PR

SwitchBotでスマートホームにするために必要なものリスト

「SwitchBot」についてブログでまとめているのですが、「記事としてまとめるほどではないけど、情報としては共有しておきたい」新製品情報をまとめるページになります。

では、「SwitchBot」の情報を見ていきましょう。

スポンサーリンク
家づくりの大事なお知らせ

資料請求できるのは「施主になる前」だけ

これから家づくりの話をする前に、少しだけお話ししておきます。

かめ
かめ

家づくりは情報戦。知っていると知らないとで、数百万円も損するなんてことがあるのが住宅購入の怖いところ。

詳細はページの最後にまとめましたが、読むのが面倒な方に「資料請求」のサイトだけお伝えしておきます。面倒なら、今しかできない「資料集め」だけでもやっておきましょう。

ぶちくま
ぶちくま

一括で資料請求できる上に、無料で「間取り」「土地」「資金」のプラン作成までしてくれるタウンライフがおすすめです!

【PR】

【TOWN-LIFE】で資料請求してみる

もし、家作りがなかなか進まない、と感じたら、家族が乗り気じゃない、と思ったら、まずは自分が行動すること。今日の宿題は、一歩だけでも前に進んでみること。

では、本編に戻ります。

お邪魔しました。

2023年の「SwitchBot」新着情報まとめ

SwitchBotについて調べているついでに見つけた「新製品情報」や「発売が噂されるもの」などの情報をざっくりまとめて置いておきます。

スポンサーリンク

とりあえず知っておきたい「SwitchBot」の基礎知識

記事構成上、一応書いて置いた方がいい「SwitchBotとは」的な内容になります。

SwitchBotを最大活用するために必要なもの

  1. SwitchBot スマートロック 指紋認証パッド セット ドアの鍵を指紋、ナンバー、カードロックに変えることができます。これにより、鍵を持つことなく、簡単にドアを開閉することができます。さらに、アレクサやGoogle Homeなどのスマートホームデバイスと連携して、音声で鍵を開け閉めすることも可能です。
  2. SwitchBot スマートリモコン ハブ2 これは家中の赤外線家電をスマートフォンから操作するための中央ハブです。温度、湿度、照度センサーが内蔵されており、環境の変化に応じて家電のオンオフを自動化することが可能です。
  3. SwitchBot スマートリモコン ハブミニ ハブ2と同様に、ハブミニも家中の赤外線家電を一括で管理しますが、よりコンパクトな形状をしています。
  4. SwitchBot カーテン 自動開閉 これはカーテンを自動で開閉するためのデバイスです。スマホから操作することも、音声操作も可能です。
  5. SwitchBot 両開きカーテン+リモートボタン 自動開閉 両開きのカーテンに対応するこのデバイスは、カーテンを手動で開け閉めする必要をなくします。
  6. SwitchBot スイッチボット スイッチ ボタンに適用 指ロボット これは物理的なボタンを押すためのデバイスで、スイッチのオンオフやインターフォンのロック解除など、様々な場面で利用可能です。
  7. SwitchBot 温湿度計プラス このデバイスは室内の温度と湿度を感知し、設定した温度を超えるとアラートを出す機能を持っています。
  8. SwitchBot 防水温湿度計 屋外で使用することができる防水タイプの温湿度計です。
  9. SwitchBot スマートプラグ プラグミニ スマートコンセント スマートフォンや音声コントロールで家電のオンオフを制御できるスマートプラグです。消費電力モニターやタイマー機能も備えています。

SwitchBot:スマートロックと指紋認証パッド

SwitchBotのスマートロックと指紋認証パッドについて紹介します。

スマートロックと指紋認証パッドの特徴
  • 金属のカギを使わず、スマホ、パスワード、指紋認証、カードキー、音声コントロールで解錠可能
  • Alexa、Google Home、Siri、IFTTTなどとの音声コントロール連携
  • 指紋認証機能により、安全・安心な解錠
  • オートロック機能により、カギの閉め忘れを防止
  • アプリ通知機能・履歴確認により、ドアの開閉状況を確認可能
  • バッテリー残量表示とアプリ通知により、バッテリーの交換を促す
  • 工事不要の後付け型で、様々なドアに対応
  • SwitchBotシリーズ製品との連携により、スマートホーム化を実現
価格

¥18,980(税込)

スマートロックと指紋認証パッドのメリット、デメリット
  • メリット:従来のカギに比べて、多数の解錠方法がある。音声コントロールが可能で、簡単に解錠できる。バッテリー残量がアプリで確認できる。指紋認証により、安全性が高まる。オートロック機能により、カギの閉め忘れを防げる。
  • デメリット:指定した情報にデメリットが含まれていません。商品の性能や使いやすさは個々のユーザーの経験により異なる可能性があります。
各ショップボタンを押すと「SwitchBot スマートロック 指紋認証パッド セット」と検索できます。

SwitchBot ハブ 2

SwitchBotの「ハブ 2」について紹介します。

「ハブ 2」の特徴
  • 一つであらゆる家電のリモコンを1つに集約し、スマートリモコンだけではなく、温湿度計、スマートボタン、スマートハブなどの便利な機能を持つ4-in-1スマートリモコン。
  • 対応可能な赤外線家電メーカー数4877社、対応可能なリモコンの種類21363種、対応可能な製品型番83934個という圧倒的な赤外線コードデータベースを所有。
  • 温湿度センサーと光センサーを搭載し、部屋の温湿度や光度を自動で調節。
価格

