コンロ・クッキングヒーターなどの火力調理器具の話|家づくり

キッチン水栓の話をしたついでに、キッチンの機能性として重要な「調理部門」の主役であるコンロについて書いていきます。

キッチンと水栓の話「何を選んだらいいか全くわからない場合」
キッチンを選ぶ基準は「コスト」が最優先されて然るべきですが、「こんなキッチンがいいな」は水栓のデザインで決まります。少し夢見ながらも「水栓」だけでもこだわると満足のいくキッチンに仕上がる、かも。
ぶちくま
ぶちくま

私が家を建てた時は、「システムキッチン」の「選べる価格帯」からクッキングヒーターを選ぶ(というより頷く)しかなかったのですが、最近の多機能のかっこいいやつを見てると「もう入れ替えてしまおうか」なんて考えてしまいますね

このページでは、気が向くままに「こんなクッキングヒーター・コンロにしたい」という点について妄想逞しく、かつ「実際に使ってきた感想」などを踏まえてキッチン情報をお届けしていこうかと思います。

家づくりの大事なお知らせ

資料請求できるのは「施主になる前」だけ

これから家づくりの話をする前に、少しだけお話ししておきます。

かめ
かめ

家づくりは情報戦。知っていると知らないとで、数百万円も損するなんてことがあるのが住宅購入の怖いところ。

詳細はページの最後にまとめましたが、読むのが面倒な方に「資料請求」のサイトだけお伝えしておきます。面倒なら、今しかできない「資料集め」だけでもやっておきましょう。

ぶちくま
ぶちくま

一括で資料請求できる上に、無料で「間取り」「土地」「資金」のプラン作成までしてくれるタウンライフがおすすめです!

【TOWN-LIFE】で資料請求してみる

もし、家作りがなかなか進まない、と感じたら、家族が乗り気じゃない、と思ったら、まずは自分が行動すること。今日の宿題は、一歩だけでも前に進んでみること。

では、本編に戻ります。

お邪魔しました。

クッキングヒーターを選ぶ際に気をつけたいこと

まずは、「どうやってクッキングヒーターを選べば後悔しないか」というポイントをまとめてお届けしていこうと思います。

選ぶ際にポイントになること

  • ビルトインか、据え置きか
  • IHか、ガスか
  • 2口か、3口か
  • 天板素材をどうするか
  • グリル調理はするか、オーブン調理をするか
  • 調理家電で負担を減らすか、料理を趣味として楽しむか

この辺りがポイントだと思います。

しろくまさん
しろくまさん

盲点なのが、最近は調理家電の発展が凄まじくて「調理は具材を調達するだけ」レベルで、何もしないで待つだけになりつつあること。

ぶちくま
ぶちくま

揚げ物、煮込み料理、オーブンが調理家電でできる中で、クッキングヒーターには何をさせるのかも、考えていかないと無駄になってしまいますね。

ビルトインか据え置き型か

まずは、ハウスメーカーでの家づくりではデフォルトでシステムキッチンを選ぶところも多いと思いますが、「本当にそれでいいのか」から考えていきます。

ビルトイン型の特徴

  • システムキッチンとの一体感がいい
  • コンロとキッチン天板との間に隙間ができない
  • 価格は高い
  • 工事も必要
メーカー縛りはどんな程度?

まず、ビルトイン型のコンロサイズは「60cm」と「75cm」の2種類がメーカー規格として統一されています。つまり、基本的には同一サイズでの入れ替えは可能で、天板の工事さえすればサイズ違いでも対応できることがほとんどです。

ただ、レンジフードの幅を超えたコンロの設置はできないと消防法で決まっているそうなので、その点は注意が必要です。

言い換えると、どうしてもお気に入りのコンロがあれば、システムキッチンでコンロは注文しないで施主支給で工事を依頼することは対応可能だと言えます。システムキッチンメーカーはいい顔はしないでしょうが。

DIYで交換できる?

ガスコンロを取り外すことは技術的には可能だと思いますが、ガスコンロとガス栓を繋ぐ行為については法律に引っかかります。

ガス管の接続は、LPなら液化石油ガス設備士、都市ガス用の機器の設置には、ガス機器設置スペシャリスト(GSS)、もしくはガス可とう管接続工事監督者の資格が必要、だそうです。

ガスコンロの交換で資格が必要なケース|やってはいけない交換の仕方!?

据え置き型の特徴

  • コンロ台(置くスペース)が必要
  • ガス栓があればホースでつなぐだけ
  • 工事不要
  • 意外とかっこいいモデルもある
  • 安い
  • 賃貸で必要になるケースが多い
どこで買う?

