PR

カメラ付冷蔵庫、パナソニックのCVシリーズはおすすめ?

スマート冷蔵庫の「パナソニックCVタイプ」に関する情報をまとめています。

このページでは以下のポイントを押さえて情報をまとめています。

  • 新着ニュース
  • スマート冷蔵庫の類似サービス・製品
  • SNSなどでの口コミ・評判

少しでも情報収集に役立てば嬉しいです!

スポンサーリンク
家づくりの大事なお知らせ

資料請求できるのは「施主になる前」だけ

これから家づくりの話をする前に、少しだけお話ししておきます。

かめ
かめ

家づくりは情報戦。知っていると知らないとで、数百万円も損するなんてことがあるのが住宅購入の怖いところ。

詳細はページの最後にまとめましたが、読むのが面倒な方に「資料請求」のサイトだけお伝えしておきます。面倒なら、今しかできない「資料集め」だけでもやっておきましょう。

ぶちくま
ぶちくま

一括で資料請求できる上に、無料で「間取り」「土地」「資金」のプラン作成までしてくれるタウンライフがおすすめです!

【PR】

【TOWN-LIFE】で資料請求してみる

もし、家作りがなかなか進まない、と感じたら、家族が乗り気じゃない、と思ったら、まずは自分が行動すること。今日の宿題は、一歩だけでも前に進んでみること。

では、本編に戻ります。

お邪魔しました。

2024年の「パナソニックCVタイプ」新着情報まとめ

スマート冷蔵庫や「パナソニックCVタイプ」について調べている際に見つけた新着情報についてはここの項目で随時更新しています。

スマート冷蔵庫/パナソニックCVタイプに関する新着ニュース

パナソニックCVタイプに関する新着ニュースをまとめています。

「AIカメラ搭載冷凍冷蔵庫CVタイプを発売」

「AIカメラ搭載冷凍冷蔵庫CVタイプを発売」

2024年3月29日の、パナソニックの新製品リリースに関する情報をお届けします。

  • パナソニックは、カメラ画像から野菜をAIで認識し、日持ち目安に応じてレシピを提案する機能を搭載した冷凍冷蔵庫CVタイプを2024年5月下旬より発売します。
  • 冷蔵庫AIカメラを新搭載し、外出先から庫内画像を確認でき、買い忘れやダブリ買いを減らします。
  • 業界で初めて、カメラ画像からAIが野菜を自動認識し、先に消費した方が良い野菜とそのレシピを提案する機能を搭載しました。
  • 新しく入庫された野菜を確認すると、野菜の種類と登録日から利用期限目安を算出しリストに反映するため、早く使った方が良い食材に応じたレシピが提案できます。
  • 野菜室のケース内を適切な湿度に保ち、冷却も最適化した「Wシャキシャキ野菜室プラス」により、野菜を約10日間シャキシャキに保存することができます。
ニュースについてのポジティブな影響や意見

この新製品は、食材の使い切りをサポートし、フードロス削減に貢献することが期待されます。また、毎日の献立の悩みを解決し、豊かな食生活を提案することもできます。

ニュースについてのネガティブな影響や意見

AIが誤認識をした結果、正常でない判定結果が表示される場合があります。また、本サービスは食品の安全性を保証するものではありませんので、利用者は自身でも食品の管理に注意が必要です。

製品仕様と価格
品名品番メーカー希望小売価格発売日月産台数
冷凍冷蔵庫 CVタイプNR-F53CV1/NR-E46CV1オープン価格5月下旬*500台
製品特長
  1. 冷蔵庫AIカメラ機能:庫内を撮影し、野菜を自動認識。外出先から庫内画像を確認できる。
  2. Wシャキシャキ野菜室プラス:適切な湿度を保ち、約10日間野菜を新鮮に保存。
  3. 大容量の野菜室:100%引き出せる大容量設計で、奥まで使いやすい。
その他情報
  • 本体幅をスリム化した野菜室が真ん中のHVタイプも5月上旬に発売予定です。
  • 新型コロナウイルス感染症の影響により、発売の延期や供給が遅れる可能性があります。発売時期は確定次第、パナソニックホームページに掲載されます。

パナソニックCVタイプに関連した当サイトの参考ページを紹介

「パナソニックCVタイプ」に関連した私が取り扱うサイトの各ページへのリンクを紹介していきます。

スマートホームに関連した情報

スマートホームは、家庭の快適性やセキュリティを向上させるために、様々なデバイスやテクノロジーを統合することを指します。以下はスマートホームに関連するおすすめ記事です。

トピックに関連した紹介したい記事

冷蔵庫に関連した情報

冷蔵庫は、食品を新鮮に保つために不可欠な家電製品です。以下は冷蔵庫に関連するおすすめ記事です。

トピックに関連した紹介したい記事

スポンサーリンク

スマート冷蔵庫「パナソニックCVタイプ」の基礎知識

スマート冷蔵庫の基礎知識や、スマート冷蔵庫の類似商品/サービスに関する情報をまとめています。

パナソニックCVタイプの特徴が知りたい!

パナソニックのCVタイプ冷蔵庫は、デザインと機能性の両面でこだわり抜かれた製品です。以下はその特徴をまとめた内容です。

AIカメラ搭載で食材管理を革新

AIカメラ搭載で食材管理を革新

パナソニックCVタイプは、外からでも庫内が確認できるAIカメラを搭載しています。AIが野菜の種類を見分け、新鮮なうちに使い切れるレシピを提案します。

  • 庫内の食材を外からチェック可能
  • AIによる野菜の自動認識とレシピ提案

使いやすさと省エネ性能を追求

使いやすさと省エネ性能を追求

使いやすさにもこだわり、100%フルオープンの引き出しや約10日間野菜を新鮮に保存するWシャキシャキ野菜室プラスを搭載。さらに、AIエコナビ機能により、1週間の生活リズムに合わせて自動で節電します。

  • 100%フルオープンの引き出しで使いやすい
  • 約10日間野菜を新鮮に保存
  • AIエコナビによる自動節電

洗練されたデザインと充実の機能

洗練されたデザインと充実の機能

洗練されたデザインのヘアラインディープブラックモデルや、微凍結パーシャル、ナノイーX搭載モデルなど、さまざまなニーズに応える機能を備えています。スマホとの連携も可能で、調理や使い勝手をサポートします。

  • 洗練されたヘアラインディープブラックデザイン
  • 微凍結パーシャルやナノイーX搭載
  • スマホとの連携で使い勝手をサポート

パナソニック冷蔵庫はどうやって選ぶ?