「8,980」円(税込)

「ハブ 2」のメリット、デメリット
  • メリット: 家電製品を遠隔操作可能、音声でコントロールでき、エアコンのリモコン状態を確認できる。新基準のMatter対応で、さまざまなメーカーのスマートホームデバイスに互換性を持たせられる。
  • デメリット: 本製品は2.4GHz帯の電波周波数帯にしか対応していない。また、エアコンの赤外線通信と見通しの良い場所に、Hub 2を設置する必要がある。
各ショップボタンを押すと「SwitchBot スマートリモコン ハブ2」と検索できます。

SwitchBot カーテン

SwitchBotの「SwitchBotカーテン」について紹介します。

SwitchBotカーテンの特徴
  • 工事不要、ワンタッチで設置可能。本体はカーテンの裏に隠れて、インテリアに馴染みます。
  • Touch&Go・アプリ操作で、手で軽く引くだけでカーテンを自動的に開閉。ハブシリーズと連携すれば操作距離制限なし。専用リモートボタン(別売り)でも操作可能。
  • タイマー設定可能。作動音に影響されずに、スッキリした朝を迎えることができます。
価格

9,980円(税込)

SwitchBotカーテンのメリット、デメリット
  • スマートスピーカーと連携すれば、Amazonアレクサ、Googleアシスタント、Siriショートカット、IFTTT、LINE Clova(Beta)の音声操作でカーテンを操作可能。
  • 現時点ではU型(角型)・I型・ポールタイプレール(突っ張り棒タイプ含む)に対応。オプションのソーラーパネルを取り付ければ太陽光で充電可能、1回のフル充電で最大8ヶ月使用可能です。
各ショップボタンを押すと「SwitchBot カーテン」と検索できます。

SwitchBot 指ロボット

SwitchBotの「SwitchBotボット」について紹介します。

SwitchBotボットの特徴
  • 様々な電気製品のスイッチ・ボタンに適用、手のひらに納まるコンパクトな外観で、スイッチ・ボタンの脇に貼り付けるだけで、すぐに使えます。「押すモード」「スイッチモード」「カスタマイズモード」の3つの動作モードを選択可能。
  • 3分で設置完了、取付カンタン。SwitchBotアプリにて数分程度の登録作業を済ませるだけ。
  • 音声で家電を操作、ハンズフリーが実現。SwitchBotハブシリーズ製品またはSwitchBotシーリングライトシリーズ製品と併用すれば、Amazonアレクサ、Googleホーム、Appleシリなどのスマートスピーカーでスイッチを自由にON/OFF可能。
価格

4,480円(税込)

SwitchBotボットのメリット、デメリット
  • 外出先からもスイッチを操作可能。帰宅時に前もって照明をつけることで真っ暗な部屋を手探りで帰宅する必要がなく、省エネ・節電にも役立ちます。出張や旅行時には、遠隔操作で防犯対策にもなります。
  • スケジュール機能で生活リズムを整えることが可能。例えば、あらかじめアプリでお好きな起動時間を設定すれば、決まった時間にお風呂を張るボタンを押してくれます。また、タイマーが設定された限り、スマートフォンとの接続が切断されても問題なく決まった時間に動作します。
各ショップボタンを押すと「SwitchBot 指ロボット」と検索できます。

SwitchBotの福袋/セール、口コミ・評判・ネタバレ情報

SwitchBotの福袋情報で、ネット上の口コミやネタバレ情報をまとめておきます。

Twitterの情報

Twitter検索用リンクはこちらです。「SwitchBot」と検索できます。

SwitchBotのお得なセールに関するQ&A

Q
SwitchBotはどのように設定しますか?
A

SwitchBotの設定は、SwitchBotアプリをスマートフォンにダウンロードした後、Bluetoothを有効にしてアプリ上でデバイスを追加することで行います。具体的な手順はアプリ内のガイドを参照してください。

Q
SwitchBotはどのようなデバイスと互換性がありますか?
A

SwitchBotは、iOS 9.0以上、Android 6.0以上のスマートフォンと互換性があります。また、Amazon Alexa、Google Home、Apple HomeKit、IFTTTといったスマートホームシステムとも互換性があります。

Q
SwitchBotで操作できる機器は何ですか?
A

SwitchBotは、カーテン、ライトスイッチ、エアコン、テレビなど、物理的なスイッチやボタンを操作することが可能な様々な家電製品と互換性があります。

Q
SwitchBotが正常に動作しない時はどうすればいいですか?
A

SwitchBotが正常に動作しない場合、まずBluetoothの接続を確認し、SwitchBot本体のバッテリー残量を確認してください。それでも問題が解決しない場合は、SwitchBotのサポートセンターにお問い合わせください。

Q
SwitchBotは電池で動作しますか?それとも電源コードが必要ですか?
A

SwitchBotはボタン電池で動作し、専用の電源コードは必要ありません。ただし、ボタン電池の消耗具合によっては定期的な交換が必要です。

「SwitchBot」に関して参考になる記事リスト

「SwitchBot」に関連した当サイトの記事リストを載せておきます。

スマートホームに関する参考ページ

スポンサーリンク

「SwitchBot」過去の情報

すでに古くなった情報を、まとめきれずにとりあえず放置しておく場所になります。ここはきれいになっているのが理想。

家づくり、失敗したくないなら
ぶちくま
ぶちくま

他の住宅会社で見積もりしてもらったら、今のところより300万円くらい安くなった。。。

何も知らずに家を建てると実際に数百万円も損する、なんてことはザラにあります。

家づくりは誰にとっても初めてのことで、何も知らないところからスタートするのが当たり前。だから、「値引きできるか」どうかも知らなければ「適正価格かどうか」もわからない。

