの第一歩で失敗するということはないはずです!お疲れ様でした!

【PR】

【SUUMO(スーモ)】で情報収集する

こんな感じで、広告っぽいこともやっていますが、住宅の資料請求に関しては、本当に施主にメリットが大きいので、是非ともトライしてみてください。住宅資料、みているだけでも幸せになれるので。

キッチン
忘れないうちに記事を保存!
がたホーム

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「スマートホーム」に関するYouTubeの話題です。

    – 家計改善ライブで、家計管理が進んでいる様子が報告される
    – Amazfit Bip 5 Unityのおすすめ神設定10選が紹介され、スマートウォッチの使い方が解説される
    – smaliaの開閉センサーのセットアップ手順が1分半でわかる動画が公開される
    – 新宿にAkuvoxとakubelaの最新システムを搭載したショールームが開設される
    – MacでのSDカードのFAT32フォーマット方法が紹介される

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=スマートホーム

  2. buchikuma-info より:

    「撮影 concon 共創」に関する最新情報です。

    建築家の水谷元氏がiPhone 15 Pro MAXを使い、京都の建築『共創自治区CONCON』と『郭巨山会所』を撮影しました。『共創自治区CONCON』は京都の旧市街地に位置し、町家とコンテナを組み合わせた建築で、街のアップデートを試みています。水谷氏は建築の魅力をカメラを通して楽しむ方法を紹介しており、スマートフォンのカメラの利便性にも言及しています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiM2h0dHBzOi8vcmVhbHNvdW5kLmpwL3RlY2gvMjAyNC8wNi9wb3N0LTE2OTU3NDMuaHRtbNIBN2h0dHBzOi8vcmVhbHNvdW5kLmpwL3RlY2gvMjAyNC8wNi9wb3N0LTE2OTU3NDMuaHRtbC9hbXA?oc=5

  3. buchikuma-info より:

    「スマートホーム」に関するYouTubeの話題です。

    – Windows10のサポート終了に伴い、データや処分方法について初心者向けの解説が行われている
    – 家計改善ライブでは、副業を始める前に自己チェックをする方法が紹介されている
    – ZEN55とHome Assistantを使用して、ダムな煙感知器やCO検知器をスマートなアラートデバイスに変える方法が紹介されている
    – ENHYPENの動画やファーウェイのスマートウォッチに関する情報も含まれている

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=スマートホーム

  4. buchikuma-info より:

    「スマートホーム」に関するYouTubeの話題です。

    – 6月23日の家計改善ライブでは、スマートホームガジェットを活用して家計を改善する方法が紹介された。
    – TikTokで掃除のコツを学ぶことで、スマートホームの清潔さを保つ方法が紹介された。
    – 広さを感じさせない28坪の部屋を、アイスマートなデザインで広く見せる方法が紹介された。
    – AqaraのG3ハブは、ネットワークカメラとスマートリモコンの機能を兼ね備え、ジェスチャー操作にも対応している。
    – CEOと少女の運命が永遠に変わる「Everlasting Love Bond」のエピソードが紹介された。

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=スマートホーム

  5. buchikuma-info より:

    「ダウンロード 荷主 制度」に関する最新情報です。

    船井総研ロジが無料ダウンロードで「荷主勧告制度」に関する情報を公開しました。この資料では、2024年問題や輸送キャパシティの減少が荷主に与える影響、荷主勧告制度の事例、荷主の責任と対応策について詳細に解説されています。さらに、39項目の「自主行動計画におけるセルフチェックリスト」も提供されています。船井総研ロジは物流コンサルティングファームとして、物流業界の課題に対処するための重要な情報を提供しています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000782.000059144.html

  6. buchikuma-info より:

    「スマートホーム」に関するYouTubeの話題です。

    – HUAWEI WATCH FIT 3の文字盤に好きな写真や画像を設定する方法が解説されている
    – 2024年の売れ筋スマートプラグのトップ5が紹介されている
    – 美女総裁が窮地の小伙を助け、彼に一目惚れして猛烈に追いかけるストーリーが描かれた短編ドラマ
    – 30代夫婦が建てた注文住宅の家事動線が完璧で、二階リビングや33坪の広さが特徴
    – Amazon Echo Dot 4th Gen with clockの製品レビューがあり、詳細はリンク先の説明欄に記載されている

