PR

日本の住宅における断熱性能について知ろう!省エネ基準から窓選びまで解説

家づくりをしているときに軽視しがちで、一番後悔するのは「住宅性能」に関すること。特に、光熱費も上がってきた今の日本では「もっと断熱性能について考えておけばよかった」と後悔されている方は多いと思います。

このページでは2024/03/22時点で参考になる情報をまとめておきましたので、「断熱で失敗したくない」という方には役立つ情報になっていると思います。

スポンサーリンク
家づくりの大事なお知らせ

資料請求できるのは「施主になる前」だけ

これから家づくりの話をする前に、少しだけお話ししておきます。

かめ
かめ

家づくりは情報戦。知っていると知らないとで、数百万円も損するなんてことがあるのが住宅購入の怖いところ。

詳細はページの最後にまとめましたが、読むのが面倒な方に「資料請求」のサイトだけお伝えしておきます。面倒なら、今しかできない「資料集め」だけでもやっておきましょう。

ぶちくま
ぶちくま

一括で資料請求できる上に、無料で「間取り」「土地」「資金」のプラン作成までしてくれるタウンライフがおすすめです!

【PR】

【TOWN-LIFE】で資料請求してみる

もし、家作りがなかなか進まない、と感じたら、家族が乗り気じゃない、と思ったら、まずは自分が行動すること。今日の宿題は、一歩だけでも前に進んでみること。

では、本編に戻ります。

お邪魔しました。

2024年の「断熱材」新着情報まとめ

断熱材について調べているついでに見つけた「新製品情報」や「発売が噂されるもの」などの情報をざっくりまとめて置いておきます。

断熱材に関する新着ニュース

断熱材に関する新着ニュースをまとめています。

2023年の「断熱材」新着情報まとめ

断熱材について調べているついでに見つけた新製品情報や発売が噂されるものなどの情報をざっくりまとめて置いておきます。

カテゴリ名に関する新着ニュース

1級建築士が選ぶ「採用したい断熱材メーカーランキング2022」

2023年7月12日の、断熱材メーカーに関する情報をお届けします。

  • 1位は旭化成建材、2位は旭ファイバーグラスが占めています。
  • 機能性や省エネ性能が評価されている共通のポイントです。
  • 旭化成建材を採用したいと考えている人は約47%で、まだ多くの建築士が未採用の状態です。
補足情報:調査概要
  • 調査対象は、1級建築士5000人と、1級建築士2万1780人。
  • 調査方法はインターネット調査で、調査対象となる全49部門の製品を8グループに分けて調査。
  • 調査期間は2022年8月22日~9月26日。

名古屋市で開催された「断熱体感フェア」にて省エネ・高性能リノベーション体験

2023年8月30日の、住宅リノベーションに関する情報をお届けします。

  • 名古屋市で「省エネ、性能向上リノベーション(全館空調 エコキューブ)」が体験できる断熱体感フェアが開催されました。
  • リノベーションされたマンションでは、エアコン1台で全室の温度と湿度をコントロールでき、温度のムラがほとんどなく、快適な生活が可能です。
  • このリノベーションにより、年間6万1,732円のエネルギーコストが削減できるとされています。
補足情報:リノベーションの特長と利点
  • 「高気密」「高断熱」「高機能換気」の3つのポイントから、「一生気持ちよく暮らせる家」が実現されています。
  • 高機能換気システムにより、空気中のほこりや花粉、PM2.5やウィルスなどを排除し、24時間新鮮な空気が確保されます。
  • 次世代断熱材(ミラフォーム)を使用することで、外からの熱の伝わりを少なくし、夏は涼しく、冬は暖かく過ごせます。
補足情報:リノベーションの対象層と将来性
  • リノベーションに関心を寄せるのは、30代40代の層と高齢層まで多岐にわたります。
  • 社会全体で求められる快適な住環境は、リノベーションで十分に実現可能とされています。

このように、リノベーションによって省エネ効果や生活の質(QOL)を高めることが可能であり、多くの人々にとって有益な選択肢となっています。

デコス社、新聞紙を原料とした断熱材「デコスファイバー」で湿度20%減少

2023年8月29日の、環境とエネルギー消費に関する情報をお届けします。

  • 株式会社デコスが製造・販売するセルロースファイバー断熱材「デコスファイバー」は、リサイクルした新聞紙を原材料としています。
  • デコスファイバーを使用した場合、室内の湿度が約20%減少することが実験で確認されました。
  • この湿度の低下は、エアコンの消費電力を削減するだけでなく、長引く暑さに対する新たな対策ともなります。
補足情報:デコスファイバーの特性と利点
  • 「デコスファイバー」は、新聞紙(パルプ)の調湿機能を活かして、夏場の除湿と冬場の乾燥防止が可能です。
  • 2025年には、新築住宅での「省エネ義務化」がスタートします。この観点からも、デコスファイバーのような高性能な断熱材が注目されています。
補足情報:環境への配慮と今後の展望
  • デコスファイバーは、世界的な環境ラベル「エコリーフ」を日本の断熱材として初めて取得しています。
  • 製造時のエネルギー消費量が低く、30,000棟以上の施工実績があり、熊本地震時にも採用された信頼性を持っています。
会社概要
項目内容
企業名株式会社デコス
代表者代表取締役 安成信次
本社所在地山口県下関市菊川町田部
設立1974年 8月 30日
資本金30,000,000 円
従業員数31名
事業内容断熱材製造販売・施工、FC事業
ホームページDecos Co., Ltd.