そういえば、一人暮らしをしたときにガスコンロを買いに行きましたが、あれってどこに売ってるか少し悩みますよね。「家電量販店」や「ホームセンター」が主流かと思いますが、ネットでも売っています。

ガス業者が販売しているケースもありますが、(何もキャンペーンがなければ)定価販売で割高に感じるので、個人で買う場合にはネットが無難です(意外と重い)

サイズは「標準59cm」「コンパクト56cm」

一口コンロはまた別ですが、据え置き型のガスコンロもサイズ規格があります。アパートなどで必要な場合には注意が必要ですが、自宅用に据え置きガステーブルを設置する場所を設けるなら標準サイズに合わせることがお勧めです。

コンロの数を考える

コンロの数は、ガステーブルのサイズを決める際に重要です。

家づくりの場合は第一選択に「ビルトイン」を選ばられる方も多いと思いますが、この時に利用できる「将来のコンロ・クッキングヒーター」の選択肢も決まってきます。

ぶちくま
ぶちくま

リフォームの時にシステムキッチン総入れ替えが基本にはなるけど、まだ使えるものが多いなら「コンロだけ入れ替え」も検討したいところですね。

コンロの数の基本は「2口」で最近はもう3口(大二つ、小一つ)が一般的になりつつあります。賃貸などでキッチンの幅を取れない物件は1口コンロを採用したり、2世帯で2階キッチンは小さめのものを、など考えている場合には1口コンロも検討することがあります。

3口目の使い方を想像できているか

まず、クッキングヒーター・ガスコンロだけで調理しようとする場合には、3口あるに越したことはありません。ただ、あくまでも我が家の場合ですが「3口目は湯沸かし」に固定されがちなので、「あれ、実は電気ポットで代用できるんじゃね」と思うこともしばしばあります。

ぶちくま
ぶちくま

最近は、電気圧力鍋なんかに具材を放り込んでおけばある程度の料理はできてしまうので、家電好きからするとクッキングヒーターへの依存度はどんどん下がっているんですよね。

しろくまさん
しろくまさん

私は料理が好きなので助かっていますが、3口目がお湯を沸かす・鍋を置くだけになりがちなのは事実ですね。それだけでも便利だけど。

ビルトインオーブン

ついでに、ビルトインオーブンとの関係についても少し触れておきます。

先に調理家電の話を少し出しましたが、オーブンに関しては安定した火力を維持したいので、本格的に料理が趣味の方なら欲しくなるものです。らしいです。

ガス式・電気(IH)式の話は後述しますが、ビルトインオーブンを採用する場合にも関連します。ビルトインオーブンを使いこなせば「必要コンロ数」が減らせる、とも解釈できるのですが、オーブンを使いこなす方ほど「コンロは3口は欲しい、なんだったら4口欲しい」という価値観だったりするので、結局のところ「料理を趣味にするかどうか」がクッキングヒーターを選ぶ重要な基準になることは間違いなさそうです。

ビルトインオーブンを検討できる予算編成の場合、あまり当サイトは役には立たない気はしますが、例えばキッチンにどうしても据え置き電子orオーブンレンジが置けない時にビルトインにして解決してしまおう、と言うパターンはあるかもしれません。

でも、狭小の場合、レンジに場所まで取られたら収納がさらに圧迫されそうな気もするけど。外部に収納を別に用意すれば解決はしますが、動線は悪くなりそう。

ビルトインオーブンは、ガス配管と排気口の都合から、ガスコンロとオーブンを同一メーカーにするという縛りが出てくる可能性があります。ビルトインオーブンの寿命は10年程度ですので、どこかのタイミングで入れ替え・取り外し工事が出てくること、入れ替えの場合は「同一メーカーでの入れ替え」になることは念頭に置いておきたいところです。

グリル性能を考える

クッキングヒーターの性能でものを言うのは、コンロ部分の火力か「グリル性能」になります。

正直、私自身は料理でグリルを使うのは「魚を焼く」時くらいですが、魚をや焼くのにも「おまかせでどれくらい美味しく焼いてくれるか」と言うのは実に大事なポイントです。

というか、私の場合はグリルのような目視で確認しにくい場所で火を使っていると、うっかり忘れてしまうことがあるので、グリル機能を使う場合には「安全性」がすごく大事なんですよね。

  • 引き出し口サイズ(標準orワイド)
  • 「水あり」と「水なし」
  • 温度調整・オートグリル機能
  • グリル調理器との相性
グリル調理器の進化でオーブンの代用となるか

