ベッドルームの広さを考えるとどうしても和室にするほかなかった話

家づくりの大事なお知らせ

資料請求できるのは「施主になる前」だけ

これから家づくりの話をする前に、少しだけお話ししておきます。

かめ
かめ

家づくりは情報戦。知っていると知らないとで、数百万円も損するなんてことがあるのが住宅購入の怖いところ。

詳細はページの最後にまとめましたが、読むのが面倒な方に「資料請求」のサイトだけお伝えしておきます。面倒なら、今しかできない「資料集め」だけでもやっておきましょう。

ぶちくま
ぶちくま

一括で資料請求できる上に、無料で「間取り」「土地」「資金」のプラン作成までしてくれるタウンライフがおすすめです!

【TOWN-LIFE】で資料請求してみる

もし、家作りがなかなか進まない、と感じたら、家族が乗り気じゃない、と思ったら、まずは自分が行動すること。今日の宿題は、一歩だけでも前に進んでみること。

では、本編に戻ります。

お邪魔しました。

我が家の寝室を和室にした理由

布団で寝ることを念頭に入れると、ますます魅力的な小上がり和寝室。
ぶちくまも、床ぼこりは少し気になるので、その点小上がりだと(実際にはあまり変わらないのですが)精神的に床と距離ができるのでいいですね。
あと、寝室にそれほど大きなスペースがいらないのもいい。
今回は、寝室に必要な広さについて考えていきます。

寝室にベッドを置くと無駄にスペースを取られる

シングルベッド2台おくとすると、必要な寝室の広さは6畳ではやや足りないかな、という感じになります。
もちろん、置けますけど、通路幅や、クローゼットの開け幅など考えると、かなり狭く感じます。
ダブルベッドであれば6畳でも良さそうですが、個人的にはなしですね、狭いし。寝相悪いから。
クイーンサイズでようやく二人で寝れそうですが、もうこの辺りだと圧迫感が強いし、マットレスとか用意するのが大変そう、シーツ交換大変そう、クイーンサイズのシーツ高そう。

ぶちくま
ぶちくま
なので却下!

ベッドルームの間取り

では、参考までにベッドルームの間取りについて簡単に説明します。
ベッドルームの間取りについて考える場合、もちろん、先ほど説明した「ベッドの大きさ」は第一検討の議題に上がります。
んが、実は、ベッドルームにどこまでの機能性を求めるか、というのもかなり重要です。
ベッドルームの機能性は、もちろん「快適な睡眠」が第一です。
でも、ベッドルームで長く過ごしたい人は、ベッドルーム自体のアメニティも高めていきたいところ。
収納はある程度必要になってくるし、化粧もしたい、書斎的な役割も欲しい、となると、意外と間取りについて考えることは多くなるんですよね。

ベッドルームで考えるべき事項

まずは検討事案をまとめてみましょう。

  • 収納はどれくらい必要か。予備の布団を入れるのか、クローゼットサイズの奥行きでいいのか、ウォークインクローゼットを兼ねるのか。
  • 何をするのか。ちょっとした仕事、身支度をするならかなりスペースが必要。
  • 圧迫感、開放感など寝やすい・リラックスしやすい環境はどうか。レイアウトだけではなく、天井の高さにも注意しよう。
  • 窓の位置はかなり重要。明かりと風通し、温度についても考えるべし。

ベッドルームの広さ

画像付きでベッドルームの広さを体感していただけたらと思います。

4.5畳のベッドルームでできること

4.5畳は夫婦個別にベッドルームを作成する場合にお勧めできる大きさです。
二人で4.5畳になると、かなり制限はかかるか工夫が必要です。

後述しますが、我が家は4.5畳の小上がり和室にすることで、親子三人でも快適に眠ることができるスペースを作ることができました。
んが、ベッドをおく前提となると、かなりしんどい、ということだけはお伝えしておきます。

