家づくりの際に知っておきたい住宅ローンの金利の違い

このページでは、住宅ローンを借りる際に悩む「変動金利」と「固定金利」の違いについて、メリットとデメリットを中心に考えていきたいと思います。

家づくりの大事なお知らせ

資料請求できるのは「施主になる前」だけ

これから家づくりの話をする前に、少しだけお話ししておきます。

かめ
かめ

家づくりは情報戦。知っていると知らないとで、数百万円も損するなんてことがあるのが住宅購入の怖いところ。

詳細はページの最後にまとめましたが、読むのが面倒な方に「資料請求」のサイトだけお伝えしておきます。面倒なら、今しかできない「資料集め」だけでもやっておきましょう。

ぶちくま
ぶちくま

一括で資料請求できる上に、無料で「間取り」「土地」「資金」のプラン作成までしてくれるタウンライフがおすすめです!

【TOWN-LIFE】で資料請求してみる

もし、家作りがなかなか進まない、と感じたら、家族が乗り気じゃない、と思ったら、まずは自分が行動すること。今日の宿題は、一歩だけでも前に進んでみること。

では、本編に戻ります。

お邪魔しました。

2022年09月に考える金利の違い

記事がだいぶ古くなったので、私が5年間、ちまちまブログ更新で蓄えている住宅ローンに関する知識を簡単にまとめておきます。

ここでは、「金利の違いを知る」ことをテーマに書いていきます。

「固定金利」と「変動金利」の違い

簡単にいえば、固定金利と変動金利は「住宅ローンの金利を決めるタイミングを長くするか短くするか」ということです。

固定金利について

固定金利は、「10年、20年などの期間を決める」ものと「住宅ローン返済の全期間」の金利を決めてしまうもの、ざっくりと2つに分けることができます。

固定金利の期間選択型については、変動金利と全期間固定金利の間を取るような形になりますが、変動金利のメリットはないがリスクは背負うことになり、どっちつかずとも言えます。

固定金利のメリット
  • 返済金額が金利の影響を受けず、変わらない
  • 低金利が維持できる
固定金利のデメリット
  • 金利は高め

変動金利について

変動金利は半年ごとに金利が見直され、ローンの返済額もそれに応じて増減します。

返済額については5年ごとの見直しとなるため、金利が上がったとしてもすぐに返済額が増える、というわけではありません。

変動金利のメリット
  • 金利が下がれば、返済額は下がる
  • 金利が上がっても、返済してしまえばリスクなし
変動金利のデメリット
  • 返済額がローンを組む段階ではわからない
  • 金利上昇後、返済額が増える
  • 金利が高くなるほど「元金(借金のもと)」が減らない

悩んだら、「ミックスローン」という方法も

固定金利と変動金利、それぞれにメリット/デメリットがあるのは理解いただけたと思います。

簡単に言えば、「どちらがいい」というものではなく、「どのリスクに対応できるか」で考えるべきが住宅ローン。でも、1年後のこともよくわからないのに、自分達にとってベストの住宅ローンを選ぶのは難しいですよね。

将来、何が起こるかわからないけどどんなことが起きてもある程度無事でいたい、という方にはリスクを折半する「ミックスローン」というものもあります。

ミックスローンに関する記事はこちらを確認してみてください。

ミックスローンでリスク回避が住宅ローンのトレンド【夫婦で対策】
ミックスローンについてまとめました。「変動金利」にするか「固定金利」にするか悩まれている方には朗報です。リスク回避しながら安全に住宅ローンを返していくためには、「金利を分けて選択しておく」と、繰上げ返済にも悩まずにすみます。

2022年09月時点ではどちらの金利を選ぶべきか?

私の個人的な感想になってしまいますが、以下のパターンわけで金利を選ぶのがいいかと思います。

  • いざとなった時に住宅ローンの大半を返済できる現金があるなら変動金利
  • 給料が上がる見込みはないが、働き続ける自信はあるなら固定金利

簡単に言えば、長期ローンを借りるにしても「短期決戦」が可能なら変動金利のメリットだけを受けることができ、「長期戦」となるなら、固定金利が無難です。

短期決戦の変動金利返済が可能なパターン

  • すぐに売れなくても、いざという時に使える資産がある(実家のコネなども含めて)
  • すぐには使わないが、貯金は多い
  • 稼ぎどき、働くピークが「若い」時期、今から10年以内である
  • 絶対に金利が上がらない世界線で暮らしている