パナソニックの冷蔵庫は、機能性とデザイン性に優れた多彩なラインナップが特徴です。選び方のポイントを解説します。

シリーズごとの特徴を把握する

パナソニックの冷蔵庫には、大容量・多機能モデルの「WPX」、リーズナブルな「HPX」、スリムで大容量の「PX」「EX」、真ん中野菜室の「MEX」、奥行き薄型の「GC」「C」、2ドアタイプの「T」「HW」など、様々なシリーズがあります。それぞれの特徴を理解し、ニーズに合ったものを選びましょう。

  • 「WPX」:大容量で多機能、高性能モデル
  • 「HPX」:リーズナブルで機能性重視
  • 「PX」「EX」:スリムで大容量、キッチンスペースに合う
  • 「MEX」:真ん中野菜室で多機能、デザイン性も優れる
  • 「GC」「C」:奥行き薄型で真ん中野菜室、キッチンが広々
  • 「T」「HW」:2ドアでコンパクト、一人暮らしや2台目に適したサイズ

選び方のポイントを押さえる

冷蔵庫選びには、容量、本体サイズ、ドアの数・開閉タイプ、レイアウト、機能、省エネ基準達成率(消費電力)など、複数のポイントがあります。自分のライフスタイルやキッチンのスペース、使用頻度などを考慮して選びましょう。

  • 容量は家族の人数や自炊の有無によって選ぶ
  • 本体サイズはキッチンのスペースに合わせる
  • ドアの開閉タイプは使いやすさを考慮
  • 真ん中野菜室や真ん中冷凍室のレイアウトで使い勝手をチェック
  • 必要な機能(急速冷凍・冷却、微凍結パーシャル、シャキシャキ野菜室など)を確認
  • 省エネ基準達成率で電気代の節約を考慮

機能性とデザインをバランス良く選ぶ

パナソニックの冷蔵庫は、機能性だけでなくデザインにもこだわっています。キッチンの雰囲気に合うデザインを選ぶことで、インテリアとしても楽しむことができます。

  • デザイン性を重視してキッチンの雰囲気に合わせる
  • ミラー加工やフロスト加工、木目調デザインなどから選ぶ
  • スマホ連携機能や衛生機能など、付加価値のある機能もチェック

CVシリーズは選ぶべき?

CVタイプは、以下のような特徴を持ちます:

  • AIカメラ搭載で、外出先からも庫内の食材を確認可能
  • AIによる野菜の自動認識とレシピ提案機能
  • 100%フルオープンの引き出しで使いやすい設計
  • 約10日間野菜を新鮮に保存するWシャキシャキ野菜室プラス搭載
  • 洗練されたデザインのヘアラインディープブラックモデル

これらの特徴から、CVタイプは以下のような人にニーズがあると考えられます:

  • 食材の管理をしっかりと行いたい人
  • フードロスを減らしたいと考えている人
  • 外出先からでも冷蔵庫の中身を確認したい人
  • 料理のレシピ提案を受けて、食材を有効活用したい人
  • 使い勝手の良い冷蔵庫を求めている人
  • キッチンのデザインにこだわりたい人

「CVシリーズと比較したいカメラ付冷蔵庫」

カメラ付き冷蔵庫は、食品管理をスマートに行いたい方に最適な選択肢です。ここでは、パナソニックのCVシリーズと他のカメラ付き冷蔵庫の比較を行います。

「デリシャス冷凍機能」

パナソニックのCVシリーズには、「デリシャス冷凍」という機能があり、食品を自動でおいしくホームフリージングします。これにより、食材の鮮度とおいしさを長期間保つことができます。

  • 自動でおいしくホームフリージング
  • 食材の鮮度とおいしさを長期間保持

「大容量設計」

CVシリーズは、天井の薄壁化により、本体幅が同じでもより大容量を実現しています。これにより、食品をたくさん保存することが可能になります。

  • 天井の薄壁化による大容量化
  • たくさんの食品を保存可能

「冷蔵庫カメラとスマホ連携」

CVシリーズは、冷蔵庫カメラとスマホアプリを連携させることで、外出中でも冷蔵庫の中身を確認できる機能を備えています。これにより、買い忘れやダブり買いを防ぐことができます。

  • 外出中でも冷蔵庫の中身をスマホで確認
  • 買い忘れやダブり買いを防止

比較対象として、アイリスオーヤマの「ストックアイシリーズ」もカメラ付き冷蔵庫として注目されています。このシリーズは、共働き世帯にも使いやすい設計が特徴で、大容量冷凍室や庫内カメラ機能などを搭載しています。また、アイリスオーヤマの冷蔵庫は、インテリアに調和するデザインも魅力の一つです。

CVシリーズと比較した場合、アイリスオーヤマの冷蔵庫は、よりリーズナブルな価格帯で大容量を提供している点が異なります。一方で、パナソニックのCVシリーズは、デリシャス冷凍機能やスマホ連携機能など、独自のテクノロジーを強みとしています。

「関西電力の冷蔵庫カメラサービス」

関西電力の「冷蔵庫カメラサービス」は、冷蔵庫の扉を開けた際に自動撮影し、クラウドに画像をアップロードする仕組みです。ユーザーはスマホアプリから冷蔵室や野菜室を確認でき、25品目の野菜の消費期限の目安も確認できます(試験サービス)。