家が安くなる、という感覚が、我々には薄いのです。

少しでも損をしないためにできることはいくつかあります。そのひとつは「相見積もり」。他の住宅会社を価格競争に巻き込むこと。これだけで、適正価格で家を建てることに近づけます。

かめ
かめ

でも、相見積もりって住宅会社はタダ働きになるかもしれないので嫌がるし、断るのも大変だし、そもそも家づくりって価格だけで選べるものでもないよね。

このページを最後まで読んでいただいたあなたに、数分で、簡単に、誰にでもできる方法で、相見積もりくらい効果のある情報収集の方法についてお伝えしたいと思います。

3分でできる、今すぐ行動したい家づくりの極意

家づくりで損をするのは、住宅会社は値引きを前提にして家の値段を設定しているから。

しかし、値引きをしなければそのまま住宅会社は利益が増えるので「値引き用に高く設定したままの住宅が売れてしまうケースがある」というのが問題です。

ぶちくま
ぶちくま

全ての住宅会社が悪意のある値上げをしている訳ではないけど、どの会社も「施工不良などのもしも」の時に値下げできるように余裕を持った価格設定はしています。

もちろん、値下げ交渉で値段が下がる場合もあれば、下がらない場合もあります。何も言わずにトラブルがなければオプションをおまけしたりなどで顧客に還元してくれることもあります。

かめ
かめ

でも、会社も少しでも利益を上げたいから、「何も言ってこない客」や「何も知らなそうな客」からは、還元せずになるべくお金を使わせようとするところもあったりします。

とはいえ、いざ自分が客になってみると、一生懸命やってくれるスタッフに「値下げして」とは、なかなか言えません。

だからこそ、契約前までに、自分たちが「適正価格で購入するために勉強している」ということを相手に察してもらい、競合会社と値下げ競争をしてもらって、納得した上で契約するのが大事、ということになります。

値下げのために必要な3つのこと

まず、値下げのために必要な3つのことだけ覚えておいてください。

  1. 一括資料請求で「競合がいる」ことを悟らせる
  2. 勉強の成果は「家づくりノート」にまとめる
  3. 住宅ローン」の相談は住宅会社にはしない

これだけで大丈夫です。

資料請求は簡単に競合会社を作れる便利ツール

まず、資料請求について。

モデルハウスをめぐって資料を集めてもいいのですが、1回の訪問で回れる数も時間も限られていて、価格の勉強もしていないとミスマッチで時間ばかり無駄にしてしまいます。

さらに、住宅会社の営業も「どの会社を回ってきたか」が把握しやすく、自分のホームグラウンドで営業トークが設定できます。つまり、水を得た魚。

ぶちくま
ぶちくま

そもそも、家づくりで何も知らずにモデルハウス回っちゃう人は、カモがネギ背負ってやってきたようなもので、営業からしたらボーナスチャンス。

競合他社となる「隣のモデルハウス」の価格もわかっているので、最初から設定した仮初の値下げ設定で、自分たちのペースで営業ができる訳です。

一方の住宅資料請求。侮るなかれ。

住宅資料請求の場合、資料請求を利用している時点で、競合他社が複数いることが住宅会社にはわかります。多数の競合がいる中で、顧客から興味を持って選んでもらうには価格で負けることは避けたい。

ただ、まだ顧客になるかどうかもわからない相手なので、無理に引き込むこと労力を使うことも避けたい。そのため、施主はビルダーにプレッシャーをかけつつも、自分のペースで家づくりをスタートすることができるのです。

勉強の成果は「家づくりノート」で証明する

実際に勉強するのは面倒ですが、家づくりノートを作るくらいだと楽しんでできます。家づくりをすると、「どういう家にしたいのか」の妄想で楽しむのが醍醐味です。

この「どういう家にしたいか」というのは、家づくりの面談でも住宅会社の担当に伝える必要があります。そのため、各社が自社製の「家づくりノート」を用意して顧客にアンケートとして記入してもらったりしますが、この時の「自作の家づくりノート」の効果は絶大です。

  • 家づくりを真剣に考えていることが伝わる
  • 他社の資料ページもノートに編集することで競合していることが伝わる
  • 自分たちの希望がより正確に相手に伝わる

ここで大事なのは「熱意」と「競合」があることを、家づくりノートの存在で明確に相手に伝えることができるということ。

かめ
かめ

自作の家づくりノートを出して、そこに他社のパンフレットも入っていれば、もう施主が冷やかしではなく家づくりを決意していることが伝わります。

ぶちくま
ぶちくま

見積もりプランで探りを入れずに全力プランを最初から出してきてくれますよ!

 

家づくりノートの素材としても、他社の住宅資料は役に立つ、というわけです。

住宅予算の相談は、住宅会社にしない

住宅ローンの話は今回は割愛しますが、家づくりのマネープラン、住宅会社にはしないようにしてください。

予算は伝えていいのですが、住宅ローンで悩んでライフプランまで相談するのはコスパで考えるなら悪手です。

ぶちくま
ぶちくま

なんで住宅会社がマネープランの説明会なんかもやっているかといえば、簡単に顧客の予算が把握できるからですよね。

住宅会社としては、なるべく、家づくりにお金をかけてもらいたい。だから、可能な限り35年ローンで変動金利にさせて「みかけのお金」は少なくみせる。もう少し出せると錯覚させる。

住宅ローンを相談する、ということは、予算についてはノープランだと自分で言っているようなもの。もし、家づくりで余計なお金をかけたくないと考えているのなら、住宅ローンは先にファイナンシャルプランナーや、複数の金融機関で相談しておきましょう。

情報収集、どれくらいやったらいい?