収入で考えるなら、右肩下がりで若い時にこそ稼げる「スポーツ選手」的な稼ぎ方をしている方は変動金利で現金動かせるうちにお金を持っておいて、金利の動きを見て「いつでも返せる」状態にしておくのが理想。

固定金利の長期戦を狙うパターン

  • 稼ぎどきが「年功序列」で決められている会社
  • 絶対に体は壊さないし、メンタルも折れない
  • 毎月、一定額の決められた収入がある(自分では管理していない親の不動産収入)
  • 20年後くらいに宝くじが当たる世界線で暮らしている

収入で考えるなら、右肩上がりが約束されていて、長く続けるほど稼げる業種(手堅い公務員や金融系の仕事についている)に関しては、固定金利がおすすめ。

実例:素人が家づくりの際に金利の違いを知らずに住宅ローンを借りるとこうなる

ここからは、過去記事の内容になります。本当に、何も知らずに家づくりをしていたことがわかります。

低金利は住宅ローンに有利なのか

私が家づくりをした2017年ごろは、低金利で「これからもしばらくは低金利が続くだろう」と考えられていました。

2022/09/26時点での金利変動の推移を見ると、以下のようなことが言えます。

  • 変動金利は20年近く下がり続けている
  • 2021年ごろより、長期金利は上がる傾向が出始めている
  • 金融政策が変われば1%程度は上がるだろう

変動金利が社会の金利上昇を反映せずに下がっているのは、将来的に金利は上がってその時の上げ幅で調整がつくと金融機関は考えているものと思われます。つまり、上昇が前提の「客寄せ価格」が現在の変動金利の実態だと思います。

以下は過去の記事内容になります。

低金利で住宅ローンは有利といいますが

前回の記事が、ちょうど住宅ローンの話でした。

家の準備段階ではローンのことまでは煮詰めて考えなくてもいいのですが、ローンの相談もハウスメーカーにする点で注意しておかないこともあるのでHM選定に絡めながらローンについての下知識を深めておきましょう。

今、金利が低いのは家を検討されているみなさんなら、なんとなくご存知でしょうか。

ぶちくま
ぶちくま

しりません

私はくまなので経済活動には滅法興味が湧きません。

未だにローンの話となると頭の上にある両耳をグニっと塞いでしまいます。
そんな私ですので、特に深く考えずにローン決めてしまいました。
これは大変に危険な行為です

そして今更になって、ブログ記事作成のためにちまちまとローンについて調べ始めたのですからおかしな話です。

ローンを借りる際には、金利の話が出てきます。

変動金利 or 固定金利についてですが、これは答えの出ない話なので、ぶちくまがどう決めたのか、それを書いて皆さんの判断の参考のほんのちょいとの足しにしてください。

ハウスメーカーの営業が変動金利を勧める理由

まず、HMさんは変動金利を勧めてきました。

理由としては、

きつね
某営業

これからしばらくは金利は上がらないし、固定金利にしても金利が上がった時には上がる。ちなみに知人の銀行員も変動でローンを組んだ。私もそうする

とのことです。

なんだかもっともらしいことを言っているような感じがします。

しかし、よく見てみると、それほど具体的な内容はありません。

加えて、我々顧客が把握しておかなければいけないことは、HM側としても、契約前においては変動金利を計算したい理由があるのです。

見積もりは変動金利で立てた方が支払額が少なく見える

という点については知っておいた方がいいでしょう。

変動金利は我々がリスクを背負う分、金利は安いので「月々これくらいなら返せるかも」と感じやすくなるわけですね!

でも変動金利を選んだ場合のリスクは大きい

ただし、金利が急上昇した場合、5年間は支払額は一緒なのですが支払わなければいけない金利分は上がっているためお金を返しているつもりになっていても実際には元金は全く減ってなかったという恐ろしい事態もありうるのです!

