PR

新潟で太陽光発電は大損?【各市町村の支援制度を利用すべし】

FIT(固定価格買取)が、令和2年は21円/kWhまで下がり、当初と比較すると半額以下に。

ぶちくま
ぶちくま

もう、太陽光はやめておいた方がいいよね?

でも、電気料金自体はじんわりと高騰し続けており、「自家発電して、自分たちで使う」ことで、かなりお得に過ごすことはできます。

よめくま
よめくま

太陽光は設置費用もあるから、結局、お得なのかどうかがわからん!

新潟で、家庭用太陽光発電をすべきか否か、検討していきたいと思います。

一般住宅における太陽光発電の基本的な構造|太陽光パネルとは
一般住宅における太陽光発電の基本的な構造

画像はソーラーフロンティア様から引用しています。

ソーラーフロンティアとは?
ちなみにソーラーフロンティアは、昭和シェルを筆頭株主とする日本の会社で、高品質なソーラーパネルの開発をしています。

ソーラーパネルも中国に勢いがあるので、ぜひ日本の会社にも頑張ってもらいたいものです。

2024年の「太陽光発電」新着情報まとめ

太陽光発電について調べているついでに見つけた「新製品情報」や「発売が噂されるもの」などの情報をざっくりまとめて置いておきます。

太陽光発電に関する新着ニュース

太陽光発電に関する新着ニュースをまとめています。

サンライズFUKAYA工場に太陽光発電システム設置

2023年9月27日の、太陽光発電システム設置に関する情報をお届けします。

  • かんとうYAWARAGIエネルギーとシタラ興産がサンライズFUKAYA工場の屋上に太陽光発電システムを設置。
  • 電力の一部を再生可能エネルギーに切り替え、SDGsの実現に貢献。
  • シタラ興産は初の太陽光発電システム設置。
追加情報/背景
  • オンサイトPPAモデルを採用。
  • かんとうYAWARAGIエネルギーは地域の再生可能エネルギー提供を目指している。
  • シタラ興産は「埼玉県環境SDGs取組企業宣言」を実施、AI搭載自動選別ロボットやRPF製造装置などを導入。
事業スキーム
  • かんとうYAWARAGIエネルギーが工場屋上に太陽光発電システムを設置・所有。
  • シタラ興産が自家消費し、使用した電気料金をかんとうYAWARAGIエネルギーに支払う。
  • 初期費用ゼロ円、電気料金に再生可能エネルギー発電促進賦課金と燃料費調整額がかからない。
  • 電気料金単価は基本的に契約期間中変わらず、CO2を排出しないクリーンなエネルギーを利用。

パナソニック、Fujisawaサスティナブル・スマートタウンで太陽電池の実証実験を開始

2023年9月17日の、パナソニックホールディングスによる新型太陽電池の実証実験に関する情報をお届けします。

  • パナソニックホールディングス(パナソニックHD)は神奈川県藤沢市の「Fujisawaサスティナブル・スマートタウン」で新しい実証実験を開始します。
  • 同社が開発した「ガラス建材一体型ペロブスカイト太陽電池」の試験体を、三井不動産レジデンシャルが新設したLCCM住宅認定取得のモデルハウス「Future Co-Creation FINECOURT3.」の2階バルコニーフェンスに設置します。
  • 実証実験の期間は2024年11月末までとされています。
実証実験の目的と期待
  • パナソニックはこの実証実験を通じて、新型太陽電池の効果と可能性を探求します。Fujisawaサスティナブル・スマートタウンは、新しい技術やサステナブルな取り組みが展開されるエリアとして知られ、今回の実証実験もその一環となります。

Solar AIが東南アジアでの太陽光発電の普及を目指す

  • 高いエネルギー料金のため、世界中で太陽光発電が増加しているが、シンガポールでは設置コストが高いため多くの家主が躊躇している。
  • Solar AI Technologiesは、顧客がエネルギー請求からすぐに節約を開始できるようなレンタルモデルで太陽光発電を東南アジアでよりアクセスしやすくすることを目指している。
  • このスタートアップは最近、Earth Venture Capitalを筆頭に、Undivided Ventures、Investible、クライメートテクエンジェル投資家David Pardoからの参加を受けて、150万ドルのシード資金を調達した。
Solar AIの提案するモデルとプラン
  • 伝統的な太陽光発電システムの提案は、前払いで15,000〜20,000ドルを支払い、約7〜8年後に元金が戻ってくるというもの。
  • Solar AIは、5年間のプランで50%の前払い、10年間のプランで前払い費用なし、そして伝統的な前払い購入の3つのプランを提供している。
  • レンタルモデルの月額料金は約200ドルで、平均的な電気料金が250ドル/月であることと比較して、顧客は太陽光発電システムを設置するとすぐに月50ドル節約できるとChew氏は言っている。
企業の成果と今後の展望
  • Solar AIは現在、100人以上の顧客にサービスを提供しており、署名済みの屋上太陽光発電契約で300万SGDを超えている。
  • Solar AIは、シンガポールでこのビジネスモデルを始めた最初の会社である。アメリカやヨーロッパでは既に一般的なレンタルモデル。
  • Chew氏は、Solar AIが過去1年半で有料マーケティングに非常に少ない金額しか費やしておらず、顧客セグメントの約80%がSolar AIのウェブサイトや即時太陽評価のようなオンラインツールを含むオーガニック検索から来ていると述べている。
  • また、Solar AIはマレーシアとフィリピンにも進出する予定であり、現地のパートナーとすでに連携を開始している。
企業の使命と声明
  • 「最終的に、私たちが会社を設立した理由は、屋上の太陽光発電を超高速化することで、私たちの環境を脱炭酸化するための最良の気候解決策の1つとして、私たちは皆それを信じているからです」とChew氏は述べている。