イメージとしてはシングルベッド

シングルベッドを隅に置けば、それなりのスペースが生まれるので、「夫婦で干渉なく夜を過ごしたい」という方は、それぞれの独立したリラックススペースを作ることができます。
例えば、新築時は10畳の広いスペースを子供の遊びスペースに、成長に合わせて独立した部屋を作るために壁を設える、なんて計画の場合には、この4.5畳の寝室のイメージが近いと思います。
小さな書斎とシングルベッドを置いて、少し圧迫感があるのが4.5畳という広さですね。

6畳のベッドルームでできること

6畳になるとできることは増えてきます。ようやく、夫婦二人でベッドで眠ることができるサイズは6畳からでしょう。

ダブルベッドなら6畳でも大丈夫

ダブルベッドなら6畳でも大丈夫


ただ、ベッドはダブルベッドが基本となります。
シングルを二つ並べる、クイーンサイズになると、ほとんどベッドで埋め尽くされるような部屋の間取りとなってしまいます。
あくまでも寝ることに特化した寝室とする場合に、ギリギリ採用されるか、という微妙なサイズ感ではあります。

ダブルベッドで左右にスペースを空ける

基本的には、真ん中にダブルベッドを置いて、左右のスペースを空けるレイアウトが検討されます。
と、いうのも、一人で使用する分には端に寄せるでいいんですけども、ふたりとなると「どちらかが寝ているときにそっと布団に忍び込む」シーンを想定しなければいけません。
そのためには、足元にも端にもスペースを開けておく必要があります。

サイドテーブルは置けるけどせまい6畳ベッドルーム

サイドテーブルは置けるけどせまい


その場合は、だいたい頭側にちょっとしたサイドテーブルのようなものを置けると寝室らしく暮らせるかと思います。
「寝るだけに特化」させるならこのサイズ感でもありっちゃありです。
ただ、ダブルベッドだと狭い、という方もいらっしゃると思うので、試しに200センチ幅のベッドを置いてみましたが、結構キツキツでした。
大きめのベッドを入れると通り抜けるスペースもつくれない

通り抜けるスペースもつくれない

8畳ベッドルームは理想的なサイズ感

というわけで、結局のところは8畳のベッドルームに落ち着くわけです。
8畳くらいの洋室になると、形も大事。和室であれば一般的に8畳間は正方形の組み方になります。ですが、洋室になると、長方形にすることで、ベッドスペースプラスアルファを作ることができます。

8畳のベッドルームは通路も広く取れる

8畳のベッドルームは通路も広く取れる


この辺りは、開放感をとるか、スペースを存分にかすか、好みが分かれるところですね。

8畳ならベッドのサイズも選べる

先ほどの200センチの大型ベッドを正方形タイプの8畳の部屋に搬入してみました。

8畳間はゆとりが大きくなる

8畳間はゆとりが大きくなる

足元のスペースを空けてテーブルもおける8畳寝室

足元のスペースを空けてテーブルもおける

足元のスペースに余裕ができたので、大きめのサイドテーブルも置けるようになりました。
奥行きを浅くすることで、圧迫感を減らせるので、ドレッサーなども併用してもいいかもしれません。