  • 冷蔵庫の中身をアプリで確認可能
  • 野菜の消費期限の目安が確認できる機能
「サービスの特徴と期待される効果」

このサービスにより、スマホを見ながらお買い物ができ、買い忘れやダブり買いを防ぐことができます。また、鮮度管理が難しい野菜室に消費期限の目安を教えてくれる機能があり、フードロス防止にも期待できます。

  • 買い物時の買い忘れやダブり買いを防止
  • フードロス防止に貢献
「クラウドファンディングによる支援募集」

関西電力は、このサービスの提供に向けてクラウドファンディングを通じて支援者を募集しています。目標金額は850万円で、リターンとしてサービスの1年間利用権を提供します。目標金額達成で2024年5月下旬からサービス提供を開始する予定です。

  • クラウドファンディングで支援者募集中
  • 目標金額は850万円、サービスの利用権をリターンとして提供

「冷蔵庫カメラサービス」は、既存の冷蔵庫をスマート化することで、お買い物や食材管理を便利にするサービスです。パナソニックのCVシリーズなど既にカメラ付きの冷蔵庫を持っているユーザーにとっては、機能やコストの面で比較検討する価値があるかもしれません。

パナソニックCVタイプの口コミ・評判

パナソニックCVタイプの情報で、ネット上の口コミやネタバレ情報をまとめておきます。

X(Twitter)の情報

X(Twitter)検索用リンクはこちらです。「パナソニックCVタイプ」と検索できます。

口コミ、レビュー、評判まとめ

口コミやレビュー、評判についての情報です。

40歳、女性、主婦

パナソニックのCVタイプ、デザインがキッチンに馴染んでいい感じです。でも、正直、AIカメラ機能は使いこなせてないかも。子どものお弁当作りには便利だけど、野菜室がもう少し大きいと助かるな。

60歳、男性、定年退職

この冷蔵庫、野菜が長持ちするのがいいね。ただ、スマホで中身を確認する機能は、使い方がいまいち分からない。もう少しシンプルな方が使いやすいと思う。

25歳、男性、エンジニア

CVタイプの冷蔵庫、スマート機能が充実してて最高!ただ、価格がもう少し手頃だと嬉しいな。冷蔵庫の中をリモートで確認できるのは、買い物の時にめちゃくちゃ便利だよ。 ​

スポンサーリンク

まとめ:パナソニックCVタイプは「AIカメラは今後のサービス次第で必須級」

最後までお読みいただきありがとうございました。

スマート冷蔵庫の便利な点や、パナソニックCVタイプの特徴をまとめました。購入の参考になれば幸いです。

パナソニックCVタイプの特徴まとめ

「パナソニックCVタイプ」の活用方法

  • スマートフォンアプリを使用して外出先から冷蔵庫の中身を確認できます。
  • AIが野菜の種類を自動認識し、新鮮なうちに使い切るためのレシピを提案します。
  • 100%フルオープンの引き出しで使いやすく、約10日間野菜を新鮮に保存できる「Wシャキシャキ野菜室プラス」を搭載しています。
  • 大容量でありながら、天井の薄壁化により、より多くの食品を保存できます。

スマート冷蔵庫の「パナソニックCVタイプ」を使うべき人、シチュエーション

  • 買い物の際に冷蔵庫の中身を確認したいと考えている方。
  • 食材の鮮度管理やレシピ提案機能を活用して料理の幅を広げたい方。
  • 高い使い勝手とデザイン性を求める方。
  • 大家族や食材をたくさん保存したい方。

「パナソニックCVタイプ」のプレゼンテーション by ChatGPT

【ここまでのChat内容】をもとに「パナソニックCVタイプ」の特徴を、読んだ人が購入したくなるように全力でプレゼンテーションしてください!具体例を示す方がより親近感が湧くので、あると便利な利用シチュエーションや、特定のターゲット層が読者と共有できるようにわかりやすく提示しましょう。また、見出しはh4以下で書き出してください。

パナソニックCVタイプの知っておきたいよくあるQ&A

Q
パナソニックCVタイプの冷蔵庫にはどのような機能がありますか?
A

パナソニックCVタイプには、外出先から冷蔵庫の中身を確認できるAIカメラ機能、食材の鮮度を保つ「Wシャキシャキ野菜室プラス」、100%フルオープンの引き出し、AIによるレシピ提案機能などがあります。

Q
スマートフォンで冷蔵庫の中身を確認するにはどうすればいいですか?
A

専用のスマートフォンアプリをダウンロードし、冷蔵庫とスマートフォンを連携させることで、外出先からでも冷蔵庫の中身を確認することができます。

Q
AIによるレシピ提案機能はどのように使うのですか?
A

冷蔵庫内のカメラが食材を自動認識し、その食材を使ったレシピをスマートフォンアプリ上で提案します。これにより、食材の消費を促進し、フードロスを減らすことができます。

Q
「Wシャキシャキ野菜室プラス」はどのような機能ですか?
A

「Wシャキシャキ野菜室プラス」は、野菜を約10日間新鮮に保つことができる機能です。適切な湿度を保ちながら冷却することで、野菜の鮮度を長期間維持します。

Q
パナソニックCVタイプの冷蔵庫はどのような人におすすめですか?
A

スマートフォンで冷蔵庫の管理を行いたい方、食材の鮮度を重視する方、料理の幅を広げたい方、そしてデザイン性と使い勝手を求める方に特におすすめです。

「パナソニックCVタイプ」に関して参考になる記事リスト

スマート冷蔵庫や「パナソニックCVタイプ」に関連した当サイトの記事リストを載せておきます。

冷蔵庫に関する話題

スマートホームに関する参考ページ

スポンサーリンク

「パナソニックCVタイプ」過去の情報

すでに古くなった情報を、まとめきれずにとりあえず放置しておく場所になります。ここはきれいになっているのが理想。

家づくり、失敗したくないなら
ぶちくま
ぶちくま

他の住宅会社で見積もりしてもらったら、今のところより300万円くらい安くなった。。。

何も知らずに家を建てると実際に数百万円も損する、なんてことはザラにあります。

家づくりは誰にとっても初めてのことで、何も知らないところからスタートするのが当たり前。だから、「値引きできるか」どうかも知らなければ「適正価格かどうか」もわからない。