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=スマートホーム

  7. buchikuma-info より:

    「冷凍 コツ ブロッコリー」に関する最新情報です。

    冷凍ブロッコリーを使った副菜のレシピを紹介する記事で、冷凍野菜のメリットについて述べられています。前回は冷凍そら豆を使用した料理が紹介されており、今回は冷凍ブロッコリーを使用したレシピが紹介されています。

    https://toyokeizai.net/articles/-/765101?utm_source=rss&utm_medium=http&utm_campaign=link_back

  8. buchikuma-info より:

    「スマートホーム」に関するYouTubeの話題です。

    – ベッドルームをアップグレードする簡単な方法として、スマートホームシアター部屋の美観を損なわずに設置できる自動昇降システムや省スペースのスマートホームデバイスとの連携が紹介されている。
    – 30代夫婦が建てた注文住宅では、家事動線が完璧で、二階リビングが33坪の広さで機能的に設計されている。
    – テスラのモデル3に後付けで導入できるシートクーラーが真夏の暑さ対策として紹介されている。
    – 2024年6月には最新iPhoneが一括1円で販売されるなど、1円スマホの投げ売り情報が提供されている。

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=スマートホーム

  9. buchikuma-info より:

    「スマートホーム」に関するYouTubeの話題です。

    – 中古車の選び方に関する7つのポイントを紹介
    – Apple Watchの次世代OS「watchOS 11」についての深掘り記事
    – OPPO Reno11 Aのレビューで、デザインや性能、カメラ画質、電池持ちなどを解説
    – 新宿・神楽坂にあるAkuvoxのスマートホームショールームで次世代の暮らしを体験可能
    – 簡単DIYで可愛いふにゃふにゃ猫を作る方法に関する動画

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=スマートホーム

  10. buchikuma-info より:

    「連携 cocolive 協業」に関する最新情報です。

    ダイテックとCocoliveが協業し、ダイテックの基幹システム「注文分譲クラウドDX」とCocoliveの「KASIKA」を連携させることで、クライアントの紹介や販売を行う新たな取り組みを開始することが発表された。

    https://www.s-housing.jp/archives/354063

  11. buchikuma-info より:

    「感染 イノシシ 捕獲」に関する最新情報です。

    新潟県胎内市で捕獲された野生のイノシシが豚熱に感染していたことが判明。感染が確認されたのは県内76例目で、体長110センチメートルのオスの成獣だった。県では養豚農場での豚熱発生を予防するため、全養豚農場でワクチン接種を実施。豚熱はブタとイノシシの病気であり、人に感染することはない。感染した肉が市場に流通することはないため、健康への影響はない。

    https://www.niikei.jp/1091028/

  12. buchikuma-info より:

    「ai suse ai cake」に関する最新情報です。

    SUSEは、AI市場に参入しようとしており、新しいAI戦略とSUSE AIソリューションを発表している。同社のCEOとVPは、オープンソースモデルを企業にもたらすビジョンを共有し、AIを含む技術の進化を強調している。SUSEは、企業顧客にコードへのアクセスだけでなく、サポートやセキュリティ、長期的なサポートを提供することの重要性を強調している。

    https://techcrunch.com/2024/06/18/suse-wants-a-piece-of-the-ai-cake-too/

  13. buchikuma-info より:

    「スマートホーム」に関するYouTubeの話題です。

    – 株価が上昇する可能性がある株を探すための情報
    – 生保業界のFPパートナー株が連日のストップ安の状況
    – TVアニメ「夜のクラゲは泳げない」の放送情報
    – スマートホーム向けの天井ファン「Quạt trần Rapido RCF 3W White」の特徴
    – 6種類のスマートカメラを比較し、ペットの見守りやガレージの確認に活用する方法