以上のように、デコスファイバーはエネルギー効率、環境性能、そして人々の生活の質(QOL)を高めるための非常に有望な製品と言えるでしょう。

断熱材の新製品情報

断熱材の新製品情報についてまとめています。

添付情報を参考に、テンプレートの「」を埋めるように情報をまとめてください。
【テンプレート】
#### 新製品:「紹介する商品の名前」
「今日の日付」時点での「メーカーなど」の「商品名」について紹介します。
##### 「商品名」の特徴
– 「」
– 「」
– 「」
##### 価格
「」円(税込)
##### 「商品名」のおすすめポイント
– 「他社製品と比較して特徴的なポイントなど」
– 「メリットをまとめる」
##### 「商品名」の気になるところ、注意点
– 「購入時の注意点」
– 「デメリットなどあれば」
##### 「商品名」の購入時参考情報
– 「販売日程や価格、販売店舗など」
– 「」
【添付情報】

【出力方法】
マークダウン、日本語

スポンサーリンク

今、知っておきたい「日本の断熱」に関すること

2024/03/22時点で更新した情報についてまとめています。

現在の「断熱」に関する住宅性能

断熱の前回記事がずいぶん前だったので、「とりあえず情報をアップデートしていく」場所としてこのページを作成しました。

断熱に関しては「改正建築物省エネ法(【令和4年6月17日公布】)」の情報が比較的新しい法案となります。

これにより、これまで以上に住宅性能が客観的に評価されるようになり、メーカー側の説明義務もあるので仮に施主が無知であっても断熱を含めた住宅性能は説明を受けやすくなりました。

断熱仕様の基準

断熱に関してだけまとめますが、住宅性能に関しては日本は後進国と言われており、特に窓周りを含めた断熱については昨今の住宅事情を踏まえて「より一層厳しい基準が求められる」可能性があります。

言い換えると、毎年のように補助金と基準底上げが検討される項目であり、最新の情報を追うように心がけていただけたらと思います。私自身はすでに家づくりを終えているので、情報アップデートは頻回ではありません。

住宅性能の地域

改正建築物省エネ法によって各地域によって住宅性能の基準が定められています。また、現在の基準は実態に則しておらず、将来的に求められる基準「誘導基準」が今後の目標値となるため、こちらも合わせて調べていただくのが良いかと思います。

地域は寒い地域を1として、温暖な地域を8として8地域に区分しています。私が住む新潟でも寒暖の差があり、同じ県内でも2〜3区分に分かれている場合があり、一度自分が住む地域がどこの区分の属するのかを調べてみるといいかと思います。

断熱基準の算定

以下の項目を、使用する断熱材やその厚みなどから「熱の移動しやすさ」を計算して数値化します。

外皮の断熱性能等に関する基準
  • 外皮の熱貫流率の基準
  • 断熱材の熱抵抗の基準
  • 構造熱橋部の基準
開口部の断熱性能等に関する基準
  • 開口部比率と熱貫流率の基準
  • 開口部の建具、付属部材、軒等の設置に関する基準
一次エネルギー消費量に関する基準

断熱性能を評価する場合に、一次エネルギー消費量も算定して、いわゆる「ゼロエネルギー」となる住宅づくりを目指すことになります。使うエネルギーは少なくなるように家を建て、住宅で消費/産生するエネルギー量のバランスをとっていきます。

  • 暖房設備、冷房設備、全般換気設備、照明設備及び給湯設備の基準

情報収集用リンク

私が情報収集用に参考にしているリンクになります。

関連省庁

スポンサーリンク

断熱に関する諸情報

以下はChatGPTに生成してもらった文章で、検索意図を満たすために補助的に作成したものになります。

一般の読者の方には冗長で退屈で、かつ情報の真偽が怪しいところがありますが、何も考えなくてもChatGPTに考えさせると数分でこれくらいの情報が生成できるということを知り、今後はこのような情報が羅列されたサイトが増えることを憂慮していただければ幸いです。

日本の住宅の断熱性能とは?

日本は気候が四季折々であり、特に冬は寒さが厳しい地域も多いため、住宅の断熱性能は非常に重要です。断熱性能の高い住宅は、熱の流入・流出を抑えることができるため、冬は暖かく、夏は涼しい室内環境を保つことができます。また、エネルギー効率の向上にもつながり、光熱費の節約や地球温暖化の防止にも寄与します。

日本の住宅の断熱性能の重要性

日本の住宅の断熱性能について考える上で、まずは省エネ性能基準を知ることが重要です。日本では、2019年に改正された省エネ法に基づき、住宅における断熱性能基準が定められています。これにより、住宅の外皮性能や窓のU値、換気システムの性能などが指定され、断熱性能の向上が求められるようになりました。

また、日本の住宅の断熱性能は、気候条件に応じた設計が重要です。日本は四季があり、冬には屋内であっても生活に支障が出るような寒さに悩まされる地域も存在します。そのため、北海道や東北地方などでは、より高い断熱性能が求められます。

逆に、九州や沖縄などでは、断熱性能が高すぎると夏場に蒸し暑くなる可能性があるため、適切なバランスが必要です。

日本の住宅における断熱材の種類

日本の住宅における断熱材の種類には、グラスウール、ロックウール、ウレタンフォーム、セルロースファイバーなどがあります。それぞれの断熱材には特徴があり、使用する箇所によって最適な断熱材が異なります。

例えば、グラスウールは耐久性が高く、防音効果もあるため、壁や天井に適しています。一方、ロックウールは断熱性能が高く、耐震性にも優れているため、地震が多い地域では壁や床に使用されることが多いです。ウレタンフォームは断熱性能が高く、施工性が良いため、天井や屋根裏などに使用されます。

日本の住宅の断熱性能を高める方法

日本の住宅の断熱性能を高めるためには、以下の方法があります。

  1. 外断熱の採用:外壁に断熱材を設置することで、冷気や熱気の侵入を防ぎます。
  2. 窓の断熱性能の向上:二重窓や高断熱ガラスの採用など、窓の断熱性能を向上させることで、熱の出入りを抑えます。 3. 換気システムの設置:適切な換気システムを設置することで、断熱性能を高めつつ、湿気やカビの発生を防ぎます。
  3. 断熱材の厚みを増やす:断熱材の厚みを増やすことで、より高い断熱性能を実現できます。
  4. 冷暖房設備の効率化:冷暖房設備のエネルギー効率を高めることで、断熱性能を補完することができます。
  5. これらの方法を組み合わせることで、より高い断熱性能を実現することができます。住宅の設計段階から、断熱性能に配慮した設計を行うことが大切です。また、リフォームにおいても、断熱性能を向上させることで、快適な住まいを実現することができます。

日本の断熱材市場の現状と動向

日本の断熱材市場は、省エネルギー要求の強化や環境意識の高まりから、近年拡大傾向にあります。以下では、日本の断熱材市場に関する資料から抽出した3つのポイントを紹介します。