銀行が固定金利を勧める理由とは

銀行に行った時は固定金利を勧めらてました。

理由は

きつね
きつね

金利は概ね下がりきったのでこれからは上がっていくリスクが高い。固定にしておいた方が安心して暮らせる期間が長くなる

みたいな感じでした。これも至極真っ当な理由に聞こえます。

ちなみに銀行員の方は円熟した魅力ある方で閉店ギリギリに話を伺ったにもかかわらず丁寧に説明してくれて好印象でした。

銀行は自分たちが儲かるために固定金利を勧める

しかしぶちくまは疑り深いたちでして、銀行員は自行の利益を考えなければいけないことを考えれば

ぶちくま
ぶちくま

あのお歳まで銀行という殺伐とした社会の中で生きてきたのだから、何かしらの老獪な策を駆使して無知なくまを籠絡させるのかしら

などといらぬ妄想をしたものです。

銀行としては、固定金利の場合、金利上昇時のリスクを背負わねばなりません。つまり、金利が上昇した時に本来もらえるはずに利率で利子が取れるはずのものがもらえなくなってしまいますからね。

しかしそれでも固定金利を勧めてきたのは、銀行の予測としてはまだ金利は上がらないと踏んでいるか、彼が余程の客思いの老紳士だったかのどちらかですね。

ぶちくま
ぶちくま

…どっちだったんだろ。

正解はわかりません。

返済はライフスタイルとライフプランと同時並行

あと、手前側の事情としては、ご両親が健在なうちは奥さんも働くとのことで、理想的には纏まったお金が出来たら繰上げ返済をしていきたい、などの事情もあり。

結局のところは変動金利の方に心が傾きました。

金利の選択については、それぞれのリスクを考えた上でどの期間の負担を減らし、かついつお金を払いたいのかその辺りのライフプランを立てるのが大切だということですね。

ぶちくまは決めてからライフプランを立てましたが、それでも何とか毛皮にしがみついて生きております。

みなさまは後悔のないよう目一杯悩んで決めてみてください!

追記:金利はわずかに上昇

何か月かぶりに金利が上昇しましたね。

これが刺激となってがんと上がる可能性がなくはないですが、市場の混乱のない程度に上がってそのあたりで落ち着くのではないでしょうか

一般論としては、手元資金に余裕があり、繰上返済により10年~15年程度で返済できるのであれば、変動金利あるいは当初10年固定金利型で借り入れてるのが有力候補です。

10年間は繰上返済をせずに住宅ローン控除の恩恵を最大限に受けて、10年経過後に繰上返済を活用して短期間で返済するのがいいでしょう

目いっぱい借り入れて25~35年間といった長期間で住宅ローンを組む場合は、長期金利が史上最低水準まで低下しているメリットを活かして、フラット35などの長期固定が選択肢の一つです。

THE GOAL 様のサイトの記事が非常に参考になりましたので、一部引用しました。

また、10年間は繰り上げ返済をしない、という部分に加えて、わりと最初、頑張って繰り上げ返済をしたが、結局、子供のために学資ローンを組んだりしては無意味だという意見もあります。

まぁ、住宅ローンのほうが低金利ですからね。

住宅ローンを返すために、より金利の高いローンを借りては仕方のない話です。
これは車のローンにも言えること。

みなさまも参考にしてみてください。

住宅ローンの比較、相談、シミュレーションは「モゲチェック」

家づくりで頭を悩ませる一番の問題が「住宅ローン」だと思います。

住宅ローンで怖いところは、相談相手となりやすい住宅会社や銀行は「借りさせたい」人たちだということ。返済が少し苦しいくらいの見積りを積極的に勧めてきます。

ぶちくま
ぶちくま

言われるがままに身の丈に合わない高額な住宅ローンを組んでしまうと「返済はできるけど窮屈な暮らし」になってしまって、心のゆとりがなくなってしまうんだよね。

住宅ローンは「借金」の中では格段に金利が安いので「借りられるだけ借りた方がいい」という見方もありますが、結局、そのお金は「家づくり」に消えてしまうお金。

かめ
かめ

良い家にすることで給料が上がるようならいい投資だけど、雇用されるほとんどの人は、自分の給料をコントロールできることは少ないですよね。

では、どのように住宅ローンを設定すれば失敗しないのか。誰に相談したらいいのか。住宅ローンの基本的なこと、ちょっとだけ解説します。

住宅ローン相談の3つのポイント

住宅ローンも家づくりと一緒で、「専門的な知識」が必要だけど、ほとんどの方にとっては不慣れなもので、できれば考えたくないこと。

ただ、住宅ローン相談の3つのことだけ抑えておけば、相談先で失敗することは無くなります。

  1. 相談先は1箇所だけにしない
  2. 家づくりよりも先に骨組みを作る
  3. 住宅ローンも金融「商品」であることを知る

これだけでOK。

住宅ローンは「専門家」に聞く

ほとんどの方にとって、家づくりをスタートしたきっかけは、「家づくりの予算ができたから」というよりは、「周囲が家を建て始めたから」などの理由が多いのではないでしょうか。

ふくろう
ふくろう

つまり、一番考えたくない住宅ローンを考えずに、あるいは考えたくないからこそ、家づくりのタイミングは「人任せ、環境任せ」にしてきたのでは?