先にオーブンの説明をしたのは、グリルの説明のためにオーブンを引き合いに出す必要がありました。火力で言えば専用のオーブンに敵いませんが、家庭で美味しく調理すること、かつオーブンほどスペースを必要としないこと、を考えると、ビルトインオーブンを入れるよりも、「グリル調理器で料理の幅を広げる」という選択肢もありなのかな、と思いました。

グリル調理器リスト
  • Rinnai:ココット、ココットプレート、ザ・ココット(万能)
  • NORITZ:プレートパン、クックボックス、キャセロール(万能)
  • Paloma:ラ・クック、ラ・クックグラン、ラ・クックグランポッド(万能)

IHがいいのかガスがいいのか

IHとガスの比較をしていきます。

ガスのいいところ

我が家はガスです。ガスのいいところについて説明します。

炎が見えると言うこと

IHもコンロ部分の光の強さで火力がわかるようになっており、実際のところ大したメリットじゃないな、とは思うのですが。(ガスの炎のほうが視認性が悪いまである)

炎の大きさで直感的に火力がわかる、というのもメリットではありますが、これを直感的に処理できるのはそれなりに料理スキルがある方。おそらく、IHで育った方の場合、「火力が強すぎて焦がす」可能性も高いんじゃないかと思います。

あと、ついつい「余計に強火にしがち」で、やかんから火がはみ出るような形で沸騰させて熱量が逃げて使い方次第では節約にならない、なんてことも言えそうです。

火傷の危険性

ガスコンロは調理中の出火、「ガス漏れ」の危険性で火災リスクはありますが、ごとくなどに直接触ることは警戒するため「火傷」に関してはIHよりもリスクが低いんじゃないか、と思います。

IHの場合、発熱中はリングが点灯して熱いことは視認しやすいですが、逆に熱いかどうかをリングの灯りだけで判断して、ふっと手をついた時に「鍋やフライパンの熱が残っている」ことがあり、火傷につながる可能性があります。

ぶちくま
ぶちくま

いや、ついうっかりごとくを障れば、同じように火傷しますけどね。ごとくの方が触りづらいし冷めやすいとは思いますが。

ガスコンロは自動消化などがあるので、以前ほど火災のリスクは高くありません。とはいえ、火力の強い調理を好む方がガスコンロを選んでいることを考えると、出火する可能性はやはり高そうですが。

調理器具を選ばない

加熱調理器具のほとんどは「ガスコンロ」での使用を想定して作られているので、調理器具を選ばないと言うこともメリットとして考えられます。

とはいえ、IHも登場して30年以上経過しているわけで、日常的に不便と感じるほど「器具を選ぶ」というシーンは無くなっています。それに、「IHで使えない調理器具」を必要とするような調理シーン自体が減っていることもあり、この辺りのメリットはさほど感じないのが現実だと思います。

土鍋もIH対応製品があり、かつIH側もオールメタルに対応するなど進化しています。

IHのいいところ

IHに関しては私は使用していないので、家を建てる際に悩んだポイントをあげておきます。

温度調整がしやすい

モデルによりますが、ガスのつまみに比較すれば温度調整が「数値」や「段階」で細かく設定できるものが多く、狙った火力にしやすいという点が利点んだと思います。

ごとくがない

IHはいわゆるフルフラットな天板にしやすいです。これは大変に便利。ガスは炎が出る都合、空気を取り込みながら加熱するための隙間が必要になります。

ごとくは食洗機に入れればすぐに洗えますが、実はごとくの塗装加工が食洗機の洗剤(アルカリ性)に弱い場合があり、汚れ防止用の塗装加工が剥がれる危険性があります。(ものによります)

暑くない

熱くないと書くと火力が弱い話になりますが、これは「輻射熱」の影響で部屋が暑くなりづらい、という点でメリットになりうると言うことです。

大手家電メーカーの開発

IHクッキングヒーターはガスコンロ会社ではなく家電メーカーが作っているケースがほとんど。家電メーカーが絡むと、他のキッチン家電との連携が可能になる将来性の高さがポイントになると思います。

一方で、電気調理器具で大体の調理が可能になる未来も考えると、そもそもクッキングヒーターがいらなくなる可能性もあるんじゃないか、と言う気もしますが、料理好きな方なら直感的に操作できるものを好むかもしれません。

天板素材のお勧めは?