住宅会社の情報収集は重要で、人によっては100社も回る人がいるくらい力を入れている方もいます。

かめ
かめ

でも、そんな時間、ない。

あくまでも経験談ですが、私は住宅資料に関しては住宅展示場でもらえた数店舗分とBOOK-OFFで購入した住宅資料数冊で家づくりの契約をして「無知だったな」と後悔しています。

ブログを書くと「情報強者」の方達は大学の研究者のようにとことん調べ尽くしていることを知ることになりますが、同時に「そこまでするのは無理だな」とも思うところです。だって、その分だけ休みが減るし、専門的な知識を蓄えるために勉強し直すのはしんどい。

つまりバランスが大事なのですが、無料見積もりを依頼するのは「3社」が限度です。打ち合わせで毎週末無くなることを考えると、事前にどこに依頼するかは厳選する必要があります。

そのため、100社回るのは無理でも、10社程度の住宅資料は集めてしっかりと見比べて「家づくりで重視するところ」と「それがどれくらいお金がかかりそうか」を見極めることが大事です。

このとき、必ずハウスメーカーや工務店のグレードは「高い」「ローコスト」をバランスよく設定して請求することが大事です。「家の機能」や「デザイン」はお金がかかるので、「これが欲しい」ばかり集めてしまうと本来楽しいはずの設計段階で「我慢」ばかり強いられること。

今すぐやりたい、住宅資料請求のポイント

自分の勉強のためにも、住宅会社自ら値引きせざるを得ないように誘導するためにも、「複数社の住宅資料」が重要だということをお伝えしました。

では、住宅資料請求において少しでも簡単に、かつ必要な情報を揃えるための方法を簡単にお伝えしておきます。

ぶちくま
ぶちくま

このサイトの長い情報を読み込めたあなたなら、今の熱量のまま資料請求までできれば、今日は十分に頑張ったと言える一日になるはず。

着実に、マイホームづくりに踏み出せています!

「town-life」なら間取りと資金計画も解決!

私が一番おすすめしている資料請求の方法として、可能な限り「タウンライフ」は利用をおすすめしています。

かめ
かめ

資料請求ができる上に、無料で「間取りプラン」の作成と「住宅費用の計画書」も用意してもらえます!

デフォルトのサービスになるので、先に書いた「予算の無知」を知られるリスクにもなりません。

ぶちくま
ぶちくま

さらに、「土地探し」もやってくれるのが嬉しいところ!

なんで無料でこんなことまでしてくれるのかといえば、それくらい、住宅会社は「広告」に予算をかけているということ。

広告費として、1件あたりに7%程度が家の価格に含まれています。これだと、3,000万円の家だと、200万円以上も広告のために払っていることになります。

それなら、少しでも自分のためにお金を使ってもらうのが理想。躊躇せずに、高待遇を受けられるうちに利用しておきましょう。

【PR】

【TOWN-LIFE】で資料請求してみる

足りない資料はSUUMOで補完!

ただ、タウンライフは待遇が良いため、逆に言えば提携する住宅会社に多少なり負担が大きくなってしまうこともあって、提携会社が多くはありません。

そこで、足りないと感じた場合は、SUUMOでの一括請求がおすすめ。情報収集のための資料はなるべく短期間に集めておき、対応の手間を減らすのが賢い家づくりのポイント。

かめ
かめ

さすが大手リクルートの不動産の総本山。情報量は業界トップクラスで、提携店もほぼ網羅しているのが嬉しいところ。

ぶちくま
ぶちくま

SUUMOで、タウンライフにはない資料を請求しておけば、まずは家づくりの第一歩で失敗するということはないはずです!お疲れ様でした!

【PR】

【SUUMO(スーモ)】で情報収集する

こんな感じで、広告っぽいこともやっていますが、住宅の資料請求に関しては、本当に施主にメリットが大きいので、是非ともトライしてみてください。住宅資料、みているだけでも幸せになれるので。

スマートホーム
忘れないうちに記事を保存!
がたホーム

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「ロボット キーワード 四足」に関する最新情報です。

    建築研究所と民間が共同で行った実証実験では、四足歩行ロボットが活躍し、参加者から注目を集めました。このロボットの活用には、人との共生が重要であり、災害時の被害調査や被災者の支援など様々な場面で活躍が期待されています。建築研究所は新たな技術の研究開発に取り組み、四足歩行ロボットの活用範囲を広げています。

    https://www.housenews.jp/executive/26882

  2. buchikuma-info より:

    「認証 ハンドル ドア」に関する最新情報です。

    LIXILが、玄関ドアにハンドル一体型の顔認証システムを搭載した新モデル「ジエスタ2」を発売する。この顔認証システムは、顔を映すだけで簡単に解錠でき、不正利用や複製を防ぐためのセキュリティ性も高い。ハンドル一体型のデザインはノイズレスで、住宅に調和する。価格は56万9000円からで、業界初の戸建て用玄関ドアとして注目されている。

    https://www.s-housing.jp/archives/349596

  3. buchikuma-info より:

    「認証 ジエスタ ドア」に関する最新情報です。

    LIXILは、新しい「ジエスタ2」モデルに顔認証システムを搭載した玄関ドアを6月3日から発売すると発表しました。このシステムは、ハンドルと一体化しており、荷物を持った状態でもストレスなく顔を認証し、ハンドルのボタンを押すだけでドアを解錠できる特徴があります。

    https://japan.cnet.com/article/35218606/

  4. buchikuma-info より:

    「認証 ジエスタ ドア」に関する最新情報です。

    株式会社LIXILが、業界初となるハンドル一体型の「顔認証」搭載玄関ドア「ジエスタ2」の新モデルを2024年6月3日より全国で発売する。この新モデルは、顔認証システムを搭載し、ノイズレスで洗練されたデザインに加え、高い利便性とセキュリティ性を実現している。顔認証やキー認証、自動施錠機能などさまざまな機能が搭載され、子どもやご高齢の家族にも便利である。今後も機能やデザインの向上を図り、お客様に快適な生活を提供していく方針である。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000527.000015099.html

  5. buchikuma-info より:

    「ロボット 四足 四足 歩行」に関する最新情報です。

    2024年5月16日に開催される、国立研究開発法人建築研究所での四足歩行ロボットによる建物調査技術の開発に関する実験見学会に、報道関係者が参加できる。実験内容は、複数の四足歩行ロボットによる建物調査技術の概要や実演、操縦体験などが含まれる。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000021.000013422.html

  6. buchikuma-info より:

    「カーテン シェード ローマン」に関する最新情報です。

    東京都千代田区にあるオーダーメイドブラインド・カーテン販売のチューイッシュ デコアが、英国ヴィクトリア&アルバート博物館のウィリアム・モリス作品にインスパイアされたコレクション「V&Aウィリアム・モリス」を発売しました。3柄5種類のアイテムがあり、ジャガード織物生地のローマンシェードやカーテンがラインアップされています。価格は税込2万2627円から。また、5種類の人気柄をボーダーデザインにしたローマンシェードも用意されており、価格は税込2万4465円からです。

    https://www.s-housing.jp/archives/348844

  7. buchikuma-info より:

    「スラット fsc fsc 認証」に関する最新情報です。

    「フォレティアエグゼ」という木製ブラインドがリニューアルされ、国産ヒノキ・スギやFSC認証材を使用したスラットが登場する。また、アマニ油原料の自然塗料を使った桐のスラットも取り入れられており、環境に配慮した製品となっている。

    https://www.s-housing.jp/archives/347125

  8. buchikuma-info より:

    「2024 かながわ ロボット」に関する最新情報です。

    神奈川県内企業等による「かながわロボットイノベーション 2024」および「モノづくりパビリオン with かながわ 2024」の出展企業を募集する取り組みが行われています。2024年9月に開催されるイベントで、生活支援ロボットやモノづくりに関する製品・技術のPRや販路開拓が行われます。出展企業には特典があり、特別価格での出展やプレゼンテーション、製品紹介、オンライン展示が可能です。イベントの詳細や出展条件については、公式サイトで確認できます。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000457.000108051.html

  9. buchikuma-info より:

    「ロボット 配送 実証」に関する最新情報です。

    最適制御技術を活用したロボット配送実証では、配送時間を30%削減し、到着時間の誤差を15%削減することができた。また、弱電界エリアの回避や複数ロボットの統一管理による効果も確認された。この実証は、効率的かつ安全なマルチロボット運用を実現するために行われ、NTTグループの技術が活用された。ロボットの活用ニーズが高まる中、配送や警備、移動手段などにおいてロボットの活用が求められている。

    https://www.s-housing.jp/archives/344921

  10. buchikuma-info より:

    「咀嚼 オイルミルズ ロボット」に関する最新情報です。

    J-オイルミルズと大阪大学が共同で開発した世界初の咀嚼ロボットにより、複雑な食感の評価が可能になった。従来の装置では評価できなかった食塊の作成や咀嚼の全工程を再現し、力学データと視覚データを取得できるようになった。この成果を活かし、J-オイルミルズは製品の販売拡大や新規テクスチャー素材の開発に取り組む予定であり、異業種とのコラボレーションも検討している。

    https://www.ssnp.co.jp/soy/543095/

  11. buchikuma-info より:

    「繊維 植栽 カーテン」に関する最新情報です。

    サンゲツは、使用済みカーテンの繊維をリサイクルして作られた土「TUTTI」を植栽に利用する取り組みを行っている。この取り組みは、環境保全の一環としてポリエステル製のカーテン生地を再利用し、新たな価値を生み出している。

    https://www.s-housing.jp/archives/343900

  12. buchikuma-info より:

    「オフ 最大 82」に関する最新情報です。

    新潟県上越市にある「ストックバスターズ上越店」が11周年祭を開催し、鍋やフライパンなどの指定商品が最大82%オフとなるキャンペーンを実施している。期間は3月1日から3月31日までで、売り切り次第終了となる。さらに、不要な鍋やフライパンを下取りすると、1点につき100円の買い物券がもらえる。店内では幅広いキッチン用品や生活用品が取り扱われており、人気の商品も豊富に揃っている。

    https://www.joetsutj.com/2024/02/29/150216

  13. buchikuma-info より:

    「スーツ ロボット ロボット スーツ」に関する最新情報です。

    2024年2月15日、アメリカの俳優ゼンデイヤさんがロンドンで開催された映画『』のワールドプレミア試写会に、1995年にフランスのデザイナーが発表した伝説のロボットスーツを着用して登場し、SNSで大きな反響を呼んだ。ゼンデイヤさんはこのスーツを見事に着こなし、「素晴らしい」「言葉を失うほど素敵」と絶賛された。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/zendaya-robot-bodysuit_jp_65cf002ee4b043f1c0aaaf02