大塚商会とレノバ、太陽光発電所のバーチャルPPA契約を締結

  • 大塚商会は、レノバのグループ会社、第一太陽光発電と、新たな太陽光発電所由来の環境価値をNon-FIT非化石証書として購入するバーチャルPPAを締結。
  • 大塚商会は、2000年にISO14001認証を取得し、環境保全活動を推進してきた。2030年までのGHG排出削減目標として、2021年比でScope1+2を42%削減することを目指し、SBTイニシアティブから認定を受けた。
  • 今年8月、大塚商会は環境方針を改定し、2050年までにネットゼロを目指すと宣言した。
バーチャルPPAに関する詳細
  • 導入するバーチャルPPAは、追加性のある小規模分散型太陽光発電由来であり、GHG排出削減の強力な手段となる。
  • バーチャルPPAの再エネ電力量は最大で1万3000MWh(CO2削減効果約5700t/年)で、これは大塚商会グループ全体の電力使用量の約55%に相当する。
  • 大塚商会は、Scope1、2のGHG排出削減に向けて、再生可能エネルギーの導入や省エネ機器の採用を進めるとともに、バリューチェーン全体のGHG排出削減に貢献する方針。

太陽光発電の新製品情報

太陽光発電の新製品情報についてまとめています。

「シャープが開発した高効率太陽電池モジュール」

2023年11月6日の、シャープによる新型太陽電池モジュールに関する情報をお届けします。

  • シャープは、新構造の化合物・シリコン積層型太陽電池モジュールを開発し、世界最高の変換効率33.66%を達成しました。
  • このモジュールは、化合物2接合型セルとシリコンセルを組み合わせた新しい構造を採用しています。
  • 従来の化合物3接合型セルよりも厚みが3分の1以下で、材料コストの節約が可能です。
「新型太陽電池モジュールの技術的進歩とその意義」

シャープの新型太陽電池モジュールは、トップ層にインジウム・ガリウム・リンとガリウム・ヒ素の化合物2接合型セルを、ボトム層にシリコンセルを配置することで、光の波長を効率的にエネルギーに変換することが可能です。この技術的進歩により、太陽電池の変換効率を高めるとともに、製造コストの削減にも寄与しています。また、シャープは電気自動車や宇宙・航空分野への応用を目指し、太陽電池モジュールのさらなる高効率化と低コスト化を目指して研究開発を継続しています。

新製品:シャープ「BLACKSOLAR ZERO」シリーズ太陽電池モジュール

2023年8月24日時点でのシャープの太陽電池モジュール「BLACKSOLAR ZERO」シリーズについて紹介します。

「BLACKSOLAR ZERO」の特徴
  • 黒色を基調としたデザインで屋根に美しく調和する外観。
  • 「ルーフィット設計」を採用し、小さな屋根や複雑な形状の屋根でも隅々まで設置可能。
  • 「N型高効率セル技術」を新たに採用し、モジュール変換効率向上や温度上昇時の変換効率の低下を改善。
価格
  • 「NQ-230BP」: 176,000円(税込)
  • 「NQ-151BP」: 121,000円(税込)
  • 「NQ-120LP」および「NQ-120RP」: 99,000円(税込)
「BLACKSOLAR ZERO」のおすすめポイント
  • 屋根スペースが限られる都市部や市街地の戸建て住宅でも配置しやすく小型化。
  • 積雪が多い地域の住宅にも対応するための「NQ-230BP」補強バー搭載。
  • 発電容量を増やすことができる小型化&ルーフィット設計。
「BLACKSOLAR ZERO」の気になるところ、注意点
  • 積雪の多い地域には「NQ-230BP」の補強バー搭載モデルを選択すること。
「BLACKSOLAR ZERO」の購入時参考情報
  • 2023年10月に発売予定。
  • 「NQ-230BP」の本体サイズ: 1,146×996×38.5mm、重さ: 13kg。
  • 「NQ-151BP」の本体サイズ: 779×996×38.5mm、重さ: 9kg。
  • 「NQ-120LP/RP」の本体サイズ: 1,092×996×38.5mm、重さ: 9kg。

直近の太陽光発電の補助金、セール情報

太陽光発電の商品で、利用すべき補助金情報や、「これはお得!」と感じたセール情報も残しておきます。購入の決め手となる価格の参考にどうぞ。

燕市の自家消費型太陽光発電利用促進補助金

  • 燕市が再生可能エネルギーの利用促進のため、中小企業等の自家消費を目的とした太陽光発電設備導入の費用の一部を補助。
  • 市内中小企業の脱炭素化を支援する目的で実施。
  • 補助対象となる事業者は、市内の事業所等を持つ中小企業や医療法人、社会福祉法人など。
補助内容と対象者
  • 市内に事業所を設置する中小企業や市長の認めるもの、医療法人、社会福祉法人が対象。
  • 納税状況が良好であり、燕市SDGs実践事業者に登録されていること。
  • 燕市暴力団排除条例に違反するものや公序良俗に反する事業を営むものは対象外。
補助対象要件
  • 設置設備が「補助対象設備の要件」に準じていること。
  • 需要家自らが事業を営み、設置する建物の所有権を有していること。
  • 補助対象設備が未使用であり、他の補助金の交付を受けていないこと。
  • 需要家に供給する電力量の環境価値を帰属させ、発電された電力量の50%以上を消費すること。
補助率・補助限度額
  • 出力1KWあたり25,000円。
  • 補助上限額は50万円。
  • 出力は太陽電池モジュールまたはパワーコンディショナーの低い方となる。
補助対象経費
経費の区分内容
設計費設計に要する経費
設備費機械装置等の購入、据付け等の経費
工事費既存設備の撤去や配管、配電等の工事に要する経費(廃棄処分経費は除く)
申請の流れ
  1. 補助金の申請方法を確認(不明点は問い合わせ)。
  2. 交付申請書類を燕市役所に提出。
  3. 必要に応じて、燕市職員が現地を訪問し確認。
  4. 「交付決定通知書」受領後、補助対象事業を開始。
  5. 補助対象設備の設置・支払い完了後、実績報告書を燕市役所に提出。
  6. 「確定通知書」受領後、交付請求書を燕市役所に提出。
  7. 補助金が指定口座に振り込まれる。