  • ガラストップ
  • 強化ホーロー(ガラスコート)
  • ホーロー
  • ステンレス
  • アルミ
  • フッ素コート

クッキングヒーターと周辺家電の相性

家づくりの場合、建て替えまでの年数はそれぞれだと思いますが、20年〜30年はできればリフォームなく過ごせればいいな、と感じている方もいらっしゃると思います。私はそう願っていますが、年々高まるリフォーム欲に負けてしまいそうです。

将来性を考えると、クッキングヒーターが進化するよりも、調理家電の進化の方が早いかもしれませんので、この辺りの情報も少しまとめておきます。

キッチンとスマートホームの話

スマートキッチンについての情報をまとめた記事もありますので、お時間がある時にでも読んでみてください。

スマートキッチンを目指して、最強自動調理家電とIoT
IoTって顔文字みたいですね。このページでは、スマートホームを目指して行き着いた先には「なんとか料理せずに暮らせる」家にすること。まずは必要な家電をピックアップし、今後のキッチン家電の動向を占います。

クッキングヒーターと競合する家電

スマートホームの記事は面倒なので読まないことを想定し、簡単にキッチン家電について説明していきます。

スマートホームにするためにやるべきこと「初心者のための方法解説」
とりあえず「スマートホーム」で便利になりたいと思ったら読むべき情報をまとめました。初心者用と言いながら、持てる知識をひたすらに詰め込んだ情報量になってしまいました。
オーブンレンジ

ビルトインオーブンの話も少ししましたが、オーブンレンジの進化によって高火力じゃなくてもおいしく、しかも簡単に自宅料理が楽しめるようになっています。

ぶちくま
ぶちくま

ビルトインは買い替えが大変だけど、家電はどうしても消耗するから、買い替えで対応できるのはありがたいですね。

電気ポッド・ケトル

先ほども「湯沸かし」の話をしましたが、お湯を沸かすのにコンロを潰すのはもったいない気もします。

電気ケトルさえあればお湯はすぐに沸かせるし子育て世代はミルク作りに重宝します。それほど高くないので、3口目の使い方に悩むなら、2口にしてケトルで補う、と言うことも可能かもしれません。

ミルクを作るために電気ケトルを選ぶ 安全性ならタイガー
赤ちゃんにミルクを作ってあげるため、速攻でお湯が沸かせて、かつ安全な電気ケトルを探してみました。ひとつだけ電気ケトルでつくるデメリットがありますのでそちらも。結論から言うと、タイガー製の「わく子さん」が一番安全で、しかもお買い得。なのに、一番人気は「T-fal」の調温機能のついた最新式。
電気圧力鍋・調理器

圧力鍋はクソほど便利な加熱調理機ですが、扱いに少しハードルを感じるのも事実。失敗したら爆発しそうだし。

電気圧力鍋の方が心理的なハードルは低く感じます。また、調理器としてホットクックの出来は素晴らしいので、将来性を見込めばガスコンロ1口分くらいの価値はあるかもしれません。

電気フライヤー

最近は、揚げ物も電気調理器で対応可能です。我が子はフライドポテトが大好きなジャンキーボーイに育っているので、手軽にさっと作れるのは便利。

低温調理器・真空調理器

これは一時期流行ったやつ。

燻製器

これは妻が燻製を作りたいと言っていただけのやつ。

キッチン周辺家電で気にかけたいこと

家電ではないけど、一緒に検討しておきたいものなど。

浄水器の話

浄水ポットウォーターサーバーで代用しようと思ったけど、結局、浄水対策は何もしないでミルク時代を乗り切りました。

ぶちくま
ぶちくま

浄水器なんてあってもミルク作りの大変さは変わらんだろうし、そんなことくらい我慢して当たり前なんだろうけど、夜中のミルク作り作業は少しでも短縮したかったんですよね。

浄水器は、清潔・安全性の観点からも必要と感じる人は多いと思いますが、私が浄水器の有無を悩んだ頃に書いた記事もありますのでそちらもよしなに。

mitte(CJ)のキッチンに浄水器が不要になるポイント【TOTO蛇口は好き】
TOTOの普及版キッチンmitte(過去のCJ)をお使いの方は、浄水器をつけるべきか悩んでいると思いますが、基本的には不要です。ウォーターサーバーや浄水ポットといった代替案がたくさんあるうえに、イニシャルコストとメンテナンスコストがかかるからです。
次亜塩素酸水とアルカリ精製水

あまり関係ありませんが、浄水器でアルカリ性の除菌水みたいなものを作れるあたりの情報をまとめた記事や、アルコール除菌が不足した時に流行った次亜塩素酸水などの情報をまとめた記事もあります。我ながら、何書いているんでしょうね。