  1. 市場規模の拡大 日本の断熱材市場は、エネルギー消費効率の向上や地球温暖化対策のための政府の取り組みにより、需要が拡大しています。特に、省エネルギー基準の見直しや住宅の断熱改修支援制度などが市場拡大の要因となっています。
  2. 環境に優しい断熱材へのシフト 環境への配慮から、従来の石油系断熱材から、天然素材やリサイクル材料を使用した環境に優しい断熱材へのシフトが進んでいます。例えば、木質系の断熱材や紙質系の断熱材が注目されています。これらの断熱材は、CO2の排出量を抑えるだけでなく、調湿性能にも優れていることから、快適な室内環境を提供します。
  3. 技術革新による性能向上 断熱材市場では、新しい技術や素材の開発が活発に行われており、高性能な断熱材が次々と登場しています。例えば、薄型でありながら高い断熱性能を持つエアロジェルや、熱伝導率が非常に低い真空断熱材などが開発されており、市場に新たな選択肢が提供されています。

以上のように、日本の断熱材市場は、市場規模の拡大や環境に優しい断熱材へのシフト、技術革新による性能向上など、様々な動向がみられます。今後もエネルギー消費の抑制や地球環境への取り組みが求められる中で、断熱材市場の重要性はさらに高まると考えられます。

日本の断熱材市場の規模と成長要因

近年、日本の断熱材市場は拡大傾向にあります。これは、エネルギー消費の削減や地球温暖化対策への関心の高まりによるもので、政府による省エネルギー基準の強化や、住宅の省エネ性能向上に関する支援策が影響しています。また、高齢化社会を背景に、より快適な室内環境を求める消費者のニーズも市場拡大の要因となっています。

主要な断熱材メーカーと製品の特徴

日本の断熱材市場には、複数のメーカーが存在し、それぞれ独自の製品や技術を展開しています。以下に、主要な断熱材メーカーとその製品の特徴を紹介します。

  1. 東レ: トーヨボード 東レのトーヨボードは、高い断熱性能と防湿性能を持ち、耐久性にも優れています。また、環境負荷の低い素材を使用しており、リサイクル可能な製品として人気があります。
  2. キッツ: フェノールフォーム キッツのフェノールフォームは、発泡性のポリスチレン断熱材で、低い熱伝導率を持っています。また、防火性能にも優れており、さまざまな建築物に対応しています。
  3. グリーンマテリアル: セルロースファイバー グリーンマテリアルのセルロースファイバーは、木材を主原料とした環境に優しい断熱材です。調湿性能にも優れており、快適な室内環境を維持する効果があります。

市場の今後の動向と展望

今後の日本の断熱材市場は、省エネルギー基準のさらなる強化や、地球温暖化対策への取り組みが進むことから、さらなる拡大が予想されます。また、以下のような動向が見込まれます。

  1. 環境に優しい断熱材の需要増加 環境への配慮が強まる中で、天然素材やリサイクル素材を利用した環境に優しい断熱材への需要が増加することが予想されます。
  2. 高性能な断熱材の開発競争 各メーカーは、より高性能で効率的な断熱材の開発競争を続けており、新たな技術や製品が次々と登場することで市場が活性化することが期待されます。
  3. 断熱リフォーム市場の拡大 既存住宅の省エネ性能向上を目指すリフォーム市場も、今後さらなる拡大が見込まれます。断熱材メーカーは、リフォーム向けの製品や施工技術の開発に力を入れることで、市場のニーズに応えていくでしょう。
  4. 海外市場への展開 日本の断熱材メーカーは、海外市場にも積極的に進出しており、アジアや欧米などの市場で新たなビジネスチャンスを模索しています。これにより、日本の断熱材技術が世界中で展開される可能性があります。

これらの動向を踏まえた上で、日本の断熱材市場は今後も継続的な成長が見込まれます。エネルギー効率の向上や環境に優しい製品の開発、海外市場への展開など、市場が多様化する中で、各メーカーは新たな技術や製品開発に取り組むことで競争力を高めていくことが求められるでしょう。

参考資料と引用サイト

以下の3点は、「日本の断熱材市場の現状と動向」に関連する資料の内容を要約したものです。

  1. 日本建築学会による報告書 日本建築学会が発行している報告書では、国内外の断熱材市場の現状や動向について詳細に解説されています。市場規模や成長率、各種の断熱材の特性や性能についてのデータが整理されており、日本の断熱材市場の分析に役立ちます。
  2. 経済産業省による省エネルギー基準の改訂報告 経済産業省が発表する省エネルギー基準の改訂報告では、今後のエネルギー政策や断熱性能基準の動向が明らかになります。これらの情報をもとに、断熱材市場の将来展望や、新たな需要が生まれる可能性がある分野を把握することができます。
  3. 住宅メーカーや工務店の年次報告書 住宅メーカーや工務店が発行する年次報告書には、各社の取り組みや事業戦略が記されています。これらの情報を参考にすることで、各社がどのような断熱材を取り扱っているのか、また、市場での競争状況や新技術の開発動向を把握することができます。

これらの資料を参考にすることで、「日本の断熱材市場の現状と動向」についての理解を深めることができます。また、市場調査会社が発行する業界レポートや専門雑誌、断熱材メーカーの公式ウェブサイトなども参考にすると、より詳細な情報を入手できます。

実在する資料か検証

実際に存在する資料に関して以下の情報を提供します。

  1. 日本建築学会による報告書 日本建築学会では、学術誌「日本建築学会論文報告集」が発行されています。こちらには、断熱材市場やエネルギー効率に関する研究論文が掲載されていることがあります。また、日本建築学会のウェブサイトや関連セミナーでも、市場動向や技術の最新情報が提供されることがあります。
    出典: 日本建築学会ウェブサイト(https://www.aij.or.jp/)
  2. 経済産業省による省エネルギー基準の改訂報告 経済産業省は、エネルギー政策や省エネルギー基準の改訂に関する情報をウェブサイト上で公開しています。こちらの情報を参照することで、断熱性能基準の動向や将来展望について把握することができます。
    出典: 経済産業省ウェブサイト(https://www.meti.go.jp/)
  3. 住宅メーカーや工務店の年次報告書 住宅メーカーや工務店は、それぞれの企業ウェブサイト上で年次報告書(決算説明資料や事業報告書など)を公開しています。これらの資料を参照することで、各社の事業戦略や断熱材取り扱いに関する情報を得ることができます。例えば、住友林業(https://sfc.jp/) や積水ハウス(https://www.sekisuihouse.co.jp/) などの企業ウェブサイトで、年次報告書を入手することができます。

高断熱住宅のメリットとは?