10畳間はベッドルーム+1機能のイメージ

そろそろキリがないのでやめますが、10畳間になると、もうベッドルームだけでは少し勿体無い間取りになってきます。

10畳ベッドルーム寝室のイメージ

10畳ベッドルーム寝室のイメージ


シンプルに書斎機能を加えて、テーブルを置いてみると、8畳の時とは違って、かなり書斎感が出てきました。

10畳寝室はいろいろできる

10畳寝室はいろいろできる

10畳でサイドスペースがフリーに使える

10畳でサイドスペースがフリーに使える

圧迫感もないので、だいぶ広々とした空間になります。

ぶちくま
ぶちくま
個人的には適度な圧迫感があったほうがよく眠れます

眠れる部屋の条件とは

ここまで説明しておいて今さら感もありますが、眠れる部屋として気をつけなければいけないことがあります。

  • 温度
  • 湿度
  • 色味

レイアウトによる部分もありますが、最初の間取り決めの際にはしっかりと考えた方がいいのが窓の位置ですね。
窓の位置は上の4つのポイントが関係する寝室の大事な要素です。
周囲の騒音で眼が覚めるのが一番残念な気持ちになりますよね。家の気密性・断熱性でも窓というのはネック。音も漏れるし、温度も伝わりやすいので、寝室には不必要に窓は入れない方がいいですね。
また、朝日で目を覚まさないように、窓の方向にも注意してみてください。我が家は遮光性の高いロールスクリーンを採用しましたが、それでも光は漏れると思ってください。
光に関しては、「間接照明」など、光を和らげる効果を使うと眠りにはいいようです。
また、眠りやすくなると言われる落ち着いた色味の壁紙を採用するのも大事です。赤系よりは青系の方が落ち着く効果が高いと言われます。赤は刺激が強く興奮する色味と言われています。

ぶちくま
ぶちくま
私は開放感があるとそわそわしてしまうタイプなので、天井は高すぎず、壁も感じられるくらいの広さが眠りやすいですね。

眠りに関しては個人差もあるので難しいところですが、人生で一番長い時間を過ごすのは寝室とも言われていますから、健康にも大きく影響するところ。妥協なく決めていきましょう。
 

寝室を和室にすると6畳でも持て余す

これが、なんと小上がり寝室に布団敷きにすると、仮に四畳半の小上がりとしても、四畳半のベッドサイズになるので、かなり広々です。

4.5畳の和寝室はキングサイズベッドより広いイメージ

あくまでも、イメージ、ですけどね。

4畳半の和寝室をベッドで表現するとこんな感じ

4畳半の和寝室をベッドで表現するとこんな感じ

壁一面がベッドのイメージ

壁一面がベッドのイメージ

四畳半のベッドというと、当然キングサイズより大きいです。作成した部屋では、どうしても「4畳半ベッド」を再現できるものが存在しなくて、200オーバーの低めのベッドを置いてみました。壁一面にベッドが敷き詰められるイメージです。


この商品だと、スーパーワイドキングサイズで280cmなので、これより少し幅が小さい感じですね。さらに、実際の立て坪だと270も取れないと思うので、さらに小幅ではある。

よめくま
よめくま
それでも、やっぱり和寝室だと眠れるスペースは広く感じるね!

夫婦二人なら(形に工夫はいるが)3畳でもいけます。

4.5畳プラス1機能もできる

ベッドルームの場合は、10畳くらいから書斎併用できると説明しましたが、和寝室の場合は、4.5畳の小上がり和寝室スペースにプラスして6畳でもテーブルやカウンターなどセットすることができます。
8畳の寝室を用意するより、寝室スペースを半分にして、残りを収納や書斎スペースにした方が生活はしやすいとぶちくまは思います。
ドレッサー置いたりなんかしてね。

寝ている時の「落ちない」安心感といったら

「落ちない」ということは、安心して眠れるということ。
どうしても、ベッドで寝る以上、「端がある」と頭は認識するので、安全なように行動するよう、無意識で頭は気をつけているのです。
大人はいいですけど、子供と川の字で寝るならより安心です。

熱効率も良い

部屋のスペースを狭くできるというのは、冷暖房の室温調整も容易にできるのでいいですね。
特に、寝室というのは、ずっといるスペースではないじゃないですか。
寝るまでの小一時間、部屋が快適な温度になればいいだけ。小さな寝室だと、パッと温めて、寝る前に空調を切るので、無駄が少なく感じます。

寝室・和室
家づくり、失敗したくないなら
ぶちくま
ぶちくま

他の住宅会社で見積もりしてもらったら、今のところより300万円くらい安くなった。。。

何も知らずに家を建てると実際に数百万円も損する、なんてことはザラにあります。

家づくりは誰にとっても初めてのことで、何も知らないところからスタートするのが当たり前。だから、「値引きできるか」どうかも知らなければ「適正価格かどうか」もわからない。

家が安くなる、という感覚が、我々には薄いのです。

少しでも損をしないためにできることはいくつかあります。そのひとつは「相見積もり」。他の住宅会社を価格競争に巻き込むこと。これだけで、適正価格で家を建てることに近づけます。