404 NOT FOUND | がたホーム
30代施主が自身の新潟での家づくり体験や参考にした情報についてまとめています。

レンジフードの話

ガスコンロのサイズにも影響するレンジフードですが、最近はガスコンロと連動して電源ON/OFFなどができるメーカー品が登場しています。

メーカー別クッキングヒーター情報

では、私の好きな「各メーカーの一品」をひたすら取り上げていくコーナーです。各社の開発努力などが見えてくると本当に楽しいものです。

ぶちくま
ぶちくま

面白そうな商品が出たら随時更新予定。私の家がすでにビルトインなので、ビルトインに偏ります。

ノーリツ

NORITZです。我が家のガス関連機器は大体ノーリツ。システムキッチンでメーカー品を使う場合にも取り込まれていることが多い。

スマートコンロ

スマートコンロ
ビルトインコンロ|NORITZより引用

プログレプラス

プログレプラス
ビルトインコンロ|NORITZより引用

ピアット(piatto)

ピアット(piatto)
ビルトインコンロ|NORITZより引用

Nero(ネロ)

Nero(ネロ)
ビルトインコンロ|NORITZより引用

Fami(ファミ)

Fami(ファミ)
ビルトインコンロ|NORITZより引用

パロマ

ビルトインコンロ|パロマより引用

CREA[クレア]

CREA[クレア]
ビルトインコンロ|パロマより引用

AVANCE[アバンセ]

AVANCE[アバンセ]
ビルトインコンロ|パロマより引用

FACEIS[フェイシス]

FACEIS[フェイシス]
ビルトインコンロ|パロマより引用

WITHNA[ウィズナ]

WITHNA[ウィズナ]
ビルトインコンロ|パロマより引用

BRilliO[ブリリオ]

BRilliO[ブリリオ]
ビルトインコンロ|パロマより引用

repla[リプラ]

repla[リプラ]
ビルトインコンロ|パロマより引用

リンナイ(Rinnai)

リンナイのコンロ・クッキングヒーターの情報をまとめています。

調理が簡単になるもの

ザ・ココット

デリシアの専用容器で、コンロでもグリルでも使用でき調理の幅が広がる。調理の幅を広げられると調理のハードルが上がるところだが、後述する+R RECIPEで調理をクッキングヒーター側で調整してくれるから、我々のやることは具材を調達することと指示通りに下拵えするくらい。

まぁ、その調達と下拵えが面倒ではあるのだけど、料理を失敗するリスクが大幅に削減されるのは「焦がしたなべを見たときの絶望感」を回避するだけで人生の質は少し高まりそう。

ココットプレート

独自のスリットが入っており、グリルならではの直火での調理と庫内の清潔が保たれる一挙両得な専用調理器具。

グリル用プレート。

安全機能

  • 鍋なし検知機能
  • 揺れピタ(感震停止機能)

手入れが簡単

ココットプレートでも触れたが、Rinnaiの一部のモデルでは800℃のバーナーを使用することで「油を焼き切る」ため、グリル庫内の汚れは99.9%カットされる。グリル庫内は大体面倒で掃除しないが、匂いの原因になるのでメンテナンスがほぼフリーになるのは助かる。

もちろん、調理に使用し食材が直接触れるプレートや網は汚れますけどね。

油を焼き切る、とは

油を焼き切ると言う表現が勇ましくて好きなのですが、実際、油を焼き切ると言うのはどう言う現象なのか補足しておきます。

まず、油にも様々な種類があります。食用で考える場合には、「サラダ油」などの調理用油と、肉・魚などの食材が元来含んでいる脂肪・油を考える必要があります。

油汚れの原因についても考えます。クッキングヒーター周辺が油で汚れるのは、当然油を使用するからなのですが、「熱」と「水蒸気」と「油」が関与しています。調理の際に加熱すると、肉や魚から油が溶け出してきます。また、料理のために加熱用油を使用することで、こちらも液体の油が食材と混ざっている状態で加熱されていきます。

ほとんどの食材は水分を含みます。水と油が混ざらない、と言うことは知っている方は多いと思いますが、「水と油が混じらない現象を説明できる」人はほとんどいないと思います。同じ分子の構造を持つ液体の場合、分子レベルでお互いを引き合っている(表面張力)力が働いきます。水は水同士で、油は油同士でくっつきやすいと言うことです。

次に、加熱により「液体同士のくっつきやすい力」は気化(蒸発)によって解消されます。調理中であれば湯気や水蒸気で蒸発が起こっていることは確認できますね。油と水が混在する中で加熱すると「油はね」と言われる状態が起きますが、あれは油の中にある水分が蒸発したことで起こる現象です。この油はねは、まずひとつの「油汚れ」の原因となります。

