PR

スマホで家づくり、購入までサポートしてくれる仕組みとは

「スマホで家づくり」についてブログでまとめているのですが、「記事としてまとめるほどではないけど、情報としては共有しておきたい」新製品情報をまとめるページになります。

では、「スマホで家づくり」の情報を見ていきましょう。

スポンサーリンク
家づくりの大事なお知らせ

資料請求できるのは「施主になる前」だけ

これから家づくりの話をする前に、少しだけお話ししておきます。

かめ
かめ

家づくりは情報戦。知っていると知らないとで、数百万円も損するなんてことがあるのが住宅購入の怖いところ。

詳細はページの最後にまとめましたが、読むのが面倒な方に「資料請求」のサイトだけお伝えしておきます。面倒なら、今しかできない「資料集め」だけでもやっておきましょう。

ぶちくま
ぶちくま

一括で資料請求できる上に、無料で「間取り」「土地」「資金」のプラン作成までしてくれるタウンライフがおすすめです!

【PR】

【TOWN-LIFE】で資料請求してみる

もし、家作りがなかなか進まない、と感じたら、家族が乗り気じゃない、と思ったら、まずは自分が行動すること。今日の宿題は、一歩だけでも前に進んでみること。

では、本編に戻ります。

お邪魔しました。

2024年の「スマホで家づくり」新着情報まとめ

スマホで家づくりについて調べているついでに見つけた「新製品情報」や「発売が噂されるもの」などの情報をざっくりまとめて置いておきます。

スマホで家づくりに関する新着ニュース

スマートフォンでの住宅購入が新サービスで実現

  • アグレ都市デザイン株式会社が非対面の住宅オンライン販売を実現する新サービス『視聴者参加型Live配信Agr Live Connect』(以下「Agr Live」)を開始。
  • 「Agr Live」は、スマートフォンで住宅の内見をリアルタイムに実施するサービスで、メールアドレスの入力だけで参加可能。
  • 住宅の購入時、ビデオ通話を利用して重要事項の説明を受け、オンラインでの契約が可能。
特徴と利便性
  • 「Agr Live」の特徴は“匿名性”と“手軽さ”。従来のライブ配信サービスとは異なり、専用のアカウントを作成せずに参加できる。
  • スマートフォンを利用して、非対面かつリアルタイムで営業担当者とコミュニケーションが取れる。
  • 顧客は、日常の忙しい中でも「Agr Live」を活用して、時間を有効に使いながら、理想の住宅の購入が実現できる。

スマホでバーチャル家探検「わが街バーチャル住宅祭2022」

島根県のオンライン住宅イベントで、3Dスキャナーを使って家を立体的に捉えた動画が公開され、実際の家の中を歩き回るような体験が可能です。この新しい形式の住宅イベントは、家族や友人と一緒に気軽に参加できるのが魅力。

イベントの特長と魅力

実際の家の動画をスマホやパソコンで視聴でき、Googleストリートビューのように家の中を歩き回るリアリティ感を体験できます。

  • リアルな没入感で家探しを楽しめる
  • 家の中を歩き回る感覚で動画を視聴
  • 家族や友人との会話が盛り上がる
高品質の動画で詳細チェック

動画は高画質で、拡大して気になる部分を詳しくチェックすることができます。

  • 拡大して部分的にチェック可能
  • 細かい部分にこだわりたい人向け
  • 今回のイベントでは6棟の家を公開
主催と参加企業

一般社団法人島根県住まいづくり協会が主催し、地域に根ざした優良企業・工務店6社が参加しています。

  • 島根県住まいづくり協会が主催
  • 島根の気候・風土に合わせた家作りのプロ集団が参加
  • バーチャル住宅祭では6社の家を一度に見ることができる

スマホで家づくりの新製品情報

スマホで家づくりができる、サービスやハウスメーカー情報があったらここにまとめていきます。

ジブンハウスの販売棟数が1,000棟突破

ジブンハウスについては記事にまとめました。

スマホで家づくりができる「ジブンハウス」は新潟でもおすすめ?
スマホを使って住宅が簡単に建てられる「ジブンハウス」に関する情報をまとめています。
  • 「ジブンらしさを表現できる家づくり」をモットーとしたJIBUN HAUS.株式会社の「ジブンハウス」が、2023年5月に累計販売棟数1,000棟を突破。
  • 主にミレニアル世代を中心に、ジブンハウスの購入スタイルが拡大中。
  • スマホを使用して「スマートカスタム住宅」のサービス提供。
スマートカスタム住宅の特徴
  • VRを活用した内覧、リアルタイムの見積もり、明確な会計によって、より手軽に理想の家を購入。
  • 住宅展示場などを訪れずに、スマホやタブレットだけで家のデザインや間取りのカスタマイズ、リアルタイムの見積もり、ローンシミュレーション、資料のダウンロードなどが可能。
  • 忙しい共働き世帯でも簡単に理想の家を設計・購入できる。
JIBUN HAUS.株式会社の取り組み
  • 「暮らしを変える、未来をつくる」というビジョンのもと、デザイン規格住宅ブランド「ジブンハウス」を全国展開。
  • バーチャル住宅展示場プラットフォームや「VR・ARソリューション」事業、地域の工務店の魅力を伝える「WARP HOME」事業などを展開。
  • テクノロジーを活用し、新しい家づくりや住まいの選択過程の体験を提供。
追加情報/補足
  • ジブンハウスについての詳細や事例は公式サイト「jibunhouse.jp」で確認できる。
  • 加盟店数は北海道から沖縄まで全国約140店舗以上。シミュレーション後は近隣の店舗で具体的な相談やモデルハウスの内覧も可能。

スポンサーリンク

とりあえず知っておきたい「スマホで家づくり」の基礎知識

記事構成上、一応書いて置いた方がいい「スマホで家づくりとは」的な内容になります。

家づくり、スマホアプリだとどんなことができるの?

スマートフォンを用いて家づくりの設計やインテリアコーディネートをサポートするアプリは、家づくりをより直感的で実際的なものとして楽しむことができるツールです。

特に、立体的な視覚化やリアルタイムのシミュレーションが可能なアプリは、注文住宅のデザインや設計の失敗を減少させる役立つものとなっています。

シミュレーションと写真の2大カテゴリ

家づくりのアプリには、インテリアや間取りの実例を探求できる「写真中心」のアプリと、3Dシミュレーションが可能なアプリが主に存在します。これらのアプリは、iPhoneやAndroidで利用可能で、家を建てる方からリフォームを考えている方まで幅広いユーザーにおすすめされています。

  • 写真中心のアプリ: これらのアプリは、実際の住宅やインテリアの写真を閲覧し、自身の家づくりの参考やインスピレーションを得ることができます。代表的なものには「Pinterest」や「Room Clip」などがあります。
  • 3Dシミュレーションのアプリ: 実際の間取りや家具配置を3Dでシミュレーションし、具体的なイメージを形成することができます。代表的なアプリとして、「Home Design 3D」、「IKEA Place」、そして「プランナー 5D- インテリアデザイン クリエーター」などが挙げられます。
IKEA Place