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=スマートホーム

  14. buchikuma-info より:

    「スマートホーム」に関するYouTubeの話題です。

    – 東芝ライフスタイルの冷蔵庫「VEGETA」がお野菜を取りまとめるキャンペーンを実施
    – 自宅のセキュリティを監視するカメラの紹介
    – プロジェクターを使用して大画面でNintendo Switchのゼルダの伝説を楽しむ方法
    – Dngbei DBOX02という最新プロジェクターのGoogle TVのホーム画面を紹介
    – Google Homeにも対応した高輝度・4KプロジェクターDngbei DBOX02の紹介

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=スマートホーム

  15. buchikuma-info より:

    「容量 拡張 スーツケース」に関する最新情報です。

    株式会社KURUKURUのスーツブランド「MAIMO」から、大容量拡張式スーツケース「ZIPUP」が登場。業界最大クラスの8cm拡張機能を備え、ファスナーを開くだけで約30%の容量増加が可能。静音性に優れたキャスターやUSBポート付きの最新セキュリティロックも特徴。2024年6月14日より販売開始。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000124.000036491.html

  16. buchikuma-info より:

    「スマートホーム」に関するYouTubeの話題です。

    – iOS 18における新機能20選と補足情報が紹介されている
    – Appleの次期OSに関する情報が含まれている
    – 驚くべきスマートホームガジェットについての動画があり、家の掃除に関する情報が提供されている
    – Excelのおすすめ機能であるピボットテーブルについて解説されている
    – 注文住宅における家を建てる際のやらないこと6選が紹介されている
    – スマートホームに関連するリストレーションのジョブが行われている

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=スマートホーム

  17. buchikuma-info より:

    「スマートホーム」に関するYouTubeの話題です。

    – Apple ParkでのWWDCのイベントでは、AI、iOS 18、watchOS 11、visionOS 2などが発表された
    – 家計改善ライブでは、訪問販売によるリフォーム詐欺の増加についてのニュースが取り上げられた
    – 5G(Sub6)のエリア拡大と通信品質向上に関する説明会が開催された
    – Shokz(ショックス)OpenFit Air カジュアル版の新製品が登場し、コスパ抜群な全て揃った万能イヤホンとして紹介された
    – JR東日本が金町駅・亀有駅でスマートホームドアの導入を発表した

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=スマートホーム

  18. buchikuma-info より:

    「電気代 冷蔵庫 使い方」に関する最新情報です。

    梢の記事では、エアコンの電気代を節約する方法や最新の冷蔵庫の省エネ機能について紹介されています。最新の冷蔵庫は消費電力を抑える工夫が施されており、冷蔵庫カメラや急速冷凍機能などが紹介されています。これらの機能を活用することで電気代を削減できるだけでなく、食費の節約や買い物の効率化にもつながると述べられています。また、エアコンの使用による電力消費量の増加にも言及されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiNmh0dHBzOi8vbmV3c2RpZy50YnMuY28uanAvYXJ0aWNsZXMvLS8xMjMyMjYwP2Rpc3BsYXk9MdIBAA?oc=5

  19. buchikuma-info より:

    「スマートホーム」に関するYouTubeの話題です。

    – 夢グループが新型スマートウォッチを発表し、進化した機能について紹介
    – アップルがAI Intelligenceを発表した決算レポート
    – 半導体製造装置のディスコとレーザーテックの評価についてのセクターレポート
    – パナソニックのLEDシーリングライトで光とアプリを活用してくらしを整える
    – JR東日本が金町駅・亀有駅にスマートホームドアを導入
    – 空調効率を最大限に保ち、80%の空気を節約できるスマートホームの快適さを紹介

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=スマートホーム

  20. buchikuma-info より:

    「スマートホーム」に関するYouTubeの話題です。

    – Amazfit Bip 5 Unityのバッテリー性能や歩数計精度、屋外視認性が検証される
    – 家計改善ライブではお金に関する5つの力を鍛える宿題リストがアップデート中
    – TicWatch Pro 5 Enduroはスマホに保存した動画も視聴可能
    – Samsung S95D OLED TVのレビューでは最も多機能なOLED TVとして紹介
    – ロボット掃除機に関する情報