ただ、油はねは比較的大きな油の塊が飛ぶような現象で、実際にはもっと細かい油が、水蒸気(湯気)に乗っかったり、加熱による上昇気流などにのって部屋中に散漫します。この細かな油が、魚を焼いたり焼肉した後の匂いの原因になったりします。つまり、油が気体(正確には湯気と似たような気体中に浮いている液体・エアロゾル的なものだと思う)のように漂って部屋中に付着しているような感じです。

しろくまさん
しろくまさん

試してガッテンにも同じようなことを解説していたので、こちらも参照してみてください。

肉を焼くときにしみ出る脂が加熱されて生じる「オイルミスト」。細かな粒子のため、気流に乗ってどこへでも飛んでいき、カーテンや壁、床などに付着して、ニオイやべとべとの原因となっていたのです。

オイルミストが発生するのは、油の温度が220℃を超えたとき。それ以下の温度設定で加熱すれば、オイルミストの量はぐっと減ります。

https://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20190703/index.html

焼き切る話に戻ると、800℃のバナーで油を焼き切る、と言うのは以下の効果が期待されるのではないかと考えます。

まず、汚れの原因となる「油」は、実際にはさまざまな有機物の混合体です。これらを加熱した時の反応は一言では言い表せませんが、目標を考えるなら「庫内に残らずに排出されればいい」と言うことになります。つまり、先ほどの「オイルミスト」のような状態にしてしまえばいい。

このオイルミスト化につながるのが、グリル性能の「ニオイ99%カット」「煙81%カット」と言うこと。煙というのは気体中に微粒子が浮遊する状態のことを言うので、ニオイや汚れの原因となる「微粒子」をなんとかすればいいということになる。そして、この煙の微粒子が食材の「水」で、水分以外のものは「油」を加熱したことで先程の「有機物混合体」の諸々が分解されて小さくなったもので、その主成分は炭素です(たぶん)。

高温で油を焼き切ると言うことは、言い換えると「水分は蒸気化」することと、煙内の「微粒子をさらに分解する」こと、加えて、熱によって発生する上昇気流に乗せて「庫内にとどめないこと」のことなんじゃないかと思います(ここまではただの私の推察です)

ぶちくま
ぶちくま

予想だけに随分とスペースを取ってしまいましたが、メーカーの工夫によってお手入れが少なくなることは十分に可能だと自己満足したので、個人的にはRinnaiの製品は買いだと思いました。

DELICIA(デリシア)

DELICIAより引用
しろくまさん
しろくまさん

高級オーディオのような佇まいですね。

  • ザ・ココット
  • ココットプレート
  • グリルのお手入れ簡単
  • コンロ周りのお手入れ簡単
  • +R RECIPE対応
  • コンロオートメニュー
  • スモークオフ
  • ガラストッププレート

GRILLER(グリレ)

  • ココット対応
  • ココットダッチオーブン対応
  • 家庭用で最大級の超・強火力
  • 炎口を2段にした親子バーナー
  • 麺ゆで機能
  • ゆでもの機能
  • 土鍋自動炊飯機能/炊飯機能
  • コンロ調理タイマー
  • 揚げもの温度調節機能
  • 湯わかし機能
  • 感震停止機能
  • ヒートオフ機能

Udea éf(ユーディアエフ)

Udea éf(ユーディアエフ)より引用

LiSSe(リッセ)

LiSSe(リッセ)より引用

Superia(スペリア)

Superia(スペリア)より引用

パナソニック

https://sumai.panasonic.jp/ihcook/

Yシリーズ

  • 焼き物アシスト
  • 焼き物温度調節
  • 光・揚げ物温度調節
  • IH&遠赤 Wフラット ラクッキングリル
  • 凍ったままIHグリル
  • 優れた火力制御
  • はじめてガイド
  • 光るリング(火力に応じて明るさ変化)
  • 音声ガイド(詳しくモード・通常モード)
  • こげつきお知らせ
  • エコナビ搭載
  • レンジフード換気連動対応
  • AiSEG2(HOME IoT)(KZ-YG57S)
  • キッチンポケットアプリ

ビルトインタイプ Yシリーズ

YSシリーズ

  • 焼き物温度調節
  • 光・揚げ物温度調節
  • 遠赤 Wフラット ラクッキングリル
  • 優れた火力制御
  • 光るリング(火力に応じて明るさ変化) YSFタイプのみ
  • こげつきお知らせ
  • レンジフード換気連動対応
  • キッチンポケットアプリ

ビルトインタイプ YSシリーズ

XJシリーズ

  • ダイヤル操作
  • 光・揚げ物温度調節
  • 遠赤 Wフラット ラクッキングリル
  • 優れた火力制御
  • 光るリング(火力に応じて明るさ変化)
  • こげつきお知らせ
  • レンジフード換気連動対応