IKEA Place

Inter IKEA Systems B.V.無料posted withアプリーチ

プランナー5d: 間取り図と部屋のレイアウト

プランナー5d: 間取り図と部屋のレイアウト

Planner5D, UAB無料posted withアプリーチ

スマホで間取りのシミュレーションができるアプリ

スマホを利用して手軽に間取り図のシミュレーションが可能なアプリの特徴や利点について紹介します。

間取りシミュレーションのメリット

スマホアプリでの間取り図のシミュレーションは、感覚的に操作が可能で、考えている内容を具体的に形にしやすいのが魅力です。

  • 手軽に利用できる
  • 直感的な操作が可能
  • 考えているイメージを形にしやすい

無料で利用できるアプリ3選

以下の3つのアプリは無料で間取りのシミュレーションができ、それぞれ異なる特徴や機能を持っています。

  • 「間取りTouch+」: 部屋の選択や壁の位置の変更などが直感的に操作できる。家具などの配置も可能。
  • 「MagicPlan」: 間取りや家具の配置が簡単に行え、住宅展示場の写真を基にリアルな間取り図の作成が可能。
  • 「Roomle」: 作成した間取り図を3DやARモードでチェックでき、バーチャルな感覚での配置が体験できる。

スマホアプリを使う家づくりの新しい風景

これまでの家づくりの伝統的手法とスマホアプリのアプローチの違いを明らかにするセクションです。

新時代の設計ツール

スマホアプリ スマホアプリによる家づくりは、伝統的な方法とは異なり、利便性や効率性に優れています。特に、3DシミュレーションやVR技術を活用したアプリは、ユーザーが未来の家の雰囲気やデザインをリアルタイムで感じることができるのが大きな特徴です。

また、スマホを活用すれば、いつでもどこでもデザインの修正や検討が可能となり、家づくりの自由度が格段に上がります。

ちなみに、私が書いた記事に「VR/ARヘッドセットのおすすめ」なんかも書いています。記事を読む必要はないですが、将来的に内覧や完成予想の説明は拡張現実が利用される可能性が高いということだけはご理解くださいまし。

可能性とともに潜むリスク

しかし、スマホアプリの利便性には裏の顔が存在します。たとえば、アプリのセキュリティ問題やプライバシーの問題が考えられます。家の設計や内装に関する情報をアプリにアップロードすることで、不正アクセスのリスクが高まる可能性があります。

また、アプリ上での操作が現実の物理的な制約や法的な制約を十分に考慮していない場合、思わぬトラブルにつながる恐れも。

アプリ選びのポイント

安全性と使いやすさ 家づくりにおいて、スマホアプリを選ぶ際の最も重要なポイントは、そのアプリの安全性と使いやすさです。高いセキュリティを持つアプリを選択することで、上述したようなリスクを最小限に抑えることができます。また、インターフェースが直感的で使いやすいアプリを選ぶことで、家づくりのプロセスをよりスムーズに進めることが可能となります。

まとめ: スマホアプリでの家づくりの要点

  • 利点
    • 3DシミュレーションやVR技術で現実的なイメージが持てる
    • どこでもデザインの修正や検討が可能
  • 危険性
    • アプリのセキュリティ問題やプライバシーのリスク
    • 現実の制約を考慮していないアプリの使用はトラブルの元
  • 選ぶポイント
    • 安全性を確認する
    • インターフェースの使いやすさを評価する

スマホで家づくりの口コミ・評判

スマホで家づくりの福袋情報で、ネット上の口コミやネタバレ情報をまとめておきます。

Twitterの情報

Twitter検索用リンクはこちらです。「スマホで家づくり」と検索できます。

スマホで家づくりの知っておきたいよくあるQ&A

Q
スマホアプリを使って家づくりをするメリットは何ですか?
A

スマホアプリを使った家づくりの最大のメリットは、3DシミュレーションやVR技術を活用して、家のデザインやレイアウトをリアルタイムで確認できる点です。また、場所や時間を選ばずに設計の修正や検討ができるのも大きな利点となっています。

Q
スマホアプリでの家づくりにはどんなリスクがありますか?
A

スマホアプリの利用にはセキュリティやプライバシーのリスクが考えられます。家の設計や内装に関する情報が不正アクセスされる恐れや、アプリ上での操作が現実の制約を考慮していない場合のトラブルリスクが挙げられます。

Q
どんな機能を持った家づくりアプリを選べば良いのですか?
A

家づくりアプリを選ぶ際は、3DビジュアライゼーションやVR体験ができるもの、直感的なインターフェースを持つもの、高いセキュリティを誇るものを選ぶと良いでしょう。

Q
スマホアプリでの家づくりはプロの建築家や設計士とどう連携できますか?
A

多くの家づくりアプリには、作成したデザインやプランを共有する機能が備わっています。これを利用して、プロの建築家や設計士と連携し、意見交換やアドバイスを受けることが可能です。

Q
スマホアプリで家づくりを行った後、現実の建築に移行する際の注意点は?
A

スマホアプリでの設計はあくまでシミュレーションです。現実の建築に移行する際は、地域の建築基準法や法的な制約、土地の条件など、実際の条件をしっかりと確認し、プロの意見も取り入れることが重要です。

「スマホで家づくり」に関して参考になる記事リスト

「スマホで家づくり」に関連した当サイトの記事リストを載せておきます。

住宅の資料請求に関する記事一覧

お得な資料請求
実際に資料請求してみる
スポンサーリンク

「スマホで家づくり」過去の情報

すでに古くなった情報を、まとめきれずにとりあえず放置しておく場所になります。ここはきれいになっているのが理想。

家づくり、失敗したくないなら
ぶちくま
ぶちくま

他の住宅会社で見積もりしてもらったら、今のところより300万円くらい安くなった。。。

何も知らずに家を建てると実際に数百万円も損する、なんてことはザラにあります。

家づくりは誰にとっても初めてのことで、何も知らないところからスタートするのが当たり前。だから、「値引きできるか」どうかも知らなければ「適正価格かどうか」もわからない。

家が安くなる、という感覚が、我々には薄いのです。

少しでも損をしないためにできることはいくつかあります。そのひとつは「相見積もり」。他の住宅会社を価格競争に巻き込むこと。これだけで、適正価格で家を建てることに近づけます。

かめ
かめ

でも、相見積もりって住宅会社はタダ働きになるかもしれないので嫌がるし、断るのも大変だし、そもそも家づくりって価格だけで選べるものでもないよね。

このページを最後まで読んでいただいたあなたに、数分で、簡単に、誰にでもできる方法で、相見積もりくらい効果のある情報収集の方法についてお伝えしたいと思います。

3分でできる、今すぐ行動したい家づくりの極意

家づくりで損をするのは、住宅会社は値引きを前提にして家の値段を設定しているから。

しかし、値引きをしなければそのまま住宅会社は利益が増えるので「値引き用に高く設定したままの住宅が売れてしまうケースがある」というのが問題です。

ぶちくま
ぶちくま

全ての住宅会社が悪意のある値上げをしている訳ではないけど、どの会社も「施工不良などのもしも」の時に値下げできるように余裕を持った価格設定はしています。

もちろん、値下げ交渉で値段が下がる場合もあれば、下がらない場合もあります。何も言わずにトラブルがなければオプションをおまけしたりなどで顧客に還元してくれることもあります。