近年、エネルギー消費の削減や地球温暖化対策が社会的な課題となっています。このため、住宅業界では「高断熱住宅」が注目を集めているのですが、実際のメリットはどのようなものでしょうか?

高断熱住宅のエネルギー効率の向上

高断熱住宅は、断熱性能が高いため、冬は暖かく、夏は涼しい室内環境を保ちやすくなります。これにより、エアコンや暖房器具の使用時間や消費電力が減少し、エネルギー効率が向上します。また、省エネルギーによって光熱費の節約ができるだけでなく、CO2排出量の削減にも貢献し、環境にやさしい住まいとなります。

高断熱住宅による快適な室内環境の実現

高断熱住宅では、外部からの熱の流入・流出が抑制されるため、室内温度が安定し、快適な生活空間が実現します。また、適切な断熱材を使用することで、結露やカビの発生を抑える効果もあります。さらに、断熱材によっては、吸音性能に優れているものもあり、騒音対策としても有効です。

高断熱住宅の長期的な経済効果

高断熱住宅は、初期投資が多少高くなることがありますが、長期的な経済効果が期待できます。光熱費の節約により、コストが回収できるだけでなく、住宅の耐久性や保温性能が向上するため、メンテナンス費用の軽減にもつながります。また、高断熱住宅は、資産価値が高まるとされており、将来の売却時にもメリットがあります。

これらのメリットを考慮すると、高断熱住宅はエネルギー効率の向上、快適な室内環境の実現、長期的な経済効果が期待できる住まいと言えます。また、地球温暖化対策やエネルギー消費の削減にも貢献できるため、持続可能な社会の実現に向けた選択ともなります。

さらに、高断熱住宅の普及に伴い、各種支援制度や補助金が設けられている地域も増えています。これらの制度を利用することで、初期投資の負担を軽減できる場合があります。住宅を建てる際やリフォームを検討する際には、高断熱住宅のメリットを十分に理解し、適切な選択を行うことが重要です。

高断熱住宅は、現代の住宅市場でますます重要な選択肢となっています。建築家やハウスメーカーと相談しながら、自分に適した断熱性能や建材を選択し、快適でエネルギー効率の高い住まいを実現しましょう。

「高断熱住宅のメリット」で参考になる文献

  1. 資料: 「高断熱住宅による省エネルギー効果」(エネルギー消費効率の向上に関する調査研究報告書)
    要約: 高断熱住宅は外部環境からの熱の流れを低減し、省エネルギー効果が高いとされています。また、室内の温度や湿度を適切に保つことができるため、快適性も向上します。
    出典: 調査研究報告書(リンク不可)
  2. 資料: 「高断熱住宅のCO2削減効果」(IPCC報告書)
    要約: 高断熱住宅は、一般的な住宅に比べてCO2排出量が大幅に削減されることが示されています。これにより、地球温暖化の防止に寄与できるだけでなく、エネルギーコストの削減にもつながります。
    出典: IPCC報告書
  3. 資料: 「高断熱住宅の長寿命化によるメリット」(国土交通省住宅局)
    要約: 高断熱住宅は、断熱材の選定や構造材の品質向上により、耐震性能や耐久性に優れることが分かっています。これにより、地震や長期的な劣化に対する安心感が向上し、住宅価値が維持されることが期待されています。
    出典: 国土交通省住宅局

日本の省エネ基準と断熱性能の関係

日本の省エネ基準と断熱性能の関係つについてまとめています。ChatGPTの限界で、法令や設定基準に関する情報については間違っている可能性があります。

国土交通省の情報などを合わせてご覧いただくと幸いです。

省エネ基準とは?その目的と概要

省エネ基準とは、住宅や建築物の省エネルギー性能を評価・向上させるために設けられた基準のことです。日本では、省エネルギー住宅基準(通称:ZEH基準)が設定されており、新築住宅において一定の省エネ性能を満たすことが求められています。省エネ基準は、エネルギー消費の削減や地球温暖化対策に貢献することを目的としています。

日本の省エネ基準と断熱性能の関連性

省エネ基準は、断熱性能をはじめとするさまざまな要素で評価されます。断熱性能が高い住宅は、冬場の暖房負荷や夏場の冷房負荷が低く抑えられるため、エネルギー消費が削減されます。そのため、断熱性能の向上は省エネ基準達成に向けて重要な要素となります。

省エネ基準をクリアするための断熱対策

省エネ基準をクリアするためには、適切な断熱対策が必要です。以下に、いくつかの対策を挙げます。

  1. 高性能な断熱材の使用: 優れた断熱性能を持つ断熱材を使用することで、省エネ基準を満たすことが容易になります。
  2. 外壁・屋根・床の断熱性能向上: 建物の外壁・屋根・床において、断熱性能を高めることで、省エネ基準への対応が可能となります。
  3. 窓の性能向上: 窓は、断熱性能に大きく影響を与える部分です。高性能な断熱ガラスやサッシを選択することで、省エネ基準に対応できます。
  4. 通気性・遮熱性の向上: 住宅の通気性を確保し、遮熱性能の高い材料を使用することで、室内温度の上昇を抑え、エネルギー消費を減らすことができます。
  5. 建物の方位や形状の最適化: 建物の方位や形状を適切に設計することで、自然光や風を活用し、エネルギー消費を削減できます。

以上のような断熱対策を取り入れることで、省エネ基準を満たす住宅を実現できます。これらの対策は、建築家やハウスメーカーと相談しながら、自分に適した方法を選択することが重要です。

省エネ基準と断熱性能は密接に関連しており、適切な断熱対策を行うことで、省エネルギー住宅を実現することができます。今後、環境に配慮した暮らしを求めるニーズが高まることが予想されるため、省エネ基準と断熱性能について理解し、持続可能な住宅を選択することがますます重要になるでしょう。

外断熱と内断熱、どちらがおすすめ?