住宅用太陽光発電設備等の補助金について

  • 恵那市が再生可能エネルギーを活用した住宅設備導入に対して補助を提供。
  • 補助金の申請は設置工事の契約前に行い、補助金交付決定後に契約する。
  • 補助金使用の実績報告書は当該年度の2月28日までに提出すること。
補助対象となる事業と設備
住宅用太陽光発電設備等設置事業
補助対象設備補助額 および 主な要件
住宅用太陽光発電システム7万円/kW(5kWまで) 最大35万円 <br> FIT制度を利用しないこと <br> 発電量の30%以上を自家消費すること
定置用蓄電池システム蓄電池の価格と設置工事費の合計の3分の1(5kWhまで) 最大25万8千円 <br> 蓄電池単体での補助はなし
住宅用新エネルギーシステム設置事業
補助対象設備補助額 および 主な要件
定置用蓄電池システム3万円/kWh(5kWhまで) 最大15万円
次世代自動車充給電システム (V2H, VtoH)10万円 <br> 電気自動車を所有していること
太陽熱温水システム設置費の3分の1以内 最大10万円
家庭用燃料電池システム (エネファーム)10万円
詳細情報・問い合わせ先

添付情報を参考に、テンプレートの「」を埋めるように情報をまとめてください。
【テンプレート】
##### 「店舗名/セール名」:「紹介する商品名」
「今日の日付」時点での「メーカー名」の「商品名」について紹介します。
###### 購入で悩んだ際のポイント
– 「」
###### 価格
「」円(税込)
###### お得度
「割引率などからお得度を評価する」
###### セール期間
「Y年M月D日(曜日)」〜「Y年M月D日(曜日)」

【添付情報】

【出力方法】
マークダウン、日本語

太陽光発電のデメリット

メリットはわかりやすいので、先にデメリットからまとめていきます。

  • イニシャルコストが高い
  • メンテナンスコストも高い
  • 太陽光パネルの重さで家に負荷がかかる
  • 売電価格は制度頼り
  • 新潟は雪国のためメリットは半減

では、以下詳細を説明していきます。

① イニシャルコストは半端ない

よく、「10年くらいで取り返せますよ」と言われている、太陽光発電のイニシャルコスト。

設置費用は大体150万円くらいからそれ以上になってくるとされています。

ぶちくま
ぶちくま

補助金が出るかとは思いますが、最近はZEHの補助金も引き下げられるし、あれは一応2018年までの制度だったので、今後いくらになるかは言及しないでおきます。

太陽光設置についてはどのタイミングでも何かしらの補助はあるかと思います。
無いようであれば少し待つのもいいかも。

簡易のやつなら安いのにね

太陽光パネルを使ってスマホのバッテリーなどを充電するくらいなら、今はだいぶ安いものが出ています。もちろん、売電はできません。

ソーラーパネルで抜かりなし、災害時の電源確保
今、災害に備えるために備品を調達しているのですが、悩ましいのが電源確保。よめくま蓄電池を調べたら少し大袈裟すぎる。ぶちくま大容量モバイルバッテリーが使い勝手が良さそうだけど、どうやらソーラーパネル(ソーラーチャージャー)というもので、災害時

② メンテナンスコストもかかる

年間15,000円くらいだと思ってもらえれば計算しやすいかと思います。

定期点検は基本不要とのことだが

定期点検は不要とのことですが、普段目につかないところで目視による確認が難しい上に、自分で屋根の上に登るのはちと不安。

ほいで、屋外ですから雨ざらしですし、暴風による器質的なダメージも考えられる。

日々劣化は進んでいく。

自分でメンテナンスできない=業者委託でコストがかさむ

ということで、ほとんどの場合、何か不具合があればプロにお願いすることになります。大体4年に1回くらい、2万円くらいかかるとされています。

周辺機器もメンテナンスおよび交換が必要

さらに、パネルだけじゃなく、パワコンなる「電力を使える形にする交換装置」みたいなものがあります。

これも20年では交換が必要。

③ 家自体への負担も大きい

パネルは、今後軽量化に電力創生も最適化されるので、今よりももっと軽くなることが期待されます、んが。

しろくまさん
しろくまさん

パネル、結構重たいんですよね。

「雨漏り」についての心配もよく聞かれますし、そうでなくても、少なからず屋根への負担は大きいです。
もちろん、ソーラーパネル業界的にはOKとしてますけどね。

新潟だとさらに積雪が入るので負担は倍増

積雪のある地域ではさらに注意が必要です。

もちろん、地域の設置業者に依頼すれば積雪対応をしてくれますが、新築の際には最初から太陽光パネルを載せたことを想定した設計にしておくことがベターです。

④ 制度の変更の影響が大きい

ぶちくまが家を建てる段になって、売電保証がなくなっていく方針となりました。

固定価格買取価格制度が変わりました|資源エネルギー庁

ぶちくま
ぶちくま

もともと家づくりにそれほどお金はかけられない状態ではあったので、「逆に即決で不要」となったのでよかったのですが。

ハウスメーカーの方で売電保証(何年間かは固定いくらで買い取りますよ)してくれているところもありますが、それも信用できるものとは言えません。

しろくまさん
しろくまさん

もちろん、制度の補助がなくとも、自家発電は今後も続くので有用ですけどね。

⑤ 新潟は冬場でも得することあるの?

そもそも、新潟では色々と不便なことがあるのは事実。

積雪が多い地域では、様々なトラブルが想定されております。

まずは先ほども書きました、積雪による重みの増加。これは上の③の家への負担にかかるところですが、積雪によって重みは倍以上となります。

積雪滑落による事故リスク

また、パネルの上って摩擦がないので、雪がスイーっと滑りやすくて、隣の家の窓ガラスまで勢いよく滑り落ちて破壊した、なんて可能性もあります。

積雪による発電量低下

一番大きいのは、積雪により発電量が減る(なくなる)こと。

まぁ、新潟の場合は、そもそも冬の期間の晴れの日を期待できないので、これは事前に想定しておくべきことではあります。

中には、「雪が積もっても晴れているときは発電するよ」と書いている記事も多くみられますが、新潟県民の皆様はご存知の通り、そもそも半分以上は曇りや雨、雪の日となるので山を越えた関東平野の皆様とは比べものにならないわけです。