かめ
かめ

でも、相見積もりって住宅会社はタダ働きになるかもしれないので嫌がるし、断るのも大変だし、そもそも家づくりって価格だけで選べるものでもないよね。

このページを最後まで読んでいただいたあなたに、数分で、簡単に、誰にでもできる方法で、相見積もりくらい効果のある情報収集の方法についてお伝えしたいと思います。

3分でできる、今すぐ行動したい家づくりの極意

家づくりで損をするのは、住宅会社は値引きを前提にして家の値段を設定しているから。

しかし、値引きをしなければそのまま住宅会社は利益が増えるので「値引き用に高く設定したままの住宅が売れてしまうケースがある」というのが問題です。

ぶちくま
ぶちくま

全ての住宅会社が悪意のある値上げをしている訳ではないけど、どの会社も「施工不良などのもしも」の時に値下げできるように余裕を持った価格設定はしています。

もちろん、値下げ交渉で値段が下がる場合もあれば、下がらない場合もあります。何も言わずにトラブルがなければオプションをおまけしたりなどで顧客に還元してくれることもあります。

かめ
かめ

でも、会社も少しでも利益を上げたいから、「何も言ってこない客」や「何も知らなそうな客」からは、還元せずになるべくお金を使わせようとするところもあったりします。

とはいえ、いざ自分が客になってみると、一生懸命やってくれるスタッフに「値下げして」とは、なかなか言えません。

だからこそ、契約前までに、自分たちが「適正価格で購入するために勉強している」ということを相手に察してもらい、競合会社と値下げ競争をしてもらって、納得した上で契約するのが大事、ということになります。

値下げのために必要な3つのこと

まず、値下げのために必要な3つのことだけ覚えておいてください。

  1. 一括資料請求で「競合がいる」ことを悟らせる
  2. 勉強の成果は「家づくりノート」にまとめる
  3. 住宅ローン」の相談は住宅会社にはしない

これだけで大丈夫です。

資料請求は簡単に競合会社を作れる便利ツール

まず、資料請求について。

モデルハウスをめぐって資料を集めてもいいのですが、1回の訪問で回れる数も時間も限られていて、価格の勉強もしていないとミスマッチで時間ばかり無駄にしてしまいます。

さらに、住宅会社の営業も「どの会社を回ってきたか」が把握しやすく、自分のホームグラウンドで営業トークが設定できます。つまり、水を得た魚。

ぶちくま
ぶちくま

そもそも、家づくりで何も知らずにモデルハウス回っちゃう人は、カモがネギ背負ってやってきたようなもので、営業からしたらボーナスチャンス。

競合他社となる「隣のモデルハウス」の価格もわかっているので、最初から設定した仮初の値下げ設定で、自分たちのペースで営業ができる訳です。

一方の住宅資料請求。侮るなかれ。

住宅資料請求の場合、資料請求を利用している時点で、競合他社が複数いることが住宅会社にはわかります。多数の競合がいる中で、顧客から興味を持って選んでもらうには価格で負けることは避けたい。

ただ、まだ顧客になるかどうかもわからない相手なので、無理に引き込むこと労力を使うことも避けたい。そのため、施主はビルダーにプレッシャーをかけつつも、自分のペースで家づくりをスタートすることができるのです。

勉強の成果は「家づくりノート」で証明する

実際に勉強するのは面倒ですが、家づくりノートを作るくらいだと楽しんでできます。家づくりをすると、「どういう家にしたいのか」の妄想で楽しむのが醍醐味です。

この「どういう家にしたいか」というのは、家づくりの面談でも住宅会社の担当に伝える必要があります。そのため、各社が自社製の「家づくりノート」を用意して顧客にアンケートとして記入してもらったりしますが、この時の「自作の家づくりノート」の効果は絶大です。

  • 家づくりを真剣に考えていることが伝わる
  • 他社の資料ページもノートに編集することで競合していることが伝わる
  • 自分たちの希望がより正確に相手に伝わる

ここで大事なのは「熱意」と「競合」があることを、家づくりノートの存在で明確に相手に伝えることができるということ。

かめ
かめ

自作の家づくりノートを出して、そこに他社のパンフレットも入っていれば、もう施主が冷やかしではなく家づくりを決意していることが伝わります。

ぶちくま
ぶちくま

見積もりプランで探りを入れずに全力プランを最初から出してきてくれますよ!