ぶちくま
ぶちくま

おっしゃる通り。私は何も考えずに住宅ローンは「だいたい、みんながこのくらい借りてる」で決めちゃいました。

このパターンが一番危険で、家づくりを始めると、予算感覚がバグを起こします。そして、住宅会社の人は止めてくれません。むしろ、どんどん欲望に火をつけて住宅ローンを少しでも多く借りさせようとすることもあります。

住宅ローンのプロとは、一般的には「FP(ファイナンシャルプランナー)」と言われる、「人生において、目的に向けてお金の計算をしてくれる人」が相談しやすい窓口となります。

ただ、大事なのは相談する立場の違い。金融機関や住宅会社にもFPの有資格者はいますが、この方達は立場的にはあなたにお金を借りることを積極的に薦める人たち。

住宅ローンでFPに相談するのは少しハードルが高くなりますが、契約前ならさまざまな住宅会社、金融機関の見積もりを受けることができるので、ここで感覚を掴んでいくのも大事だと思います。

住宅ローンが先、家づくりは後

住宅ローンの予算は、家の値段が決まってから、と考える方もいらっしゃるかもしれません。ただ、家づくりは底なし沼。予算を決めない限り「あれもこれも」となってしまいます。

そのため、まずは住宅ローンの相談をして「絶対的な予算」を決めてから、予算に見合った住宅会社を決めます。

ぶちくま
ぶちくま

住宅ローンから決める顧客はマネーリテラシーが高いので、住宅会社としてもカモとは考えずに丁寧な対応を心がけるようになる、という副次効果もあります。

住宅ローンは客引き商品を狙う

住宅ローンは、探してみると色々な商品があることに気が付きます。

ふくろう
ふくろう

お金を借りる場所を選ぶだけじゃなくて、銀行も自分のところで借りてもらうために必死で色々なサービスをしてくれるのが住宅ローンの特徴。

ぶちくま
ぶちくま

つまり、「セール商品」のように、お客さんに興味を持ってもらうための特別バリューな住宅ローンもあるということです。

難しく考える必要はありません。ほとんどの人にとって、「みかけの住宅ローン」が安くなるのは「変動金利」です。つまり、変動金利の低さが「ひとつのセール状態」であると言えます。

ただ、変動金利は将来的に金利が上がることを想定しているので、実際にローンを借りる場面においては必ずしもお得であるわけではありません。

この辺りのことは「金利の違い」などでも解説しているの割愛しますが、金利の低さに合わせて、付帯サービスとして「疾病保障などの保険特約」をつけているもので選んでもいいと思います。

ここでは「お得な住宅ローンがある」ということだけ覚えておいてください。

あなたにぴったりの住宅ローンを選ぶ方法

長くなりましたが、簡単に言えば「ベストな住宅ローンは、その人によって違う」ということです。

では、どうやってあなたにとってのベストな住宅ローンを選んだらいいのか。

ひとつは、とにかくお金の勉強をすること。大変ですが、自分の将来のためにも必要なことです。

ただ、今からお金のプロになるのは大変です。次にできることは「お金のプロ」に相談すること。

一番手っ取り早い方法は、「住宅ローンを比較」することです。この際には、住宅ローンの比較サービスを利用するのが一番です。

今回紹介する「モゲチェック」なら、住宅ローンで気になる・やらなければいけないことを一度に終わらせることができます。

  1. 金融機関ごとに住宅ローンを比較する
  2. 住宅ローンの返済シミュレーションを行う
  3. 住宅ローンの基本的な知識を身につける

以下のサイトで、まずは「自分の返済イメージ」を確認してみるのが一番だと思います。

モゲチェックを利用して、住宅ローンでとりあえずやること

  • 変動金利が一番安い銀行をチェックする
  • 20年くらいの固定金利で安いところもチェックする
  • 借入の相談先として利用しやすい地方銀行などもチェックしておく
  • このうち、返済期間に対して最もゆとりがありそうな銀行の住宅ローンを申請する
  • ネット銀行は仮審査も通らない可能性があるので、ちゃんと候補は複数用意しておく