また、屋根に太陽光パネルを置くことで、「屋根の上の雪かき」がより危険なものとなります。

ぶちくま
ぶちくま

いや、もうこのご時世、屋根に登って雪かきをする構造にしちゃダメだと思うんだよね

雪止めなど、対策をしっかりとって、あえて太陽光パネルで雪を溶かす・滑らせる方法を検討するのもありなのかもしれませんがね。

太陽光パネルは強化ガラスですので、溶けた水分も合わさって、恐ろしく滑ります。また、雪かきの際に太陽光パネルを破損する危険性もあります。

イニシャルコストが増えることも

また、イニシャルコストも増える可能性があります。

積雪に耐えられ得る太陽光パネルを設置するのであれば、専用のパネルとなりますので、少しお値段が上がります。また、上述したように、落雪対策や雪処理のための設備もあるとより便利でしょう。

市町村のサポート

新潟県内も各市町村がサポートしてくれているので、デメリットを緩和する方法としてはお勧めできそうです。

新潟市が何にもないようなので、ご紹介できないのですが、豪雪地の長岡・上越あたりはちゃんと支援制度が充実しているようです。

団体名制度名称助成制度の概要
方法対象限度額・利率
長岡市省エネルギー設備等設置事業補助金補助金・市内に住宅を有する者または住宅を新築する者(建替え・購入を含む。マンション等集合住宅も対象。)で、当該住宅に太陽光発電設備を設置する者

・市税の滞納がない者

・補助率:導入経費の1/3以内

・限度額:1kWあたり5万円、5kWまで

上越市環境保全設備整備促進事業補助金補助金市内の住宅に住宅用太陽光発電システムを設置する個人(受給最大電力が10kW未満のもの)太陽電池モジュールの最大出力値1kWあたり4万円(上限12万円)
上越市住宅リフォーム促進事業補助金・市内に居住し、本市の住民基本台帳に記載されいる方、または個人が定住を目的に空き家住宅を再生する方(市外の方も含む)

・市税を滞納していないこと

・リフォームする住宅に住宅用火災警報器が設置されていること

・公共下水道等の共用開始区域内に住宅がある場合は、公共下水道等に接続済み、又は当該工事で接続すること

・申請者が所有し、かつ居住している市内の住宅等(個人が定住を目的に再生する市内の空き家住宅含む)

・市内に本社を有する法人又は住所を有する個人事業者が施工すること

太陽光発電システムの設置・交換工事費の20%(上限10万円)

市町村の太陽光発電導入に関する支援制度【一般住宅】はこちらをご覧ください。(Excel形式 56 キロバイト)

この他にも、以下の地域では平成30年度は支援制度があるようなので、ぜひご活用ください!

  • 三条市
  • 柏崎市
  • 新発田市
  • 小千谷市
  • 十日町市
  • 見附市
  • 村上市
  • 燕市
  • 糸魚川市
  • 妙高市
  • 五泉市
  • 上越市
  • 魚沼市
  • 胎内市
  • 湯沢町

太陽光発電のメリット

ここからは、太陽光発電によるメリットを説明していきます。

  1. 売電収入が得られる!
  2. 蓄電池も合わせれば安定した創エネができる
  3. 電力自由化が追い風となって、売電競争が起きるかも

①電気が造れる、売れる

太陽光パネル自体の性能も上がっているので、このメリットがどんどん強化されていくことでしょう。

くわしいひと
くわしいひと

その一方で、売電価格の固定買取額は年々下がっていますけどね

一般家庭では月に15,000円程度お得になるというデータもありますが、これはもうそれぞれの家庭と設置場所によるところがあると思う。

ぶちくま
ぶちくま

ぶちくま家みたいに、2世帯だったり、割合屋根面積を広く取れる家、管理のしやすい平屋なんかにすると、また変わってくることでしょう。

オール電化の方がメリットを享受しやすい

電気への依存度もあります。オール電化にしていれば、一番恩恵を受けやすいでしょう。

また、現在、原子力発電も縮小していく傾向にあり、そもそもの電気生成については見直されていく世情となっています。

しろくまさん
しろくまさん

安定した電力供給を受けるためには、自分たちでも電気を作る→ZEHにつながっていくわけですね。

新潟県のZEH対応メーカーについて【メリットとデメリットのまとめ】
新潟県のZEH対応状況や、「そもそもZEH基準を目指すべきなのか」という点についてあれこれ考えてみました。

売電価格の変遷

年度 10kW未満
出力制御対応機器設置義務なし 出力制御対応機器設置義務あり
2017年度 (参考) 28円 30円
2018年度 26円 28円
2019年度 24円 26円
2020年度 21円 21円
調達期間 10年間 10年間

令和2年度(2020年度)の調達価格及び調達期間についての委員長案

売電価格計算方法

計算方法がよくわからないかと思いますが、基本的には一般家庭では10kW未満となります。試算としては2018年度は26円に、売電できる量が、だいたい電力消費量の7割程度と考えるのが妥当です。

つまり、計算式は以下の通り。

年間平均発電量×0.7=約4,000kWh
26円×約4,000kWh=104,000円

参考値に参考値を掛けて計算しているので、かなりアバウトな数字ではありますが。

さらに、新潟県などの雪国の場合は冬季には思ったような発電量にはならないことも想定しておきましょう。

ぶちくま
ぶちくま

ハーバーハウスのソレイユでも売電価格の参考値を出しているけど、新潟県の会社でありながら積雪を考慮しない値で出しているのはちょっと不親切かな。

ついでに太陽光発電もふまえたお勧めの住宅会社は

ハーバーハウスはお勧めのハウスメーカーですが、この点は少し残念でしたね。

2018年は他にもお勧めのハウスメーカーをまとめています。ご参考になれば。イシカワのGROWなんかに太陽光を載せてもいいと思います。

だいたい発電量ってどんな感じなの

あくまでも参考値です。

項目1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
日数312830303130313130313031
日射量1.732.623.674.524.854.484.554.913.873.372.251.56
発電量261.2339.3529.1654.7721.2630.6620.4678.8517.6476.0291.7229.1