  14. buchikuma-info より:

    「スーツ ロボット ロボット スーツ」に関する最新情報です。

    アメリカの俳優、ゼンデイヤさんがロンドンで開催された映画のワールドプレミア試写会のレッドカーペットに、伝説のロボットスーツを着て登場しました。このロボットスーツは、フランスのデザイナー、ティエリー・ミュグレーさんが1995年に発表した作品で、ゼンデイヤさんのスタイリストであるロー・ローチさんがコーディネートしました。SNSでは、ゼンデイヤさんの姿に対して大きな反響があり、「素晴らしい」「言葉を失うほど素敵」といったコメントが寄せられました。ゼンデイヤさんは最近の映画やプレスツアーでも様々なファッションを披露しており、注目を浴びています。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/zendaya-robot-bodysuit_jp_65cf002ee4b043f1c0aaaf02

  15. buchikuma-info より:

    「ロボット ラピュタ ジブリ」に関する最新情報です。

    東京・三鷹市の「ジブリ美術館」では、大雪の中でラピュタのロボット兵が静かに立ち尽くしている姿が話題となっています。SNS上では、この姿がまるでジブリ映画の世界そのものであり、幻想的で美しいと絶賛されています。また、雪景色の中ではさらに映えるとの声もあり、一部の人々は白い雪が『風の谷のナウシカ』の胞子に見えると感じているようです。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_65c2fc2fe4b069b665dd40e3

  16. buchikuma-info より:

    「エアコン ビル ビル マルチ」に関する最新情報です。

    ダイキンは、ビル用マルチエアコン『VRV 7』シリーズを新発売しました。このシリーズは、低温暖化冷媒R32を採用し、業界トップレベルの省エネ性を実現しており、環境負荷の低減に貢献しています。商品には、省エネ性、環境性、快適性、安心設計、省施工、機器間連携、空気質の見える化という7つの特長があります。この新製品は、2024年11月に発売され、地球温暖化防止への取り組みに貢献することが期待されています。また、低温暖化冷媒R32の採用により、従来の冷媒と比べて環境への影響を低減し、エネルギー効率も向上しています。さらに、ビル用マルチエアコンの設置やメンテナンスにおける社会的課題にも対応しています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiIGh0dHBzOi8vbmV3c2Nhc3QuanAvbmV3cy8wODczNTI50gEkaHR0cHM6Ly9uZXdzY2FzdC5qcC9uZXdzLzA4NzM1MjkvYW1w?oc=5

  17. buchikuma-info より:

    「18 室温 室温 18」に関する最新情報です。

    室温が18度未満の環境では、健康寿命が短くなる可能性があることが分析データから明らかになりました。脳卒中や心臓病などのリスクが子どもや大人にも影響を与えるため、家の断熱は省エネだけでなく重要な要素となっています。WHOも「冬は室温を18度以上にすること」と強く勧告していますが、日本ではわずか4道県を含む都道府県で室温が18度以上となっています。室温を18度に上げることで生活習慣病の改善が期待されますが、日本では断熱意識が欠落していることが問題とされています。室温を18度に上げることで老若男女問わず健康的な生活が送れるとされています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiI2h0dHBzOi8vZ2V0bmV3cy5qcC9hcmNoaXZlcy8zNDg1MDY30gEA?oc=5

  18. buchikuma-info より:

    「業種 食品 最大」に関する最新情報です。

    大手企業の冬ボーナスに関する経団連のまとめによると、2023年冬の平均支給額は90万6413円で、前年比1万2234円(1.37%)増加しました。従業員500人以上の大企業163社の回答を集計した結果、食品業種が伸び率トップであり、平均支給額は101万2763円(13.81%増加)でした。一方、化学業種は減り幅が最大で、平均支給額は86万2360円(7.95%減少)となりました。この結果は、12業種中7業種が増加し、2業種が2割以上の増加を示し、7業種が減少したことを示しています。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_658a592de4b03e698a141e00

  19. buchikuma-info より:

    「不登校 最多 過去」に関する最新情報です。

    2023年における子どもをめぐる問題について、不登校、いじめ、自殺が過去最多となったことが報告されています。2022年度には、不登校児童・生徒が29万9048人となり、前年度比で5万4108人増加し、過去最多となりました。また、いじめの認知件数も前年度比で6万件以上増え、過去最多となっています。不登校に関連する事柄として、不登校特例校の設置数が増えており、2023年春には東京都足立区や福岡県福岡市、神奈川県鎌倉市などで新たな特例校が開校予定です。子どもの問題に対しては、学校の見直しや経済的な支援の必要性が議論されています。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_6585a79ee4b03e698a133cfe

  20. buchikuma-info より:

    「洗濯 カーテン レース」に関する最新情報です。

    この記事は、レースカーテンを洗わないと部屋が暗くなる可能性があることを教えてくれるライオンのアドバイスについてのものです。レースカーテンの汚れが部屋の明るさに影響を与えることがあります。記事では、レースカーテンの洗濯方法を紹介しています。洗濯前に洗剤や柔軟剤を用意し、洗濯表示や素材を確認します。カーテンを畳む際には、フックを外し、縦や横に畳む方法を説明しています。洗濯時には洗濯ネットを使用し、弱い水流で洗います。また、カーテンをカーテンレールに干すこともできます。この方法を試して、明るい部屋を保つことができます。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_6587d379e4b04da984274f80