ビルトインタイプ XJシリーズ

三菱

随時更新します。

日立

随時更新します。

アイリスオーヤマ

随時更新します。

Electrolux

随時更新します。

https://www.electrolux.co.jp/appliances/stoves–hobs/

ニトリ

随時更新します。

https://www.nitori.co.jp/system_kitchen/lineup/function/ih.html

キッチン
家づくり、失敗したくないなら
ぶちくま
ぶちくま

他の住宅会社で見積もりしてもらったら、今のところより300万円くらい安くなった。。。

何も知らずに家を建てると実際に数百万円も損する、なんてことはザラにあります。

家づくりは誰にとっても初めてのことで、何も知らないところからスタートするのが当たり前。だから、「値引きできるか」どうかも知らなければ「適正価格かどうか」もわからない。

家が安くなる、という感覚が、我々には薄いのです。

少しでも損をしないためにできることはいくつかあります。そのひとつは「相見積もり」。他の住宅会社を価格競争に巻き込むこと。これだけで、適正価格で家を建てることに近づけます。

かめ
かめ

でも、相見積もりって住宅会社はタダ働きになるかもしれないので嫌がるし、断るのも大変だし、そもそも家づくりって価格だけで選べるものでもないよね。

このページを最後まで読んでいただいたあなたに、数分で、簡単に、誰にでもできる方法で、相見積もりくらい効果のある情報収集の方法についてお伝えしたいと思います。

3分でできる、今すぐ行動したい家づくりの極意

家づくりで損をするのは、住宅会社は値引きを前提にして家の値段を設定しているから。

しかし、値引きをしなければそのまま住宅会社は利益が増えるので「値引き用に高く設定したままの住宅が売れてしまうケースがある」というのが問題です。

ぶちくま
ぶちくま

全ての住宅会社が悪意のある値上げをしている訳ではないけど、どの会社も「施工不良などのもしも」の時に値下げできるように余裕を持った価格設定はしています。

もちろん、値下げ交渉で値段が下がる場合もあれば、下がらない場合もあります。何も言わずにトラブルがなければオプションをおまけしたりなどで顧客に還元してくれることもあります。

かめ
かめ

でも、会社も少しでも利益を上げたいから、「何も言ってこない客」や「何も知らなそうな客」からは、還元せずになるべくお金を使わせようとするところもあったりします。

とはいえ、いざ自分が客になってみると、一生懸命やってくれるスタッフに「値下げして」とは、なかなか言えません。

だからこそ、契約前までに、自分たちが「適正価格で購入するために勉強している」ということを相手に察してもらい、競合会社と値下げ競争をしてもらって、納得した上で契約するのが大事、ということになります。

値下げのために必要な3つのこと

まず、値下げのために必要な3つのことだけ覚えておいてください。

  1. 一括資料請求で「競合がいる」ことを悟らせる
  2. 勉強の成果は「家づくりノート」にまとめる
  3. 住宅ローン」の相談は住宅会社にはしない

これだけで大丈夫です。

資料請求は簡単に競合会社を作れる便利ツール

まず、資料請求について。

モデルハウスをめぐって資料を集めてもいいのですが、1回の訪問で回れる数も時間も限られていて、価格の勉強もしていないとミスマッチで時間ばかり無駄にしてしまいます。

さらに、住宅会社の営業も「どの会社を回ってきたか」が把握しやすく、自分のホームグラウンドで営業トークが設定できます。つまり、水を得た魚。

ぶちくま
ぶちくま

そもそも、家づくりで何も知らずにモデルハウス回っちゃう人は、カモがネギ背負ってやってきたようなもので、営業からしたらボーナスチャンス。

競合他社となる「隣のモデルハウス」の価格もわかっているので、最初から設定した仮初の値下げ設定で、自分たちのペースで営業ができる訳です。

一方の住宅資料請求。侮るなかれ。

住宅資料請求の場合、資料請求を利用している時点で、競合他社が複数いることが住宅会社にはわかります。多数の競合がいる中で、顧客から興味を持って選んでもらうには価格で負けることは避けたい。

ただ、まだ顧客になるかどうかもわからない相手なので、無理に引き込むこと労力を使うことも避けたい。そのため、施主はビルダーにプレッシャーをかけつつも、自分のペースで家づくりをスタートすることができるのです。