家が安くなる、という感覚が、我々には薄いのです。

少しでも損をしないためにできることはいくつかあります。そのひとつは「相見積もり」。他の住宅会社を価格競争に巻き込むこと。これだけで、適正価格で家を建てることに近づけます。

かめ
かめ

でも、相見積もりって住宅会社はタダ働きになるかもしれないので嫌がるし、断るのも大変だし、そもそも家づくりって価格だけで選べるものでもないよね。

このページを最後まで読んでいただいたあなたに、数分で、簡単に、誰にでもできる方法で、相見積もりくらい効果のある情報収集の方法についてお伝えしたいと思います。

3分でできる、今すぐ行動したい家づくりの極意

家づくりで損をするのは、住宅会社は値引きを前提にして家の値段を設定しているから。

しかし、値引きをしなければそのまま住宅会社は利益が増えるので「値引き用に高く設定したままの住宅が売れてしまうケースがある」というのが問題です。

ぶちくま
ぶちくま

全ての住宅会社が悪意のある値上げをしている訳ではないけど、どの会社も「施工不良などのもしも」の時に値下げできるように余裕を持った価格設定はしています。

もちろん、値下げ交渉で値段が下がる場合もあれば、下がらない場合もあります。何も言わずにトラブルがなければオプションをおまけしたりなどで顧客に還元してくれることもあります。

かめ
かめ

でも、会社も少しでも利益を上げたいから、「何も言ってこない客」や「何も知らなそうな客」からは、還元せずになるべくお金を使わせようとするところもあったりします。

とはいえ、いざ自分が客になってみると、一生懸命やってくれるスタッフに「値下げして」とは、なかなか言えません。

だからこそ、契約前までに、自分たちが「適正価格で購入するために勉強している」ということを相手に察してもらい、競合会社と値下げ競争をしてもらって、納得した上で契約するのが大事、ということになります。

値下げのために必要な3つのこと

まず、値下げのために必要な3つのことだけ覚えておいてください。

  1. 一括資料請求で「競合がいる」ことを悟らせる
  2. 勉強の成果は「家づくりノート」にまとめる
  3. 住宅ローン」の相談は住宅会社にはしない

これだけで大丈夫です。

資料請求は簡単に競合会社を作れる便利ツール

まず、資料請求について。

モデルハウスをめぐって資料を集めてもいいのですが、1回の訪問で回れる数も時間も限られていて、価格の勉強もしていないとミスマッチで時間ばかり無駄にしてしまいます。

さらに、住宅会社の営業も「どの会社を回ってきたか」が把握しやすく、自分のホームグラウンドで営業トークが設定できます。つまり、水を得た魚。

ぶちくま
ぶちくま

そもそも、家づくりで何も知らずにモデルハウス回っちゃう人は、カモがネギ背負ってやってきたようなもので、営業からしたらボーナスチャンス。

競合他社となる「隣のモデルハウス」の価格もわかっているので、最初から設定した仮初の値下げ設定で、自分たちのペースで営業ができる訳です。

一方の住宅資料請求。侮るなかれ。

住宅資料請求の場合、資料請求を利用している時点で、競合他社が複数いることが住宅会社にはわかります。多数の競合がいる中で、顧客から興味を持って選んでもらうには価格で負けることは避けたい。

ただ、まだ顧客になるかどうかもわからない相手なので、無理に引き込むこと労力を使うことも避けたい。そのため、施主はビルダーにプレッシャーをかけつつも、自分のペースで家づくりをスタートすることができるのです。

勉強の成果は「家づくりノート」で証明する

実際に勉強するのは面倒ですが、家づくりノートを作るくらいだと楽しんでできます。家づくりをすると、「どういう家にしたいのか」の妄想で楽しむのが醍醐味です。

この「どういう家にしたいか」というのは、家づくりの面談でも住宅会社の担当に伝える必要があります。そのため、各社が自社製の「家づくりノート」を用意して顧客にアンケートとして記入してもらったりしますが、この時の「自作の家づくりノート」の効果は絶大です。

  • 家づくりを真剣に考えていることが伝わる
  • 他社の資料ページもノートに編集することで競合していることが伝わる
  • 自分たちの希望がより正確に相手に伝わる

ここで大事なのは「熱意」と「競合」があることを、家づくりノートの存在で明確に相手に伝えることができるということ。

かめ
かめ

自作の家づくりノートを出して、そこに他社のパンフレットも入っていれば、もう施主が冷やかしではなく家づくりを決意していることが伝わります。

ぶちくま
ぶちくま

見積もりプランで探りを入れずに全力プランを最初から出してきてくれますよ!

 

家づくりノートの素材としても、他社の住宅資料は役に立つ、というわけです。

住宅予算の相談は、住宅会社にしない

住宅ローンの話は今回は割愛しますが、家づくりのマネープラン、住宅会社にはしないようにしてください。

予算は伝えていいのですが、住宅ローンで悩んでライフプランまで相談するのはコスパで考えるなら悪手です。

ぶちくま
ぶちくま

なんで住宅会社がマネープランの説明会なんかもやっているかといえば、簡単に顧客の予算が把握できるからですよね。

住宅会社としては、なるべく、家づくりにお金をかけてもらいたい。だから、可能な限り35年ローンで変動金利にさせて「みかけのお金」は少なくみせる。もう少し出せると錯覚させる。

住宅ローンを相談する、ということは、予算についてはノープランだと自分で言っているようなもの。もし、家づくりで余計なお金をかけたくないと考えているのなら、住宅ローンは先にファイナンシャルプランナーや、複数の金融機関で相談しておきましょう。

情報収集、どれくらいやったらいい?