やはり、冬季の日射量が減るのが残念なところです。

ただ、意外と夏場は日射量が稼げるので、年間を通せば差は少し縮まります。

東京と新潟の日射量の違い
東京と新潟の日射量の違い

東京と新潟の日射量比較|新潟県

②蓄電池とのダブルコンボ

太陽光発電の周辺機器との関連性・関連図解説
ソーラーフロンティアHPより引用

今や蓄電池も性能が上がっており、ほとんど電力的なロスがない状態で蓄電池が使用できます。

これも導入・維持にはお金がかかりますが。

売ることを想定しなくても、自分たちで使い切る分を昼夜関わらず電気を使用できるのはいいことです。

③電力自由化により売電価格が見直される可能性も

東北電力など、これまでの電気会社は太陽光売電価格を引き下げる方針できていますが、世の流れは電力も自由化。

ぶちくま
ぶちくま

(減る可能性もありますが)売電価格が見直されて、より高価格で電力が売れる時代となる可能性があります。

基本的には売電価格は下がる見通し

売電価格は下がるという見方が主流です。今までは、高い売電価格は、国民全体が電気料金に上乗せして負担している「再生可能エネルギー促進賦課金」があったから実現していました。今は、電力自体は高騰していますが、買取価格は適正価格に向けて下がり続けています。

しろくまさん
しろくまさん

自家消費の方がお得なので、家庭用蓄電池の需要が高まっているのは、そのためですね!

災害・停電対策と蓄電池の考え方【補助金利用を考えてもまだ高い】
自然の脅威はあるものとして備えることが大事だと感じた昨今、まずは「避難生活を自宅で過ごす」ことを想定して、家庭用の蓄電池について調べてみました。結論としては「時期尚早」なので代替策を考えます。

民間電力会社の新規顧客獲得

民間の電力会社の顧客獲得のキャンペーンとして、電気の買取価格を高めに設定している場合があります。

ぶちくま
ぶちくま

卒FIT(固定買取が終わったあと)、電力会社の顧客の移動が激化します。この際に新規顧客を獲得したい民間の電気供給会社は、「電気買取価格」を餌に、顧客獲得を狙っています。

太陽光発電に関する基本的な情報

太陽光発電に関する情報を自由に書きすぎたので、少し手直しをしてまとめます。

再生可能エネルギーと組み合わせる

京都議定書の目標となっていた2020年が終わり、2021年からは2030年のパリ協定で掲げられた「脱炭素社会」に向かって本格的に動き出すことになります。新しいエネルギーについては別記事でも紹介しています。

知っておきたい「世界のエネルギーの話」、家づくりの参考
家づくりをしていると、いろいろなことを調べなくていけなくて頭がパンクしそうになります。今、エネルギー問題があるのはわかるけど、この先、どうなるかはわかりづらい。というわけで、エネルギーの今後について関連しそうな情報をまとめました。

また、家づくりに関してのエネルギーの考え方についてもまとめてみました。

これからの時代の「新築とエネルギー」の考え方
私の「家づくり」は反省の多い結果になりましたが、家は建てたら終わりではないと言うことも学んでいるところです。 今後も新しい技術が開発されていくことを期待すると、「現在の完璧」は、数年後の標準でしかなく、さらには未来のスタンダードから比べれば...

再生可能エネルギーという言葉の認知度は高まりましたが、「実際、何なの?」と聞かれて答えられる人は少ない。最低限、家づくりに関するエネルギーの話だけは知っておくと「未来で損することはない」ということで、簡単に情報をまとめておきました。

家庭用燃料電池と太陽光発電の関係

家庭用燃料電池としてエネファームの利用が進んでいますが、水素を使った家庭での発電には注目したいところです。

W発電としても注目されていましたが、「電気を作る家」とする場合は、自宅でエネルギーを全て賄うつもりであれば燃料電池の併用はありだと思います。

しろくまさん
しろくまさん

一時期は「オール電化」にして電気で全てをやりくりすることも考えましたが、天然ガス利用という既存のシステムを活かした「水素社会」の実現のことを考えると、電気以外のエネルギー源にも注目したいところですね。

ぶちくま
ぶちくま

最終的には、家電の利用などで「電気」というエネルギーの汎用性は高い。電気の作り方を工夫することが大事ということですね。

水素発電が可能な燃料電池は普及するのか|家づくりと補助金の話
エネファームを躊躇なく購入できる人生が良かった。私はコストの面から家庭用燃料電池であるエネファームの搭載は見送りましたが、世の中はどう考えても「再生可能エネルギーを取り入れる」方向に動いています。 ぶちくま 今後、電気代は高くなると考えると...

地熱発電と太陽光の関係

地熱発電に関する情報はこちらにまとめました。

地熱発電と日本の家づくりの関係性を考える
地熱発電と家づくりに関する情報をまとめています。

地熱発電は、個人で取り組めるものではありませんが、自治体などで電気共有できる地熱発電施設ができるなら、家庭に太陽光発電は不要になるかもしれません。

今まで話がなくても、これからの社会、再生可能エネルギーを取り入れために背中を突かれている状況です。お住まいの地域が既に「温泉」などで地熱を利用している場合、少しだけ未来のことを想像してみてはいかがでしょうか。

地中熱利用

地中熱と地熱がややこしいですが、地面の中は温度変化が少なく、地上との温度差を利用して冷暖房や給湯などの省エネに貢献することができます。

太陽光発電では家庭の電力を全て賄うことはできないかもしれません。消費電力を抑える施策とは相性がいいと思うので、地中熱利用の並行は十分に検討範囲内です。

地中熱を家づくりに役立てる情報についてはこちらにまとめてあります。

地中熱ヒートポンプって自宅に使えるの? 採算が取れるか調査
地熱発電と地中熱利用は全く別物だったので、我が家としては「融雪」や「暖房補助」として地中熱は結構ありなんじゃないかと思っています。検討内容などをまとめています。

小型風力発電

自宅に風力発電は実現可能性は低いですが、我々新潟県民は「冬場の日射量は期待できない」ため、太陽光発電と太陽熱利用が難しい地域と言えます。少しでも発電の助けにならないかと、風力発電についても調べてみました。

自宅で風力発電は可能か「売電や投資で儲かる」
太陽光発電が「どうせ冬場は曇るからな」と躊躇していたのですが、世の中の動向を考えると再生可能エネルギーに一枚噛んでおきたい。そんな中、小型風力発電なら個人宅にも導入できそうだけど、どうなの?