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=スマートホーム

  21. buchikuma-info より:

    「ai 活用 提供」に関する最新情報です。

    PROTRUDEは、京都大学発のAIスタートアップであるデータグリッドと戦略的アライアンス契約を締結し、生成AIを活用したAIソリューションの提供を開始した。この提携により、外観検査の領域で不良データの不足を解決し、高精度のAIソリューションを早期に構築・運用することが可能となる。データグリッドは、2017年に設立され、生成AIを活用したソリューションの共同開発やAIプロダクトの提供を行っている。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000096.000017540.html

  22. buchikuma-info より:

    「ai asilla green」に関する最新情報です。

    東京都立川市の複合施設GREEN SPRINGSでは、最先端のAI警備システム「AI Security asilla」が導入され、運用が開始されました。このシステムは、行動認識AIをコア技術として開発され、施設内で安全と安心を提供することを目的としています。GREEN SPRINGSは2020年にオープンし、中央広場を中心にショップやレストラン、ホテル、多機能ホールが配置されています。asillaの導入目的は、ファウンテンへの侵入対策や危険行為の検知、人流分析などが挙げられています。これにより、お客様がより安心で安全な空間を利用できるようになることが期待されています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000260.000043312.html

  23. buchikuma-info より:

    「創業 支援 会議所」に関する最新情報です。

    新潟県加茂市では、加茂商工会議所が地域の創業促進を目的として「創業塾」を初開催する取り組みが始まった。この創業塾は、経営、財務、販路開拓、人材育成の4つの知識習得を目的として行われ、受講者には証明書が発行されるほか、免許税の軽減措置などの支援策が適用される。受講料は5,000円で、対象者は1年以内に創業する意思・計画があることが条件となっている。

    https://www.niikei.jp/1084334/

  24. buchikuma-info より:

    「clp シリーズ ピアノ」に関する最新情報です。

    ヤマハ株式会社は、2024年8月1日より電子ピアノ「Clavinova CLP-800シリーズ」を発売する。この新製品は、新開発の音源チップや音響システムを搭載し、グランドピアノの演奏体験を再現することを目指している。補助ペダルや豊かな音色、表現力、演奏性を特長とし、奏者の意図した表現に応える音色や空間を提供する。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000857.000010701.html

  25. buchikuma-info より:

    「adobe adobe express ai」に関する最新情報です。

    Adobe Expressは、イラストレーターでAdobe Express アンバサダーの北沢直樹さんが講師を務め、アーティストやタレントのキャラクターのデザインだけでなく、デフォルメキャラやゲームのキャラクターデザインも手がけています。この講座では、Adobe Expressの使い方や、アドビが開発した画像生成AI「Adobe Firefly」の活用方法が紹介されています。

    https://www.lifehacker.jp/article/2406-ai-wh-adobe-express-event-report/

  26. buchikuma-info より:

    「スマートホーム」に関するYouTubeの話題です。

    – 家計改善ライブでのお金の講義:ペイオフ対策として、1つの銀行に1000万円以上預けるリスクについて
    – モトブログで紹介されたAIO-5 PLAY ライディングスマートディスプレイの特集
    – AppleのWWDC24でのEmbedded Swiftに関する情報
    – AKEEYO AIO-5playの特集:carplay.androidauto特化型スマートモニターの魅力
    – 32坪の家事・帰宅動線を最適化した間取りの公開

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=スマートホーム

  27. buchikuma-info より:

    「スマートホーム」に関するYouTubeの話題です。

    – WWDC 2024 での Apple の発表内容
    – 家電やスマートホームに関する情報
    – Amazfit Bip 5 Unity のスマートウォッチのレビュー
    – スマートグリッド展2024 でのスマートホームに関する展示会情報
    – 32坪の家の家事や帰宅動線についての情報や間取りの公開