とりあえず、住宅ローン申請の前後にこれだけやっておきましょう。モゲチェックを利用すれば一発でできます。今日できます。5分でできます。やっちゃいましょう。

「住宅ローン」が気になったら【モゲチェック】

 

お金(住宅ローン、予算)
家づくり、失敗したくないなら
ぶちくま
ぶちくま

他の住宅会社で見積もりしてもらったら、今のところより300万円くらい安くなった。。。

何も知らずに家を建てると実際に数百万円も損する、なんてことはザラにあります。

家づくりは誰にとっても初めてのことで、何も知らないところからスタートするのが当たり前。だから、「値引きできるか」どうかも知らなければ「適正価格かどうか」もわからない。

家が安くなる、という感覚が、我々には薄いのです。

少しでも損をしないためにできることはいくつかあります。そのひとつは「相見積もり」。他の住宅会社を価格競争に巻き込むこと。これだけで、適正価格で家を建てることに近づけます。

かめ
かめ

でも、相見積もりって住宅会社はタダ働きになるかもしれないので嫌がるし、断るのも大変だし、そもそも家づくりって価格だけで選べるものでもないよね。

このページを最後まで読んでいただいたあなたに、数分で、簡単に、誰にでもできる方法で、相見積もりくらい効果のある情報収集の方法についてお伝えしたいと思います。

3分でできる、今すぐ行動したい家づくりの極意

家づくりで損をするのは、住宅会社は値引きを前提にして家の値段を設定しているから。

しかし、値引きをしなければそのまま住宅会社は利益が増えるので「値引き用に高く設定したままの住宅が売れてしまうケースがある」というのが問題です。

ぶちくま
ぶちくま

全ての住宅会社が悪意のある値上げをしている訳ではないけど、どの会社も「施工不良などのもしも」の時に値下げできるように余裕を持った価格設定はしています。

もちろん、値下げ交渉で値段が下がる場合もあれば、下がらない場合もあります。何も言わずにトラブルがなければオプションをおまけしたりなどで顧客に還元してくれることもあります。

かめ
かめ

でも、会社も少しでも利益を上げたいから、「何も言ってこない客」や「何も知らなそうな客」からは、還元せずになるべくお金を使わせようとするところもあったりします。

とはいえ、いざ自分が客になってみると、一生懸命やってくれるスタッフに「値下げして」とは、なかなか言えません。

だからこそ、契約前までに、自分たちが「適正価格で購入するために勉強している」ということを相手に察してもらい、競合会社と値下げ競争をしてもらって、納得した上で契約するのが大事、ということになります。

値下げのために必要な3つのこと

まず、値下げのために必要な3つのことだけ覚えておいてください。

  1. 一括資料請求で「競合がいる」ことを悟らせる
  2. 勉強の成果は「家づくりノート」にまとめる
  3. 住宅ローン」の相談は住宅会社にはしない

これだけで大丈夫です。

資料請求は簡単に競合会社を作れる便利ツール

まず、資料請求について。

モデルハウスをめぐって資料を集めてもいいのですが、1回の訪問で回れる数も時間も限られていて、価格の勉強もしていないとミスマッチで時間ばかり無駄にしてしまいます。

さらに、住宅会社の営業も「どの会社を回ってきたか」が把握しやすく、自分のホームグラウンドで営業トークが設定できます。つまり、水を得た魚。

ぶちくま
ぶちくま

そもそも、家づくりで何も知らずにモデルハウス回っちゃう人は、カモがネギ背負ってやってきたようなもので、営業からしたらボーナスチャンス。

競合他社となる「隣のモデルハウス」の価格もわかっているので、最初から設定した仮初の値下げ設定で、自分たちのペースで営業ができる訳です。

一方の住宅資料請求。侮るなかれ。

住宅資料請求の場合、資料請求を利用している時点で、競合他社が複数いることが住宅会社にはわかります。多数の競合がいる中で、顧客から興味を持って選んでもらうには価格で負けることは避けたい。

ただ、まだ顧客になるかどうかもわからない相手なので、無理に引き込むこと労力を使うことも避けたい。そのため、施主はビルダーにプレッシャーをかけつつも、自分のペースで家づくりをスタートすることができるのです。

勉強の成果は「家づくりノート」で証明する

実際に勉強するのは面倒ですが、家づくりノートを作るくらいだと楽しんでできます。家づくりをすると、「どういう家にしたいのか」の妄想で楽しむのが醍醐味です。

この「どういう家にしたいか」というのは、家づくりの面談でも住宅会社の担当に伝える必要があります。そのため、各社が自社製の「家づくりノート」を用意して顧客にアンケートとして記入してもらったりしますが、この時の「自作の家づくりノート」の効果は絶大です。