外断熱と内断熱、どちらがおすすめかは、建物の構造や予算、環境条件などの要素によって異なります。

簡単な違いやそれぞれのメリット、デメリットについて記述しましたが、建築家やハウスメーカーと相談し、自分に適した断熱方法を選択することが重要です。

また、外断熱と内断熱を組み合わせることで、より効果的な断熱性能を実現することも可能です。最適な断熱対策を見つけて、快適で省エネな住まいを実現しましょう。

外断熱と内断熱の基本的な違い

外断熱と内断熱は、どちらも建物の断熱性能を向上させる方法ですが、その適用箇所や効果に違いがあります。

外断熱は、建物の外壁や屋根の外側に断熱材を設置する方法で、住宅全体を断熱材で包むことで熱の伝導を抑えることができます。

一方、内断熱は、内壁や天井の内側に断熱材を設置する方法で、部屋ごとの熱の伝導を抑える効果があります。

外断熱のメリットとデメリット

外断熱のメリット
  1. 熱損失の軽減: 建物全体を断熱材で包むことで、熱損失を大幅に抑えることができます。
  2. 熱橋の解消: 構造材の熱橋を防ぐことができ、断熱性能の向上に寄与します。
  3. 室内温度の安定: 外断熱は、室内温度の変化を抑える効果があり、快適な居住環境を実現できます。
外断熱のデメリット
  1. 施工コストの上昇: 施工が複雑であるため、内断熱に比べてコストが高くなる場合があります。
  2. 外観デザインの制限: 断熱材を外壁に設置するため、外観デザインに制約が生じることがあります。

内断熱のメリットとデメリット

内断熱のメリット
  1. 施工コストの抑制: 施工が比較的簡単であるため、コストを抑えることができます。
  2. 外観デザインの自由度: 内部に断熱材を設置するため、外観デザインに影響を与えません。
内断熱のデメリット
  1. 熱損失のリスク: 内断熱は、外断熱に比べて熱損失のリスクが高く、エネルギー効率が低下する可能性があります。 2. 熱橋の発生: 内断熱では構造材の熱橋を完全に解消できないため、断熱性能が低下することがあります。
  2. 室内温度の変動: 内断熱は室内温度の変動が大きく、快適な居住環境を維持するのが難しい場合があります。

外断熱と内断熱、どちらがおすすめかは、建物の構造や予算、環境条件などの要素によって異なります。外断熱は、熱損失を最小限に抑えることができる一方で、施工コストが高くなることがあります。一方、内断熱は施工コストが抑えられるものの、熱損失のリスクや熱橋の問題があります。建築家やハウスメーカーと相談し、自分に適した断熱方法を選択することが重要です。また、外断熱と内断熱を組み合わせることで、より効果的な断熱性能を実現することも可能です。最適な断熱対策を見つけて、快適で省エネな住まいを実現しましょう。

断熱材の種類と特徴

我が家では断熱材はグラスファイバーを使用しました。検討するにあたり書いた記事がありますのでこちらを参考にしてみてください。

断熱材の性能はグラスウールでも十分だが施工力に差が出るので不安
断熱材はグラスウールでも性能は十分だが、大工による施工によって効果が雲泥の差になるという話。我が家の場合は、「明らかに隙間があるけど、伝えられないまま壁を閉じられた」のが最大の敗因でした。

また、断熱材に対する後悔から、他の断熱材の使用も再検討しています。アクアフォームについても調べた記事がありますので、こちらも参考にしてみてください。

アクアフォームについて知りたい「コスパ最強の断熱材?」
発泡系の断熱材、アクアフォームに関する情報です。パパまるなんかで使用されているから「安い」みたいだけど、性能は「それなりにいい」と評判なので、コスパ良し、としていいものか。
スポンサーリンク

日本における断熱性能に関する情報まとめ

記事内容をまとめていきます。

断熱性能について知っておくべき3つのこと

  1. 断熱性能は光熱費に大きく影響する
  • 断熱性能が高ければ、暖房や冷房の効率が良くなり、光熱費を削減することができます。
  1. 断熱材の選定は重要
  • 断熱材の選定は、外断熱や内断熱、断熱材の種類などを考慮し、専門家の意見を参考に行うことが重要です。
  1. 断熱リフォームは信頼できる業者に依頼すること
  • 断熱リフォームは、現状の住宅の断熱性能を調べ、改善すべき箇所を把握した上で工事計画を立てることが重要です。また、信頼できる業者に依頼することで、より良い断熱リフォームを実現することができます。

断熱性能に関するよくある質問(FAQ)

Q
日本の住宅の断熱性能はどの程度なのですか?
A

日本の住宅の断熱性能は、建築基準法で定められた省エネ基準に準拠しています。ただし、住宅の断熱性能は建物の種類や年代によって異なります。

Q
外断熱と内断熱、どちらが効果的ですか?
A

外断熱と内断熱にはそれぞれメリット・デメリットがあります。外断熱は断熱性能が高く、壁の構造がシンプルになり、湿気やカビの発生が抑えられます。一方、内断熱は施工が容易で、既存住宅のリフォームに適しています。

Q
断熱材にはどのような種類がありますか?
A

断熱材には、グラスウール、ロックウール、ウレタンフォーム、セルロースファイバーなど、様々な種類があります。それぞれの特徴を考慮して、適切な断熱材を選ぶ必要があります。

Q
断熱リフォームはどのように進めればよいですか?
A

断熱リフォームは、まず現状の住宅の断熱性能を調べ、改善すべき箇所を把握します。次に、外断熱や内断熱、断熱材の選定などを検討し、工事計画を立てます。工事は、信頼できる業者に依頼することが大切です。

各種SNSの口コミ・評判など

SNSやinstagramから役立ちそうな情報を引用しておきます。

Twitterの情報

Twitter検索用リンクはこちらです。

https://twitter.com/search?q=%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89%20(from%3A%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%88)%20min_faves%3A100%20min_retweets%3A10%20lang%3Aja%20until%3A2022-12-31%20since%3A2021-01-01&src=typed_query

instagramの情報

instagram検索用リンクはこちらです。

断熱に関して参考になる記事リスト

断熱や家のエネルギーに関する情報について参考になりそうな記事をまとめておきます。

エネルギーに関する記事で読んでおいてほしいもの

これからの時代の「新築とエネルギー」の考え方という記事が、家づくりに関するエネルギー情報をうまくまとめていると思います。

これからの時代の「新築とエネルギー」の考え方
私の「家づくり」は反省の多い結果になりましたが、家は建てたら終わりではないと言うことも学んでいるところです。 今後も新しい技術が開発されていくことを期待すると、「現在の完璧」は、数年後の標準でしかなく、さらには未来のスタンダードから比べれば...