 

家づくりノートの素材としても、他社の住宅資料は役に立つ、というわけです。

住宅予算の相談は、住宅会社にしない

住宅ローンの話は今回は割愛しますが、家づくりのマネープラン、住宅会社にはしないようにしてください。

予算は伝えていいのですが、住宅ローンで悩んでライフプランまで相談するのはコスパで考えるなら悪手です。

ぶちくま
ぶちくま

なんで住宅会社がマネープランの説明会なんかもやっているかといえば、簡単に顧客の予算が把握できるからですよね。

住宅会社としては、なるべく、家づくりにお金をかけてもらいたい。だから、可能な限り35年ローンで変動金利にさせて「みかけのお金」は少なくみせる。もう少し出せると錯覚させる。

住宅ローンを相談する、ということは、予算についてはノープランだと自分で言っているようなもの。もし、家づくりで余計なお金をかけたくないと考えているのなら、住宅ローンは先にファイナンシャルプランナーや、複数の金融機関で相談しておきましょう。

今すぐやりたい、住宅資料請求のポイント

自分の勉強のためにも、住宅会社自ら値引きせざるを得ないように誘導するためにも、「複数社の住宅資料」が重要だということをお伝えしました。

では、住宅資料請求において少しでも簡単に、かつ必要な情報を揃えるための方法を簡単にお伝えしておきます。

ぶちくま
ぶちくま

このサイトの長い情報を読み込めたあなたなら、今の熱量のまま資料請求までできれば、今日は十分に頑張ったと言える一日になるはず。

着実に、マイホームづくりに踏み出せています!

「town-life」なら間取りと資金計画も解決!

私が一番おすすめしている資料請求の方法として、可能な限り「タウンライフ」は利用をおすすめしています。

かめ
かめ

資料請求ができる上に、無料で「間取りプラン」の作成と「住宅費用の計画書」も用意してもらえます!

デフォルトのサービスになるので、先に書いた「予算の無知」を知られるリスクにもなりません。

ぶちくま
ぶちくま

さらに、「土地探し」もやってくれるのが嬉しいところ!

なんで無料でこんなことまでしてくれるのかといえば、それくらい、住宅会社は「広告」に予算をかけているということ。

広告費として、1件あたりに7%程度が家の価格に含まれています。これだと、3,000万円の家だと、200万円以上も広告のために払っていることになります。

それなら、少しでも自分のためにお金を使ってもらうのが理想。躊躇せずに、高待遇を受けられるうちに利用しておきましょう。

【TOWN-LIFE】で資料請求してみる

足りない資料はSUUMOで補完!

ただ、タウンライフは待遇が良いため、逆に言えば提携する住宅会社に多少なり負担が大きくなってしまうこともあって、提携会社が多くはありません。

そこで、足りないと感じた場合は、SUUMOでの一括請求がおすすめ。情報収集のための資料はなるべく短期間に集めておき、対応の手間を減らすのが賢い家づくりのポイント。

かめ
かめ

さすが大手リクルートの不動産の総本山。情報量は業界トップクラスで、提携店もほぼ網羅しているのが嬉しいところ。

ぶちくま
ぶちくま

SUUMOで、タウンライフにはない資料を請求しておけば、まずは家づくりの第一歩で失敗するということはないはずです!お疲れ様でした!

【SUUMO(スーモ)】で情報収集する

こんな感じで、広告っぽいこともやっていますが、住宅の資料請求に関しては、本当に施主にメリットが大きいので、是非ともトライしてみてください。住宅資料、みているだけでも幸せになれるので。

忘れないうちに記事を保存!
ぶちくまをフォローする
がたホーム

コメント

タイトルとURLをコピーしました