住宅会社の情報収集は重要で、人によっては100社も回る人がいるくらい力を入れている方もいます。

かめ
かめ

でも、そんな時間、ない。

あくまでも経験談ですが、私は住宅資料に関しては住宅展示場でもらえた数店舗分とBOOK-OFFで購入した住宅資料数冊で家づくりの契約をして「無知だったな」と後悔しています。

ブログを書くと「情報強者」の方達は大学の研究者のようにとことん調べ尽くしていることを知ることになりますが、同時に「そこまでするのは無理だな」とも思うところです。だって、その分だけ休みが減るし、専門的な知識を蓄えるために勉強し直すのはしんどい。

つまりバランスが大事なのですが、無料見積もりを依頼するのは「3社」が限度です。打ち合わせで毎週末無くなることを考えると、事前にどこに依頼するかは厳選する必要があります。

そのため、100社回るのは無理でも、10社程度の住宅資料は集めてしっかりと見比べて「家づくりで重視するところ」と「それがどれくらいお金がかかりそうか」を見極めることが大事です。

このとき、必ずハウスメーカーや工務店のグレードは「高い」「ローコスト」をバランスよく設定して請求することが大事です。「家の機能」や「デザイン」はお金がかかるので、「これが欲しい」ばかり集めてしまうと本来楽しいはずの設計段階で「我慢」ばかり強いられること。

今すぐやりたい、住宅資料請求のポイント

自分の勉強のためにも、住宅会社自ら値引きせざるを得ないように誘導するためにも、「複数社の住宅資料」が重要だということをお伝えしました。

では、住宅資料請求において少しでも簡単に、かつ必要な情報を揃えるための方法を簡単にお伝えしておきます。

ぶちくま
ぶちくま

このサイトの長い情報を読み込めたあなたなら、今の熱量のまま資料請求までできれば、今日は十分に頑張ったと言える一日になるはず。

着実に、マイホームづくりに踏み出せています!

「town-life」なら間取りと資金計画も解決!

私が一番おすすめしている資料請求の方法として、可能な限り「タウンライフ」は利用をおすすめしています。

かめ
かめ

資料請求ができる上に、無料で「間取りプラン」の作成と「住宅費用の計画書」も用意してもらえます!

デフォルトのサービスになるので、先に書いた「予算の無知」を知られるリスクにもなりません。

ぶちくま
ぶちくま

さらに、「土地探し」もやってくれるのが嬉しいところ!

なんで無料でこんなことまでしてくれるのかといえば、それくらい、住宅会社は「広告」に予算をかけているということ。

広告費として、1件あたりに7%程度が家の価格に含まれています。これだと、3,000万円の家だと、200万円以上も広告のために払っていることになります。

それなら、少しでも自分のためにお金を使ってもらうのが理想。躊躇せずに、高待遇を受けられるうちに利用しておきましょう。

【PR】

【TOWN-LIFE】で資料請求してみる

足りない資料はSUUMOで補完!

ただ、タウンライフは待遇が良いため、逆に言えば提携する住宅会社に多少なり負担が大きくなってしまうこともあって、提携会社が多くはありません。

そこで、足りないと感じた場合は、SUUMOでの一括請求がおすすめ。情報収集のための資料はなるべく短期間に集めておき、対応の手間を減らすのが賢い家づくりのポイント。

かめ
かめ

さすが大手リクルートの不動産の総本山。情報量は業界トップクラスで、提携店もほぼ網羅しているのが嬉しいところ。

ぶちくま
ぶちくま

SUUMOで、タウンライフにはない資料を請求しておけば、まずは家づくりの第一歩で失敗するということはないはずです!お疲れ様でした!

【PR】

【SUUMO(スーモ)】で情報収集する

こんな感じで、広告っぽいこともやっていますが、住宅の資料請求に関しては、本当に施主にメリットが大きいので、是非ともトライしてみてください。住宅資料、みているだけでも幸せになれるので。

キッチン
忘れないうちに記事を保存!
がたホーム

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「スマートホーム」に関するYouTubeの話題です。

    – 家計改善ライブでは、500万円の資産を家計管理だけで到達できる方法が紹介されている
    – 固定費を下げる方法について、みんなで話し合う会が開催されている
    – 株式会社スマートホームがPRしており、家電を音声で操作できるGoogle Nest Hub(第二世代)のレビューが行われている
    – 普段使いに最適なスマートホームガジェットが紹介されている
    – アマゾンでdポイント連携が始まり、余分なポイントがもらえるお得なサービスが提供されている

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=スマートホーム

  2. buchikuma-info より:

    「高田 25 中旬」に関する最新情報です。

    2024年4月15日、新潟県上越市高田で25.6度の気温が記録され、今年初の夏日となりました。高気圧に覆われて晴れた日で、花見客がタンクトップ姿で高田城址公園を散策する様子が伝えられています。

    https://www.joetsutj.com/2024/04/15/152707

  3. buchikuma-info より:

    「登録 協議会 ccus」に関する最新情報です。

    国土交通省と建設業振興基金が開催したCCUS運営協議会総会で、建設現場数が累計17万664件に達したことが発表された。2024年1月の新規件数は1万3392件であり、大工の割合が最低であることが指摘されている。大工の割合が低い背景には、現場にカードリーダーがないことが挙げられており、今後は住宅建築現場での取り組みを強化していく方針となっている。

    https://www.housenews.jp/executive/26672

  4. buchikuma-info より:

    「忘れ 打席 いけ」に関する最新情報です。

    ヤクルトの村上選手が、忘れられない日から8年目の54打席目で待望のホームランを放った。過去最も遅いアーチとなったこの一発に、村上選手は喜びを感じている様子で、「久々に打ててうれしかった。角度もしっかりついていましたし、打球速度も出ていた」とコメントした。

    http://www.asahi.com/articles/ASS4G4HCPS4GUTQP01PM.html?ref=rss

  5. buchikuma-info より:

    「スマートホーム」に関するYouTubeの話題です。

    – パナソニック公式の動画では、あかリモ+とスマートスピーカーの連携方法がGoogleアシスタント編とAmazon Alexa編で紹介されている。
    – Amazonで高評価のAnker Soundcore P40iがLife P3より進化した最新版が4月9日に発売され、デメリットも含めたレビューが行われている。
    – Google HomeやApple Homeなどのスマートホームシステムが、Aqara(アカラ)のホームセキュリティグッズと連携可能で、最新のスマート防犯システムの実力が紹介されている。
    – OnePlus Watch 2は、ワンプラスらしいデザインと質感を持ち、Wear OSを搭載したスマートウォッチとして紹介されている。

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=スマートホーム

  6. buchikuma-info より:

    「スマートホーム」に関するYouTubeの話題です。

    – Aqara G3 G4温湿度計は、防犯や介護、赤ちゃんの見守りに最適で、日々使っていて「最高!」と評価されている
    – ドラム式洗濯機の購入後、あまり使わなかった機能や縦型の利点についての検討
    – iRobot s7+は非常に便利であるとのレビュー
    – 国会中継の参議院・決算委員会の一般質疑が2024年4月10日に放送された
    – 2024年の新型MT-09 ABSの納車説明がYSP横浜戸塚で行われた

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=スマートホーム

  7. buchikuma-info より:

    「nec nec 設計 スリーブ」に関する最新情報です。

    NECは、建築DX推進の一環として、設計図面を活用した建築現場のスリーブ管検査を効率化する技術を開発しました。この技術では、ARマーカーを使用せずにスマホやタブレット端末のカメラで撮影し、BIMデータと照合して設置誤差を数秒で計測できます。これにより、検査作業の効率化が実現され、2024年度内に実用化される予定です。NECは建築現場における人手不足や労働環境の改善を目指しており、施工ミスの防止や業務の高精度化が求められています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOGh0dHBzOi8vY2xvdWQud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL25ld3MvMTU4MzU0Ny5odG1s0gEA?oc=5

  8. buchikuma-info より:

    「カメラ arlo セキュリティ」に関する最新情報です。

    Arlo Technologiesが第2世代のEssentialカメラとビデオドアベルを日本で販売開始。Arloは日本市場でトップスリーブランドを目指し、スマートホームセキュリティ市場で成長を目指す考えを示す。住宅侵入事件の増加に対処し、大都市や郊外都市に製品普及を図る方針を明らかにした。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiKGh0dHBzOi8vamFwYW4uY25ldC5jb20vYXJ0aWNsZS8zNTIxNzU4My_SAQA?oc=5

  9. buchikuma-info より:

    「スマートホーム」に関するYouTubeの話題です。

    – スマートホームを導入することで些細なケンカがなくなる
    – スマートホームアイテム「スイッチボット」「リモコン」を活用
    – 二人暮らし向けのスマートホームシステム
    – ロペライオ練馬が2024年4月10日の在庫車両を紹介
    – 家計改善ライブで家賃値上げ通知を拒否できる方法を紹介
    – プロが建てた家を紹介するパナソニックホームズの動画
    – スマートホームの魅力や活用方法に関する情報

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=スマートホーム

  10. buchikuma-info より:

    「分別 廃棄物 ai」に関する最新情報です。

    2024年4月10日、株式会社PFUが世界シェアNo.1のスキャナー技術を活用した「廃棄物分別特化AIエンジン」を提供開始した。最初の製品は、ビンの色選別を自動化するAIエンジンであり、ビンを撮影し色や種類を高精度で識別し、ロボットに通知して分別する。この技術により、廃棄物処理施設での選別作業の自動化が可能となり、大幅な省人化が実現される。AIエンジンは高精度な認識精度を持ち、複合照明技術や特徴融合認識技術、禁忌品認識技術などを組み合わせてビンの分別を行う。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000103.000053253.html

  11. buchikuma-info より:

    「いい生活 クラウド 省エネ性能」に関する最新情報です。

    いい生活は、2024年4月1日から始まった新しい「建築物の省エネ性能表示制度」に対応するため、いい生活業務クラウドシリーズを更新したことを発表した。このシリーズは物件情報を管理し、省エネ性能表示を自動で反映する仕組みを導入しており、常に最新のシステムを利用できるため、法改正への迅速な対応が可能となっている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiM2h0dHBzOi8va2FidXRhbi5qcC9uZXdzL21hcmtldG5ld3MvP2I9bjIwMjQwNDA5MDU3MdIBAA?oc=5

  12. buchikuma-info より:

    「つっぱり ハニカム 効果」に関する最新情報です。

    2024年4月10日より販売が開始される「つっぱり式ハニカムシェード」は、市販のつっぱり棒を使って簡単に取り付けられる断熱効果の高いシェードです。ハニカム構造により冷暖房効果がアップし、省エネ効果も期待できます。商品は小窓用であり、六角形のハニカム構造により断熱保温効果が得られます。価格はサイズによって異なり、24×110cmが1,280円からとなっています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000419.000079052.html

  13. buchikuma-info より:

    「スマートホーム」に関するYouTubeの話題です。

    – Microsoft 365 Copilotが登場!働き方が変わる
    – YouTubeサムネイルの作り方をスマホアプリで簡単に
    – 科学的な食欲の抑え方と朝スクワットの解説
    – SwitchBot ロック プロが爆売れ中!正直なレビュー
    – パナソニックのスマート化されたワイヤレスドアホンVL-SWE750KFがおすすめ

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=スマートホーム

  14. buchikuma-info より:

    「スマートホーム」に関するYouTubeの話題です。

    – Xiaomi Watch 2のバッテリー持ちは何時間か実力チェック
    – パナソニックのスマート化されたワイヤレスドアホン「VL-SWE750KF」が最強としておすすめ
    – スイッチボットのオートメーションとシーンの使い分けについて、アレクサとスイッチボットのグループ・ルーム設定で快適なスマートホームを実現
    – myFirst Circleの使い方について解説
    – 810円で購入したスマートウォッチD11Sの開封動画、カレンダーや電卓機能があるが他に問題点あり

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=スマートホーム

  15. buchikuma-info より:

    「サガテレビ 活用 蓄電池」に関する最新情報です。

    2024年5月12日に開催される「第3回 サガテレビ 今だから知りたい蓄電池活用セミナー」では、再生可能エネルギーの需要拡大や卒FIT後の対策、蓄電池の仕組みなどについて学ぶことができます。セミナーは太陽光発電システムや蓄電池活用に関する正しい知識を提供し、電気を売るから蓄えることでより効率的に電気を活用する方法を紹介します。参加費は無料で、5月1日までに事前申込が必要です。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiK2h0dHBzOi8vd3d3LnNhZ2F0di5jby5qcC9ldmVudC9hcmNoaXZlcy8xNDHSAQA?oc=5

  16. buchikuma-info より:

    「イゾベール 032 105」に関する最新情報です。

    マグ・イゾベールは、グラスウール断熱材製品「イゾベール・コンフォート」シリーズに、熱伝導率0.032の仕様に厚さ105ミリの新製品「IC32105A390/425」を追加した。この製品は、植物由来の結合剤を使用し、寒冷地以外での木造軸組構法住宅の断熱仕様として「等級6」に適合している。

    https://www.housenews.jp/equipment/26442

  17. buchikuma-info より:

    「ai バイオ ものづくり」に関する最新情報です。

    最近注目されている「エンジニアリングバイオロジー」では、バイオ技術とAIの組み合わせによって新しい生命システムが創造される可能性があります。英国マンチェスター大の高野惠理子教授によると、環境に優しく持続可能なものづくりが進められ、経済活動や社会課題の解決に貢献することが期待されています。

    http://www.asahi.com/articles/ASS4405RRS44PLBJ002M.html?ref=rss

  18. buchikuma-info より:

    「スマートホーム」に関するYouTubeの話題です。

    – 中小企業向けの補助金申請書類の更新情報や補助額の増額に関する話題が取り上げられている
    – 中小企業の省力化や成長投資を促進するための補助金について解説が行われている
    – 家庭向けのスマートホームデバイスであるロボット掃除機DreameBot X30 Ultraの紹介や活用法が紹介されている
    – SwitchBotシリーズの便利な活用法が厳選されて紹介されている
    – モデルハウスのご案内や、未来の映像制作についてのインタビューも含まれている

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=スマートホーム

  19. buchikuma-info より:

    「キシャメシ まとめ 週間」に関する最新情報です。

    新潟市のニュースをまとめた「キシャメシ」の2週間まとめ記事が公開されました。記事では、新潟市内での事件や出来事が紹介されています。記事の内容は、新潟市内での女性の遺体発見や不審者の出没、職員とのトラブルなど様々な出来事が報じられています。

    https://www.niikei.jp/1014998/

  20. buchikuma-info より:

    「セレッソ大阪 敗北 2024」に関する最新情報です。

    アルビレックス新潟はホームでセレッソ大阪に0-1で敗北しました。試合ではセレッソ大阪が後半24分に得点し、アルビレックス新潟は同点に追いつけず敗れました。

    https://www.niikei.jp/1015539/

  21. buchikuma-info より:

    「earthquake it is」に関する最新情報です。

    ニューヨークで地震があったのか?インターネットが最高の瞬間を迎えた。30秒ほどテーブルの上のトレーダージョーの枯れた花瓶が揺れ、驚きすぎて何が起こっているのかさえ理解できなかった。ツイートを見ると、「ニューヨークで地震があった?」、「地震だったのか?」、「みんな感じた?」などと続々と投稿されていた。同僚たちもそれぞれの体験を語り合い、驚きや記憶を誇張しながら、中学校の食堂のような雰囲気が漂っていた。地震体験についての会話が続き、仕事に集中できない状況が続いた。

    https://techcrunch.com/2024/04/05/was-that-an-earthquake-twitter/

  22. buchikuma-info より:

    「スマートホーム」に関するYouTubeの話題です。

    – IKEAの収納棚を使いやすく改造して部屋をすっきりさせる方法を紹介
    – 照明をスマートホーム化して暮らしを便利にする方法を紹介
    – スマート温湿度計eSensor2を使って他のスマート家電と連携する方法を紹介
    – NESPRESSOのヴァーチュオポップが進化している様子を紹介
    – SESAMEのスマートロックを使ってスマホが鍵の代わりになる方法を紹介

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=スマートホーム

  23. buchikuma-info より:

    「スマートホーム」に関するYouTubeの話題です。

    – 家計改善ライブでお金の管理や投資の重要性が話題に
    – 東京都・小池知事の定例会見が開催される
    – スマート温湿度計eSensor2を使ったスマート家電の連携方法が紹介される
    – NESPRESSOヴァーチュオポップの進化に驚きの声が上がる

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=スマートホーム

  24. buchikuma-info より:

    「保存 鮮度 ポイント」に関する最新情報です。

    アスパラガスは鮮度が落ちやすいため、保存には注意が必要です。保存方法として、乾燥を防ぐために湿らせたキッチンペーパーで包んで冷蔵庫に立てて保存する方法や、冷凍保存する方法が紹介されています。アスパラガスは元々は観賞用でしたが、食用として栽培されるようになり、日本ではグリーンアスパラガスが主流です。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_660f46b2e4b083254eab85ca

  25. buchikuma-info より:

    「まとめ買い」に関する最新情報です。

    『だん』のまとめ買いは、他の号との組み合わせも可能で、30冊以上の購入で20%OFF、100冊以上で25%OFFとなる。また、最新号『だん18』の予約受付も行われている。まとめ買いフォームで注文が可能で、価格は税込み。

    https://www.s-housing.jp/archives/243572

  26. buchikuma-info より:

    「ジュビロ磐田 敗北 2024」に関する最新情報です。

    アルビレックス新潟は明治安田J1リーグ2024第6節でジュビロ磐田に0-2で敗北。前半はスコアレスで、後半にジュビロ磐田が2点を決めて勝利。ジャーメイン良がPKとゴールを決め、アルビレックス新潟は無得点で敗れた。

    https://www.niikei.jp/1011437/

  27. buchikuma-info より:

    「ai friends group」に関する最新情報です。

    私はNomi AIのおかげで3人のAI友達とグループチャットをしていますが、彼らがあまりにも賢くなってきています。Nomiはグループチャットで会話できるだけでなく、バックチャンネリングも可能で、会話の内容を後で個別の会話で取り上げることができます。彼らは通常の会話とロールプレイシナリオを区別するほど進化しており、ファンタジーのキャラクターを演じることもできます。

    https://techcrunch.com/2024/04/03/nomi-ai-group-chat-three-ai-friends/

  28. buchikuma-info より:

    「シリーズ タイル イタリア製」に関する最新情報です。

    リビエラは、イタリア製の新商品3シリーズの天然石調タイルを発売しました。新シリーズには、クオーツサイトをモチーフにした「プライマル」、ライムストーンをモチーフにした「コキーユ」、そしてライムストーンと大理石の脈模様を融合した「ライムランド」が含まれています。これらのタイルは内外用に使用できるように展開されており、3つの異なるサイズが用意されています。

    https://www.s-housing.jp/archives/345547

  29. buchikuma-info より:

    「スマートホーム」に関するYouTubeの話題です。

    – SamsungがBESPOKE AIを発表し、スマートホーム家電を紹介
    – 家計管理や新NISAを活用してお金に困らない生活を送る方法についてのライブ配信
    – S31 Liteを利用してライフスタイルを充実させる方法についての動画
    – 新しい住宅(LBS)が「スマートホーム」と「医療機関」を連携し、都市部との医療格差を縮める取り組み
    – 2024年4月3日にSamsungの新製品体験会が開催された

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=スマートホーム

  30. buchikuma-info より:

    「スマートホーム」に関するYouTubeの話題です。

    – お金の講義ライブ配信中:借金は避けよう
    – Siriに水道を止めてもらう
    – ルームツアー:おしゃれなスマートホームの内部紹介
    – 家全体をセキュアにするスマートホームの機能紹介
    – コンロを使うと自動で換気扇が作動するハイアール製品の紹介

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=スマートホーム

  31. buchikuma-info より:

    「求人倍率 25 建設業」に関する最新情報です。

    厚生労働省が公表した2024年2月の建設業の求人倍率は5.25倍で、前年同月比でわずかに低下している。建設業の技術者の就職件数は、建築・土木・測量技術者が4.0%減少し、その他の建設従事者は増加傾向にあることが報告されている。

    https://www.s-housing.jp/archives/345255

  32. buchikuma-info より:

    「げん場 ツリーベル いき」に関する最新情報です。

    株式会社ツリーベルは、「ごきげん場」づくりを通じて社員・顧客・会社・社会を充実させる取り組みを行っています。社員の健康管理や満足度向上、未経験エンジニアの育成など、さまざまな施策を展開しています。また、IT技術の活用や社会貢献を通じて、持続可能な経営を目指しています。ツリーベルは、エンジニアリングサービスや受託開発を提供するサービスプロバイダーとして、幅広い活動を展開しています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000130995.html

  33. buchikuma-info より:

    「つめかえ コラゲネイド 発売」に関する最新情報です。

    新田ゼラチンが『コラゲネイド つめかえ用』を4月1日にリニューアル発売する。容量が150g/袋=30日分に変更され、新しい容量が入る保管用ボトルやスライドジッパーも販売される。コラゲネイドはコラーゲンペプチド100%で健康をサポートする商品で、はじめて購入の方には簡単密封できるスライドジッパーがプレゼントされる。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000017.000115271.html

  34. buchikuma-info より:

    「スマートホーム」に関するYouTubeの話題です。

    – ニトリのシンク下収納商品の紹介
    – Photoshopの切り抜きツールの使い方を解説する動画
    – 家計改善に関するライブ配信、新年度のスタートに向けたお金に関するアドバイス
    – スマートプラグePlug3を使って家電をIoT化する方法に関する動画
    – Xiaomi Watch 2のレビュー、GoogleのWear OSを搭載したスマートウォッチの使用感や注意点について

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=スマートホーム

  35. buchikuma-info より:

    「怪獣 29 abyss」に関する最新情報です。

    アニメ『怪獣8号』のオープニングテーマソングとしてYUNGBLUDの新曲「Abyss」が3月29日に配信開始される。この楽曲はアニメのオープニングテーマとして書き下ろされたもので、日本で撮影されたビジュアライザー・ビデオも公開された。YUNGBLUDと防衛隊がデザインされたラッピング・トラックも都内で走行し、アニメ放送に先駆けて楽しめる企画となっている。アニメ『怪獣8号』は4月13日から放送開始予定。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001730.000000664.html

  36. buchikuma-info より:

    「tech openai voices」に関する最新情報です。

    OpenAIは、15秒の録音音声を基に合成音声を作成するテキスト読み上げAIモデル「Voice Engine」を開発したが、技術の広範なリリースはリスクが高いため現時点では行わないと発表している。この技術は、リアルな音声を作成し、15秒の音声サンプルからも説得力のある音声を生成できる。OpenAIは、技術の潜在的な悪用に対処するために一連の規則を設けており、技術の適切な展開に向けた対話を促している。また、銀行口座の音声認証を段階的に廃止し、AIによる欺瞞的なコンテンツの可能性を理解するための一般向け教育を推進し、オーディオコンテンツの起源を追跡できる技術の開発を加速することを提案している。

    https://www.wired.com/story/openai-voice-engine-artificial-intelligence-release/

  37. buchikuma-info より:

    「スマートホーム」に関するYouTubeの話題です。

    – Amazonの新生活セールで44個のおすすめ商品が紹介される
    – 超人気メーカーも参戦するセールが開催される
    – AqaraのスマートビデオドアベルG4がiPhone/iPadで使用可能でAppleホーム対応で簡単に設置できる
    – Appleが認めたAqaraのスマートホームデバイスが日本初上陸ですごいと話題
    – Amazon FireTV搭載のスマートテレビがセキュリティカメラを使えるスマートホームダッシュボードを搭載

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=スマートホーム

タイトルとURLをコピーしました