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=スマートホーム

  28. buchikuma-info より:

    「ai 活用 ai 活用」に関する最新情報です。

    建設業界におけるAI活用の実態に関するアンケート結果によると、AIを活用して効果を実感している企業は10%にとどまり、多くの企業が活用方法を検討中であることがわかった。AI活用で期待されることは業務効率化が最も多く、次いでデータ分析、新規ビジネス創生、顧客への対応が挙げられている。

    https://www.s-housing.jp/archives/349967

  29. buchikuma-info より:

    「スマートホーム」に関するYouTubeの話題です。

    – テクニカルライターの和田亜希子さんが、離れて住む親をテクノロジーで見守るために実家をスマートホーム化する方法について紹介
    – 新商品SwitchBotリモコンを使用して、スマートホームをより快適に操作する方法を紹介
    – テスラの大型アップデートに関する情報を紹介し、モデル3の新機能について言及
    – スマートコンセントについての情報や、2024年の最新ロボット掃除機3機種の機能についてまとめて紹介

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=スマートホーム

  30. buchikuma-info より:

    「スマートホーム」に関するYouTubeの話題です。

    – 母の日に家族でお手伝いをして、掃除や洗濯、トイレ掃除をしてお母さんに感謝を伝える動画が紹介されている
    – Xperia 1 VIを使ってWi-Fiを利用して通信する方法が紹介されている
    – 未来の住宅であるスマートホームについての紹介があり、AqaraのIoTガジェットがスマートホーム化におすすめと紹介されている
    – 5万円の予算で家中をスマートホーム化する方法が紹介されており、IKEA、アレクサ、自動コーヒーメーカー、指紋認証ロック、スマートプラグなどが活用されている。電気代削減や時短効果も期待されている

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=スマートホーム

  31. buchikuma-info より:

    「スマートホーム」に関するYouTubeの話題です。

    – トヨタホームが39坪のコートハウスの注文住宅を紹介
    – Blackview N6000 SEのレビュー:米軍規格のタフネススマホを詳しく紹介
    – パンサー向井の「ふらっと」6月5日の放送情報
    – STM32を使ったスマートホームソリューションの紹介

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=スマートホーム

  32. buchikuma-info より:

    「スマートホーム」に関するYouTubeの話題です。

    – 2024年の最新情報を元に、3,000万円から4,000万円以上の予算で注文住宅や規格住宅を提供するハウスメーカーが16社紹介されている
    – ブラーバ Braava 380jと390jのタイヤゴムの交換方法についての手順が解説されている
    – アイロボットのルンバ S9+についての情報が含まれている
    – リン酸鉄セルを搭載し、最大4000Wの出力が可能なEENOUR DK4000iAPSインバーター発電機が紹介されており、非常に便利で手放せないと評価されている

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=スマートホーム

  33. buchikuma-info より:

    「賃金 縮小 25」に関する最新情報です。

    厚生労働省が発表した4月の実質賃金は、前年同月比0.7%減少し、25カ月連続でマイナスとなった。しかし、減少幅は前月より縮小し、名目賃金の伸びを物価上昇が上回る状況が続いている。消費者物価指数の上昇率は2.9%で、前月より低下している。

    https://www.s-housing.jp/archives/353125

  34. buchikuma-info より:

    「スマートホーム」に関するYouTubeの話題です。

    – 2024年5月のお得でトレンドなお金のニュースを学長が選ぶ
    – SwitchBot スマートリモコン ハブ2が赤外線家電を管理し、スマートホームやAlexaと連携可能
    – Roborock Q5 Pro+を使った家事を1つ減らすロボット掃除機の凄さ
    – ACCESSが取り上げたスマートホーム編【第15回 スマートグリッドEXPO】
    – 優秀な建築家が手がけた平屋の設計が評判で建築依頼が止まらない

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=スマートホーム

  35. buchikuma-info より:

    「スマートホーム」に関するYouTubeの話題です。

    – SwitchBot スマートリモコン ハブ2は赤外線家電を管理するスマートホームデバイスで、Alexaと連携可能
    – スイッチボットには学習リモコン、温湿度計機能、光センサー、リモートボタン、スケジュール機能が付いている
    – 家計改善ライブでは、新NISA枠を埋めるために特定口座のものを売る方法についての講義が行われている
    – Apple WatchのPITAKAカーボン&アラミド繊維「Moon」がカッコ良く、存在感抜群であることが紹介されている
    – ドラム式洗濯機のパナソニックと日立の激しい競争が続いており、2番目の機種が買い時かどうかについて検討されている
    – Amazonセールでは6月3日までおすすめ商品30選が紹介されている

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=スマートホーム

  36. buchikuma-info より:

    「神田 オープハウス 設計」に関する最新情報です。

    神田陸建築設計事務所の神田陸さんの建築家としての考え方や人柄に触れることで、建物や住宅に対する新たな視点や人生観を得ることができる。神田さんの建築は住宅だけでなく、施設や病院、歯医者なども手掛けており、その想いが詰まった建築に触れることで、多くの人が刺激を受けている。

    https://niigata.jutaku2shin.com/column/21362/

  37. buchikuma-info より:

    「スマートホーム」に関するYouTubeの話題です。

    – ソニーが新型サウンドバー「BRAVIA Theatre Bar 8」を発表し、進化した性能が話題に
    – Amazonでスマートウォッチがタイムセール価格で販売され、おすすめ10選が紹介される
    – DX番組でスマートホームの重要性が取り上げられ、機器の連携やスマホ・AIスピーカーの活用が強調される
    – DIY動画では、和室をホテル風デジタル寝室にリフォームし、XGIMIプロジェクターやAQARAスマートホームを導入
    – お掃除ロボット「Narwal Freo X Ultra」が世界初の「絡まりゼロ」「自己完結型ゴミ処理」機能を搭載して登場

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=スマートホーム

  38. buchikuma-info より:

    「clinks clinks 株式会社 エンジニア」に関する最新情報です。

    CLINKS株式会社は、ITエンジニアの働きやすい環境を整えるため、賞与支給を年に1回から2回に変更することを決定しました。これは、従業員のアンケート調査結果に基づいたもので、2024年度から実施されます。社員の約49%が2回に分けて支給することを希望し、そのタイミングは毎年6月と12月とされています。CLINKSは今後も従業員の声に耳を傾け、働きやすい環境を実現する取り組みを継続していく方針です。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000030.000056645.html

  39. buchikuma-info より:

    「スマートホーム」に関するYouTubeの話題です。

    – JR東日本が我孫子駅にスマートホームドアを設置
    – 2024年最新の8インチタブレット「AvidPad」の進化について紹介
    – カメラ5in1の遠隔監視カメラの紹介
    – 人生論をテーマにしたアニメ動画のエピソード449
    – 霸總が灰姑娘とその娘に遭遇し、娘が打ち切られていないことに気づくフルムービー

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=スマートホーム

  40. buchikuma-info より:

    「野菜 ぼーや らでぃっしゅ」に関する最新情報です。

    らでぃっしゅぼーやが提供する旬の野菜サブスクサービス「めぐる野菜箱」は、野菜の価格高騰に左右されず、一定価格で提供されている。このサービスは会員の約90%が利用し、異常気象による価格変動に対応するために生産者との安定的な取引を実現している。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000888.000008895.html

  41. buchikuma-info より:

    「スマートホーム」に関するYouTubeの話題です。

    – JMGO N1S ULTRA/N1Sは最高峰の3色レーザー4Kプロジェクターで、ホームシアターを提供
    – Google TVを搭載し、設定が簡単で時短になる
    – LINEの便利機能5選を紹介する「ノウハウ図書館」の動画
    – ダイエット企画の目次つき説明会ライブ、質問にも回答
    – 「もしトラ」で「超円安」時代の到来についての授業
    – AONCIAシーリングファンライトの取り付けや機能についてのレビュー

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=スマートホーム

タイトルとURLをコピーしました