エネルギーの関連記事一覧

最近の家づくりの場合だと「ZEH基準」かどうか、というのもポイントになりそうです。

家づくりとエネルギー
蓄電池・太陽光発電のシステム
エネファーム
家づくり、失敗したくないなら
ぶちくま
ぶちくま

他の住宅会社で見積もりしてもらったら、今のところより300万円くらい安くなった。。。

何も知らずに家を建てると実際に数百万円も損する、なんてことはザラにあります。

家づくりは誰にとっても初めてのことで、何も知らないところからスタートするのが当たり前。だから、「値引きできるか」どうかも知らなければ「適正価格かどうか」もわからない。

家が安くなる、という感覚が、我々には薄いのです。

少しでも損をしないためにできることはいくつかあります。そのひとつは「相見積もり」。他の住宅会社を価格競争に巻き込むこと。これだけで、適正価格で家を建てることに近づけます。

かめ
かめ

でも、相見積もりって住宅会社はタダ働きになるかもしれないので嫌がるし、断るのも大変だし、そもそも家づくりって価格だけで選べるものでもないよね。

このページを最後まで読んでいただいたあなたに、数分で、簡単に、誰にでもできる方法で、相見積もりくらい効果のある情報収集の方法についてお伝えしたいと思います。

3分でできる、今すぐ行動したい家づくりの極意

家づくりで損をするのは、住宅会社は値引きを前提にして家の値段を設定しているから。

しかし、値引きをしなければそのまま住宅会社は利益が増えるので「値引き用に高く設定したままの住宅が売れてしまうケースがある」というのが問題です。

ぶちくま
ぶちくま

全ての住宅会社が悪意のある値上げをしている訳ではないけど、どの会社も「施工不良などのもしも」の時に値下げできるように余裕を持った価格設定はしています。

もちろん、値下げ交渉で値段が下がる場合もあれば、下がらない場合もあります。何も言わずにトラブルがなければオプションをおまけしたりなどで顧客に還元してくれることもあります。

かめ
かめ

でも、会社も少しでも利益を上げたいから、「何も言ってこない客」や「何も知らなそうな客」からは、還元せずになるべくお金を使わせようとするところもあったりします。

とはいえ、いざ自分が客になってみると、一生懸命やってくれるスタッフに「値下げして」とは、なかなか言えません。

だからこそ、契約前までに、自分たちが「適正価格で購入するために勉強している」ということを相手に察してもらい、競合会社と値下げ競争をしてもらって、納得した上で契約するのが大事、ということになります。

値下げのために必要な3つのこと

まず、値下げのために必要な3つのことだけ覚えておいてください。

  1. 一括資料請求で「競合がいる」ことを悟らせる
  2. 勉強の成果は「家づくりノート」にまとめる
  3. 住宅ローン」の相談は住宅会社にはしない

これだけで大丈夫です。

資料請求は簡単に競合会社を作れる便利ツール

まず、資料請求について。

モデルハウスをめぐって資料を集めてもいいのですが、1回の訪問で回れる数も時間も限られていて、価格の勉強もしていないとミスマッチで時間ばかり無駄にしてしまいます。

さらに、住宅会社の営業も「どの会社を回ってきたか」が把握しやすく、自分のホームグラウンドで営業トークが設定できます。つまり、水を得た魚。

ぶちくま
ぶちくま

そもそも、家づくりで何も知らずにモデルハウス回っちゃう人は、カモがネギ背負ってやってきたようなもので、営業からしたらボーナスチャンス。

競合他社となる「隣のモデルハウス」の価格もわかっているので、最初から設定した仮初の値下げ設定で、自分たちのペースで営業ができる訳です。

一方の住宅資料請求。侮るなかれ。

住宅資料請求の場合、資料請求を利用している時点で、競合他社が複数いることが住宅会社にはわかります。多数の競合がいる中で、顧客から興味を持って選んでもらうには価格で負けることは避けたい。

ただ、まだ顧客になるかどうかもわからない相手なので、無理に引き込むこと労力を使うことも避けたい。そのため、施主はビルダーにプレッシャーをかけつつも、自分のペースで家づくりをスタートすることができるのです。

勉強の成果は「家づくりノート」で証明する

実際に勉強するのは面倒ですが、家づくりノートを作るくらいだと楽しんでできます。家づくりをすると、「どういう家にしたいのか」の妄想で楽しむのが醍醐味です。

この「どういう家にしたいか」というのは、家づくりの面談でも住宅会社の担当に伝える必要があります。そのため、各社が自社製の「家づくりノート」を用意して顧客にアンケートとして記入してもらったりしますが、この時の「自作の家づくりノート」の効果は絶大です。

  • 家づくりを真剣に考えていることが伝わる
  • 他社の資料ページもノートに編集することで競合していることが伝わる
  • 自分たちの希望がより正確に相手に伝わる

ここで大事なのは「熱意」と「競合」があることを、家づくりノートの存在で明確に相手に伝えることができるということ。

かめ
かめ

自作の家づくりノートを出して、そこに他社のパンフレットも入っていれば、もう施主が冷やかしではなく家づくりを決意していることが伝わります。

ぶちくま
ぶちくま

見積もりプランで探りを入れずに全力プランを最初から出してきてくれますよ!

 

家づくりノートの素材としても、他社の住宅資料は役に立つ、というわけです。

住宅予算の相談は、住宅会社にしない

住宅ローンの話は今回は割愛しますが、家づくりのマネープラン、住宅会社にはしないようにしてください。

予算は伝えていいのですが、住宅ローンで悩んでライフプランまで相談するのはコスパで考えるなら悪手です。

ぶちくま
ぶちくま

なんで住宅会社がマネープランの説明会なんかもやっているかといえば、簡単に顧客の予算が把握できるからですよね。

住宅会社としては、なるべく、家づくりにお金をかけてもらいたい。だから、可能な限り35年ローンで変動金利にさせて「みかけのお金」は少なくみせる。もう少し出せると錯覚させる。

住宅ローンを相談する、ということは、予算についてはノープランだと自分で言っているようなもの。もし、家づくりで余計なお金をかけたくないと考えているのなら、住宅ローンは先にファイナンシャルプランナーや、複数の金融機関で相談しておきましょう。

情報収集、どれくらいやったらいい?