  21. buchikuma-info より:

    「不登校 最多 過去」に関する最新情報です。

    2023年における子どもをめぐる問題について、不登校、いじめ、自殺が過去最多となったことが報告されています。2022年度には29万9048人の不登校児童・生徒がおり、前年度比で5万4108人増加し、増加率は22.1%となりました。また、いじめの件数も前年度比で6万件以上増え、累計で68万件以上となりました。これに対応して、文部科学省は不登校特例校の設置を進めており、現在は全国で24校が設置されています。さらに、2023年には300校の特例校を増やす予定です。また、経済的な支援を求める親も増えており、食費や給食費の代わりにフリースクールの会費を支出する割合も増加しています。これらの問題を解決するためには、学校の見直しや支援策の充実が必要です。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_6585a79ee4b03e698a133cfe

  22. buchikuma-info より:

    「洗濯 カーテン レース」に関する最新情報です。

    「知ってる?レースカーテン洗わないと部屋が暗くなるライオンが教える失敗しない洗濯方法」という記事は、レースカーテンの洗濯についての情報を提供しています。レースカーテンを洗わないと部屋が暗くなる可能性があることや、洗濯の失敗を避けるための方法を紹介しています。具体的な洗濯方法としては、事前に洗剤と柔軟剤を用意し、洗濯ネットを使って洗濯表示を確認しながら洗濯すること、カーテンを畳む際にはフックを外して縦じゃばら折りや横じゃばら折りをすること、洗濯ネットに入れて弱水流コースで洗濯し、カーテンレールに干して脱水することなどが挙げられています。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_6587d379e4b04da984274f80

  23. buchikuma-info より:

    「エアコン エアコン 商戦 備え」に関する最新情報です。

    北海道の量販店では、11月にエアコンの商戦が熱くなっています。前年の4倍以上の猛暑に備えて、省エネ対策を行っています。この商戦では、エアコンを購入する際の省エネ性能が重要なポイントとなっています。北海道では冬でもエアコンが必要なため、需要が高まっているようです。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiLWh0dHBzOi8vd3d3Lmhva2thaWRvLW5wLmNvLmpwL2FydGljbGUvOTU1MTIxL9IBAA?oc=5

  24. buchikuma-info より:

    「センサー くだけ くだけ センサー」に関する最新情報です。

    東京スカイツリーは、鉄骨表面温度測定に「おくだけセンサーⅡEX1」を採用しています。このセンサーは、サン電子が提供する温度計測に特化したモデルで、東京スカイツリーの各所に設置されています。これにより、着雪予測の精度向上や鉄骨表面温度のデータ解析が行われ、お客様への課題解決に向けた提案が行われるとのことです。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000087711.html

  25. buchikuma-info より:

    本日の「節電」YouTube話題まとめ

    – りくこが自由研究で節電チャレンジをする
    – 笑える川柳集で節電に関する面白い川柳を紹介
    – 冬の節電対策として吸湿発熱の毛布やルームウェアを紹介
    – お局社員が節電のために全ての部屋の冷房を切るように言い、大変な事態になる
    – 2023年11月15日の新聞記事で、江北里が省水節電を推進していることが報じられる

  26. buchikuma-info より:

    本日の「節電」YouTube話題まとめ

    – ワークマンのルームシューズとブーツは冷え性や節電対策に最適で、価格は980円です。
    – 賴清德氏が鋼鉄公会の60周年記念晩餐会に出席しましたが、節電に関する情報は含まれていません。
    – 家電を使う際には、節電を心掛けましょう。
    – 100均材料を使った防災・節電シリーズの一つとして、蘭のガーデンライトのANNIVERSARYバージョンがあります。
    – 照明やテレビの使用時にも、節電を意識しましょう。

  27. buchikuma-info より:

    本日の「節電」YouTube話題まとめ

    – 大阪では今季初の最低気温が1桁になり、クリーニング店では冬物の引き取り客が急増している。
    – 玄関ドアの寒さ対策について、外してみると内側にカビが生えている可能性があるため注意が必要。
    – 節電の限界についての話題。セッティングを変えてもタイムが大きく変わらないため、レーン差の判断が難しいとの意見もある。
    – 育児中の夜に節電を心がけた体験をシェアする動画があり、赤ちゃんのかわいい姿や育児の様子が紹介されている。
    – 2chの仕事スレででっち上げられた新人に関する総集編の動画が公開されている。

  28. buchikuma-info より:

    本日の「節電」YouTube話題まとめ

    – 三重県四日市市桜駅前の靴屋が節電中であることが紹介されている
    – 節電術のおすすめ6選が紹介されており、電気代が9千円から6千円台になったという効果がある
    – 9月の電気料金が8月の10分の1以下になった驚きの事例が紹介されており、太陽光パネルの設置による節電効果があることが示されている
    – 電気代が突然20万になったため、節電のためにエアコンを買い替えて電圧を上げた話が感動的に紹介されている。しかし、隣の家から黒い煙が立ち上っている光景が見え、修羅場になる可能性が示唆されている
    – 部長によって35度の会議室に閉じ込められ、エアコンを切られた話が紹介されている。しかし、商談から戻った部長が救急車で運ばれる結果になり、その光景を見た人が絶叫する場面が描かれている。

  29. buchikuma-info より:

    本日の「節電」YouTube話題まとめ

    – 関電は冬の節電要請について考えていないと報道されている
    – 関電は原発7基が全て稼働可能で余力があり、予備率も最低ラインを大きく上回っているという
    – 節電対策として、使わないポタ電と太陽光パネルを組み合わせたDIY設置が紹介されている
    – 最新の暖房器具の選び方が紹介されており、電気代の節約に役立つとされている
    – Fresh Dramaのエピソード8では、節電についての話題が取り上げられている(英語)

  30. buchikuma-info より:

    本日の「節電」YouTube話題まとめ

    – ガレージに最新システムを導入して、快適な環境を実現
    – ゴルフ選手の渋野日向子が来年のシード権獲得を目指して最後の戦いに挑む
    – 井端ジャパンが初の対外試合で巨人・阿部新監督と初陣対決をする
    – 北野武と愛犬・ゴンゾウ君のインタビューで、北野武が自分が人間だと思っていることが明かされる
    – TWICEのSANAがおちゃめな一面を独占インタビューで披露

  31. buchikuma-info より:

    本日の「節電」YouTube話題まとめ

    – クマが出る原因は、森林破壊による生息地の減少が挙げられる。
    – 節電の協力と矛盾している点は、電気は足りているのに節電を呼びかけることで、電力供給に問題があるように誤解される可能性があること。
    – 「水分補給と節電」のミスは、命の危険を招く可能性があることを指摘している。
    – AVANT智能辦公室は、IoT技術を活用した節電ソリューションを提供しており、エネルギーコストの削減を目指していること。
    – 「There Will Be Ample Time」は、複数の登場人物が出演するドラマで、節電に関連するエピソードがある可能性がある。

  32. buchikuma-info より:

    本日の「節電」YouTube話題まとめ

    – 三菱エコキュートの使い方で湯温を下げることで節電と節約ができる
    – 「淨零戰役|收碳費,能減碳嗎?」という番組では、小さな節電策略が大きな減碳効果につながることを紹介
    – ゲーム実況動画「Planetbase氷の惑星編」では、節電の重要性がわかるエピソードがある
    – 「スカッとする話」では、義妹が節電を理由に家に侵入し、後で大変なことになるエピソードが紹介されている

  33. buchikuma-info より:

    本日の「節電」YouTube話題まとめ

    – しまむらのチラシには、節電に役立つアイテムがあります。
    – 節電でアパートに貢献する方法についての情報があります。
    – 十勝の音更町では、窓ガラス用の遮熱断熱材で節電を実現する注文住宅があります。
    – 紫外線カットや遮熱断熱機能を備えた節電ガラスコートの窓リフォームについての情報があります。
    – 札幌での防寒グッズについて、節電しながら暖かく過ごす方法が紹介されています。

  34. buchikuma-info より:

    本日の「節電」YouTube話題まとめ

    – 台電が「節電列車」を運行し、最終日には吉祥物の電寶小孩が登場した。
    – 国立科学博物館が約9億円の資金難に直面しており、その原因として大きな2つのダメージが挙げられている。
    – 外国人観光客が日本のゲームにハマり、eスポーツの新スポットが広がりを見せている。
    – エアコンの節電に役立つ基本的なポイントについて、ダイキンが解説している。
    – Gmcartが冬の先取りセールを開催し、省エネ節電に役立つレースカーテンを販売している。

  35. buchikuma-info より:

    本日の「節電」YouTube話題まとめ

    – 三菱エコキュートを使用して、湯はり量を減らすことで節電と節約を実現する方法が紹介されている。
    – 商品券や電力会社のキャンペーンに当選し、節電や節約に役立つアイテムやサービスを手に入れることができる。
    – 電気代の節約や省エネについての話題が取り上げられている。
    – 電費が高い場合、エネルギー効率を改善することが節電と節約の鍵となることが紹介されている。
    – 科学的な方法を使用して節電を実現するための研究や技術が紹介されている。
    – 人感センサーライトや百均グッズを使用して、つけっぱなしの電気を節約する方法が紹介されている。

  36. buchikuma-info より:

    本日の「節電」YouTube話題まとめ

    – 外国人観光客が日本のゲームにハマる理由
    – eスポーツが新たなスポットとして広がっている
    – 固体電池の実用化による安全で長寿命なポータブル電源の登場
    – 防災や節電にも役立つ固体電池の特徴と従来のバッテリーとの違い
    – 節電対策2023年冬についての情報
    – 蓄電池導入後の夏から秋の電気代の変化について
    – オール電化、太陽光、エコキュート、蓄電池を組み合わせた節電対策の効果について

  37. buchikuma-info より:

    本日の「節電」YouTube話題まとめ

    – GOGO森田が紹介する節電ぽかぽかグッズについての話題
    – コスパ最強の炭ストーブの使い方や効果についての話題
    – 節約志向の夫が電気代や食費を削減するために取った行動と、その結果についての話題
    – 冬の節電対策についてのお助けプリンスの紹介
    – Metro Exodusのゲームプレイ動画に関する話題は節電とは関係ないため省略される

  38. buchikuma-info より:

    本日の「節電」YouTube話題まとめ

    – エアマル節電塗装による節電効果
    – エコカイロで節電と冷却を同時に実現
    – 繰り返し使えるカイロで節電を実現
    – 節電しながら冷やしやすい方法の紹介
    – ケチ夫が節約と節電に挑戦した結果、意外な問題が発生
    – FPSゲーム「Metro Exodus」のマッドマックスのような世界観

タイトルとURLをコピーしました