かめ
かめ

でも、会社も少しでも利益を上げたいから、「何も言ってこない客」や「何も知らなそうな客」からは、還元せずになるべくお金を使わせようとするところもあったりします。

とはいえ、いざ自分が客になってみると、一生懸命やってくれるスタッフに「値下げして」とは、なかなか言えません。

だからこそ、契約前までに、自分たちが「適正価格で購入するために勉強している」ということを相手に察してもらい、競合会社と値下げ競争をしてもらって、納得した上で契約するのが大事、ということになります。

値下げのために必要な3つのこと

まず、値下げのために必要な3つのことだけ覚えておいてください。

  1. 一括資料請求で「競合がいる」ことを悟らせる
  2. 勉強の成果は「家づくりノート」にまとめる
  3. 住宅ローン」の相談は住宅会社にはしない

これだけで大丈夫です。

資料請求は簡単に競合会社を作れる便利ツール

まず、資料請求について。

モデルハウスをめぐって資料を集めてもいいのですが、1回の訪問で回れる数も時間も限られていて、価格の勉強もしていないとミスマッチで時間ばかり無駄にしてしまいます。

さらに、住宅会社の営業も「どの会社を回ってきたか」が把握しやすく、自分のホームグラウンドで営業トークが設定できます。つまり、水を得た魚。

ぶちくま
ぶちくま

そもそも、家づくりで何も知らずにモデルハウス回っちゃう人は、カモがネギ背負ってやってきたようなもので、営業からしたらボーナスチャンス。

競合他社となる「隣のモデルハウス」の価格もわかっているので、最初から設定した仮初の値下げ設定で、自分たちのペースで営業ができる訳です。

一方の住宅資料請求。侮るなかれ。

住宅資料請求の場合、資料請求を利用している時点で、競合他社が複数いることが住宅会社にはわかります。多数の競合がいる中で、顧客から興味を持って選んでもらうには価格で負けることは避けたい。

ただ、まだ顧客になるかどうかもわからない相手なので、無理に引き込むこと労力を使うことも避けたい。そのため、施主はビルダーにプレッシャーをかけつつも、自分のペースで家づくりをスタートすることができるのです。

勉強の成果は「家づくりノート」で証明する

実際に勉強するのは面倒ですが、家づくりノートを作るくらいだと楽しんでできます。家づくりをすると、「どういう家にしたいのか」の妄想で楽しむのが醍醐味です。

この「どういう家にしたいか」というのは、家づくりの面談でも住宅会社の担当に伝える必要があります。そのため、各社が自社製の「家づくりノート」を用意して顧客にアンケートとして記入してもらったりしますが、この時の「自作の家づくりノート」の効果は絶大です。

  • 家づくりを真剣に考えていることが伝わる
  • 他社の資料ページもノートに編集することで競合していることが伝わる
  • 自分たちの希望がより正確に相手に伝わる

ここで大事なのは「熱意」と「競合」があることを、家づくりノートの存在で明確に相手に伝えることができるということ。

かめ
かめ

自作の家づくりノートを出して、そこに他社のパンフレットも入っていれば、もう施主が冷やかしではなく家づくりを決意していることが伝わります。

ぶちくま
ぶちくま

見積もりプランで探りを入れずに全力プランを最初から出してきてくれますよ!

 

家づくりノートの素材としても、他社の住宅資料は役に立つ、というわけです。

住宅予算の相談は、住宅会社にしない

住宅ローンの話は今回は割愛しますが、家づくりのマネープラン、住宅会社にはしないようにしてください。

予算は伝えていいのですが、住宅ローンで悩んでライフプランまで相談するのはコスパで考えるなら悪手です。

ぶちくま
ぶちくま

なんで住宅会社がマネープランの説明会なんかもやっているかといえば、簡単に顧客の予算が把握できるからですよね。

住宅会社としては、なるべく、家づくりにお金をかけてもらいたい。だから、可能な限り35年ローンで変動金利にさせて「みかけのお金」は少なくみせる。もう少し出せると錯覚させる。

住宅ローンを相談する、ということは、予算についてはノープランだと自分で言っているようなもの。もし、家づくりで余計なお金をかけたくないと考えているのなら、住宅ローンは先にファイナンシャルプランナーや、複数の金融機関で相談しておきましょう。

情報収集、どれくらいやったらいい?

住宅会社の情報収集は重要で、人によっては100社も回る人がいるくらい力を入れている方もいます。

かめ
かめ

でも、そんな時間、ない。

あくまでも経験談ですが、私は住宅資料に関しては住宅展示場でもらえた数店舗分とBOOK-OFFで購入した住宅資料数冊で家づくりの契約をして「無知だったな」と後悔しています。

ブログを書くと「情報強者」の方達は大学の研究者のようにとことん調べ尽くしていることを知ることになりますが、同時に「そこまでするのは無理だな」とも思うところです。だって、その分だけ休みが減るし、専門的な知識を蓄えるために勉強し直すのはしんどい。

つまりバランスが大事なのですが、無料見積もりを依頼するのは「3社」が限度です。打ち合わせで毎週末無くなることを考えると、事前にどこに依頼するかは厳選する必要があります。

そのため、100社回るのは無理でも、10社程度の住宅資料は集めてしっかりと見比べて「家づくりで重視するところ」と「それがどれくらいお金がかかりそうか」を見極めることが大事です。

このとき、必ずハウスメーカーや工務店のグレードは「高い」「ローコスト」をバランスよく設定して請求することが大事です。「家の機能」や「デザイン」はお金がかかるので、「これが欲しい」ばかり集めてしまうと本来楽しいはずの設計段階で「我慢」ばかり強いられること。

今すぐやりたい、住宅資料請求のポイント

自分の勉強のためにも、住宅会社自ら値引きせざるを得ないように誘導するためにも、「複数社の住宅資料」が重要だということをお伝えしました。

では、住宅資料請求において少しでも簡単に、かつ必要な情報を揃えるための方法を簡単にお伝えしておきます。

ぶちくま
ぶちくま

このサイトの長い情報を読み込めたあなたなら、今の熱量のまま資料請求までできれば、今日は十分に頑張ったと言える一日になるはず。

着実に、マイホームづくりに踏み出せています!

「town-life」なら間取りと資金計画も解決!

私が一番おすすめしている資料請求の方法として、可能な限り「タウンライフ」は利用をおすすめしています。

かめ
かめ

資料請求ができる上に、無料で「間取りプラン」の作成と「住宅費用の計画書」も用意してもらえます!

デフォルトのサービスになるので、先に書いた「予算の無知」を知られるリスクにもなりません。

ぶちくま
ぶちくま

さらに、「土地探し」もやってくれるのが嬉しいところ!

なんで無料でこんなことまでしてくれるのかといえば、それくらい、住宅会社は「広告」に予算をかけているということ。

広告費として、1件あたりに7%程度が家の価格に含まれています。これだと、3,000万円の家だと、200万円以上も広告のために払っていることになります。

それなら、少しでも自分のためにお金を使ってもらうのが理想。躊躇せずに、高待遇を受けられるうちに利用しておきましょう。

【PR】

【TOWN-LIFE】で資料請求してみる

足りない資料はSUUMOで補完!