太陽熱利用

太陽光を期待できる地域の場合、太陽光発電だけではなく、太陽熱を利用することも可能です。太陽熱利用は昔から存在する技術ですが、太陽光発電との相性も考えてハイブリッドに活用する方法についても開発が進められています。

太陽熱利用給湯システムってなんだ? 自然エネルギーと家づくり
太陽熱利用自体は新しい技術ではありませんが、太陽光発電の売電価格が今後も下がることを考えると、シンプルに「給湯・暖房」のための熱源として有用だと気づきました。

新潟における太陽光パネル設置まとめ

新潟においてはデメリットも大きくなりますが、「自分で電気を創る」ということにメリットを感じる方は、ぜひ太陽光発電を導入することをお勧めします。

ZEHという、自分の家のぶんの電気は自分たちで作ろう、という国の政策もあります。

売電によるメリットについて考えると、今後はあまり高価買取はないだろうなぁ、と二の足を踏むところですが。

安定した電力供給や、社会情勢の変化に左右されない家づくりを考えれば、太陽光パネルはあり、です。

ただし、あまりに設置条件が悪い家に関しては、設置しない方がお得な場合は多分にあるので、設置会社と相談してみることをお勧めします。

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「119 システム 長岡」に関する最新情報です。

    長岡市消防本部が119番通報時に新しいシステム「Live 119」を導入し、音声だけでは伝えきれない現場状況を通報者のスマートフォンで映像で伝達する取り組みを始めた。このシステムでは、通報者がアプリをインストールする必要はなく、指令室員が通報者にURLを送り、通報者が映像を撮影して送信することができる。また、指令センターや消防隊、救急隊も映像を共有し、必要に応じて心肺蘇生法などの映像を通報者に送ることも可能となっている。

    https://www.niikei.jp/1095368/

  2. buchikuma-info より:

    「bluetooth bluetooth コンボ lan」に関する最新情報です。

    加賀FEIは、Matter規格に対応した無線LANとBluetoothを組み合わせたモジュール「WKR612AA1」を発表しました。このモジュールは電波法認証を取得しており、スマートホーム機器の開発を容易にします。また、Wi-Fi 6、Bluetooth Low Energy、IEEE 802.15.4のマルチプロトコルを同時にサポートし、認証にかかる費用や工数を削減できます。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPmh0dHBzOi8vbW9ub2lzdC5pdG1lZGlhLmNvLmpwL21uL2FydGljbGVzLzI0MDYvMjEvbmV3czA4NC5odG1s0gEA?oc=5

  3. buchikuma-info より:

    「屋根 買取 軽量」に関する最新情報です。

    愛知県半田市で再利用性・軽量性・耐久性を備えた屋根材「タイルーフ」が開発され、6月から販売が始まった。この屋根材には「タイルーフ買取制度」と「ルーフカルテ」という独自の仕組みが設定されており、建物を取り壊す際に同社がタイルーフを買い取り、洗浄処理を施して再販する取り組みが行われている。また、ルーフカルテでは屋根の施工情報やメンテナンス情報をデータベース化し、顧客に定期点検の案内やメンテナンス情報を提供するとともに、中古タイルーフの適切な査定につなげることができる。

    https://www.s-housing.jp/archives/353802

  4. buchikuma-info より:

    「区域 市町村 エネ」に関する最新情報です。

    市町村と都道府県が共同で再生可能エネルギーの導入を促す区域を設定できるようにする改正地球温暖化対策推進法が成立した。これにより、都道府県が関与することで、再エネの促進区域を設定しやすくなり、地域住民の理解を得る負担も軽減される。都道府県が区域設定を希望する市町村をサポートし、広域的な区域設定も可能となり、再生可能エネルギーの活用が促進される見込みだ。

    https://www.s-housing.jp/archives/353570

  5. buchikuma-info より:

    「人工衛星 宇宙 木造」に関する最新情報です。

    住友林業と京都大学が共同で開発した木造人工衛星が完成し、JAXAに引き渡されたことが発表された。この木造人工衛星は世界初の宇宙での木材活用が認められたものであり、今年9月以降に宇宙空間に放出される予定となっている。今後は木造人工衛星から送信されるデータ解析を通じて、木材の可能性を追求し木材利用の拡大を目指す取り組みが行われる予定だ。

    https://www.housenews.jp/house/26933

  6. buchikuma-info より:

    「中国 ev パネル」に関する最新情報です。

    中国がEV、リチウムイオン電池、太陽光パネルの過剰生産問題を非難されている中、アメリカが関税率を引き上げる動きを見せている。中国はこれらの分野を重要視し、特にEVには最高税率の100%をかける方針を示している。中国は経済回復のためにこれらの産業を重要視しており、国内での成長を誇示している。

    https://gendai.media/articles/-/131541

  7. buchikuma-info より:

    「ヨーロッパ エネルギー バッテリー」に関する最新情報です。

    「eesヨーロッパ」は、バッテリー式蓄電を紹介し、エネルギー転換を後押ししている。ドイツでは蓄電量が増加し、バッテリー式蓄電がエネルギー供給を変える可能性がある。展示会「eesヨーロッパ」では、最新の技術や市場動向が紹介され、6月19~21日にミュンヘンで開催される予定で、多くの企業と来場者が参加する見込み。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiNWh0dHBzOi8vd3d3LmppamkuY29tL2pjL2FydGljbGU_az0yMDI0MDYwNDE2NDg5MCZnPWJ30gEA?oc=5

  8. buchikuma-info より:

    「事業 スタートアップ 補助」に関する最新情報です。

    一般社団法人静岡県環境資源協会は、環境省のスタートアップ支援事業の執行団体として活動しており、2024年度の環境省補助事業として2つの補助事業が公募されています。1つは「地域共創・セクター横断型カーボンニュートラル技術開発・実証事業」で、もう1つは「環境保全研究費補助金」です。それぞれの公募期間や支援内容が詳細に記載されており、関心のあるスタートアップ企業は公募に参加を検討することができます。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000082035.html

  9. buchikuma-info より:

    「ヨーロッパ エネルギー バッテリー」に関する最新情報です。

    「eesヨーロッパ」はバッテリー式蓄電を紹介し、エネルギー転換を後押ししている。ドイツでは蓄電量が増加し、バッテリー式蓄電がエネルギー供給を変える可能性があるとされている。展示会「eesヨーロッパ」では最新の技術やトレンドが披露され、6月19~21日にミュンヘンで開催される予定で、多くの企業や来場者が参加する見込み。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiNWh0dHBzOi8vd3d3LmppamkuY29tL2pjL2FydGljbGU_az0yMDI0MDYwNDE2NDg5MCZnPWJ30gEA?oc=5

  10. buchikuma-info より:

    「助成 スタートアップ スタートアップ 助成」に関する最新情報です。

    2024年度のキユーピーみらいたまご財団の助成事業では、第Ⅱ期「スタートアップ助成」の団体募集が行われており、6月3日から7月1日まで応募が受け付けられます。また、6月22日には第14回「地域の居場所づくりサミット」が開催されます。この助成プログラムは、子ども食堂などの居場所づくり活動を行っている団体を対象としており、活動開始後1年未満の団体に20万円の助成金が支給されます。キユーピーみらいたまご財団は、食育活動や居場所づくり助成など様々なプログラムを展開しており、地域の食支援活動を支援しています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000522.000044559.html

  11. buchikuma-info より:

    「co2 電力 工場」に関する最新情報です。

    三協立山は、奈呉工場と高岡工場で使用する電力を再生可能エネルギー由来のCO2フリー電力に切り替えることを発表した。これにより、年間CO2排出量を約9500トン削減できる見込みで、2021年12月以降、CO2フリー電力を導入しており、今回の取り組みで年間約2万7160トンのCO2排出量を削減する。同社は2030年度までに温室効果ガス排出量50%削減を目指しており、今回のCO2フリー電力導入もその一環として行われている。

    https://www.s-housing.jp/archives/352249

  12. buchikuma-info より:

    「フェンス シリーズ デザイン」に関する最新情報です。

    YKK APが「ルシアス フェンス」と「シンプレオ フェンス」シリーズをリニューアルし、デザインと施工性を改良して6月3日に発売する。自動化された生産ラインと2拠点化された製造拠点により、生産性と供給体制が強化される。リニューアルでは、9デザインの「ルシアス フェンス」と17デザインの「シンプレオ フェンス」が改良され、ノイズレスなディテールにこだわったデザインとなっている。

    https://www.s-housing.jp/archives/352184

  13. buchikuma-info より:

    「支援制度 説明会 学費」に関する最新情報です。

    新潟県内のNSGグループの「JJC 上越公務員・情報ビジネス専門学校」は、特別保護者説明会を5月25日、6月15日、7月13日に開催し、進学費用支援制度や大卒資格取得の学科を紹介する。学費支援制度や進学費用支援新制度についても説明し、平均資格取得数は1人9.9個で、就職に有利なスキルを身につけられる学校として人気が高まっている。公務員の最終合格率は85.9%であり、企業との連携もあり、学生の就職率が高い。

    https://www.joetsutj.com/2024/05/18/070000

  14. buchikuma-info より:

    「2000 2000 妙高 3000」に関する最新情報です。

    2024年7月21日までの期間、新潟県妙高市内の72の宿泊施設では、能登半島地震の影響で落ち込んだ観光需要を回復させるために「妙高応援割キャンペーン」が行われている。宿泊代の割引や地域クーポンの配布が行われ、予約受付も開始されている。

    https://www.joetsutj.com/archive/2024/05/14

  15. buchikuma-info より:

    「企業 ガス 妙高」に関する最新情報です。

    新潟県妙高市発の妙高グリーンエナジーはガス・上下水道を一括して運営する日本初の企業であり、全国先進モデル企業として注目されている。同社は2021年に設立され、少子高齢化社会の人口減少問題に対応するため、行政から民間への流れが進んでいる。妙高グリーンエナジーは再生可能エネルギーを活用し、公共施設に電力を供給するなど、総合エネルギー企業を目指している。

    https://www.niikei.jp/1044876/

  16. buchikuma-info より:

    「事故 事故 対策 実施」に関する最新情報です。

    5月25日に行われるアルビレックス新潟対アビスパ福岡の試合会場で、自動車事故対策の専門機関であるナスバが啓蒙活動を実施します。活動のキャッチフレーズは「アイシテル事故のないニイガタ」で、交通事故防止のための啓発活動や運転シミュレーター体験などが行われます。また、オリジナルコラボクリアファイルのプレゼントや自転車安全月間のPR活動も予定されています。ナスバは自動車事故被害者の支援や事故防止に取り組む専門機関であり、詳細はアルビレックス新潟事業本部にお問い合わせが可能です。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000997.000038654.html

  17. buchikuma-info より:

    「企業 ガス 妙高」に関する最新情報です。

    新潟県妙高市発の妙高グリーンエナジーはガス・上下水道を一括して運営する日本初の企業であり、全国先進モデル企業として注目されている。同社は2021年に設立され、少子高齢化社会の人口減少問題に対応するため、妙高市から譲渡や包括委託を受けて活動している。妙高グリーンエナジーは再生可能エネルギーを活用し、公共施設に電力を供給するなど、総合エネルギー企業を目指している。行政から民間への流れが進む中で、妙高市発のこの取り組みは今後の展開が注目されている。

    https://www.niikei.jp/1044876/

  18. buchikuma-info より:

    「サービス マンション レジデンシャル」に関する最新情報です。

    三井不動産レジデンシャルと東京電力エナジーパートナーは、新築分譲マンションに太陽光発電サービス「エネカリプラス」を導入する取り組みを開始することを発表した。2025年に竣工予定のマンションから始め、その後も展開する新築分譲マンションに順次導入していく予定であり、これは2025年度から新築住宅への太陽光発電システムの設置が義務化される前に行われる取り組みとなる。この取り組みは再生可能エネルギーの利用拡大を通じて、カーボンニュートラル社会の実現に向けた取り組みを推進するものである。

    https://japan.cnet.com/article/35218662/

  19. buchikuma-info より:

    「空き家 再生 施設」に関する最新情報です。

    アキサポは、空き家を民泊施設に再生してインバウンド需要に対応する取り組みを行っている。具体的には、武蔵野市吉祥寺の一戸建てや東京都渋谷区の戸建て物件を民泊施設として再生し、設備やサービスを充実させて海外旅行客の受け入れに備えている。これにより、インバウンド需要に対応した宿泊施設として利用されることが期待されている。

    https://www.s-housing.jp/archives/348866

  20. buchikuma-info より:

    「実験 太陽 太陽 電池」に関する最新情報です。

    北海道初となるペロブスカイト太陽電池の実証実験が2024年4月1日から本格的に開始され、日揮、エネコート、苫小牧埠頭の3社が取り組んでいます。この実験では、ペロブスカイト太陽電池の特性を活かし、北海道の港湾エリアでの環境条件を考慮しながら1年間にわたり実験が行われます。目標は再生可能エネルギーの拡大を推進し、脱炭素化社会の実現に貢献することです。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000199.000065135.html

  21. buchikuma-info より:

    「事業 空き家 補助」に関する最新情報です。

    東京都は2024年度の補助事業の事業者募集を開始し、空き家の利活用を支援する取り組みを行う。3つの事業があり、空き家の改修費などを補助する。政策課題解決型空き家活用支援事業では、改修費の3分の2を補助し、耐震改修時には最大200万円を上乗せする。地域課題解決型空き家支援事業では、ソフト経費やハード経費を補助し、地域活性化や移住・定住促進を支援する取り組みを行う。

    https://www.s-housing.jp/archives/348108

  22. buchikuma-info より:

    「メーカー 中国 中国 風力」に関する最新情報です。

    中国の風力発電装置業界では過当競争が激化し、主要メーカーの業績に影響を与えている。風力発電所の建設が増加しており、需要を上回る生産能力拡大が進んでいるため、市場拡大と競争が同時に進行している状況だ。中国の金風科技(ゴールドウインド)などの大手メーカーも売上高は増加したものの、純利益は減少している。

    https://toyokeizai.net/articles/-/747112?utm_source=rss&utm_medium=http&utm_campaign=link_back

  23. buchikuma-info より:

    「スコットランド ネットゼロ ネットゼロ 刑務所」に関する最新情報です。

    英国のバルフォー・ビーティー社が、スコットランド初のネットゼロ刑務所を建設する契約を締結したことを発表した。

    https://www.s-housing.jp/archives/347353

  24. buchikuma-info より:

    「屋根 対応 小型」に関する最新情報です。

    エクソルが狭小屋根に対応する小型太陽光パネルを発売しました。この小型サイズのパネルは、従来モデルよりもさらに面積の狭い屋根に対応しており、高発電能力のN型セルを採用しています。以前は4枚以上のパネルを同じ屋根面に設置する必要がありましたが、高電圧化により2枚から設置できるようになりました。

    https://www.s-housing.jp/archives/347226

  25. buchikuma-info より:

    「企業 日本 co2」に関する最新情報です。

    オーストラリアで始動した国際プロジェクトでは、CO2を回収して建設資材の製造に活用する取り組みが行われている。日本企業も参画し、2025年初頭からの事業化を目指している。プロジェクトには豪政府の支援もあり、年間1000トンのCO2を建設資材に加工する計画で、日本の企業も積極的に参加している。将来的には国内展開も視野に入れられている。

    https://www.s-housing.jp/archives/346852

  26. buchikuma-info より:

    「証書 化石 化石 証書」に関する最新情報です。

    2023年度、三井住友トラスト・パナソニックファイナンスは、地産地消の非化石証書を購入し、国内全拠点で使用した電力を再生可能エネルギー100%に切り替えた。これにより、約381t-CO2の温室効果ガス排出削減が見込まれる。また、各拠点に合わせたトラッキング情報を付与し、地産地消の再生可能エネルギー100%を実現。2023年度の電力使用量は前年比で7.7%削減され、三井住友トラスト・グループは2030年までにGHG排出量をネットゼロにする目標を掲げている。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000138114.html

  27. buchikuma-info より:

    「太陽光発電設備 スーパーマーケット 効果」に関する最新情報です。

    秋田県でスーパーマーケットを展開する「株式会社テラタ」様が、弊社が施工した太陽光発電設備の効果などを説明した記事がスーパーマーケット業界紙「ダイヤモンド・チェーンストア」に掲載されました。記事では、太陽光設備導入の経緯や効果、メリットが株式会社テラタ代表取締役社長の寺田雅彦氏から紹介されています。記事の掲載に喜びを感じており、詳細は株式会社コクホーシステムHPで確認できます。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000110509.html

  28. buchikuma-info より:

    「経済 村民 市町村」に関する最新情報です。

    新潟県が「令和3年度市町村民経済計算」(概算)を公表し、経済成長率は23市町村でプラスとなったことが報告された。市町村民所得も27市町村でプラスとなり、1人当たり市町村民所得の平均は292万1,000円で、11市町村が平均を上回ったという結果が示された。

    https://www.niikei.jp/1002855/

  29. buchikuma-info より:

    「事業 レンタル レンタル 事業」に関する最新情報です。

    株式会社東京ソワールは、レンタル事業の成長に伴い、エアークローゼット社の循環型物流プラットフォーム「AC-PORT」への物流業務委託を開始した。この取り組みは持続可能なサーキュラーエコノミーの実現を目指すものであり、増加する物流業務の効率化を図ることで事業成長を促進する。東京ソワールはフォーマルウェアのレンタル事業を展開し、高品質な品揃えや接客を提供しており、南青山店やオンラインショップでサービスを提供している。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000042.000048586.html

  30. buchikuma-info より:

    「導入 太陽光発電設備 ppa」に関する最新情報です。

    相模原市内の小中学校74校において、東急不動産が再生可能エネルギー導入事業者として選定され、PPAによる太陽光発電設備を導入することが決定された。この取り組みにより、年間約2,092t-CO2の二酸化炭素排出を削減し、蓄電池も併設され非常時には防災用電源として活用される。また、東急不動産は再生可能エネルギー事業を展開する「ReENE(リエネ)」ブランドで、全国の施設に太陽光発電設備を導入する取り組みを進めており、地域の脱炭素化に貢献している。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000298.000006953.html

タイトルとURLをコピーしました