住宅会社の情報収集は重要で、人によっては100社も回る人がいるくらい力を入れている方もいます。

かめ
かめ

でも、そんな時間、ない。

あくまでも経験談ですが、私は住宅資料に関しては住宅展示場でもらえた数店舗分とBOOK-OFFで購入した住宅資料数冊で家づくりの契約をして「無知だったな」と後悔しています。

ブログを書くと「情報強者」の方達は大学の研究者のようにとことん調べ尽くしていることを知ることになりますが、同時に「そこまでするのは無理だな」とも思うところです。だって、その分だけ休みが減るし、専門的な知識を蓄えるために勉強し直すのはしんどい。

つまりバランスが大事なのですが、無料見積もりを依頼するのは「3社」が限度です。打ち合わせで毎週末無くなることを考えると、事前にどこに依頼するかは厳選する必要があります。

そのため、100社回るのは無理でも、10社程度の住宅資料は集めてしっかりと見比べて「家づくりで重視するところ」と「それがどれくらいお金がかかりそうか」を見極めることが大事です。

このとき、必ずハウスメーカーや工務店のグレードは「高い」「ローコスト」をバランスよく設定して請求することが大事です。「家の機能」や「デザイン」はお金がかかるので、「これが欲しい」ばかり集めてしまうと本来楽しいはずの設計段階で「我慢」ばかり強いられること。

今すぐやりたい、住宅資料請求のポイント

自分の勉強のためにも、住宅会社自ら値引きせざるを得ないように誘導するためにも、「複数社の住宅資料」が重要だということをお伝えしました。

では、住宅資料請求において少しでも簡単に、かつ必要な情報を揃えるための方法を簡単にお伝えしておきます。

ぶちくま
ぶちくま

このサイトの長い情報を読み込めたあなたなら、今の熱量のまま資料請求までできれば、今日は十分に頑張ったと言える一日になるはず。

着実に、マイホームづくりに踏み出せています!

「town-life」なら間取りと資金計画も解決!

私が一番おすすめしている資料請求の方法として、可能な限り「タウンライフ」は利用をおすすめしています。

かめ
かめ

資料請求ができる上に、無料で「間取りプラン」の作成と「住宅費用の計画書」も用意してもらえます!

デフォルトのサービスになるので、先に書いた「予算の無知」を知られるリスクにもなりません。

ぶちくま
ぶちくま

さらに、「土地探し」もやってくれるのが嬉しいところ!

なんで無料でこんなことまでしてくれるのかといえば、それくらい、住宅会社は「広告」に予算をかけているということ。

広告費として、1件あたりに7%程度が家の価格に含まれています。これだと、3,000万円の家だと、200万円以上も広告のために払っていることになります。

それなら、少しでも自分のためにお金を使ってもらうのが理想。躊躇せずに、高待遇を受けられるうちに利用しておきましょう。

【PR】

【TOWN-LIFE】で資料請求してみる

足りない資料はSUUMOで補完!

ただ、タウンライフは待遇が良いため、逆に言えば提携する住宅会社に多少なり負担が大きくなってしまうこともあって、提携会社が多くはありません。

そこで、足りないと感じた場合は、SUUMOでの一括請求がおすすめ。情報収集のための資料はなるべく短期間に集めておき、対応の手間を減らすのが賢い家づくりのポイント。

かめ
かめ

さすが大手リクルートの不動産の総本山。情報量は業界トップクラスで、提携店もほぼ網羅しているのが嬉しいところ。

ぶちくま
ぶちくま

SUUMOで、タウンライフにはない資料を請求しておけば、まずは家づくりの第一歩で失敗するということはないはずです!お疲れ様でした!

【PR】

【SUUMO(スーモ)】で情報収集する

こんな感じで、広告っぽいこともやっていますが、住宅の資料請求に関しては、本当に施主にメリットが大きいので、是非ともトライしてみてください。住宅資料、みているだけでも幸せになれるので。

断熱/気密
忘れないうちに記事を保存!
がたホーム

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「開催 海外 セミナー」に関する最新情報です。

    新潟県粟島浦村発のスタートアップ「リテラス」が、海外クラウドファンディングを活用した販路開拓セミナーを2024年7月5日に開催します。セミナーでは、海外市場への挑戦の重要性や販路開拓方法について株式会社Gakuの中村岳人氏が講演します。このセミナーは、地場産業の活性化を支援し、新潟県のものづくりを世界に広めることを目指しています。セミナーの参加申し込みや詳細は公式ウェブサイトから確認できます。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000120911.html

  2. buchikuma-info より:

    「学術 学術 集会 集会」に関する最新情報です。

    株式会社ファミワンの専門家アドバイザーである胚培養士 川口優太郎が、2024年5月18日から19日に開催された第65回日本卵子学会学術集会にて口頭発表を行いました。川口は「胚移植前のアシステッドハッチング実施時における『透明帯完全除去法』は着床率の向上に寄与する」というテーマで発表しました。学術集会のテーマは「生命誕生の神秘に向き合う-基礎と臨床-」であり、生殖医療に関する研究や技術の議論が行われました。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000382.000014333.html

  3. buchikuma-info より:

    「ランキング 地域 地域 情報」に関する最新情報です。

    2024年5月の地域情報ランキングがまとめられており、月ごとに注目された地域情報がランキング形式で提供されています。どの地域のお店が注目されているかをチェックできます。最終更新日は2024年6月3日で、過去のランキングも確認できます。

    https://gatachira.com/information/news/31668/

  4. buchikuma-info より:

    「建築物 改正 建築士」に関する最新情報です。

    2022年6月17日に施行された「改正建築物省エネ法」に伴い、国土交通省が建築物省エネ法施行規則を改正し、建築士による建築物のエネルギー消費性能に関する説明を工事着手前に義務化するほか、適合性判定手続きの合理化や省エネ適判時の添付図書の新設などを行うことが決定された。新設される項目には、省エネ適判を要しない特定建築行為が含まれており、外壁や窓の熱損失防止に関する基準に適合する住宅や、省エネ基準に適合し設計住宅性能評価を受けた新築住宅などが対象となる。施行は2025年4月1日を予定している。

    https://www.s-housing.jp/archives/351954

  5. buchikuma-info より:

    「投資 被害 sns」に関する最新情報です。

    新潟県でSNS型投資詐欺が発生し、著名人を名乗る者から合計で1億数千万円の被害が報告された。被害者は投資を勧められており、警察はSNS上での投資勧誘には注意を呼びかけている。

    https://www.niikei.jp/1057120/

  6. buchikuma-info より:

    「建築 世界 日本」に関する最新情報です。

    日本発の建築概念である「メタボリズム」は、社会の変化や人口増加に合わせて有機的に成長する都市や建築を目指す運動であり、黒川紀章氏の設計による中銀カプセルタワービルがその具現化でした。しかし、2022年に解体されるなど、西洋建築史の大きな潮流にはならなかった。一方、モダニズム建築は機能性や合理性を重視し、装飾を否定する動きであり、1960年代に行き詰まっていた。ル・コルビュジェなどが主導したモダニズムは、機能主義と合理主義を特徴とする幾何学的な建築であり、その美意識に対してさまざまなアンチテーゼが投げかけられた。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiRWh0dHBzOi8vYXJ0aWNsZS5hdW9uZS5qcC9kZXRhaWwvMS8zLzYvN182X3JfMjAyNDA1MTZfMTcxNTg0MzE5MTc1Njk4MdIBAA?oc=5

  7. buchikuma-info より:

    「性能 吸音 住宅」に関する最新情報です。

    木造住宅における防音性能向上の方法について、高密度な繊維系断熱材を隙間なく施工することが効果的であることが紹介されています。デコスドライ工法を用いた施工が効果的であると述べられています。

    https://www.s-housing.jp/archives/346506

  8. buchikuma-info より:

    「省エネ性能 zeh ラベル」に関する最新情報です。

    2024年4月から始まった「省エネ性能ラベル」制度では、中古マンションのリノベーション物件にも表示が義務付けられており、消費者が建物の省エネ性能を把握しやすくなっています。このラベルにはエネルギー消費性能や断熱性能、目安光熱費などが表示され、再エネ設備の有無や「ZEH水準」も示されます。不動産ポータルサイトでもこのラベルが表示され、例えば「ZEH Oriented」などの表示がされています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiI2h0dHBzOi8vZ2V0bmV3cy5qcC9hcmNoaXZlcy8zNTI2ODQw0gEA?oc=5

  9. buchikuma-info より:

    「吸音 パネル 施工」に関する最新情報です。

    大阪府八尾市の会社が、売り上げ1位の吸音壁材「sotto(ソット)」の姉妹品として、角・曲面にも簡単に施工できる木質吸音壁パネル「RIB:BO(リブボ)」を発売しました。このパネルは天然木と吸音フェルトを組み合わせており、240cmと長いためさまざまな部位に継ぎ目なく施工可能で、賃貸でも使用できます。

    https://www.s-housing.jp/archives/349592

  10. buchikuma-info より:

    「商品 回収 対象」に関する最新情報です。

    敷島製パンが自主回収する商品は、「超熟山型5枚スライス」と「超熟山型6枚スライス」で、約10万4000個が対象となっている。消費期限は2024年5月7日から2024年5月11日で、製造所や販売エリアは複数の県にまたがっている。回収はウェブか着払い送付で申し込み可能で、送付先は名古屋市にある。商品代金の代わりに後日クオカードが送付される。問い合わせ先は0120-001-781で、回収の受け付けは平日の朝9時から午後5時まで。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_663ad76fe4b0ce3aef512f44

  11. buchikuma-info より:

    「つい 調査 経済」に関する最新情報です。

    新潟県の花角英世知事が柏崎刈羽原子力発電所の地域経済への影響についての調査結果を発表しました。調査では、再稼働時、廃炉時、稼働停止時の3つのパターンを想定し、経済、財政、雇用の3つの観点から地域経済への効果を推計しました。調査には東京電力ホールディングスから提供されたデータや直近の歳入額データが活用されました。

    https://www.niikei.jp/1032158/

  12. buchikuma-info より:

    「改訂 肺炎 gl」に関する最新情報です。

    2024年4月に発刊された『成人肺炎診療ガイドライン2024』が、2017年版から約7年ぶりに改訂された。市中肺炎(CAP)に関する改訂ポイントでは、CAPへの初期の広域抗菌薬投与や抗MRSA薬のエンピリックな使用は予後を改善せず、むしろ有害であるという報告があることが強調された。

    https://www.carenet.com/news/general/carenet/58447

  13. buchikuma-info より:

    「13 13 改訂 おけ」に関する最新情報です。

    日本循環器学会が「心臓血管疾患における遺伝学的検査と遺伝カウンセリングに関するガイドライン」を13年ぶりに改訂し、その要点が第88回日本循環器学会学術集会で発表された。今回の改訂は2011年以来のもので、合同研究班班長である今井靖氏が解説を行った。

    https://www.carenet.com/news/general/carenet/58389

  14. buchikuma-info より:

    「ラベル 住宅 住宅 省エネ性能」に関する最新情報です。

    エコワークスは2024年4月1日以降に着工する全ての注文住宅で省エネ性能ラベルを表示することを決定。売電分が反映されないなどの問題があるものの、全棟で表示する方針を採用している。

    https://www.s-housing.jp/archives/345817

  15. buchikuma-info より:

    「光熱費 調査 リアル」に関する最新情報です。

    新築住宅の光熱費に関する独自調査では、冬の光熱費の多くが1万~1万5000円未満であることが分かった。全体の6割以上が2万円未満であり、新築住宅の断熱性能向上により暖房負荷が減少していると考えられる。

    https://www.s-housing.jp/archives/344398

  16. buchikuma-info より:

    「検証 ペロブスカイト ペロブスカイト 太陽」に関する最新情報です。

    東京都は都庁展望室と住宅供給公社施設にペロブスカイト太陽電池を搭載したIoTセンサーを設置し、温度・湿度・照度・CO2濃度を測定してデータを公開している。センサーはリコー製で、ペロブスカイト太陽電池の性能や耐久性を検証している。ペロブスカイト太陽電池は従来の太陽電池よりも高い発電性能を持ち、設置場所の自由度が高いが、耐久性に課題があるとされている。

    https://www.s-housing.jp/archives/344686

タイトルとURLをコピーしました