ただ、タウンライフは待遇が良いため、逆に言えば提携する住宅会社に多少なり負担が大きくなってしまうこともあって、提携会社が多くはありません。

そこで、足りないと感じた場合は、SUUMOでの一括請求がおすすめ。情報収集のための資料はなるべく短期間に集めておき、対応の手間を減らすのが賢い家づくりのポイント。

かめ
かめ

さすが大手リクルートの不動産の総本山。情報量は業界トップクラスで、提携店もほぼ網羅しているのが嬉しいところ。

ぶちくま
ぶちくま

SUUMOで、タウンライフにはない資料を請求しておけば、まずは家づくりの第一歩で失敗するということはないはずです!お疲れ様でした!

【PR】

【SUUMO(スーモ)】で情報収集する

こんな感じで、広告っぽいこともやっていますが、住宅の資料請求に関しては、本当に施主にメリットが大きいので、是非ともトライしてみてください。住宅資料、みているだけでも幸せになれるので。

家アプリ
忘れないうちに記事を保存!
がたホーム

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「資料 関連 中国」に関する最新情報です。

    内閣府のタスクフォースで提出された資料に中国国営企業のロゴが透かし入りであり、関連機関の会議でも使用されていたことが明らかになった。この問題により、国際会議で日本と中国の連携を誤認する可能性が指摘されている。

    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2403/27/news148.html

  2. buchikuma-info より:

    「commercial building leasing」に関する最新情報です。

    Pelikan Mobilityは、商用電気自動車(EV)リースソリューションを構築しています。多くの商用車両がすでに電気自動車になっているため、ディーゼル車両からの切り替えが高コストで複雑であるため、まだディーゼル車両が多く存在しています。Pelikan Mobilityは、商用フリート向けEVへの切り替えに関連する課題に対処するプラットフォームとリースソリューションを開発しており、フランスのスタートアップはPale Blue Dot、Frst、Seedcampなどから400万ユーロ(約4,400万ドル)のシードラウンドを調達しています。

    https://techcrunch.com/2024/03/21/pelikan-mobility-is-building-a-software-enabled-commercial-ev-leasing-solution/

  3. buchikuma-info より:

    「rises price solana」に関する最新情報です。

    Solanaの価格が2022年1月以来の最高値である160ドルに上昇し、memecoinブームが高まっています。また、Dogwifhatやバイデン大統領やトランプ元大統領にインスパイアされたトークンも価格が急上昇しています。Solanaは、Ethereumブロックチェーンと競合するレイヤー1ブロックチェーンであり、2021年末の約260ドルから2023年初めの約8ドルまで急落した後、水泡になっていましたが、リデンプションアークを持つ良い映画のように、Solanaもそのような過程を経ています。CoinMarketCapによると、Solanaは水曜日に160ドルを超え、2022年1月以来の最高価格を記録しました。市場時価総額ではビットコイン、イーサリアム、BNBに次ぐ4番目の暗号通貨であり、1か月で44.8%、前年比676%上昇しています。

    https://techcrunch.com/2024/03/13/solanas-price-rises-to-160-highest-level-since-january-2022-as-memecoin-mania-rises/

  4. buchikuma-info より:

    「写真 統一 教会」に関する最新情報です。

    岸田政権の総務大臣政務官が旧統一教会との接点があったことが証拠写真で浮上し、国会では誤った答弁を繰り返していたことが報じられた。写真には、若者たちとダークスーツの男性たちが一緒に写っており、その中に現在の政務官である西田議員も含まれていた。西田議員は過去の旧統一教会との接点を隠し、国会で虚偽の答弁を続けていた。

    https://gendai.media/articles/-/124947

  5. buchikuma-info より:

    「修正 東北電力 予想」に関する最新情報です。

    東北電力は2024年3月期の業績予想を修正しました。売上高は前回予想から1,900億円減少し、営業利益は900億円増加、経常利益は800億円増加、当期純利益は600億円増加しました。売上高の減少は燃料価格や市場価格の影響によるものであり、経常利益の増加は燃料費調整制度の改善などが要因です。

    https://www.niikei.jp/949503/

  6. buchikuma-info より:

    「grits sii sii プロアイスホッケーチーム」に関する最新情報です。

    SIIの子会社である株式会社ストラテジックインサイト(SII)は、プロアイスホッケーチーム「横浜GRITS」とスポンサー契約を締結したことを発表しました。SIIは、オークネットと共同で設立された戦略コンサルティングファームであり、経営戦略の立案と実行を支援しています。SIIは、オークネットの事業テーマやパートナー・ネットワークと組み合わせて新たな価値を創造し、循環型社会におけるイノベーションに取り組んでいます。また、SIIは「横浜GRITS」のビジョンに共感し、チームに所属する選手を迎え入れています。さらに、「横浜GRITS」のチームコンセプトである「デュアルキャリア」を支援するため、スポンサー契約を締結しました。オークネットは、多様性を尊重し、公正な評価・処遇の仕組みを追求し、働きやすい職場づくりを進めています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000116.000071059.html

  7. buchikuma-info より:

    「企業 増加 休廃業」に関する最新情報です。

    新潟県内の休廃業・解散企業は、2023年に794件となり、2年連続で増加したことが東京商工リサーチの調査で明らかになった。これは2000年以降で4番目に多い数であり、2020年の最多記録を上回った。産業別では、飲食業や宿泊業、非営利的団体などのサービス業が最も多く、次いで建設業、小売業が続いた。また、企業倒産も92件に増加し、こちらも2年連続の増加となった。代表者の年齢別では、70代が最も多く、60代以上が全体の89.6%を占めるなど、代表者の高齢化が進んでいることが分かった。

    https://www.niikei.jp/943427/

  8. buchikuma-info より:

    「無料 シレン 風来」に関する最新情報です。

    人気の弁当店『キッチンDIVE』が従業員に人気ゲーム『風来のシレン6』を無料でプレゼントし、客には1キロのおにぎりを無料で販売するという神対応を行った。『風来のシレン6』は2024年1月25日に発売される予定で、ゲーム業界やクリエイターたちからも期待が高まっている。『キッチンDIVE』は激安ながらもボリューム満点の弁当で話題になっており、今回のサービスでも注目を集めている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiI2h0dHBzOi8vZ2V0bmV3cy5qcC9hcmNoaXZlcy8zNDg5MzEx0gEA?oc=5

  9. buchikuma-info より:

    「カラオケ プラットフォーム genda」に関する最新情報です。

    カラオケ施設の運営を行う株式会社シン・コーポレーションの発行済株式の78.59%を取得することで、株式会社GENDAが「カラオケBanBan」に参画することが決まった。この参画により、「ゲームセンター×カラオケ」の相乗効果を活かし、両施設の出店力を強化することが期待される。また、両社がそれぞれのノウハウを共有することで、店舗運営のサービス品質向上やオペレーションの質向上も見込まれる。この参画は、株式会社GENDAの「エンタメ・プラットフォーム」の拡充を目指す一環として行われるものである。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000077.000048400.html

  10. buchikuma-info より:

    「企業 光る ものづくり」に関する最新情報です。

    ふじみ野市では、特色のある企業が集まっている「ものづくりのまち」であり、新規立地企業や周辺企業との連携・取引拡大を目指して、市内企業ガイドを作成しました。このガイドでは、ふじみ野市内の先端かつ特色のある企業の特徴や得意技術、取引・連携可能な分野などが明示されています。また、ふじみ野市役所本庁舎1階ギャラリーでは、キラリと光るものづくり企業展示会が開催されており、市内企業のキラリと光る製品や技術内容が紹介されています。展示期間は1月22日から26日までであり、会場はふじみ野市役所本庁舎1階ギャラリーです。詳細はふじみ野市のホームページで確認できます。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000095.000099719.html

  11. buchikuma-info より:

    「共働き 小遣い 夫婦」に関する最新情報です。

    共働き夫婦の約5割がお小遣い制を導入していることが、SMBC日興証券の調査結果から明らかになりました。調査には1月18日に1106人の共働き夫婦が回答しました。その結果、半数の夫婦がお小遣い制を導入しており、その平均額は月約3万9000円です。この金額は多いと思うか少ないと思うかは個人の意見によると思われます。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_65aa192be4b041f1ce657daa

  12. buchikuma-info より:

    「企業 共創 ものづくり」に関する最新情報です。

    北九州市では、ものづくり企業とスタートアップの共創が加速している。北九州市は、地域の企業の競争力を強化するため、ものづくり企業とスタートアップを組み合わせた事業開発を活発化させている。具体的には、北九州市のメイカーズオープンイノベーショントライアル事業(MIT-K)が実施されており、ものづくり企業とスタートアップのマッチング機会や事業開発の支援が行われている。これにより、北九州市内の企業が持つアイデアや技術を活かし、スタートアップとの協力を通じてイノベーションを生み出すことが目的とされている。また、報道機関による取材機会も設けられており、北九州市の取り組みを広く知らせることが図られている。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000024.000061810.html

  13. buchikuma-info より:

    「ドバイ ホテル 世界」に関する最新情報です。

    ドバイが世界で最も人気のある観光地として注目されています。ドバイ経済観光庁によると、ドバイは3年連続で世界1位に選ばれており、トリップアドバイザーのデータによれば、過去12カ月間で800万件以上の口コミが寄せられています。ドバイでは、最新のホテルや名所が公開されており、特に注目されているのはワン&オンリー アーバンリゾートというラグジュアリーホテルブランドが手掛ける新しいホテルです。また、ドバイ国際金融センターの最先端エリアに位置するザ・ラナや、世界7つ星ホテルとして知られるホテルも人気です。これらのホテルでは、有名シェフによる美食体験やアートとカルチャーのイベントなどが提供されています。ドバイの観光地としての魅力はますます高まっており、今後も注目が集まることが予想されます。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/dobai_jp_65a488b3e4b07bd6950d473c

  14. buchikuma-info より:

    「まさる 今年 今年 実現」に関する最新情報です。

    今年こそ夢を実現するために、内向型の人々が持つ粘り強さを活かす方法について紹介されている。記事では、目標設定の重要性や根気強さが才能に勝ることが強調されている。最悪のシナリオも想定し、根気を持って取り組むことが成功への道だと述べられている。内向型の人々は、根気を発揮することで想像を超える成果を上げることができるとされている。

    https://toyokeizai.net/articles/-/721187?utm_source=rss&utm_medium=http&utm_campaign=link_back

  15. buchikuma-info より:

    「ジンコソーラー pv 企業」に関する最新情報です。

    ジンコソーラーは、世界初の太陽光発電企業として、SBTi(Science Based Targets initiative)によるネットゼロの目標を短期および長期で承認されました。これにより、ジンコソーラーは気候変動対策に取り組み、持続可能な未来への貢献を誓っています。ジンコソーラーは、2023年までに排出量を半減し、2050年までにネットゼロの排出を達成することを目指しています。また、ジンコソーラーは中国本土で2番目の太陽光発電企業であり、SBTiの認証を取得した3番目の企業です。ジンコソーラーは、革新的なPV技術と信頼性の高い製品を活かし、世界中に安全で経済的な緑の電力を提供する取り組みを行っています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000033.000125384.html

  16. buchikuma-info より:

    「にいがた にいがた 2024 参加」に関する最新情報です。

    新潟県で開催される「にいがた酒の陣2024」の開催日が3月9日と10日に決定し、参加飲食店の募集も開始されました。このイベントは、日本酒をテーマにしたイベントであり、過去の開催では最大14万人の入場者を記録しています。2020年から2022年までは新型コロナウイルスの影響で中止となりましたが、2023年に復活し、2024年も2日間にわたって開催されます。参加飲食店は公式ホームページで募集されており、イベントの詳細や参加条件などは公式サイトで確認できます。

    https://www.niikei.jp/914375/

  17. buchikuma-info より:

    「エコキュート コロナ コロナ 新しい」に関する最新情報です。

    コロナは、新しい省エネ基準に対応したエコキュートを発表しました。2025年度までに新しい省エネ基準に適合する20機種のエコキュートを2024年2月に発売する予定です。価格は1,108,800円から1,454,200円です。また、2024年モデルでは新型コンプレッサーを採用し、沸き上げ制御の改良により基準を達成しています。さらに、2025年度までの5年間は高効率給湯器の導入を促進するための補助金対象製品となっています。エコキュートは夜間に沸き上げを行い、HEMSと連動して太陽光発電の余剰電力を利用することでエネルギーの自家消費に貢献します。

    https://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/1554261.html

  18. buchikuma-info より:

    「デジタル 企業 民間」に関する最新情報です。

    新潟市では、デジタル化を推進するために、民間企業や一般行政(デジタル)の職員を募集しています。職務経験者やデジタルに関する専門知識を活かしたICTの活用など、情報処理やシステムの構築・運用・管理などに従事する職員を募集しています。募集期間は12月4日から12月21日までで、予定人数は2人程度です。試験は面接や適性検査などで行われます。

    https://www.niikei.jp/895760/

  19. buchikuma-info より:

    「bull links red」に関する最新情報です。

    タイトル: WolffはRed Bull-AlphaTauriの関係について「透明なF1」を支持

    要点:
    – Red Bullのジュニアチームは拡大する予定だが、Toto Wolffはまだ調査していないと主張している。
    – Toto WolffはRed BullとAlphaTauriの関係の近さに懸念を表明し、透明性を支持している。
    – Red BullとAlphaTauriは2024年に大きな変更を予定しており、新しい名前、カラーリング、タイトルスポンサーが導入される予定である。
    – チームボスのFranz Tostが退任し、Laurent MekiesとPeter Bayerが就任する予定である。
    – ウィリアムズを逆転するために他のチームと競争しているRed Bullに対し、Wolffは透明性を重視している。
    – チーム間の摩擦が生じており、他のチームもRed BullとAlphaTauriの関係に注目している。
    – Red BullとAlphaTauriは風洞施設を使用しており、Wolffはチームがルールに違反していないことを確認したいと述べている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiU2h0dHBzOi8vcmFjaW5nbmV3czM2NS5jb20vd29sZmYtYmFja3MtdHJhbnNwYXJlbnQtZjEtb3Zlci1yZWQtYnVsbC1hbHBoYXRhdXJpLWxpbmtz0gFXaHR0cHM6Ly9yYWNpbmduZXdzMzY1LmNvbS93b2xmZi1iYWNrcy10cmFuc3BhcmVudC1mMS1vdmVyLXJlZC1idWxsLWFscGhhdGF1cmktbGlua3MvYW1w?oc=5