  • 家づくりを真剣に考えていることが伝わる
  • 他社の資料ページもノートに編集することで競合していることが伝わる
  • 自分たちの希望がより正確に相手に伝わる

ここで大事なのは「熱意」と「競合」があることを、家づくりノートの存在で明確に相手に伝えることができるということ。

かめ
かめ

自作の家づくりノートを出して、そこに他社のパンフレットも入っていれば、もう施主が冷やかしではなく家づくりを決意していることが伝わります。

ぶちくま
ぶちくま

見積もりプランで探りを入れずに全力プランを最初から出してきてくれますよ!

 

家づくりノートの素材としても、他社の住宅資料は役に立つ、というわけです。

住宅予算の相談は、住宅会社にしない

住宅ローンの話は今回は割愛しますが、家づくりのマネープラン、住宅会社にはしないようにしてください。

予算は伝えていいのですが、住宅ローンで悩んでライフプランまで相談するのはコスパで考えるなら悪手です。

ぶちくま
ぶちくま

なんで住宅会社がマネープランの説明会なんかもやっているかといえば、簡単に顧客の予算が把握できるからですよね。

住宅会社としては、なるべく、家づくりにお金をかけてもらいたい。だから、可能な限り35年ローンで変動金利にさせて「みかけのお金」は少なくみせる。もう少し出せると錯覚させる。

住宅ローンを相談する、ということは、予算についてはノープランだと自分で言っているようなもの。もし、家づくりで余計なお金をかけたくないと考えているのなら、住宅ローンは先にファイナンシャルプランナーや、複数の金融機関で相談しておきましょう。

今すぐやりたい、住宅資料請求のポイント

自分の勉強のためにも、住宅会社自ら値引きせざるを得ないように誘導するためにも、「複数社の住宅資料」が重要だということをお伝えしました。

では、住宅資料請求において少しでも簡単に、かつ必要な情報を揃えるための方法を簡単にお伝えしておきます。

ぶちくま
ぶちくま

このサイトの長い情報を読み込めたあなたなら、今の熱量のまま資料請求までできれば、今日は十分に頑張ったと言える一日になるはず。

着実に、マイホームづくりに踏み出せています!

「town-life」なら間取りと資金計画も解決!

私が一番おすすめしている資料請求の方法として、可能な限り「タウンライフ」は利用をおすすめしています。

かめ
かめ

資料請求ができる上に、無料で「間取りプラン」の作成と「住宅費用の計画書」も用意してもらえます!

デフォルトのサービスになるので、先に書いた「予算の無知」を知られるリスクにもなりません。

ぶちくま
ぶちくま

さらに、「土地探し」もやってくれるのが嬉しいところ!

なんで無料でこんなことまでしてくれるのかといえば、それくらい、住宅会社は「広告」に予算をかけているということ。

広告費として、1件あたりに7%程度が家の価格に含まれています。これだと、3,000万円の家だと、200万円以上も広告のために払っていることになります。

それなら、少しでも自分のためにお金を使ってもらうのが理想。躊躇せずに、高待遇を受けられるうちに利用しておきましょう。

【TOWN-LIFE】で資料請求してみる

足りない資料はSUUMOで補完!

ただ、タウンライフは待遇が良いため、逆に言えば提携する住宅会社に多少なり負担が大きくなってしまうこともあって、提携会社が多くはありません。

そこで、足りないと感じた場合は、SUUMOでの一括請求がおすすめ。情報収集のための資料はなるべく短期間に集めておき、対応の手間を減らすのが賢い家づくりのポイント。

かめ
かめ

さすが大手リクルートの不動産の総本山。情報量は業界トップクラスで、提携店もほぼ網羅しているのが嬉しいところ。

ぶちくま
ぶちくま

SUUMOで、タウンライフにはない資料を請求しておけば、まずは家づくりの第一歩で失敗するということはないはずです!お疲れ様でした!

【SUUMO(スーモ)】で情報収集する

こんな感じで、広告っぽいこともやっていますが、住宅の資料請求に関しては、本当に施主にメリットが大きいので、是非ともトライしてみてください。住宅資料、みているだけでも幸せになれるので。

忘れないうちに記事を保存!
ぶちくまをフォローする
がたホーム

コメント

タイトルとURLをコピーしました