勉強の成果は「家づくりノート」で証明する

実際に勉強するのは面倒ですが、家づくりノートを作るくらいだと楽しんでできます。家づくりをすると、「どういう家にしたいのか」の妄想で楽しむのが醍醐味です。

この「どういう家にしたいか」というのは、家づくりの面談でも住宅会社の担当に伝える必要があります。そのため、各社が自社製の「家づくりノート」を用意して顧客にアンケートとして記入してもらったりしますが、この時の「自作の家づくりノート」の効果は絶大です。

  • 家づくりを真剣に考えていることが伝わる
  • 他社の資料ページもノートに編集することで競合していることが伝わる
  • 自分たちの希望がより正確に相手に伝わる

ここで大事なのは「熱意」と「競合」があることを、家づくりノートの存在で明確に相手に伝えることができるということ。

かめ
かめ

自作の家づくりノートを出して、そこに他社のパンフレットも入っていれば、もう施主が冷やかしではなく家づくりを決意していることが伝わります。

ぶちくま
ぶちくま

見積もりプランで探りを入れずに全力プランを最初から出してきてくれますよ!

 

家づくりノートの素材としても、他社の住宅資料は役に立つ、というわけです。

住宅予算の相談は、住宅会社にしない

住宅ローンの話は今回は割愛しますが、家づくりのマネープラン、住宅会社にはしないようにしてください。

予算は伝えていいのですが、住宅ローンで悩んでライフプランまで相談するのはコスパで考えるなら悪手です。

ぶちくま
ぶちくま

なんで住宅会社がマネープランの説明会なんかもやっているかといえば、簡単に顧客の予算が把握できるからですよね。

住宅会社としては、なるべく、家づくりにお金をかけてもらいたい。だから、可能な限り35年ローンで変動金利にさせて「みかけのお金」は少なくみせる。もう少し出せると錯覚させる。

住宅ローンを相談する、ということは、予算についてはノープランだと自分で言っているようなもの。もし、家づくりで余計なお金をかけたくないと考えているのなら、住宅ローンは先にファイナンシャルプランナーや、複数の金融機関で相談しておきましょう。

今すぐやりたい、住宅資料請求のポイント

自分の勉強のためにも、住宅会社自ら値引きせざるを得ないように誘導するためにも、「複数社の住宅資料」が重要だということをお伝えしました。

では、住宅資料請求において少しでも簡単に、かつ必要な情報を揃えるための方法を簡単にお伝えしておきます。

ぶちくま
ぶちくま

このサイトの長い情報を読み込めたあなたなら、今の熱量のまま資料請求までできれば、今日は十分に頑張ったと言える一日になるはず。

着実に、マイホームづくりに踏み出せています!

「town-life」なら間取りと資金計画も解決!

私が一番おすすめしている資料請求の方法として、可能な限り「タウンライフ」は利用をおすすめしています。

かめ
かめ

資料請求ができる上に、無料で「間取りプラン」の作成と「住宅費用の計画書」も用意してもらえます!

デフォルトのサービスになるので、先に書いた「予算の無知」を知られるリスクにもなりません。

ぶちくま
ぶちくま

さらに、「土地探し」もやってくれるのが嬉しいところ!

なんで無料でこんなことまでしてくれるのかといえば、それくらい、住宅会社は「広告」に予算をかけているということ。

広告費として、1件あたりに7%程度が家の価格に含まれています。これだと、3,000万円の家だと、200万円以上も広告のために払っていることになります。

それなら、少しでも自分のためにお金を使ってもらうのが理想。躊躇せずに、高待遇を受けられるうちに利用しておきましょう。

【TOWN-LIFE】で資料請求してみる

足りない資料はSUUMOで補完!

ただ、タウンライフは待遇が良いため、逆に言えば提携する住宅会社に多少なり負担が大きくなってしまうこともあって、提携会社が多くはありません。

そこで、足りないと感じた場合は、SUUMOでの一括請求がおすすめ。情報収集のための資料はなるべく短期間に集めておき、対応の手間を減らすのが賢い家づくりのポイント。

かめ
かめ

さすが大手リクルートの不動産の総本山。情報量は業界トップクラスで、提携店もほぼ網羅しているのが嬉しいところ。

ぶちくま
ぶちくま

SUUMOで、タウンライフにはない資料を請求しておけば、まずは家づくりの第一歩で失敗するということはないはずです!お疲れ様でした!

【SUUMO(スーモ)】で情報収集する

こんな感じで、広告っぽいこともやっていますが、住宅の資料請求に関しては、本当に施主にメリットが大きいので、是非ともトライしてみてください。住宅資料、みているだけでも幸せになれるので。

忘れないうちに記事を保存!
ぶちくまをフォローする
がたホーム

コメント

タイトルとURLをコピーしました