  20. buchikuma-info より:

    「電柱 写真 参加」に関する最新情報です。

    東北電力ネットワークは、市民参加型イベント「電柱聖戦」を開催し、新潟市で2kmの範囲で電柱の写真を撮ることを呼びかけています。参加者は1基の電柱の写真を撮るごとに20円分のポイントがもらえ、当たり電柱も存在します。このイベントはゲーム感覚でインフラ保全に貢献することを目指しています。

    https://www.niikei.jp/877716/

  21. buchikuma-info より:

    「12 12 横浜 つい」に関する最新情報です。

    環境省とのモバイルバッテリーの回収事業が、12月3日の横浜F・マリノス戦で実施されることが発表されました。この取り組みは、リチウム蓄電池の不適切な処理が原因で廃棄物処理施設で火災が起こることを防止するためのものです。試合会場の北広場には、環境省のブースが設置され、啓発パネルが展示されます。また、モバイルバッテリーの回収も行われます。試合開始前には、大型ビジョンで啓発動画も放映されます。さらに、アンケートも実施される予定です。この取り組みに関する詳細は、関連ニュースやお問い合わせ先で確認することができます。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiKWh0dHBzOi8vd3d3LnNhbmdhLWZjLmpwL25ld3MvZGV0YWlsLzE4NDE00gEA?oc=5

  22. buchikuma-info より:

    「enechange red 開発 ツール」に関する最新情報です。

    ENECHANGEは、再エネ業務のDX支援ツール「E-CLOUD RED」を開発しました。このツールは、太陽光発電の予測や需要予測、計画値の提出を自動化し、PPA(Power Purchase Agreement)管理業務の効率化を支援します。ENECHANGEは、再生エネルギーの普及を推進するために、さまざまなサービスを提供しています。今後もお客様のニーズに応えるために、さまざまなサービスの進化を図っていく予定です。ENECHANGEの取り組みは、政府の脱炭素政策にも合致しており、再生エネルギーを主力電源として実現する一助となることが期待されています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000354.000017121.html

  23. buchikuma-info より:

    「startup 企業 niigata」に関する最新情報です。

    新潟発のスタートアップ企業であるDERTAが「J-Startup NIIGATA」に選定されました。J-Startup NIIGATAは、経済産業省が推進するプログラムであり、イノベーティブなスタートアップ企業を支援するものです。DERTAは新潟県を拠点に活動しており、地域の課題解決に取り組む共創コミュニティに所属しています。今後は公的機関や民間企業との連携を強化し、地域社会への貢献を目指していきます。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000014.000097431.html

  24. buchikuma-info より:

    「企業 実習 学生」に関する最新情報です。

    三条市立大学は、実習と実学を重視した教育を行っている。開学から3年が経ち、学生と地元企業の反応は良好である。学生たちは実習を通じて成長し、朝礼などの場で感動を共有している。学校は企業と学生の双方向の学びを目指しており、長期の産学連携実習にも期待が寄せられている。

    https://www.niikei.jp/885235/

  25. buchikuma-info より:

    「企業 愛知県 研究会」に関する最新情報です。

    愛知県は、次世代バッテリー研究会を企業や大学と共同で設立しました。この研究会は、次世代バッテリーの開発や生産拠点の創設を目指しており、トヨタ自動車や名古屋大学の技術者や研究者など、15人のメンバーが参加しています。愛知県の大村知事は、蓄電池市場の成長や次世代バッテリーの拠点づくりを進めるために、この研究会の座長を務めています。また、経済産業省は2050年までに100兆円規模の蓄電池市場を拡大する計画であり、愛知県は来年10月に開始予定のSTATION Aiとの連携を通じて、次世代バッテリーの開発や生産拠点の支援を行う予定です。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOmh0dHBzOi8vd3d3My5uaGsub3IuanAvdG9rYWktbmV3cy8yMDIzMTEyMi8zMDAwMDMyODkyLmh0bWzSAQA?oc=5

  26. buchikuma-info より:

    「企業 実習 学生」に関する最新情報です。

    三条市立大学は、実習と実学を重視しており、開学から3年経った現在でも学生と地元企業の反応は非常に良いとされています。学生たちは実習を通じて成長し、朝礼などの場で感動を覚えることもあるようです。また、学校では企業と学生の双方向の学びを目指しており、長期の産学連携実習にも期待が寄せられています。学生たちは実習を通じて企業の業務内容を体験し、実践的なカリキュラムを通じて学修を行っています。今後も学生と地元企業の反応を見ながら、さらなる成長を目指していく予定です。

    https://www.niikei.jp/885235/

  27. buchikuma-info より:

    「発光 ゲーミング ゲーミング ヘッドセット」に関する最新情報です。

    エレコムは、USB接続型のゲーミングヘッドセット「HS-G09SUWH」を発売する。このヘッドセットは、ハウジング部に発光LEDを内蔵しており、グラデーション発光機能を備えている。ヘッドセットは50mm径のドライバーを採用しており、3Dサウンドやサラウンドなどの機能も楽しめる。価格は4980円(税込み)で、エレコムのWeb直販サイトで購入することができる。

    https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2311/16/news112.html

  28. buchikuma-info より:

    「サウナ saunaidea 設計」に関する最新情報です。

    サウナイデアは、「サウナ×食」をテーマにしたプライベートサウナの設計を行っています。2023年11月13日に公開された記事によると、サウナイデアは集合住宅の一室に新設されるプライベートサウナの設計を手掛けています。このプライベートサウナでは、友達を招いて食事を楽しむことができる特徴があります。サウナイデアは、サウナと食事の融合を提案し、人々の暮らしに溶け込む自然な形でサウナを提供しています。サウナイデアは、サウナの設計や設置の他、サウナイベントの企画や製品化も行っています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000089751.html

  29. buchikuma-info より:

    「プラモデル ナガオカプラモデル 魅力」に関する最新情報です。

    新潟県の地元魅力をプラモデルでPRする「ナガオカプラモデル」が注目されています。このプラモデルは地元の名産や観光地を題材にしており、地域の魅力を楽しく伝える取り組みとして話題となっています。制作には長岡造形大学の学生や地域の協力隊員も参加し、地域資源を活用したプラモデルの配布も行われています。この取り組みは地元のローカルツーリズムとアイディアの融合として新しい試みとして期待されています。

    https://www.niikei.jp/874195/

  30. buchikuma-info より:

    「企業 エム エスオフィス」に関する最新情報です。

    株式会社エム・エスオフィスは、新潟県長岡市に本社を置く企業で、地元企業のサポートを通じて地域の活性化に貢献したいという目標を持っています。同社は1992年に設立され、ISO認証取得支援事業を中心に各種セミナーや人材育成の支援を行っています。2022年には創立30周年を迎える予定であり、現在の会長である笠原廣氏をはじめとするマネジメントスタッフが経営を担当しています。株式会社エム・エスオフィスは、長岡市を拠点として地域の企業の成長を支える役割を果たしています。

    https://www.niikei.jp/877762/

  31. buchikuma-info より:

    「電柱 写真 参加」に関する最新情報です。

    東北電力ネットワークは、新潟市で市民参加型イベント「電柱聖戦」を開催します。参加者は電柱の写真を撮影し、撮影ごとに20円分のポイントがもらえます。また、特定の電柱を撮影すると当たりがあります。このイベントはゲーム感覚でインフラ保全に貢献することができます。

    https://www.niikei.jp/877716/

  32. buchikuma-info より:

    「ろうきん ママカフェマルシェ 参加」に関する最新情報です。

    新潟ろうきん(新潟市中央区)が地域や主婦層との接点を増やすために「ママカフェマルシェ」に参加しました。このイベントは子どもたちの笑顔を目指しており、新潟ろうきんは地域のコミュニティとの交流を通じて主婦層の支援やビジネス講座の開催などを行っています。ママカフェマルシェは今年で3回目の開催で、子どもたちが楽しめるブースやマスコットキャラクターの記念撮影スポットなどが用意されています。新潟ろうきんはこれからも地域との関わりを重視し、子どもたちの笑顔を大切にしていきます。

    https://www.niikei.jp/854451/

  33. buchikuma-info より:

    「ろうきん ママカフェマルシェ 参加」に関する最新情報です。

    新潟ろうきん(新潟市中央区)が「ママカフェマルシェ」に参加し、地域や主婦層との接点を増やすことを目指している。ママカフェマルシェは子どもたちに笑顔を提供するイベントであり、新潟ろうきんは地域のコミュニティ活動に積極的に参加していることがわかる。新潟ろうきんはブースを出展し、子どもたちが楽しめるスーパーボールすくいなどのアクティビティを提供している。また、マスコットキャラクターのロッキーも登場し、子どもたちとの記念撮影のスポットとして利用されている。新潟ろうきんは地域との関わりを重視し、地域の人々との交流を通じて笑顔を広げる活動を行っている。

    https://www.niikei.jp/854451/

  34. buchikuma-info より:

    「プラモデル ナガオカプラモデル 魅力」に関する最新情報です。

    新潟県の地元魅力をプラモデルでPRする「ナガオカプラモデル」が注目されています。長岡造形大学の修士2年生である熊木七菜子さんが制作し、地域の資源を題材に自作のプラモデルを配布しています。この取り組みは地元の名産や観光と融合した新しいアイディアであり、地域の魅力を広める可能性に期待が寄せられています。

    https://www.niikei.jp/874195/

  35. buchikuma-info より:

    「クラウドサービス クラウドサービス 企業 企業」に関する最新情報です。

    静岡銀行は、クラウドサービス企業の現状把握と削減計画の支援を行っている。静岡銀行は、企業の二酸化炭素(CO2)排出量を見える化し、削減計画の設定を促している。静岡県内の約2,000社の企業に対して、クラウドサービス「しずおかGXサポート」を無償提供し、現状把握と削減計画の目標設定を支援している。静岡銀行は、商工会議所や行政、金融機関と連携し、地域全体での脱炭素を目指している。具体的な取り組みとして、電力使用量の入力によるCO2排出量の算定や、省エネ設備の導入などが挙げられる。静岡銀行の取り組みにより、企業のCO2排出量の削減が進み、地域全体の脱炭素化が実現されることが期待されている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiN2h0dHBzOi8vd3d3LmF0LXMuY29tL25ld3MvYXJ0aWNsZS9zaGl6dW9rYS8xMzUxNTY3Lmh0bWzSAQA?oc=5

  36. buchikuma-info より:

    「おにぎり 無料 無料 配布」に関する最新情報です。

    長岡新聞によると、中之島産業まつりで地元産の新米おにぎりが無料配布されることが報じられています。このイベントでは、4000個のおにぎりが無料で提供される予定です。中之島産コシヒカリを使用した特製のおにぎりが用意され、地域の人々に配布されます。このイベントは、中之島町の地元農業協同組合や観光協会などが共催しています。なお、昨年は新型コロナウイルスの影響で中止となりましたが、今年は実施することが決まりました。

    https://www.niikei.jp/867544/

  37. buchikuma-info より:

    「neotrader 取引 ツール」に関する最新情報です。

    SBIネオトレード証券は、新たな国内株式取引ツール「NEOTRADER」の提供を開始しました。NEOTRADERは、PCダウンロード版とスマートフォンアプリ版があり、国内株式取引に特化した機能を提供しています。NEOTRADERは、発注情報や気配情報の表示、チャート機能の強化、画面の自由な設定など、使いやすさと機能性を兼ね備えています。また、NEOTRADERの利用には、一定の手数料や委託保証金が必要です。SBIネオトレード証券は、金融サービス仲介業も開始し、一般社団法人日本金融サービス仲介業協会の第二種正会員となりました。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000019.000070207.html

  38. buchikuma-info より:

    「ハロウィーン 渋谷 バーチャル」に関する最新情報です。

    渋谷区の長谷部健区長は、KDDI、渋谷未来デザイン、渋谷区観光協会と共同で、「バーチャルハロウィーン2023」を開催すると発表しました。このイベントは、31日まで行われ、渋谷のハロウィーンをバーチャルで楽しむことができます。長谷部区長は、渋谷のハロウィーンイベントがバーチャルで楽しむことがスタンダードになっていくことを期待しています。一方、長谷部区長は、過去のハロウィーンでの事故を受けて、渋谷駅周辺の混雑や危険を心配しており、来場者に注意を呼びかけています。

    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2310/27/news168.html

  39. buchikuma-info より:

    「設計 ソフトバンク 日建」に関する最新情報です。

    ソフトバンクと日建設計は、ITや人工知能(AI)技術を活用した「スマートビル」の構築を支援するための合弁会社を設立することを発表しました。この合弁会社では、ソフトバンクの情報通信技術と日建設計の建築技術を組み合わせ、自律管理や運営を行い、自ら進化するビルを広く普及させることを目指します。合弁会社の名称は「シナプスパーク」で、ソフトバンクが51%、日建設計が49%の出資比率となります。シナプスパークは、ビル全体の設備やデータを一元管理し、連携するシステムを提供することで、スマートビルの基盤を構築し、ビルOSやアプリを通じてサービスを提供します。また、将来的にはスマートビルを含むスマートシティの構築にも取り組む予定です。

    https://mag.executive.itmedia.co.jp/executive/articles/2310/26/news142.html

  40. buchikuma-info より:

    「設計 ソフトバンク 日建」に関する最新情報です。

    ソフトバンクと日建設計は、ITや人工知能(AI)技術を活用した「スマートビル」の構築を支援するための合弁会社を設立することを発表しました。この合弁会社は、ソフトバンクの情報通信技術と日建設計の建築技術を組み合わせ、自律管理や運営を行い、自ら進化するビルを広く普及させることを目指します。合弁会社の名称は「シナプスパーク」となり、ソフトバンクが51%、日建設計が49%の出資比率となります。シナプスパークは、ビルOSと呼ばれる基盤システムやアプリを通じて、ビル全体の設備やデータを一元管理し、連携する仕組みを構築し、スマートビルのサービスを提供します。また、将来的にはスマートビルを含むスマートシティの構築にも取り組む予定です。

    https://mag.executive.itmedia.co.jp/executive/articles/2310/26/news142.html

  41. buchikuma-info より:

    「設計 ソフトバンク 日建」に関する最新情報です。

    ソフトバンクと日建設計は、ITや人工知能(AI)技術を活用した「スマートビル」の構築を支援するための合弁会社を設立することを発表しました。この合弁会社は、ソフトバンクの情報通信技術と日建設計の建築技術を組み合わせ、自律管理や運営を行い、自ら進化するビルを広く普及させることを目指しています。合弁会社は12月1日に設立される予定で、スマートビルの設備やデータを自動で最適化するためのシステムを提供することが主な活動となります。また、この合弁会社はシナプスパークという名称で、ソフトバンクが51%、日建設計が49%の出資比率で設立されます。スマートビルの基盤となるビルOSやアプリの提供を通じて、ビル全体の設備やデータを一元管理し、連携する仕組みを構築することも目指しています。さらに、スマートビルは将来的にはスマートシティと連携し、新築や既存のビルに対してもサービスを提供する方針です。

    https://mag.executive.itmedia.co.jp/executive/articles/2310/26/news142.html

  42. buchikuma-info より:

    「リゾートトラスト ふるさと納税 企業」に関する最新情報です。

    リゾートトラスト株式会社は、滋賀県高島市において企業版ふるさと納税を活用した寄付を実施しました。この取り組みは、地方創生応援税制を活用して行われ、5,500万円の寄付が行われました。リゾートトラストは、滋賀県北西部に位置する高島市で、琵琶湖を背景にしたベネチアンモダンリゾートを展開しています。今後も同市と連携し、地域の活性化と共生に寄与する活動を継続していく予定です。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000104.000047917.html

  43. buchikuma-info より:

    「15 iphone iphone 15」に関する最新情報です。

    株式会社PGAは、iPhone15、iPhone15Pro、iPhone15Plus、iPhone15ProMAXなどの繊細なカメラレンズを保護するカメラレンズプロテクターを発売しました。これらのプロテクターは、スマートフォンやデジタルオーディオ端末などのアクセサリーブランドである『Premium Style』によって提供されています。商品は株式会社PGAの直営ECショップや主要な取扱い店舗で購入することができます。これらのプロテクターは、iPhoneのカメラレンズを保護し、繊細な部分を傷や汚れから守る役割を果たします。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiIGh0dHBzOi8vbmV3c2Nhc3QuanAvbmV3cy81Mjk1Mjc30gEkaHR0cHM6Ly9uZXdzY2FzdC5qcC9uZXdzLzUyOTUyNzcvYW1w?oc=5

  44. buchikuma-info より:

    本日の「ハウスメーカー」YouTube話題まとめ

    – 大手住宅メーカーの高級住宅の価格が高い理由と、ローコストメーカーとの違いについて解説されている。
    – 時代遅れのハウスメーカーの特徴が10個紹介されており、現実の問題点が指摘されている。
    – ハウスメーカーの窓・サッシ工事において、間違った施工が行われることを防ぐための攻略方法がまとめられている。
    – 高気密・高断熱の営業トークには危険性があるとし、そのトークの内容について解説されている。

  45. buchikuma-info より:

    本日の「ハウスメーカー」YouTube話題まとめ

    – 100万人の視聴者数を突破した軽トラキャンピングカーDIYの動画が感謝の意を表して公開された。
    – 軽トラの家を生まれ変わらせるための大規模な外装リノベーションの様子が紹介されている。
    – 施主の意向を無視したハウスメーカーに相談するために本社に電話をかけたエピソードがある。
    – 新築やリフォームを検討している人に向けて、ほぼ新築タワマンやフルリノベーションのルームツアーが提案されている。
    – 外構工事において初心者がよく間違える理由について、5つのポイントが解説されている。
    – ハウスメーカーの社長が昼ご飯を手に入れるために奮闘する様子がショート動画で紹介されている。

  46. buchikuma-info より:

    本日の「ハウスメーカー」YouTube話題まとめ

    – 某大手ハウスメーカーに精神崩壊された体験談があります。
    – 本社に電話してもひどい対応を受けたとのことです。
    – 浜松市の新築ハウスメーカーとして都田建設 dlofre’sがおすすめされています。
    – 窓の種類や性能についての情報があります。自宅で選んだ窓の種類も紹介されています。
    – 泥まみれの作業着で高級ハウスメーカーを訪れたところ、営業から侮辱的な態度を受けたというエピソードがあります。その後、建設をキャンセルしたとのことです。

  47. buchikuma-info より:

    本日の「ハウスメーカー」YouTube話題まとめ

    – 「こみちんカレー再販のお知らせ!」
    – 「ヤバいハウスメーカーの営業3選」:営業手法についての記事
    – 「大手ハウスメーカーはここが最高!2×4工法の住宅を丸裸の施主にインタビュー」:大手ハウスメーカーの利点についてのインタビュー記事
    – 「外構費を安く抑える裏技とリスクを元営業マンが解説!」:外構費用を節約する方法とそのリスクについての解説記事
    – 「長崎のハウスメーカーは店舗付き住宅がおすすめのイーデザインホーム」:長崎のハウスメーカーの特徴についての紹介記事

  48. buchikuma-info より:

    「会社 住宅 建築」に関する最新情報です。

    住宅建築を手がける会社が新潟で破産開始の決定を受けました。この会社の負債総額は4億3000万円であり、これは新型コロナウイルス関連の破産としては107件目となります。この会社は2010年3月期には売上高が17億円以上ありましたが、2021年3月期には売上高が3億9105万円にまで落ち込んでいます。この破産は、市場の縮小や競争の激化、新型コロナウイルスの影響による受注の減少などが原因とされています。会社の経営状況は赤字が続いており、債務超過の状態にあります。東京商工リサーチによれば、新型コロナウイルス関連の破産は全国で107件に上っています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiN2h0dHBzOi8vd3d3LnRlbnkuY28uanAvbm5uL25ld3MxMTRpc29oZzBic2k4YzM5amdhLmh0bWzSAQA?oc=5

  49. buchikuma-info より:

    本日の「ハウスメーカー」YouTube話題まとめ

    – ハウスメーカーの口コミが悪い理由について衝撃の事実が明らかにされた
    – 長崎でハウスメーカーのリノベーション費用相場の相談はイーデザインホームがおすすめ
    – 浜松市の新築ハウスメーカーとして都田建設がクチコミで人気
    – 2023年のTVCM『私の毎日』篇が30秒と15秒で放送される

  50. buchikuma-info より:

    「会社 住宅 建築」に関する最新情報です。

    新潟の住宅建築会社が新型コロナウイルスの影響で破産開始決定を受けました。この会社の負債総額は4億3000万円で、これは新潟での新型コロナ関連の破産としては107件目です。この会社は2010年から建築業を手がけており、売上高は17億円以上でしたが、競争激化や市場の縮小などにより赤字が続きました。さらに新型コロナウイルスの影響で受注環境が悪化し、2021年の売上高は3億9105万円にまで落ち込みました。このような経営状況の中で債務超過が拡大し、資金繰りがひっ迫していたと報告されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiN2h0dHBzOi8vd3d3LnRlbnkuY28uanAvbm5uL25ld3MxMTRpc29oZzBic2k4YzM5amdhLmh0bWzSAQA?oc=5

タイトルとURLをコピーしました